• TOP
  • CATEGORY
    初めての自作
  • TITLE
    自作PCの制作を検討されている方の中には、Windows以外のChrome OSやLinuxを使用する予定の方も多いのではないでしょうか。OSなしのPCを購入した場合、節約にはなりますが、一部のメーカーしか取り扱いがなく、自分でインストールする必要があります。そこで今回は、OSなしPCの使い道やおすすめのBTOパソコンメーカーについて解説します。さらにお得で導入が簡単な「DSP版Windows」もご紹介します。
CATEGORY
初めての自作

BTOパソコンの「OSなし」とは?OSなしを取り扱うBTOメーカー一覧・購入方法まとめ

  • DATE
    2021.08.27
  • WRITTEN BY
    ApolloMetal

OSはパソコンの動作に欠かせないソフトウェアですが、自作PCの制作を検討されている方は広く普及されているWindows以外のChrome OSやLinux等のOSを使用したいなんてこともあるのではないでしょうか。またOSなしのPCを購入する場合、最大2万円ほど費用を節約できます。

ところが、OSなしPCは一部のBTOパソコンメーカーしか取り扱いがなく、自分でOSをインストールする必要もあります。そこで今回は、OSなしパソコンの使い道やおすすめのBTOパソコンメーカーについて、分かりやすく解説します。さらに、お得で導入が容易な「DSP版Windows」もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

OSがないBTOパソコンとは?使い道は?

BTOパソコンメーカーで構成をカスタマイズすれば、OSなしのパソコンを購入できます。しかし、そもそもOSなしPCにはどのような使い道があるのでしょうか。具体的には次の2つの用途が考えられます。

  • すでに持っているWindows OSをインストールする
  • Chrome OSやLinuxをインストールする

BTOパソコンとは

「BTOパソコン」とは、「Built To Order」つまりユーザーの注文に応じて制作するPCです。いわば洋服のオーダーメイドのようなもので、CPUやメモリ、ストレージ容量やPCケースなどをユーザーが選択して、指示どおりにメーカーが組み立ててくれます。

BTOパソコンは各BTOメーカーの公式サイトで購入できます。基本的には受注生産なので、納期は数日~1週間ほどかかることが多いです。パーツにこだわりたい一方で、自作PCは「ハードルが高い」「面倒」な人にとって、BTOパソコンは非常に魅力的な選択肢です。

なお、BTOパソコンの詳細については下記のページで徹底解説しています。BTOパソコンの選び方や購入方法、カスタマイズ可能な項目などが分かるので、ぜひ参考にしてみてください。

10年くらい前までは“決め打ちのスペックで”店頭に並ぶことが多かったデスクトップパソコン。購入したら、モニタと電源ケーブル、マウスやキーボードをつなぎ、…

【OSなしPCの使い道】Windows OSを持っている場合

引用元:Microsoft

すでにWindows OSを所持している場合は、OS搭載型のPCを購入する必要はありません。例えば、他のPCで使用可能なWindows OSのライセンスキーや、インストールメディアを所有しているケースです。

OSなしモデルを購入するとコストを抑えられるので、浮いた金額をパーツのアップグレードや周辺機器に使えます。ただし、後述する手順に従ってインストールメディアを作成して、新しいPCへ自分でOSをインストールする必要があります。

【OSなしPCの使い道】Chrome OSやLinuxをインストールして使う場合

引用元:Red Hat

パソコンのOSにWindowsではなく、UbuntuなどのLinux系OSやChrome OSを採用したいケースもあるでしょう。たとえばパソコンをサーバーとして利用したい場合は、無料で利用できるLinux環境は大きな強みとなります。Windowsが導入されているPCを選ぶと、OS再インストールの手間がかかるので、OSなしモデルを選ぶ方が効率的です。

OSなしPCの価格はいくら?OSありと比べて安い?

