• TOP
  • CATEGORY
    ゲーム
  • TITLE
    「バトルフィールド 2042」は2042年の未来を舞台にしたFPSタイトルで、最大128人対戦や圧巻の映像美など、さまざまな点で進化したことで注目を集めました。それだけに要求スペックが高いタイトルとしても有名で、快適にプレイするためには最新世代のグラボが必要です。この記事では、バトルフィールド 2042の推奨スペックとベンチマーク結果、おすすめゲーミングPCを紹介します。
CATEGORY
ゲーム

【BF2042】バトルフィールド 2042の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボまとめ

  • DATE
    2022.07.25
  • WRITTEN BY
    ApolloMetal

arkhive GC-I5G36M

194,800円(税込)

編集部が選ぶおすすめのBTO PC!
サイドパネルに強化ガラスを採用したゲーミングPC!フルHD高リフレッシュレートのゲームプレイに最適!

archive(アークハイブ)はコダワリを形に出来る圧倒的なカスタマイズメニューをご用意!BTO専門スタッフが国内にて組立、検査を行い「自分だけのコダワリの一台」をお届けします。24時間365日の標準サポートに加え、3年保証オプションも整えており、ご購入後も安心!

「バトルフィールド 2042」は、2042年の未来を舞台にしたFPSタイトル。2013年の「バトルフィールド4」の続編として位置づけられており、最大128人対戦や圧巻の映像美など、さまざまな点で進化したことで注目を集めました。

それだけに「要求スペックが高いタイトル」としても有名で、快適にプレイするためには最新世代のグラボが必要です。本記事では、バトルフィールド 2042の推奨スペックとベンチマーク結果、おすすめゲーミングPCを紹介します。


  • arkhive

    GC-I5G36M


    ・サイドパネルに強化ガラスを採用したゲーミングPC!
    ・フルHD高リフレッシュレートのゲームプレイに最適!

  • ZEFT

    G27RF


    ・高FPSでのゲームプレイや実況、動画編集をすべて一台で
    ・万能型スペックのゲーミングPCです

  • パソコン工房

    LEVEL-R66P-LC127-VAX


    ・RPGからFPSまで優れたパフォーマンスを発揮!
    ・カスタマイズ性抜群!熱狂のレベルを新しい次元へ

  • サイコム

    G-Master Hydro Extreme/D4


    ・独自開発した水冷ビデオカードを搭載したデュアル水冷マシン
    ・高性能ながら冷却性能と静音性能を両立!

  • THIRDWAVE

    Monarch GE


    ・ハイスペックでいじりがいのあるBTOモデル

バトルフィールド 2042を遊ぶための推奨スペック

引用元:バトルフィールド 2042

「バトルフィールド 2042」は2021年11月に発売された新作で、グラフィックスが追求されています。そのため要求スペックが高く、快適にプレイするためにはグラボがとくに重要。

さらに本作は「FPS」なので、有利な条件で戦うためには「高いフレームレート」も欠かせません。最低でも60FPS、できれば100FPS以上は欲しいところ。近年ではリフレッシュレート144Hzのモニターも普及しつつあるため、144FPS以上出れば理想です。

以上の点を踏まえて、まずはバトルフィールド 2042の「必要動作環境」と「推奨動作環境」を紹介します。

バトルフィールド 2042の必要動作環境・スペック

OS 64ビット版Windows 10
CPU Core i5 6600K
Ryzen 5 1600
メインメモリ 8GB
ビデオメモリ 4GB
グラフィックカード NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti
AMD Radeon RX 560
ハードディスク/SSD空き容量 100GB
DirectX® バージョン12以降
インターネット環境 512Kbps以上の通信速度

引用元:Electronic Arts

数年前のエントリーモデル以上のゲーミングPCであれば、上記のスペックは満たせるでしょう。ただしこれは「起動するために必要な最低スペック」で、「快適にプレイできる」というものではありません。バトルフィールド 2042は新作ということもあり、今後もさまざまなアップデートが予想されます。

上記の条件をギリギリ満たすPCでは、画質設定と解像度を大幅に下げなければ、プレイすることも困難でしょう。バトルフィールド 2042を快適にプレイするためには、少なくとも後述する推奨動作環境を満たすPCが必要です。

