DIGITAL DIY

  • TOP
  • CATEGORY
    クリエイター
  • TITLE
    世界中の人々がYouTubeの投稿動画を見ています。その中でYouTuberとして人気を高めたいなら、高品質の動画をアップすることが重要です。そのために大切なことは自作PCのスペックとソフト。ここでは高品質な動画をアップするために役立つポイントを解説します。
CATEGORY
クリエイター

世界中の人々がYouTubeの投稿動画を見ています。その中でYouTuberとして人気を高めたいなら、高品質の動画をアップすることが重要です。そのために大切なことは自作PCのスペックとソフト。ここでは高品質な動画をアップするために役立つポイントを解説します。


■ 高品質の動画をアップするポイント

  • ビットレートと圧縮率

動画が高品質かどうかはビットレートと圧縮率で決まります。簡単に説明するとビットレートは1秒あたりのデータサイズ、圧縮率は同じデータサイズにどれだけの情報を入れられるか、ということです。

ビットレートと圧縮率の数値が高いほど高品質な動画です。この2つのポイントに気をつければ、高品質のままYouTubeにアップできます。

 

  • 動画のフォーマットと解像度

動画をアップロードする時にはフォーマット(拡張子)も気を付けたいポイント。YouTubeは色々なフォーマットに対応していますが、最適なのは「MP4」形式です。

おすすめの解像度は「1280×720」以上。これ以上の解像度の動画なら高画質でアップロードできます。より高画質にするには解像度をさらに上げる必要がありますが、そのためにはPCに高いスペックが必要です。

 

■ 高品質の動画に必要なハード

  • 撮影するカメラ

高画質な動画をアップロードするには、撮影するカメラの性能も重要です。スマホのカメラでも撮影可能ですが、より高品質を目指すならビデオカメラか一眼カメラを選んでください。

おすすめは一眼カメラ。レンズ交換が可能なので望遠や広角な映像を撮影できます。こだわりの動画をアップしたいなら一眼カメラ、初心者は使いやすいビデオカメラがよいでしょう。

最近の注目は4K対応の高画質ビデオカメラです。

4Kの画質は高解像度なのでYouTubeに高画質でアップロードするにはおすすめ。4K動画もかなりアップロードされてきており、それに合わせて4K対応のビデオカメラも低価格化が進んでいます。

 

  • 編集するPCスペック

動画を高画質でアップロードするには高度な編集が必要です。それを可能にするのが高スペックなPCで、特に重要なのが「CPU」と「メモリ」。

CPUはPCの心臓部で、このスペックが悪いと高度な編集はできません。おすすめは「Core i5」以上のCPUです。これが最低限なので、これ以上のスペックを選んでください。「Core i7」なら安心です。

「メモリ」の容量には4GB、8GB、16GB、32GBがありますが、おすすめは32GB。これだけあれば高度な編集も長時間の編集も可能です。

特に4K動画をアップしたいのなら、「Core i9」と「64GB」の組み合わせをおすすめします。

 

  • 高解像度のモニター

動画編集は長時間にわたることもあります。目の疲労や緻密な編集作業には高解像度のモニターが必要です。将来的に4K動画をアップするつもりなら、4K対応モニターを選ぶべきでしょう。このような高解像度モニターは情報量が多くなるので、高度な編集ができます。

4K対応の動画編集なら「3840×2160」の解像度。それ以外の一般的なモニターでも「1920×1080」の解像度が最低限必要です。

 

■ 高品質の動画に必要なソフト

  • 高品質エンコード

YouTubeにアップされている動画は「エンコード」という作業を経て配信されています。撮影したままの動画は容量が大きく、そのままではアップロードできません。そこでエンコードという作業によって「圧縮」と「変換」を行うのです。

高品質な動画をアップするには高品質なエンコードが必要で、それを可能にする「エンコーダー」を選ぶ必要があります。無料のものも有料のものもありますが、フリー版ならおすすめは「WinX Video Converter」。有料版なら「Media Espresso」がおすすめです。

 

  • 高度な動画編集ができるソフト

最も重要なのが編集用ソフトです。高機能な編集用ソフトを使えば高品質な動画ができますが、そのためには高スペックなPCが必要です。

多くの人が使っているのが「AviUtl」という編集ソフトです。これは基本無料ながら、拡張性が高く動作が軽いのでとても使いやすいのが特徴。はじめて高品質動画に挑戦する人は、無料の「AviUtl」を試してみるとよいでしょう。

また、この編集ソフトには「エンコード機能」が備わっており、エンコードソフトとしても使えるメリットがあります。

 

■ まとめ

高品質の動画がアップできればあなたもYouTuber!

高品質な動画をアップする方法について説明してきました。

大事なポイントは「エンコード」「撮影カメラ」「動画編集ソフト」の3つです。

この3つをストレスなく作業を行うためには高性能スペックの自作PCが必要です。今後、YouTubeの動画は4K画質が主流になっていく可能性もありますので、今のうちから準備をしておくと再生回数アップにもつながりますよ。


BACK TO LIST