• TOP
  • CATEGORY
    ゲーム
  • TITLE
    【STORMプレゼンツ特別企画】PCが趣味だとどうしてもお金がかかるもの。世のPCユーザーたちは、家族に理解を示してもらうために苦労している人も多いのでは。そこで、今回は心理学講師の方に教えてもらった技を使い、ライターが体を張って妻にハイエンドゲーミングPCのおねだりに挑戦しました!
CATEGORY
ゲーム

【STORM プレゼンツ】40万円のPCを買うために妻を口説きたい!心理学のプロにアドバイスを求めた結果【PR】

  • DATE
    2021.09.24
  • WRITTEN BY
    山本

アイティーシー社のBTOPCブランド「STORM」のPR記事アイキャッチ

バイクやアウトドア、釣りにゲーム……。妻帯者が趣味にお金をかけようとした時、真っ先に立ちはだかる壁が妻の反対でしょう。

家計を預かる妻が夫の趣味にどこまで理解を示してくれるかはケースバイケースだとは思いますが、かける金額が上がれば上がるほど妻の理解を得がたいことは想像に難くありません。

ましてや40万円近くもするゲーミングPCともなれば、ゲームで遊ばない妻を説得するのは至難の業と言えるでしょう。

それでもなんとか妻を説得して高額なPCをゲットしたい! そんな全国の妻帯者ゲーマーを代表して僕、ライターの山本が体を張って妻の説得に挑んでみました。

アイティーシー社のBTOPCブランド「STORM」のPR記事のライター・山本

■登場人物紹介:山本(ライター)

ゲームと音楽とカメラを愛するライター。妻とは結婚7年目に突入。以前、趣味のギターを購入する際、妻がなかなか説得に応じてくれなかったので内緒で購入したところ、こっぴどく叱られたことも……。

※この記事はBTOPC「STORM」を製造・販売するアイティーシーの提供でお送りします。

アイティーシー社のBTOPCブランド「STORM」のロゴ

新しいPCがほしいけど妻が許してくれないこと、ありますよね?

 

あらためましてPCとゲームを愛するみなさん!

ライター山本が読者の共感を得ようとしている様子

ゲーミングPC、欲しくないですか?

僕は欲しいです。とても欲しい。僕が今使っているPCは趣味で撮った写真の加工や整理には使えても、最新のゲームを遊ぶには圧倒的にスペックが足りず、3DCGをふんだんに使ったタイトルになると満足に動かすこともできなくなりつつあるんです。

そこで3Dのゲームも快適にプレイできるPCを探していたところ、気になるゲーミングPCを見つけました!

アイティーシー社のBTOPCブランド「STORM」の商品PG-DM

それこそが、アイティーシーが手掛けるゲーミングPCブランド「STROM」のPG-DMCPUは最高峰の性能を誇るRyzen7 5800X、GPUも最高クラスのGeForce RTX3080 i を搭載。これならどんなゲームも余裕で遊べます。

でもね、369,800円するんです、コレ。

独身ならまだしも、今は結婚して家庭のある身。この期におよんで40万円近いPCを2つ返事で「買っていいよ」と言ってもらえるほどの余裕が我が家にないのはわかっています。

しかし、僕だって一家を支えている自覚はあります。正直に話せば妻も普段の頑張りを認めてくれて、ワンチャンあるのでは。そこで、まずは単刀直入にPCが欲しいと切り出してみることにしました。

ライター山本の妻、公美さんのプロフィール画像

妻の公美です。今回は「奥さんの素敵なところをあらためて伝える会」というでっち上げの企画で取材班を自宅に招いたので、現時点ではにっこり満足気。早速本題に入っていきましょう。

ライター山本が公美さんに相談をしている様子

山本:あのさ、相談なんだけど。

:なに?

ライター山本が公美さんにPCが欲しいと相談をしている様子

山本:うちのパソコンもだいぶ古くなってきたから、そろそろ新しいゲーミングPCに買い替えたいなって思って。これなんだけど、値段は369,800円で

妻にビンタされるライター山本

慈悲はありませんでした。

やはり正攻法ではどうにもなりませんね。こうなったら僕が思いついた秘策を使うしかありません。

題して、心理学のプロに妻を口説くためのテクニックを教えてもらおう大作戦!