バトルフィールド 2042の推奨動作環境・スペック

OS 64ビット版Windows 10
CPU Intel Core i7 4790
AMD Ryzen 7 2700X
メインメモリ 16GB
ビデオメモリ 8GB
グラフィックカード NVIDIA GeForce RTX 3060
AMD Radeon RX 6600 XT
ハードディスク/SSD空き容量 100GB SSD
DirectX® バージョン12以降
インターネット環境 512Kbps以上の通信速度

引用元:Electronic Arts

上記の推奨動作環境は、フルHD解像度の中画質~高画質設定で60FPSが出る可能性が高いものです。とくに注意が必要なのがグラボのスペック。

本作は重量級タイトルということもあり、最新世代のミドルクラス以上のグラボが求められます。前世代機であれば、RTX 2070やRX 5700 XT以上は必要でしょう。VRAM使用量も多いため、ビデオメモリが8GB未満の場合は画質や解像度を下げないといけません。

またバトルフィールド 2042は他作品と比べて、CPUの要求スペックも少し高め。実際には上記の表記よりもCPUスペックが要求される印象です。グラボを最優先にしてゲーミングPCを組んだ場合は、CPUがボトルネックになる可能性もあるので要注意。

バトルフィールド 2042をプレイしているユーザーのグラボ・構成と平均フレームレート

引用元:バトルフィールド 2042

バトルフィールド 2042を実際にプレイしているユーザーの構成と、平均フレームレートを下記6パターン紹介します。バトルフィールド 2042では公式ベンチマークは用意されていないため、実際のプレイ動画がフレームレートなど各種スコアの参考になります。
なおGPUスペックの要求水準がとくに高いタイトルなので、本章でもGPUスペックに焦点を当てて解説します。

  • 【90FPS】NVIDIA GeForce RTX 3060(12GB)×AMD Ryzen 5 3600
  • 【100FPS】NVIDIA GeForce RTX 3080(12GB)×AMD Ryzen 9 5900X
  • 【90FPS】NVIDIA GeForce RTX 2070(8GB)×AMD Ryzen 5 5600X
  • 【70FPS】AMD Radeon RX 6600 XT(8GB)×AMD Ryzen 5 5600X
  • 【60FPS】NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER(6GB)×AMD Ryzen 7 5800X
  • 【50FPS】NVIDIA GeForce RTX 3090(24GB)×Intel Core i9-12900K

【90FPS】NVIDIA GeForce RTX 3060(12GB)×AMD Ryzen 5 3600

まずはGeForce RTX 3060(VRAM12GB)とRyzen 5 3600のコンビ。先ほどの推奨動作環境に近い本構成では、フルHD高画質設定・レイトレーシングとDLSSオフで平均90FPSとなりました。

激しい戦闘時・ビークル乗車時・描画オブジェクトが多いときはフレームレートが低下しますが、それでも80FPS以上は維持できました。フルHDなら画質を下げれば100FPS超えも可能なので、RTX 3060でも十分なパフォーマンスを発揮できるといえるでしょう。

なおこの動画では、3分20秒からレイトレーシング・DLSSをオンにしていますが、平均フレームレートは50。FPSタイトルとしては厳しい数値なので、RTX 3060ではレイトレは期待できません。WQHDや4Kでの検証も行っていますが、レイトレなし・DLSSオンだとWQHDで平均60FPS、4Kでは40~50FPSとなりました。

【100FPS】NVIDIA GeForce RTX 3080(12GB)×AMD Ryzen 9 5900X

ほぼハイエンドに近い、GeForce RTX 3080(VRAM12GB)とRyzen 9 5900Xの構成です。こちらはフルHD最高画質、レイトレーシングOFFで平均100FPSとなりました。

動画では9分1秒から上記設定でのベンチマークが始まります。RTX 3080のスペックがあれば、フルHDの最高画質設定なら余裕。フルHDなら画質次第で144FPSも狙えるでしょう。

9分33秒からはレイトレをONにしていて、フレームレートは60~70で推移。DLSSもONにすればさらに安定します。ちなみに4K最高画質では平均70前後、レイトレ・DLSSオンで40~50FPSになりました。レイトレなしならWQHDでも最高画質でプレイできます。