前述したように、OSなしのPCは通常よりも安く購入できます。メーカーがOSのライセンスを購入するためのコストが不要だからです。実際にどれくらい安くなるか、代表的なBTOメーカーである「サイコム」と「ツクモ」で確認してみましょう。

サイコムのゲーミングPC「G-Master Spear X570A II」で構成を組んだところ、次のようになりました。

構成 OSあり OSなし
OS Microsoft® Windows10 Home (64bit) DSP版 (標準) なし
CPU AMD Ryzen 7 3700X Matisse [3.6GHz/8Core/TDP65W] 搭載モデル (標準構成価格223,190円)
CPUグリス CPUクーラー付属グリス (標準)
CPUファン Noctua NH-U12S redux [空冷/CPUファン]★高性能CPUグリス NT-H1塗布済 (標準)
マザーボード GIGABYTE X570 AORUS ELITE [AMD X570chipset] (標準)
メモリ 16GB[8GB*2枚] DDR4-3200 [メジャーチップ・8層基板] Dual Channel (標準)
グラフィックボード GeForce RTX3060 12GB ASUS製DUAL-RTX3060-12G [HDMI*1/DisplayPort*3] (標準)
ストレージ Intel SSD 670p Series [M.2 PCI-E SSD 512GB] ★新入荷 (標準)
光学ドライブ 【黒】DVD; ASUS DRW-24D5MT+ 書込みソフト (標準)
PCケース 【黒】CoolerMaster CM694 (標準)
電源ユニット SilverStone SST-ST75F-GS V3 [750W/80PLUS Gold]★フルモジュラー高品質電源がお買い得!★ (標準)
電源ユニット 223,190円(税込) 203,210円(税込)

引用元:サイコム

標準構成でPCを組んだところ、OSありの場合は223,190円、OSなしの場合は203,210円になりました。差額は19,980円なので、なんと2万円近くも安くなることになります。サイコムはOSなしモデルの価格差が特に大きいメーカーなのでおすすめです。

ツクモのゲーミングPC「G-GEAR GA7J-F211/T」で構成を組んだところ、次のようになりました。

構成 OSあり OSなし
OS Windows 10 Home 64bit版 (ディスク付属) OSなし (OSが別途必要。Windows10のドライバのみ付属。 OSおよびドライバソフトに関するサポートはございません)
CPU Intel Core i7-11700 プロセッサー(8コア 16スレッド / 2.5GHz、Boost時最大4.9GHz)
CPUグリス 標準
CPUファン 標準
マザーボード Intel H570 ATXマザーボード (ASRock H570 Phantom Gaming 4)
メモリ 16GB (8GB x2枚) DDR4-3200 メジャーチップ採用
グラフィックボード NVIDIA GeForce RTX 3060 / 12GB / LHR (HDMI 、DisplayPort x3)
ストレージ SSD [高速M.2 Gen3] 500GB WD BLUE SN550 (読込最大 2400MB/s, 書込最大 1750MB/s, NVMe)
光学ドライブ DL対応 DVDスーパーマルチ(ASUS製 / 書込ソフト付 / SATA接続 )
PCケース G-GEAR ATXミドルタワーゲーミングケース (ブラック / 69JD)
電源ユニット 【80PLUS GOLD認証】 CWT製 GPS750S-T (定格750W)
電源ユニット 189,800円(税込) 184,300円(税込)

引用元:ツクモ

標準構成でPCを組んだところ、OSありの場合は189,800円、OSなしの場合は184,300円になりました。差額は5,500円なので、やはりOSなしモデルを選択すると安くなるようです。

ちなみに、OSなしBTOパソコンの取り扱いがある他のメーカーでも、同様に5,000円~20,000円ほど安くなります。

OSなしのBTOパソコンにWindowsをインストールする方法

OSなしのBTOパソコンを購入しても、OSをインストールしなければ使えません。USBメモリでWindows 10をインストールする手順は次のとおりです。

  1. 8GB以上の容量があるUSBメモリを用意します。
  2. Microsoftの公式サイトアクセスして、「ツールを今すぐダウンロード」をクリックしましょう。(上の方にある「今すぐアップデート」ではありません。)

  1. ダウンロードしたファイルを実行すると、管理者権限を要求されるので許可してください。
  2. ライセンス条項が表示されるので右下の「同意する(A)」を選択しましょう。