人間の心理を専門にして仕事をしている人なら、きっと妻を意のままにうなずかせるくらい簡単にできるはず。早速、カカア天下の圧政に苦しむ夫たちを救うべく、心理学の講師に取材を申し込んでみました。

 

心理学のプロに妻を説得する方法を聞いてみた

心理学講師の鈴木すぅーさんに取材するライター山本

今回、取材にご協力いただいたのはコミュニケーションメンタル講師の鈴木すぅーさんです。

心理学講師の鈴木すぅーさんプロフィール画像

■登場人物紹介:鈴木すぅーさん

高校卒業後より、俳優業を中心に芸能活動を開始。20代後半からイベントやネット番組のMC等を経て、会話の講座や研修の講師オファーがあったことをきっかけに、2012年よりコミュニケーション心理学やメンタルトレーナー等を学ぶ。資格取得後からは人間関係や会話術、コミュニケーションスキルからのメンタルケアに特化した講師業等も行っている。

 

山本:今日はよろしくお願いします。単刀直入に聞きますが、心理学のプロなら人を意のままにうなずかせる方法を知ってるんですよね?教えてくれませんか?

心理学講師の鈴木すぅーさんのインタビュー風景

鈴木無理です。

山本:え?

鈴木そんな方法はありません。

山本:嘘だ!心理学のプロって、普段からあらゆるテクニックを使って<自主規制><メディアでは言えないこと>をしてるんですよね!?

鈴木:偏見はやめてください(笑)。山本さん、普通に考えてみましょう。そんな方法がもしあるのなら、世の中誰もが自分の願いを叶えられて、自由に生きているはずですよね。でも現実はそうじゃない。

山本:それはまぁ、そうですけど……。

鈴木:ご相談の内容は奥さんに「高額なゲーミングPCの購入を許してもらいたい」というものでしたよね。100%人を説得できる方法はありませんが、山本さんご夫婦の関係性が良好になればなるほど、高額な買い物も許してもらいやすくなる可能性も高くなりますよね。そうしたお手伝いなら、私にできますよ。

山本:それそれ!そういうの待ってたんですよ!

心理学講師の鈴木すぅーさんのインタビュー風景スクリーンショット

鈴木:私が専門としているのは、コミュニケーション心理学という分野。人の言動から「その人がどんなタイプの性格なのか」を識別するソーシャルスタイル理論の考え方を用いて、身近な人間関係におけるストレスを少なくするためのコミュニケーション術なんです。

山本:なるほど。

鈴木:コミュニケーション心理学において、人間は大きく4つのタイプに分けられて、それぞれが好むコミュニケーションの方法も全く異なります。ですから、相手のタイプが好む言動を日頃から実践すれば、良好な関係性が築きやすくなるんです。

山本:なんかそれっぽい話がでてきましたね……!

鈴木:例えば、山本さんは新しい家電製品を買ったら、説明書も見ずにすぐ触っちゃうことが多いですか?

山本:多いです。逆に妻は説明書を読み込むタイプですね。

鈴木:でしたら、山本さんはP(プロモート)タイプ、奥さまはA(アナライザー)タイプの傾向があるかもしれませんね。

山本:P?A?それってどんな特徴があるんですか?

心理学講師の鈴木すぅーさんインタビュー風景。プロモートタイプの説明をしている

鈴木:簡単にまとめるとこのような表になります。

タイプ 山本:P(プロモート) 妻:A(アナライザー)
特徴 イメージに優れてアイデアが豊富。常に注目されたい陽気なタイプ。細かいことが苦手。 細かい作業が好き。合理性を追求する几帳面なタイプ。淡々としている。
愛情表現 行動力(「まずやってみる」ことを重視してコミュニケーションを図る) 正確性(正確な情報を重視してコミュニケーションを図る)
共通言語 先にすすめる言語(「まず」や「とりあえず」などを使いがち) 確認言語(語尾に「?」がつく会話が多い)


※その他、F(ファシリテート)タイプ、D(ドライバー)タイプもありますが、今回は省略させていただきます。

山本:この愛情表現や共通言語ってなんですか?

鈴木:愛情表現は、その人にとっての当たり前や普通、一番大事なことや優先順位の高い考え方です。共通言語は、考え方の違いから出る口癖など、よく使う言葉や表現方法のことですね。基本的には、愛情表現や共通言語が相手と同じだと居心地がよく感じます。

例えばPタイプの山本さんの場合、奥さまが洗濯物をたたんでいるのを、よかれと思って勝手に手伝うことはありませんか? 実は奥さんにとって、それってストレスになっているんです。

山本:え、なんでですか?

鈴木:洗濯物をたたむにしても奥さまには奥さまなりのルールがありますし、もっと他にやってほしい家事があるかもしれない。それなのに山本さんが勝手にやっちゃうと、「なんで私の思ったことをしてくれないの?」とストレスに感じますよね。

鈴木:あと、ふたりで映画を見に行くときに『いま◎◎が流行ってるみたいだからコレを観ようよ』と決めちゃっていませんか? 奥さまは『それって本当におもしろいの?』『他の人の評価を見て決めたい』と思っているかもしれません。ですから、PとAの人は考え方が愛情表現や共通言語がズレているといえますね。

山本:え? それってつまり……

僕(Pタイプ)と妻(Aタイプ)って相性悪い?