【90FPS】NVIDIA GeForce RTX 2070(8GB)×AMD Ryzen 5 5600X

GeForce RTX 2070(VRAM8GB)とRyzen 5 5600Xの組み合わせでは、フルHD高画質設定・DLSSオンで平均90FPSとなりました。

動画では3分32秒からこの設定でベンチマークが行われます。激しい戦闘時や描画オブジェクトが多いときは、フレームレートが70台に低下することも。なお最高画質設定では平均70前後、WQHDの高画質設定でも70前後となります。

ただしバトルフィールド 2042は、フレームレートが60以上でも画面が一瞬カクつく場面が散見されます。そのため、平均FPSが90以上は出る画質設定にしておくほうが安心です。RTX 2070では、フルHD高画質・DLSSオンが現実的な範囲でしょう。

【70FPS】AMD Radeon RX 6600 XT(8GB)×AMD Ryzen 5 5600X

Radeon RX 6600 XT(VRAM8GB)とRyzen 5 5600Xの組み合わせでは、フルHD最高画質設定で平均70FPSでした。

動画では4分33秒から上記設定での検証が始まります。この設定では一時的にフレームレートが60を割り込む場面が多く、FPSタイトルとしては厳しい印象。2分21秒からは中画質設定にしており、こちらは平均110FPS近く出るので快適にプレイできます。動画にはありませんでしたが、高画質設定でも問題ないでしょう。

なおWQHDでは中画質設定、4Kなら低画質設定で60FPS以上でプレイ可能。ただしカクつきが気になる場面が多かったので、RX 6600 XTの場合はフルHD高画質でのプレイが現実的です。

【60FPS】NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER(6GB)×AMD Ryzen 7 5800X

GeForce GTX 1660 SUPER(VRAM6GB)とRyzen 7 5800Xの構成では、平均FPSはフルHD高画質設定で60となりました。

8分18秒から上記設定でのベンチマークが始まります。場面によっては60FPSを割り込むこともあり、カクつきがかなり気になります。低画質設定なら平均100FPS以上出るので、勝ちを意識するのであれば、フルHD低画質設定でのプレイがおすすめです。

【50FPS】NVIDIA GeForce RTX 3090(24GB)×Intel Core i9-12900K

現行最高峰の構成である、GeForce RTX 3090(VRAM24GB)とCore i9-12900Kのコンビ。4K最高画質設定・レイトレーシングON・DLSSなしで平均50FPSとなりました。

ただし上記のベンチマークではDLSSを使用していません。DLSSをオンにすると、フレームレートは80~90前後となるようです。つまりRTX 3090では、4K最高画質設定・レイトレーシングONでも問題なくプレイできるということ。フルHDなら最高画質でも144FPSを余裕で超えるでしょう。

WQHD以上の画質で映像美と高フレームレートを両立させたい場合は、RTX 3090が向いていています。そこまで解像度や画質を求めないのであれば、先ほど紹介したRTX 3080でも問題ありません。

バトルフィールド 2042を遊ぶためのおすすめグラボ

バトルフィールド 2042を快適にプレイするためには、先ほどのベンチマークで60FPS以上が安定して出せるグラボが必要です。本章では下記3点のおすすめグラボを紹介します。

  • NVIDIA GeForce RTX 3090
  • NVIDIA GeForce RTX 3080
  • NVIDIA GeForce RTX 3060

NVIDIA GeForce RTX 3090

引用元:NVIDIA

2022年5月時点で最高峰のグラボ。10,000基を超えるCUDAコアと、24GBものGDDR6Xメモリを搭載するなど、圧倒的なスペックを誇ります。バトルフィールド 2042を4K最高画質・レイトレーシングONで60FPS以上でプレイできる数少ないグラボです。フルHDなら144FPS以上も余裕。それだけに価格も高いですが、映像美を追求する人におすすめです。

