• TOP
  • CATEGORY
    ゲーム
  • TITLE
    PC版「Apex Legends(エーペックスレジェンズ)」は、発売当初負荷がそれほど高くありませんでしたが、バトルロイヤル系のFPSということもあり、フレームレートが重要視されるため、ある程度のPCスペックが求められます。この記事では、推奨スペックや各構成でのベンチマーク結果について詳しく解説します。さらに、快適にプレイするためにおすすめのグラボやBTOゲーミングPCもご紹介します。
CATEGORY
ゲーム

Apex Legendsの推奨スペックとおすすめゲーミングPC&グラボまとめ

  • DATE
    2022.09.05
  • WRITTEN BY
    ApolloMetal

arkhive GC-I5G36M

194,800円(税込)

編集部が選ぶおすすめのBTO PC!
サイドパネルに強化ガラスを採用したゲーミングPC!フルHD高リフレッシュレートのゲームプレイに最適!

archive(アークハイブ)はコダワリを形に出来る圧倒的なカスタマイズメニューをご用意!BTO専門スタッフが国内にて組立、検査を行い「自分だけのコダワリの一台」をお届けします。24時間365日の標準サポートに加え、3年保証オプションも整えており、ご購入後も安心!

2019年にPC版が発売された、オンラインのFPSゲーム「Apex Legends(エーペックスレジェンズ)」。発売当初PCへの負荷自体はそれほど高くありませんでしたが、バトルロイヤル系のFPSということもあり、フレームレートが重要視されるため、ある程度のPCスペックが求められます。

そこで今回は、Apex Legendsの推奨スペックや各構成でのベンチマーク結果について詳しく解説します。さらに、快適にプレイするためにおすすめのグラボやBTOゲーミングPCもご紹介します。

目次


  • arkhive

    GC-I5G36M


    ・サイドパネルに強化ガラスを採用したゲーミングPC!
    ・フルHD高リフレッシュレートのゲームプレイに最適!

  • ZEFT

    G27RF


    ・高FPSでのゲームプレイや実況、動画編集をすべて一台で
    ・万能型スペックのゲーミングPCです

  • パソコン工房

    LEVEL-R66P-LC127-VAX


    ・RPGからFPSまで優れたパフォーマンスを発揮!
    ・カスタマイズ性抜群!熱狂のレベルを新しい次元へ

  • サイコム

    G-Master Hydro Extreme/D4


    ・独自開発した水冷ビデオカードを搭載したデュアル水冷マシン
    ・高性能ながら冷却性能と静音性能を両立!

  • THIRDWAVE

    Monarch GE


    ・ハイスペックでいじりがいのあるBTOモデル

Apex Legendsを遊ぶための推奨スペック

引用元:エレクトロニック・アーツ

Apex Legendsはバトルロイヤルゲームなので、有利に戦うためにはフレームレート(fps)が重要です。フレームレートが低ければ、正確なエイムができず快適に遊べません。まずは、公式が公開している「必要動作環境」と「推奨動作環境」を確認し、高フレームレートでプレイできるPCスペックを検証していきましょう。

Apex Legendsの必要動作環境・スペック

必要動作環境

OS Windows 7 64ビット版
CPU Intel Core i3-6300 3.8GHz
AMD FX-4350 4.2GHz
RAM(メモリ) 6GB
GPU(グラボ) NVIDIA GeForce GT 640
Radeon HD 7730
GPU RAM(VRAM) 1GB
ストレージ 22GB

引用元:エレクトロニック・アーツ

「GT 640」や「HD 7730」は2012年~2013年に発売された製品なので、現在販売されているゲーミングPCを基準に考えると、ローエンドでも容易に満たせる水準です。したがって、ゲーミングPCを新調する場合は、必要動作環境を気にする必要はないでしょう。

Apex Legendsの推奨動作環境・スペック

推奨動作環境

OS Windows 7 64ビット版
CPU Intel i5 3570T
RAM(メモリ) 8GB
GPU(グラボ) NVIDIA GeForce GTX 970
AMD Radeon R9 290
GPU RAM(VRAM) 8GB
ストレージ 22GB

引用元:エレクトロニック・アーツ

グラボの要求スペックが大幅に向上していますが、こちらも現在販売されているゲーミングPCであれば容易に満たせる水準です。ただし、「推奨動作環境」はフルHD・高画質設定で60fpsを出せるスペックなので、100fps以上を目指す場合はよりハイスペックなPCが必要です。

【筆者の場合・フルHD最高画質設定】CPU「Intel Core i7-6700K」 × グラボ「NVIDIA GeForce GTX 1080」で62fpsが目安

筆者の環境は、CPU「Intel Core i7-6700K」・グラボ「NVIDIA GeForce GTX 1080」の構成です。この構成でApex LegendsをフルHD・最高画質でプレイしたところ、平均フレームレートは62fpsとなりました。