  1. 下の選択肢「別のPCのインストールメディアを作成する(USBフラッシュドライブ、DVD、またはISOファイル)」を選択肢して「次へ(N)」をクリックします。

  1. 「このPCにおすすめのオプションを使う」のチェックを外し、「アーキテクチャ」を「両方」に変更してから「次へ(N)」をクリックしましょう。

  1. 使用するメディアに「USBフラッシュドライブ」を選んで、「次へ(N)」をクリックします。なお、USBメモリ内のデータは全て消去されるのでご注意ください。

  1. インストールメディアの作成が開始します。完了画面が表示されたら「完了(F)」を押して終了しましょう。

新しいPCへのWindows 10 インストール作業

ここから新しいPCへのWindows 10インストール作業へ移行します。先ほど作成したUSBメモリを新しいPCに挿入してから、パソコンを起動させます。
以下の手順に沿って、Windowsのセットアップ画面を表示させましょう。

  1. 最初のマザーボードのメーカーロゴが表示される画面で、メーカーごとの対応ファンクションキーを入力します。(ASUSはF8、AsRockはF11、GIGABYTEはF12などメーカーによって異なります。)
  2. BIOS画面が表示されるので、方向キーの右を押して「Boot」タブへ移行します。
  3. 「USB Memory」のブート順位を一番上に変更しましょう。(変更のためのキー操作はマザーボードのメーカーごとに異なります。)
  4. 方向キーの右で「Exit」タブへ移行して、「Save Changes and Reset」をクリックしてください。PCが再起動してインストール作業が始まります。
  5. 64bitと32bitの選択画面が表示された場合は、必ず「64bit」を選択しましょう。
  6. インストールの言語やキーボードを選択する「Windows セットアップ」画面が表示されるので、そのまま「次へ(N)」を選択。

以後はプロダクトキーの入力が求められた後、ライセンス条項に同意。画面表示に沿ってWindowsのインストールを行えば完了です。

なおBTOパソコンのメーカーやマザーボードによっては、手順が少し異なる場合があります。不明点がある場合は、PCを購入したメーカーに問い合わせてみましょう。

OSなしのBTOパソコンの取扱いがあるメーカーまとめ

OSなしのBTOパソコンを選択できるBTOパソコンメーカーは下記の6社です。

  • サイコム
  • ドスパラ
  • ツクモ
  • STORM
  • パソコン工房
  • SEVEN

各BTOパソコンメーカーの特徴や、代表的なモデルについて見ていきましょう。

サイコム

引用元:サイコム

「サイコム」は20年以上の実績がある老舗BTOパソコンメーカーで、カスタマイズの自由度の高さが魅力です。パーツの選択肢が多いと相性が心配ですが、「サイコムあんしん相性チェッカー」できちんとチェックされるため、BTO初心者でも安心です。
サイコムの代表的なゲーミングPCブランドが「G-Master」シリーズです。基本モデルはCPUメーカーとケースサイズで4種類に分かれており、CPUとグラボを水冷化した「デュアル水冷」モデルも選べます。

代表的なモデルの1つである「G-Master Spear Z590」の概要は以下の通り。

引用元:サイコム

公式通販サイトURL https://www.sycom.co.jp/custom/model?no=000796
CPU Intel Core i7-11700K
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3060
メモリ 16GB DDR4-3200
ストレージ 512GB SSD NVMe Intel 670p Series
参考価格 244,060円 (税込)

一般的な構成のゲーミングPCですが、パーツ構成の選択肢が豊富です。例えば、MSI製の「GeForce RTX 3070 VENTUS 2X OC」へ40,190円でアップグレードできます。まるで自作PCのように自由に選べるのは大きなメリットです。

ドスパラ

引用元:ドスパラ

「ドスパラ」は最も知名度の高いBTOパソコンメーカーのひとつ。ドスパラの魅力は実績とサポート体制の充実と品揃えの良さです。ドスパラは自己責任で故障が生じた際も無料で修理できる「セーフティサービス」を利用できます。そのため、BTOパソコン初心者にとって特に安心感の高いメーカーです。

