• TOP
  • CATEGORY
    ゲーム
  • TITLE
    MODとはゲーム内容を書き換える個人製作の改造コードをいいます。マイクラで使用されるMODは影MOD系と新要素系MODの2つに大別され、これらのMODを追加できるのはPC向けJava版のマイクラです。そこで本記事では、Java版マイクラにMODを反映させ、起動するアプリケーション「MinecraftForge」の導入方法について解説していきます。
CATEGORY
ゲーム

【マイクラMOD】MinecraftForgeの導入方法と「影MOD」の入れ方を解説

  • DATE
    2022.10.17
  • WRITTEN BY
    amarunba

arkhive GC-I5G36M

194,800円(税込)

編集部が選ぶおすすめのBTO PC!
サイドパネルに強化ガラスを採用したゲーミングPC!フルHD高リフレッシュレートのゲームプレイに最適!

archive(アークハイブ)はコダワリを形に出来る圧倒的なカスタマイズメニューをご用意!BTO専門スタッフが国内にて組立、検査を行い「自分だけのコダワリの一台」をお届けします。24時間365日の標準サポートに加え、3年保証オプションも整えており、ご購入後も安心!

MODとはゲーム内容を書き換える個人製作の改造コードをいいます。自由な発想と創作活動を行うマインクラフト(以下マイクラ)では「無くてはならないもの」であり、MODの存在は公式に認められてもいます。

マイクラで使用されるMODは2つに大別され、見た目を変化させるシェーダー=影MOD系と、アイテムやレシピを追加する新要素系MOD。これらのMODを追加できるのはPC向けJava版のマイクラです。
そこで今回は、Java版マイクラにMODを反映させ、起動するアプリケーション「MinecraftForge」の導入方法について解説していきます。


  • arkhive

    GC-I5G36M


    ・サイドパネルに強化ガラスを採用したゲーミングPC!
    ・フルHD高リフレッシュレートのゲームプレイに最適!

  • ZEFT

    G27RF


    ・高FPSでのゲームプレイや実況、動画編集をすべて一台で
    ・万能型スペックのゲーミングPCです

  • パソコン工房

    LEVEL-R66P-LC127-VAX


    ・RPGからFPSまで優れたパフォーマンスを発揮!
    ・カスタマイズ性抜群!熱狂のレベルを新しい次元へ

  • サイコム

    G-Master Hydro Extreme/D4


    ・独自開発した水冷ビデオカードを搭載したデュアル水冷マシン
    ・高性能ながら冷却性能と静音性能を両立!

  • THIRDWAVE

    Monarch GE


    ・ハイスペックでいじりがいのあるBTOモデル

【マイクラMOD】MinecraftForgeの導入方法

まず最初に導入するのが、マイクラ内でMODデータを導入して起動させる「Minecraft Forge」です。こちらの公式サイトより、Minecraft Forgeをダウンロードできます。

しかしMinecraft Forgeには複数のバージョンがあります。これはマイクラのバージョン毎に用意されているためです。
そこでマイクラのバージョン確認のためゲームランチャーを起動し、起動構成を選択します。筆者の場合は1.19.2のため、Minecraft Forgeも同じ1.19.2を選択してダウンロードします。

引用元:https://files.minecraftforge.net/net/minecraftforge/forge/

対応するバージョンの「installer」を起動します。各バージョンの右側が安定動作版になります。

引用元:http://adfoc.us/serve/?id=27122885333693

すると広告ページに飛びます。しばらく待ち、クリックするとダウンロードが始まります。

引用元:https://www.java.com/ja/

と、ここで筆者のパソコンでダウンロードしたファイルが展開できない状態に。確認してみるとJavaがPC内にインストールされていませんでした。
ファイルはJavaで開くので、筆者と同じようにJava環境がない方は、Javaの導入もしておきましょう。

無事にJava環境をセットアップし、ファイルを開くとこのようなインストーラーが立ち上がります。OKをクリックしてストレージ内にインストールします。

無事にインストールが完了すると、マイクラの起動構成画面よりForgeが確認できるようになります。Forgeよりマイクラを起動してみましょう。

Forgeから起動すると、Modsのボタンが出るようになります。以上でMOD導入の準備が整いました。

【マイクラMOD】影MODの導入方法

次にマイクラで定番の影MODの導入をしてみましょう。
実はデフォルトでのマイクラ=バニラ環境には光によってできる影が存在しません。これにより、グラフィックとしてはリアルさが欠けた見た目に。
影MODを追加することで、マイクラの世界をより綺麗でリアルな物にすることができます。

今回使用する影MODは「SEUS Renewed 1.0.1」、軽量化MODとして「OptiFine」を使用します。

引用元:https://optifine.net/downloads

まず先にOptiFineを導入します。これはマイクラ内のグラフィックや描画設定を変更するためのMODとなります。「Download」をクリックして広告画面へとジャンプします。もしくはMirrorからもダウンロード可能です。

ダウンロードされたファイルを開くと、インストーラーが起動しますので、Installをクリック。

ダウンロードしたOptiFineのファイルを右クリックで切り取ります。

マイクラを起動し、スタート画面のmodsをクリックします。左下にMODを格納するフォルダーを開くボタンがありますので、これをクリック。

「mods」内に切り取ってきたOptiFineのファイルを貼り付けます。

確認のためオプション画面よりビデオ設定を開きます。OptiFineの導入に成功していれば、左下に表示されるようになっています。

引用元:https://sonicether.com/shaders/download/renewed-v1-0-1/

次にSEUSのダウンロードを行います。こちらはZIPファイルがダウンロードされますが、解凍する事なく移動させます。

移動先はオプション→ビデオ設定→シェーダーの詳細設定を開きます。

そして左下の「シェーダーフォルダー」をクリック。

これで「shaderpacks」が開きますので、この中にZIPファイルのSEUSを貼り付けます。
するとマイクラ内でもSEUSが認識されるようになりますので、使用するシェーダーとして選択して設定を完了させます。