心理学講師の鈴木すぅーさんの話を通して、妻と相性が悪いことを知り焦るライター山本

山本:ど、ど、どうすればいいんでしょう!?

鈴木:そんなに動揺しないでください。さきほどもお伝えしましたが、相手のタイプに合わせたコミュニケーションを行なうことで「相手から歩み寄りのあるコミュニケーション」に関係性を変化させるんです。挽回のチャンスはいくらでもあります。

山本:Aタイプの妻とはどんなコミュニケーションをとるようにすればいいんですか?

心理学講師の鈴木すぅーさんインタビュー風景。アナライザータイプの説明をしている

鈴木:正確性を大事にするAタイプの方とは、具体的に理由や根拠、数字等を交えて話すのが大事です。長くなってもゆっくりと丁寧に会話を進めてください。

山本:たしかに、妻は何事でも根拠を大事にしがちです。

鈴木:でしたら、PCを買うことで、どんなメリットがあるかをじっくりと説明してみる方法が有効かもしれません。

山本:ただ僕がゲーミングPCを買いたいと熱く語るだけじゃダメだったんですね。

鈴木:山本さんは「高性能だから長く使えてお得」とお話されたそうですが、「実際にどのぐらいお得か?」「奥様にメリットを感じられるか?」と、金額感や仕事の効率など具体的な例も挙げてみるのもいいですよ。他にもこんなコツがあります。

 

■タイプ別話し方対策

Aタイプと合わせるワザ ・ゆっくりと長めに話す
・具体的に(理由、根拠、数字等)話す
・きっちりと(主語と述語を)話す
Aタイプは考える間も会話!具体的でないことを乱暴に感じ視覚的要素も情報として受け取る。
P タイプと合わせるワザ ・早く短く話す。
・音のある言葉やたとえ話し(想像させる)
・適当に話す。
Pタイプは動きのある掛け合いが大事!間や沈黙が苦手。

 

山本:ありがとうございます!なんだかいける気がしてきました!

鈴木:ちなみに、どれか1つのタイプに性格が偏ることはありません。本来は40項目の心理テストを行なって、4タイプのうちどのタイプの傾向が強いかを判断し、状況に応じて適切なコミュニケーションを行なう必要があるので、困ったことがあればアドバイスしますね!

山本:よろしくお願いします!

 

教えてもらったコミュニケーション術を実践。はたしてPCをゲットできるのか

 

というわけで早速、鈴木さんに教えてもらったことを実践。妻としっかり向き合ってコミュニケーションをとっていきたいと思います。

鈴木さんに教えてもらったことを実践するライター山本。妻と一緒に家事

「ちょっと時間空いたけど、何か手伝おうか?」と聞いたうえで家事を手伝ったり……。

鈴木さんに教えてもらったことを実践するライター山本。妻の趣味の話をしている

「最近、どんな本を読んだの?」と語りかけ、妻の趣味に歩み寄ったり……。

会話をする際は、鈴木さんに教えてもらった「Aタイプと合わせるワザ」を意識して、ゆっくり丁寧に話すようにして、妻が考えている時には口を挟まず「考える間」も大事にするよう心がけました。

どこかいつもと違うライター山本を怪しむ妻・公美さん

僕の変化に、妻は少しいぶかしんでいる気もしますが……。

 

そんなこんなで、1週間後。

鈴木さんに教えてもらった技を続け、リベンジおねだりに挑むライター山本

ふたたび取材班を呼び出した僕。以前とは違う結果を期待して、リベンジ・おねだり!

「話があるんだけど……」と妻をリビングに誘い……。

なぜか家にいるカメラマンを警戒する妻・公美さん

なぜかまた家にいるカメラマンに、すでに警戒体勢の妻。それでも僕は怯みません。鈴木さんから伝授してもらったテクニックを今こそフルに発揮するとき!

まずは、丁寧にゆっくりと説明します。

山本:この前話したゲーミングPCの件、覚えてる……?

:うん。

山本:やっぱり、買っちゃダメかな?

:……。

無言になる妻。Aタイプが考えている時は待つのが大事と鈴木さんに教えてもらったので、ひたすら妻の反応を待ちます。

真剣な面持ちで妻を説得するライター山本

山本:僕がやりたいゲームを遊ぶためにはあのPCぐらいのスペックが必要なんだ。高い買い物だけど、少なくとも5年以上は買い換えなくて済むし……。

:どうしても、そのパソコンじゃないとダメなの?