ドスパラで代表的なゲーミングPCブランドは「GALLERIA(ガレリア)」です。代表的な製品としては「GALLERIA XA7C-R37 H570搭載」が挙げられます。

引用元:ドスパラ

公式通販サイトURL https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=&mc=10074&sn=4155
CPU Intel Core i7-10700
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3070
メモリ 16GB DDR4-2933
ストレージ 1TB NVMe SSD
参考価格 209,980円 (税込)

非常にコスパの高いミドルエンドゲーミングPC。ほとんどのゲームはWQHDの解像度でも快適にプレイできるでしょう。

注意点は、ドスパラのガレリアではOSなしモデルを選べないこと。ただしクリエイター用PCの「raytrek(レイトレック)」や通常モデルのMonarch(モナーク)では、OSなしモデルを選択できます。Windows 10 Home搭載モデルと比べて7,700円ほど安くなるのでお得です。

ツクモ

引用元:ツクモ

「ツクモ」はヤマダ電機のグループ企業が運営しているBTOパソコンメーカーです。大手家電量販チェーンの経験を活かしたサポート体制や、頻繁なセールによるお得感がツクモの魅力です。

ツクモで代表的なゲーミングPCブランドが「G-GEAR」です。「G-GEAR」「G-GEAR mini」「G-GEAR neo」「G-GEAR alpha」があり、多数のベースモデルからカスタムできます。今回ご紹介するのは注目度の高いモデル「G-GEAR GA7J-G212/T」です。

公式通販サイトURL https://www.tsukumo.co.jp/bto/pc/game/2021/GA7J-G212T.html
CPU Intel Core i7-11700
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti
メモリ 16GB DDR4-3200
ストレージ 1TB SSD NVMe
参考価格 239,800円 (税込)

ほとんどのAAAタイトルに対応できる構成のゲーミングPCが約24万円で手に入ります。なお、オーバークロック版CPUのCore i7-11700Kは11,000円、32GBメモリへのアップグレードは13,200円で行えます。

引用元:ツクモ

ツクモではカスタマイズ画面でOSなしの構成を選択できます。今回のモデルでは5,500円安くなりました。

STORM

引用元:STORM

「STORM(ストーム)」はPCパーツ商社のアイティーシーが運営するBTOパソコンメーカーです。STORMの魅力はデザイン性や品質の高さ。特にケースのデザイン性の高さは圧倒的で、スタイリッシュなPCも構成できます。

STORMで体表的なゲーミングPCブランドが「ゲーミングパソコン PGシリーズ」です。フロントメッシュとRGBファン搭載の「PG-P」や、ARGBファンを採用した「PG-D」とアルミ仕様の「PG-M」の3種類から選べます。今回は「PG-PNT」をご紹介します。

公式通販サイトURL https://www.stormst.com/products/detail/1466
CPU AMD Ryzen 7 5800X
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3070Ti
メモリ 16GB DDR4-3200
ストレージ 1TB SSD NVMe
参考価格 (セール時) 266,800円 (税込)

グラボはVRAM8GBのRTX 3070Tiを搭載しており、WQHDでも余裕があります。

引用元:STORM

STORMでは、上記のようにカスタマイズ画面でOSなしを選択することができます。今回ご紹介したモデルでは8,000円安くなりました。

パソコン工房

引用元:パソコン工房

「パソコン工房」は株式会社ユニットコムが運営しているBTOパソコンメーカーです。知名度はそれほど高いわけではありませんが、すでに30年以上の実績があります。パソコン工房の魅力はセールの充実度と品揃えの分かりやすさです。

パソコン工房で代表的なブランドが「iiyama PC」です。ベースモデルがIntel CPUとAMD CPUで合わせて12モデルあり、そこからカスタマイズを加えることができます。特に注目度の高いモデルは「LEVEL-R059-117K-VAX」です。

公式通販サイトURL https://www.pc-koubou.jp/products/detail.php?product_id=817785&pre=bct1874_bnr_int
CPU Intel Core i7-11700K
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3080
メモリ 16GB DDR4-3200
ストレージ 1TB SSD NVMe
参考価格 (セール時) 265,980円 (税込)