高負荷時でも60fpsを上回るため、プレイ自体には支障はありません。しかしアンチエイリアシング処理が重いため、高フレームレートを狙う場合はアンチエイリアシングをオフにします。アンチエイリアシングをオフにすると、100fpsを上回るので快適です。

【WQHD最高画質設定】CPU「Intel Core i7-6700K」 × グラボ「NVIDIA GeForce GTX 1080」で48fpsが目安

WQHD最高画質でApex Legendsをプレイした場合、筆者の環境では平均フレームレートは48fpsとなりました。

カクつきが気になるため快適なプレイはできませんが、こちらも画質設定を下げれば60fpsを上回るので、プレイ自体には大きな支障はありません。とくにアンチエイリアシングは負荷が高いので、できるだけ切るほうが望ましいです。

【4K最高画質設定】CPU「Intel Core i7-6700K」 × グラボ「NVIDIA GeForce GTX 1080」で31fpsが目安

4K最高画質設定でApex Legendsをプレイした場合、筆者の環境では平均フレームレートは31fpsとなりました。

最高画質設定では、常に60fpsを下回っているため、快適なゲームプレイは不可能です。とはいえ4Kでも、GTX 1080くらいのスペックがあれば、画質設定やアンチエイリアシング設定を下げれば60fpsを出すことは可能です。

Apex Legendsをプレイしているユーザーのグラボ・構成とFPS値

Apex Legendsには公式ベンチマークソフトがないため、実際のプレイ動画のフレームレート値を参考にするのがおすすめです。今回は、以下4パターンの構成ごとにフレームレート値を検証していきます。

  • 【4K最高画質:117fps】Intel Core Intel i5-9400F × NVIDIA GeForce RTX 3080
  • 【フルHD最高画質:219fps】AMD Ryzen 5 3600 × NVIDIA GeForce RTX 3070
  • 【フルHD最高画質:180fps以上】AMD Ryzen 7 5800X × NVIDIA GeForce RTX 3060
  • 【フルHD最高画質:80fps以上】Intel Core i5-8500 × NVIDIA GeForce GTX 1660 Super

【4K最高画質:117fps】Intel Core Intel i5-9400F × NVIDIA GeForce RTX 3080

RTX 3080はさすがにハイエンドグラボというだけあり、4K最高画質でも平均120fps近いフレームレートが出ます。フルHDやWQHDでは、200fpsを大幅に上回るでしょう。どのシーンでもカク付くことがなく、負荷が高い戦闘シーンでも滑らかに動きます。4Kの圧倒的な画質でApex Legendsを楽しみたいなら、RTX 3080が第一候補になるでしょう。

【フルHD最高画質:219fps】AMD Ryzen 5 3600 × NVIDIA GeForce RTX 3070

RTX 3070でプレイした場合、フルHD最高画質では平均219fps、WQHDでは平均149fpsとなりました。いずれもカク付くシーンは皆無で、快適にバトルできることは間違いないでしょう。WQHDでも144Hzモニターを十分稼働できるパワーがあるので、高フレームレートで有利に戦いたい人は、RTX 3070が第一候補になります。

【フルHD最高画質:180fps以上】AMD Ryzen 7 5800X × NVIDIA GeForce RTX 3060


RTX 3060は現行のミドルエンドグラボで、フルHD最高画質で平均180fps以上が出ます。プレイ開始時の降下シーンでも120fpsを上回っており、戦闘シーンでもカク付きが皆無なので、最初から最後まで快適にバトルできます。フルHDでプレイする場合は、RTX 3060で十分だといえるでしょう。

【フルHD最高画質:80fps以上】Intel Core i5-8500 × NVIDIA GeForce GTX 1660 Super

GTX 1660 Superは旧世代機ですが、フルHD最高画質で平均80fps以上が出ます。ただし、2分53秒の爆発シーンのように、一時的に負荷が高まると60fpsを割り込みます。バトロワゲームということもあり、有利なバトルは難しいことがあるかもしれません。一方、「とりあえずフルHDでプレイできればOK」という場合は、GTX 1660 Superがベストでしょう。

Apex Legendsはノートパソコンのオンボードグラフィックでも遊べる?

Apex Legendsを「グラボなし」でプレイするのは困難です。そのため、ノートパソコンでプレイしたい場合は、グラボを搭載したモデルが必要になります。詳細は後述しますが、ノートパソコンのオンボードグラフィックでプレイしたいなら、「Apexモバイル」のほうがおすすめ。ゲームシステムが一新されているので、こちらも面白いですよ!