NVIDIA GeForce RTX 3080

引用元:NVIDIA

4Kゲーミングにも対応したハイクラスモデル。画質設定にこだわらなければ、バトルフィールド 2042も4Kでプレイできます。WQHD画質なら最高画質、レイトレーシングONでもDLSSと併用すれば快適に楽しめます。フルHDなら144FPSも可能。WQHD以上で映像美を楽しみたい人や、フルHDで144FPS以上を狙いたい人にはRTX 3080がおすすめです。

NVIDIA GeForce RTX 3060

引用元:NVIDIA

RTX 3000シリーズのミドルエンドモデル。さすがに4Kには対応できませんが、コストパフォーマンスが優れており、快適なゲーミング環境を比較的安価に構成できます。フルHDでDLSSも併用すれば、最高画質設定でもレイトレーシングを使用可能。画質設定を下げれば100FPS以上も狙えるので、フルHDでプレイしたい人にはRTX 3060がおすすめです。

バトルフィールド 2042を遊ぶのにおすすめのゲーミングPC

バトルフィールド 2042を快適に楽しむためには、ハイスペックなゲーミングPCが欠かせません。そこで本章では、下記3機種のおすすめBTOゲーミングPCを紹介します。

  • ドスパラ GALLERIA ZA9C-R38
  • パソコン工房 LEVEL-R769-LC127K-VBX
  • ツクモ G-GEAR GA5J-F220/ZB

ドスパラ GALLERIA ZA7R-R39

引用元:ドスパラ

OS Windows 11 Home 64ビット
CPU AMD Ryzen 7 5800X (3.8GHz-4.7GHz/8コア/16スレッド)
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-25600/8GBx2/2チャネル)
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3090 24GB GDDR6X (HDMI x1,DisplayPort x3)
ストレージ 1TB NVMe SSD
電源ユニット 850W 静音電源 (80PLUS GOLD)
参考価格(税込) 469,980円
販売サイト https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime/13/87/9708/4451/

引用元:ドスパラ

GALLERIA ZA7R-R39」はハイエンドのゲーミングPCです。CPUはAMDのハイクラスRyzen 7 5800X、グラボは最高峰のグラフィック性能を誇るGeForce RTX 3090を搭載。フルHD高画質で144FPS以上はもちろん、4K最高画質・レイトレーシングONで60FPS以上も出せます。カスタマイズでメインメモリやストレージの増設もできます。

パソコン工房 LEVEL-R769-LC127K-VBX

引用元:パソコン工房

OS Windows 11 Home [DSP版]
CPU Core i7-12700K 12コア/20スレッド (3.60GHz 8コア, 2.70GHz 4コア)
メモリ 16GB (8GB×2) DDR4-3200 DIMM (PC4-25600)
グラボ GeForce RTX 3080 12GB GDDR6X
ストレージ 1TB NVMe対応 M.2 SSD
電源ユニット 800W 80PLUS GOLD認証 ATX電源
参考価格(税込) 365,880円
販売サイト https://www.pc-koubou.jp/products/detail.php?product_id=881977&ref=geforce_rtx308012gb_level

引用元:パソコン工房

LEVEL-R769-LC127K-VBX」は、バトルフィールド 2042に最適なハイクラスゲーミングPCです。マルチスレッド性能に定評があるCore i7-12700Kと、12GBの大容量VRAMを備えたGeForce RTX 3080を搭載。フルHDで144FPSを狙うことはもちろん、WQHD解像度でのレイトレーシングも可能です。各パーツの品質が高く、拡張性が高いことも魅力です。

ツクモ G-GEAR GA5J-F220/ZB

引用元:ツクモ

OS Windows 11 Home 64bit版(ディスク付属)
CPU Intel Core i5-12400 (P6コア / 12スレッド / P2.5GHz、Boost時最大4.4GHz)
メモリ 16GB (8GB x2枚) DDR4-3200 メジャーチップ採用
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3060 / 12GB / LHR (HDMI 、DisplayPort x3)
ストレージ [高速M.2 Gen3] 1TB WD BLUE SN570 (読込最大 3500MB/s, 書込最大 3000MB/s, NVMe)
電源ユニット 【80PLUS GOLD認証】 CWT製 GPS750S-T (定格750W)
参考価格(税込) 199,800円
販売サイト https://www.tsukumo.co.jp/bto/pc/game/2022/GA5J-F220ZB.html