CPUとグラボの双方がハイエンドモデルなので、4K解像度にも対応できるスペックがあります。タイトルによってはメモリが気になるケースがあるかもしれませんが、15,000円ほど追加すると32GBに拡張できます。

引用元:パソコン工房

なお、パソコン工房ではカスタマイズ画面でOSなしモデルを選択可能です。Windows 10 Home搭載型と比べて5,500円ほど安くなります。

SEVEN

引用元:SEVEN

「SEVEN」は株式会社セブンアールジャパンが運営するBTOパソコンショップです。
SEVENはマザーボードやグラボの選択肢が多いことが特徴。「ASUS ROG CROSSHAIR」などハイエンドマザボや、ベンダー製のハイスペックグラボも選べます。パーツにこだわりたい人には、最も魅力的なメーカーのひとつでしょう。

SEVENで代表的なゲーミングPCブランドが「ゲーミングPC ZEFT」です。高品質なパーツを使用しており、カスタマイズ性も高いため理想のモデルを制作できます。特に注目度が高いのが「ZEFT R35C」です。このモデルの概要を見ていきましょう。

公式通販サイトURL https://pc-seven.co.jp/spc/13503.html
CPU AMD Ryzen 9 5900X
グラボ NVIDIA GeForce RTX3080Ti
メモリ 32GB DDR4-3200
ストレージ 500GB SSD NVMe (WD製)
2TB ハードディスク
参考価格 (セール時) 395,780円 (税込)

OS搭載モデルの場合はセール時の価格が417,780円ですが、OSなしにすれば20,800円も安く購入できます。CPUとグラボにハイエンドモデルを採用しているため、どんなゲームにも対応可能です。

引用元:SEVEN

ただし、SEVENではカスタマイズ画面にてOSなしを選択できません。上記の画像のように、パソコンのモデル選択画面で一番右側の「OSなし」を選択する必要があるので、購入時はご注意ください。

DSP版Windowsを購入するという手もある

OSなしモデルを購入した場合は、自身でOSをインストールする必要があります。Windows 10の場合は、インストールメディアをUSBメモリに作成して、BIOS画面からインストールを開始しましょう。手順が煩雑なので、ひとつずつ確認しながら行うことが大切です。UbuntuのようなLinux系のOSを利用するのもひとつの手です。

とはいえ、こうしたUSBメモリを使用したOSインストールは手間がかかり、なおかつ初心者にはハードルが高いものです。BTOパソコンメーカーでパソコンを購入する際は、「DSP版のWindows」を購入すると安価にWindows PCを構成できます。

DSP版は、特定のPCパーツとセットで販売されているWindows OSです。各BTOパソコンショップでは、HDDやSSD、マザーボードやメモリなどのパーツで購入できる、DSP版Windowsが販売されています。

使い慣れたWindowsをお得に使いたい、という場合はぜひDSP版を購入してみましょう。煩雑な手順を踏まなくて済むため、初心者にもおすすめできる方法です。

まとめ

BTOパソコンメーカーでOSなしモデルを購入すると、最大で2万円もコストを抑えることができます。余った費用で他のパーツを追加したり、構成をアップグレードしたりできるのは大きなメリットです。

ただし、OSなしモデルを購入した場合は、自身でOSをインストールする必要があります。Windows 10の場合はインストールメディアをUSBメモリに作成して、BIOS画面からインストールを開始しましょう。手順が煩雑なのでひとつずつ確認しながら行ってください。

OSなしのBTOパソコンは、「サイコム」「ドスパラ」「ツクモ」「STORM」「パソコン工房」「SEVEN」の6社で購入できます。サイコムとSEVENは「OSなし」を選択すると、2万円ほど安くなるので特におすすめです。

OSなしモデルよりもさらにお得で手軽な方法が、「DSP版Windows」の購入です。BTOパソコンショップでは、特定のパーツとセットでDSP版のWindowsが販売されているため、この機会にぜひ試してみてくださいね!


  • DATE
    2021.08.27
  • WRITTEN BY
    ApolloMetal
  • TAG
    OS
    BTO PC
BACK TO LIST