Apex LegendsをPCでプレイする方も多いと思いますが、現実的にデスクトップPCは設置場所が固定されるため、可能ならば同様の性能を持ったゲーミングノートパソコンを使っていきたいところです。

Apex Legendsを遊ぶためのおすすめグラボ

Apex Legendsをプレイするための「おすすめグラボ」を3機種ご紹介します。

  • NVIDIA GeForce RTX 3070
  • NVIDIA GeForce RTX 3060
  • NVIDIA GeForce GTX 1660 Super

NVIDIA GeForce RTX 3070

引用元:NVIDIA

高フレームレートを追求するのであれば、RTX 3070がおすすめです。フルHD最高画質では平均200fps以上、WQHDなら平均150fps以上が出ます。最近ではゲーミング用途に「144Hzモニター」が主流になりつつありますが、RTX 3070なら十分に対応できます。60fpsと144fpsでは歴然たる違いがあるので、より有利に戦えるようになるはずです。

NVIDIA GeForce RTX 3060

引用元:NVIDIA

Apex LegendsをフルHDでプレイしたいなら、 RTX 3060がおすすめです。最高画質でも平均180fps以上が出るので、144Hzモニターも活用できます。フレームレートを追求しないのであれば、WQHDでもプレイ可能。なお、RTX 3060の上位モデル「RTX 3060 Ti」は、少しスペックが高いのでより幅広い用途に対応できます。

NVIDIA GeForce GTX 1660 Super

引用元:NVIDIA

できるだけ低コストで楽しみたいなら、GTX 1660 Superがおすすめです。旧世代機ではありますが、フルHD画質なら最新タイトルにも対応できるスペックがあります。フルHD最高画質で平均80fps以上が出るので、Apex Legendsを十分に楽しめるでしょう。

Apex Legendsを遊ぶのにおすすめのゲーミングPC

Apex LegendsをプレイするためにゲーミングPCを新調する場合は、手軽にハイスペックPCが手に入る「BTOゲーミングPC」がおすすめです。ここでは「パソコン工房」「ツクモ」「ドスパラ」の3社から厳選した、以下3種類のBTOゲーミングPCをご紹介します。

  • ドスパラ GALLERIA ZA7C-R38
  • ツクモ G-GEAR GA5J-B221/B2
  • パソコン工房 LEVEL-M066-124-RJX

ドスパラ GALLERIA ZA7C-R38

引用元:ドスパラ

OS Windows 11 Home 64ビット
CPU インテル Core i7-12700K (3.60GHz-4.70GHz/12コア/20スレッド)
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-25600/8GBx2/2チャネル)
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3080 12GB GDDR6X (HDMI x1,DisplayPort x3)
ストレージ 1TB NVMe SSD
電源ユニット 850W 静音電源 (80PLUS GOLD)
参考価格(税込) 329,980円

引用元:ドスパラ

Apex Legendsを高フレームレートで快適にプレイできる、ハイスペックなゲーミングPCです。CPUは「Core i7-12700K」、グラボは「GeForce RTX 3080」を搭載。CPUは12コア20スレッドの圧倒的な性能で、グラボはWQHD最高画質で144fps以上を出せるスペックです。Apex Legends以外に、最新タイトルも高画質・高フレームレートで楽しめます!

ツクモ G-GEAR GA5J-B221/B2

引用元:ツクモ

OS Windows 11 Home 64bit版(ディスク付属)
CPU Intel Core i5-12400 (P6コア / 12スレッド / P2.5GHz、Boost時最大4.4GHz)
メモリ 16GB (8GB x2枚) DDR4-3200 メジャーチップ採用
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3060 / 12GB / LHR (HDMI 、DisplayPort x3)
ストレージ [高速M.2 Gen3] 1TB WD BLUE SN570 (読込最大 3500MB/s, 書込最大 3000MB/s, NVMe)
電源ユニット 【80PLUS BRONZE認証】 CWT製 500W (最大550W、定格500W)
参考価格(税込) 171,800円

引用元:ツクモ

Apex LegendsをフルHDで高フレームレートで楽しめる、ミドルエンドのゲーミングPCです。CPUは「Core i5-12400」、グラボは「GeForce RTX 3060」を搭載しており、各パーツのバランスが取れています。Apex以外のゲームもフルHDで快適に遊べるスペックがあるので、コストを抑えつつ多用途で使えるゲーミングPCが必要な場合におすすめです。

パソコン工房 LEVEL-M066-124-RJX

引用元:パソコン工房

OS Windows 11 Home [DSP版]
CPU Core i5-12400 6コア/12スレッド (最大クロック数4.40GHz)
メモリ 16GB (8GB×2) DDR4-3200 DIMM (PC4-25600)
グラボ GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6
ストレージ 500GB NVMe対応 M.2 SSD
電源ユニット 500W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源
参考価格(税込) 139,980円

引用元:パソコン工房

最小限のコストでApex LegendsをフルHDでプレイできる、エントリークラスのゲーミングPCです。CPUは「Core i5-12400」、グラボは「GeForce GTX 1660 SUPER」を搭載しており、圧倒的なコスパの良さが魅力です。高フレームレートを狙うのは難しいですが、「フルHDでApexを遊べれば十分」という場合は、このモデルがおすすめです。

Apex Legends向けグラフィックボード選びについてよくある質問

Apex Legends向けグラフィックボード選びに関する、よくある質問をまとめました。

CPUの選び方は?