鈴木さんから教えてもらった技を使いながら妻を説得する山本

やっと返ってきた質問に対して、具体的な例も混じえながら丁寧に答えます。

山本:いまのパソコンは仕事でも使ってるんだけど、古くなると動きも遅くなって、どうしても作業効率が悪くなるんだよね……。ゲーミングPCって言ったけど、ゲームのためだけに使うんじゃなくて、仕事のことも考えてるんだよね。

:うん。

山本:それに、公美にお願いしている請求書の入力や確定申告の書類作成も捗るようになると思うし……。

:私も使っていいのね?

山本:うん。だから……

妻にSTORMのゲーミングPC「PG-DM」が欲しいとお願いをするライター山本

山本:お願い!

最後は、気持ちをこめてシンプルな一言で責めます。

「う~ん」と悩む妻。

考えている時は言葉を挟まない。

鈴木先生のアドバイスを胸に妻の反応を待っていると……

STORMのゲーミングPC「PG-DM」を買ってもいいという公美さん

「わかった。OK」と許してくれました。

え?

OK……なの?

マジで?

妻にSTORMのゲーミングPC「PG-DM」をゲットでき、喜ぶライター山本

やったぁぁぁっ!

みなさん、やりましたよ!ついに妻を説得することに成功しました!

鈴木さん、ありがとうございます!これで僕のゲームライフにバラ色の未来がやってきます!

 

 まとめ:一番大事なのはやっぱり「信頼関係」

ライター山本と妻・公美さんの2ショット

鈴木さんのアドバイスはとても参考になりました。やはり、最終的に大事なのは信頼関係。高額な買い物をしたいのであれば小手先の技術に頼らず、地道に夫婦の絆を築くのがお互いにとって最良の方法ではないでしょうか。

以前の僕は少し焦りすぎていたようです。鈴木さんのアドバイスを胸に、今後も夫婦仲良く、仕事もプライベートも充実させていきます!

 

ちなみにネタバラシしてみたところ……

ライター山本が妻・公美さんに今回の企画のネタバラシをしている様子

撮影終了後、無事に購入の許可を得たので今回の企画の趣旨をあらためて妻に説明しました。心理学を学んだこと、ここしばらくの行動の変化のこと……。果たして妻は気づいていたのか聞いてみたところ

妻・公美さんにまたビンタされるライター山本

普通に怒られた。

 

隠し事をされたら誰でも嫌ですよね。今の僕ならその気持ちわかります。

みなさん、妻にお願いごとをする際は隠し事なしで挑みましょう。

 

僕が買った「STORM」のゲーミングPC「PG-DM」を紹介します

 

最後に、僕が購入した「STORM」のゲーミングPCを紹介します。

「STORM」はアイティーシーが展開するBTOPCブランドで、ゲーミングに特化したモデルが多いのが特徴です。

アイティーシー社のBTOPCブランド「STORM」のロゴ

BTOとは「Build To Order」の略で、受注生産を意味します。BTOPCは、専門のネット通販サイトで、ユーザーがベースのモデルを選択し、豊富なカスタムメニューから、目的や用途に応じてパーツの変更を行って注文するスタイルです。

数あるBTOPCブランドの中でも「STORM」はゲーミングPCにこだわったブランドで、最新のゲームも難なくプレイできるスペックはもちろん、デザインや冷却性能にこだわったケースを使用していることでもおなじみです。

今回記事の中に登場したPG-DMは最上位クラスのモデルで、フロントガラスパネル仕様のARGBファン4基搭載のミドルタワー型PCケースを標準採用しています。

アイティーシー社のBTOPCブランド「STORM」の商品PG-DM

ストレージには超高速起動のM.2 NVMe SSD1TBを採用し、メモリは「Crucial」製の16GBメモリが採用されているため、ストレスなくゲームを楽しむことができます。

CPUには「AMD Ryzen7 5800X」、GPUには「NVIDIA RTX3080Ti」と、ハイエンドクラスのパーツも搭載。3DCGをふんだんに使った、最新のゲームも快適にプレイすることができます。

みなさんもぜひこの高性能ゲーミングPCをゲットしてください!

<ストームのECサイトはこちら>

https://www.stormst.com/

 

関連記事はコチラ

性能とケースの両方にこだわりたい人におすすめなのが、アイティーシーが展開するBTOブランド「STORM(ストーム)」。内部が発光するおしゃれなケースや、サイドパネルにファブリック(布)地を採用した豪華なケース、冷却性能にこだわったケースなど、BTOならではのケースを採用したPCが豊富にラインナップされています。

 

PHOTO_BY 井出勇貴


アプライドのBTOPC「Barikata」のPR記事アイキャッチ
ark社のBTOPCブランド「arkhive」PR記事アイキャッチ
BACK TO LIST