以上で影MODの導入は完了です。

影MODの動作には「GTX1660シリーズ」相当のグラボが必要

今回筆者が導入したSEUSの場合、おおむね「フルHDゲーミングができる程度のGPU」が快適に遊べるスペックとして求められます。
グラボで言えば最低でも「GTX1660シリーズ」。それ以上なら「RTX3050」や「RX6600」などが選択肢として考えられるでしょう。

一方、あくまで「必要最低限」のスペックであれば「第10世代Intel Core i3と内蔵グラフィック」でも軽めの影MODなら動作します。
とはいえ、これは「軽めの影MODなら遊べる=軽めのものしか選べない」ということも意味します。

影MODにも様々な質感や表現の差による違いがあるので、好みの影MODを選ぶのであれば、やはりGPUの処理能力があった方が選択肢が広がります。
過去の記事でも、マイクラ推奨スペックに関する内容をまとめているのでぜひ参考にしてください。

マインクラフトは立方体ブロックで表現された世界を冒険し、ブロックを探索から建築といった工程を経て、独自の世界を作り上げるゲームです。また最近では、教育現場向けバージョンも用意されています。…

マイクラのMODは「複数入れると重くなる」 | WQHDゲーミング程度のスペックは必要

今回は影MODの導入だけを行いましたが、実際にはマイクラのMODは多岐に渡り、オブジェクトやキャラクターの見た目を変えるMODも存在します。これらのMODもGPUの処理能力に依存しており、同時に起動させる程ゲーム内動作は重くなります。

よって「同時適用するMODを増やせば増やすほど、要求されるPCスペックも際限なく上がる」と言えます。とはいえMODを「処理できなくなるほど同時起動する人」は多くは無いでしょう。

実際は、WQHDに対応できる程度のゲーミングPCがあれば十分でしょう。
具体的には「Core i7-12700」ぐらいのCPUと、「RTX3060Ti」や「RTX3070」ぐらいのGPUで構成されたゲーミングPCがあれば、複数のMODを同時起動してもある程度快適に動作するでしょう。
他のゲームタイトルですとApex LegendsがフルHD画質で144fps以上をキープすることが可能なぐらいのPCスペックとなります。

PC版「Apex Legends(エーペックスレジェンズ)」は、発売当初負荷がそれほど高くありませんでしたが、バトルロイヤル系のFPSということもあり、フレームレートが重要視されるため、…

ちなみにMODが共存することでMOD同士が干渉しあい、ゲームがクラッシュするなどトラブルの原因になることもあります。導入の際にはForge内のmodsフォルダー内に1つずつ入れていき、その都度動作確認をすることもおすすめします。

まとめ

バニラ環境ではできなかったことが可能になることで、マイクラの楽しさを無限に広げることができるMODは、マイクラにとっては無くてはならない要素です。

しかしMODの導入にはそれなりに複雑な工程と手間がかかります。今回筆者もMODを導入する作業を行ったのですが、最初は上手く反映されなかったため、MODとマイクラの再インストールなどを繰り返しました。

筆者的にはマイクラはかなり頭を使うゲームだと思いますし、教育現場でも取り入れる動きにも納得できます。なかなか上手くいかない状況はもどかしいものですが、それを乗り越えて目的を達成する喜びを体験できる良いゲームです。
是非とも快適なPC環境を整えた上で、バニラ環境のマイクラだけでなく、MODにも挑戦してみてください。

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※6月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
arkhive

GC-I5G36M

Core i5-12400 RTX 3060Ti 16GB 1TB 650W BRONZE
ZEFT

G27RF

Core i7-12700 RTX 3060Ti 32GB 500GB 750W GOLD
パソコン工房

LEVEL-R66P-LC127-VAX

Core i7-12700 RTX 3080 32GB 1TB 800W GOLD
サイコム

G-Master Hydro Extreme/D4

Core i7-12700K 水冷RTX3070 16GB 500GB 850W GOLD
THIRDWAVE

Monarch GE

Core i7-12700 CPU内蔵グラフィックス 16GB 500GB NVMe 550W BRONZE

BACK TO LIST

見た目良し!スペック良し!なサイコムのBTOパソコンを、女性自作erでもあるストリーマー・つつまるがレビュー!【PR】

自作erも納得の性能!eスポーツキャスター・平岩康佑がGALLERIA(ガレリア)のBTOパソコンをレビュー【PR】

FPSプロゲーマー・GorouがツクモのゲーミングPC「G-GEAR Aim」をレビュー!Apexでの無双プレイもお任せ【PR】

FPS界屈指の実力派・GreedZzも納得!arkのゲーミングPC「arkhive」の性能をApexで体験【PR】

FPS初心者にこそおすすめ!プロゲーマー・keptがパソコン工房のゲーミングPC「LEVEL∞」の実力をApexで試してみた 【PR】

Apexプレデター・Lightも大満足!FRONTIERのBTOパソコンの実力を検証してみた【PR】

【エルデンリング】推奨Ping値・重いときにラグを減らす方法まとめ

【FF14】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【原神】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【フォートナイト】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【Apex Legends】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

原神に必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

フォートナイトに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

Apex Legendsに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

ELDEN RING(エルデンリング)の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボまとめ

FF15の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボ・CPU・ゲーミングPCまとめ