引用元:ツクモ

G-GEAR GA5J-F220/ZB」は、フルHDでのゲーミングに向いているミドルクラスモデルです。CPUにCore i5-12400、グラボにGeForce RTX 3060を採用していてバランスが良く、フルHD最高画質でも快適にプレイ可能。画質設定を下げれば100FPSも狙えるので、実用性も非常に優れているモデルです。

バトルフィールド 2042向けグラフィックボード選びについてよくある質問

バトルフィールド 2042のGPU・グラボ選びでよくある2つの質問をまとめました。BTOゲーミングを選ぶときの参考にしてみてください。

  • CPUの選び方は?
  • バトルフィールド 2042と同等スペックで快適に遊べるおすすめゲームは?

CPUの選び方は?

CPUは「推奨動作環境」を満たしていれば問題ないでしょう。ただしバトルフィールド 2042は、ほかのタイトルと比べるとCPUの要求スペックが高め。CPUがスペック不足だとボトルネックになり、グラボのパフォーマンスを十分引き出せません。今からゲーミングPCを新調する場合は、Core i7-11700やRyzen 7 3700X以上のモデルなら安心です。

バトルフィールド 2042と同等スペックで快適に遊べる他のおすすめゲームは?

バトルフィールド 2042を快適にプレイできるスペックのPCなら、現行タイトルの大半も同様に快適に楽しめます。それだけにバトルフィールド 2042の要求スペックは高いのです。これを満たしていれば、ゾンビ系アクション「ダイイングライト2 ステイ ヒューマン」や大作レーシング「Forza Horizon 5」など、重量級タイトルにも対応できるでしょう。

まとめ

バトルフィールド 2042は重量級タイトルなので、要求されるPCスペックが非常に高いです。数年前に購入したPCでも、構成によっては快適なプレイが難しいことも。FPSタイトルということもあり、最低でも60FPS、できれば100FPS以上を狙いたいところです。

フルHD解像度はRTX 3060、WQHDならRTX 3080、4KであればRTX 3090を搭載したゲーミングPCがおすすめ。今回紹介したドスパラ・パソコン工房・ツクモのゲーミングPCを参考にして、この機会にバトルフィールド 2042向けのゲーミング環境を整えてみましょう。

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※6月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
arkhive

GC-I5G36M

Core i5-12400 RTX 3060Ti 16GB 1TB 650W BRONZE
ZEFT

G27RF

Core i7-12700 RTX 3060Ti 32GB 500GB 750W GOLD
パソコン工房

LEVEL-R66P-LC127-VAX

Core i7-12700 RTX 3080 32GB 1TB 800W GOLD
サイコム

G-Master Hydro Extreme/D4

Core i7-12700K 水冷RTX3070 16GB 500GB 850W GOLD
THIRDWAVE

Monarch GE

Core i7-12700 CPU内蔵グラフィックス 16GB 500GB NVMe 550W BRONZE

BACK TO LIST

見た目良し!スペック良し!なサイコムのBTOパソコンを、女性自作erでもあるストリーマー・つつまるがレビュー!【PR】

自作erも納得の性能!eスポーツキャスター・平岩康佑がGALLERIA(ガレリア)のBTOパソコンをレビュー【PR】

FPSプロゲーマー・GorouがツクモのゲーミングPC「G-GEAR Aim」をレビュー!Apexでの無双プレイもお任せ【PR】

FPS界屈指の実力派・GreedZzも納得!arkのゲーミングPC「arkhive」の性能をApexで体験【PR】

FPS初心者にこそおすすめ!プロゲーマー・keptがパソコン工房のゲーミングPC「LEVEL∞」の実力をApexで試してみた 【PR】

Apexプレデター・Lightも大満足!FRONTIERのBTOパソコンの実力を検証してみた【PR】

【エルデンリング】推奨Ping値・重いときにラグを減らす方法まとめ

【FF14】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【原神】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【フォートナイト】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【Apex Legends】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

原神に必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

フォートナイトに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

Apex Legendsに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

ELDEN RING(エルデンリング)の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボまとめ

FF15の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボ・CPU・ゲーミングPCまとめ