Apex Legendsの推奨動作環境で指定されているCPUは、現行のゲーミングPCであれば十分満たせるスペックの水準です。ApexはCPUスペックをそれほど要求しないゲームですが、グラボの性能を引き出すためにはハイスペックなCPUが必要です。「Intel Core i5-11400」や「AMD Ryzen 5 3600」以上のCPUなら、ボトルネックになることはないでしょう。

Apexモバイルをパソコンで遊ぶ場合の推奨スペックの目安はどれくらい?

引用元:Apex Legends モバイル

「Apexモバイル」は、スマホ端末用のバージョンで、Androidエミュレーター「LDPlayer」を使うとPCでもプレイできます。
結論から言えばApexモバイルなら、ノートパソコンのオンボードグラフィックでも十分楽しめます。そのため、モバイル版は「ゲーミングPCはないけれど、とりあえずApexで遊びたい」場合にぴったりです。

こちらからLDPlayerをダウンロードすると、自動的にApexモバイルがインストールされた状態になるので、以下の画像のようにホーム画面で「Apexモバイルアイコン」をクリックすると、Apexモバイルが起動します。

Apexモバイルは、PC版にはない新要素が追加されていることも魅力です。モバイル版では三人称視点に切り替えられるほか、新たな「パークシステム」や「新レジェンド」が追加されているなど、PC版とは違った楽しみがあります!

Apex Legendsと同等スペックで快適に遊べる他のおすすめゲームは?

Apex LegendsをプレイできるスペックのPCがあれば、「フォートナイト」や「FF14」も快適にプレイできます。フォートナイトはApex Legendsと同じバトロワゲーム、FF14は国産RPGの名作です。そのほかにも、ほとんどの最新タイトルをフルHDで楽しめます!

まとめ

Apex Legendsは比較的負荷の軽いゲームなので、最新のミドルエンドクラスのゲーミングPCなら、フルHD最高画質で60fps以上を余裕で出せます。

とりあえずフルHDでプレイしたいなら「GTX 1660 Super」、フルHD・WQHDなら「RTX 3060」、高フレームレートを追求するなら「RTX 3070」がおすすめです。オンボードグラフィックでプレイする場合は、「Apexモバイル」だと快適にプレイできます。

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※6月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
arkhive

GC-I5G36M

Core i5-12400 RTX 3060Ti 16GB 1TB 650W BRONZE
ZEFT

G27RF

Core i7-12700 RTX 3060Ti 32GB 500GB 750W GOLD
パソコン工房

LEVEL-R66P-LC127-VAX

Core i7-12700 RTX 3080 32GB 1TB 800W GOLD
サイコム

G-Master Hydro Extreme/D4

Core i7-12700K 水冷RTX3070 16GB 500GB 850W GOLD
THIRDWAVE

Monarch GE

Core i7-12700 CPU内蔵グラフィックス 16GB 500GB NVMe 550W BRONZE

パソコン工房の「LEVEL-R76P-LC127-SAX [RGB Build]」と、RushGamingのkeptさん
arkhive「Gaming Custom GC-I5M AC-IC6B66M-TS1」とRushGamingのLightさん
サイコムのBTO PC「G-Master Velox Intel Edition」と、RushGamingのぱせりまんさん
BACK TO LIST

見た目良し!スペック良し!なサイコムのBTOパソコンを、女性自作erでもあるストリーマー・つつまるがレビュー!【PR】

自作erも納得の性能!eスポーツキャスター・平岩康佑がGALLERIA(ガレリア)のBTOパソコンをレビュー【PR】

FPSプロゲーマー・GorouがツクモのゲーミングPC「G-GEAR Aim」をレビュー!Apexでの無双プレイもお任せ【PR】

FPS界屈指の実力派・GreedZzも納得!arkのゲーミングPC「arkhive」の性能をApexで体験【PR】

FPS初心者にこそおすすめ!プロゲーマー・keptがパソコン工房のゲーミングPC「LEVEL∞」の実力をApexで試してみた 【PR】

Apexプレデター・Lightも大満足!FRONTIERのBTOパソコンの実力を検証してみた【PR】

【エルデンリング】推奨Ping値・重いときにラグを減らす方法まとめ

【FF14】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【原神】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【フォートナイト】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【Apex Legends】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

原神に必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

フォートナイトに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

Apex Legendsに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

ELDEN RING(エルデンリング)の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボまとめ

FF15の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボ・CPU・ゲーミングPCまとめ