• TOP
  • CATEGORY
    ゲーム
  • TITLE
    「ガンダムエボリューション」は様々な世代のモビルスーツを操作して戦闘を行う、6vs6のチームバトル型FPSのゲームタイトルで、2022年に入ってからは各環境でのネットワークテストが行われており、正式リリースが期待されています。この記事では、本タイトルをPCで快適にプレイするのに適した性能を持つゲーミングPCをご紹介します。
CATEGORY
ゲーム

『ガンダムエボリューション』推奨スペックとおすすめゲーミングPC/グラボまとめ

  • DATE
    2022.07.26
  • WRITTEN BY
    amarunba

arkhive GC-I5G36M

194,800円(税込)

編集部が選ぶおすすめのBTO PC!
サイドパネルに強化ガラスを採用したゲーミングPC!フルHD高リフレッシュレートのゲームプレイに最適!

archive(アークハイブ)はコダワリを形に出来る圧倒的なカスタマイズメニューをご用意!BTO専門スタッフが国内にて組立、検査を行い「自分だけのコダワリの一台」をお届けします。24時間365日の標準サポートに加え、3年保証オプションも整えており、ご購入後も安心!

「ガンダムエボリューション」は様々な世代のモビルスーツを操作して戦闘を行う、6vs6のチームバトル型FPSのゲームタイトルです。当初よりPC以外の家庭用ゲーム機でのリリース=マルチプラットフォーム化を予定しており、2021年7月にクローズドβテスト、2022年に入ってからは各環境でのネットワークテストが行われています。

正式リリースが待ち遠しいゲームタイトルですが、PC版をプレイするには適した性能を持つゲーミングPCが不可欠です。そこで今回は、どのようなゲーミングPCを用意することで快適にプレイできるのか解説します。


  • arkhive

    GC-I5G36M


    ・サイドパネルに強化ガラスを採用したゲーミングPC!
    ・フルHD高リフレッシュレートのゲームプレイに最適!

  • ZEFT

    G27RF


    ・高FPSでのゲームプレイや実況、動画編集をすべて一台で
    ・万能型スペックのゲーミングPCです

  • パソコン工房

    LEVEL-R66P-LC127-VAX


    ・RPGからFPSまで優れたパフォーマンスを発揮!
    ・カスタマイズ性抜群!熱狂のレベルを新しい次元へ

  • サイコム

    G-Master Hydro Extreme/D4


    ・独自開発した水冷ビデオカードを搭載したデュアル水冷マシン
    ・高性能ながら冷却性能と静音性能を両立!

  • THIRDWAVE

    Monarch GE


    ・ハイスペックでいじりがいのあるBTOモデル

『ガンダムエボリューション』を遊ぶための推奨スペック

引用元:https://store.steampowered.com/app/1816670/GUNDAM_EVOLUTION/?l=japanese

ガンダムエボリューションはFPSに分類されるゲームタイトルで、激しい動きも多いため、高いフレームレートを出せる環境ほど有利になります。まずは推奨スペックをご紹介します。なお執筆している時点ではまだ正式リリースとなっていないため、2022年5月までに行われたクローズドβテストおよびネットワークテストで得られた情報で解説します。

『ガンダムエボリューション』の必要動作環境・スペック

『ガンダムエボリューション』はPS5など家庭用ゲーム機でのリリースもアナウンスされていますが、PC版の場合は必要スペックを満たしたPCが必要。最低限必要なスペックは以下の通りです。
必要動作環境

OS Windows 10(64-bit 日本語版)
CPU Intel Core i5-3570
メモリ 8GB
グラフィックカード(GPU) NVIDIA GeForce GTX 1050(2GB)
HDD/SSD空き容量(ストレージ) 100GB

引用元:https://gundamevolution.jp/cbt

いずれも比較的簡単に満たせる水準ですが、処理落ちなどが発生しやすいため快適な動作とは言い難いです。

『ガンダムエボリューション』の推奨動作環境・スペック

必要動作環境に対して推奨動作環境は、よりゲーム性などを考慮されたスペック表になります。

必要動作環境

OS Windows 10(64-bit 日本語版)
CPU Intel Core i7-4790
メモリ 16GB
グラフィックカード(GPU) NVIDIA GeForce GTX 1660Ti(6GB)
HDD/SSD空き容量(ストレージ) 100GB

引用元:https://gundamevolution.jp/cbt

CPUの世代が古いですが、ここは「概ね4コア8スレッド以上のCPUが推奨」程度に捉えておけば良いでしょう。
GPUはGTX1660Tiが推奨されており、「2022年5月時点で流通しているフルHD対応グラボ」が推奨となっていると言えるでしょう。

『ガンダムエボリューション』をプレイしているユーザーのグラボ・構成とFPS値

ここからは実際にガンダムエボリューションをプレイしているユーザーのグラボ、構成を動画付きでご紹介します。

【110fps】RTX3070×Ryzen 9 3900X

12コアCPUのRyzen 9 3900XとのRTX3070の組み合わせ。画質はWQHDの最高設定。
ガンダムエボリューションのフレームレート上限は120fpsです。このスペックで概ね上限に達しているという印象が見受けられます。

【110fps】RTX 3060Ti × Ryzen 5 5600x

6コアCPUのRyzen 5 5600XとRTX3060Tiの組み合わせ。画質はWQHDの最高設定ですが、演習場での動画になります。
演習場は爆発などのエフェクトが少ないので、フレームレートは高めに出る傾向があります。実際の戦闘ではフレームレートの落ち込みが発生する可能性があります。

【70fps】RTX 3070 Ti × Ryzen 5 3600

6コアCPUのRyzen 5 3600とRTX3070Tiの組み合わせ。画質はWQHDの最高設定。
比較的高性能なグラボを使っていますが、戦闘が激化するにつれてフレームレートが60fpsを割るシーンも見られます。

この時のGPU使用率が60%程度であり、他のベンチマーク動画では下位グレードのGPUでこれを上回るフレームレートを出していることから、問題はGPUではなくCPU辺りでのボトルネックの可能性が高いです。
ゲームにおいては1コア辺りの処理能力=シングルスレッド性能が高い方が有利なので、旧モデルのCPUだとその差が出やすくなります。

【70fps】RX580 × Ryzen 5 1600

より古い世代のRyzen 5 1600とRX580の組み合わせ。おおよそ2017年頃のフルHDゲーミングPCのスペックになります。画質はフルHDの高設定。

フレームレートは70fps前後といったところで、GPUの使用率も高く性能を使い切っています。無駄が無い一方で余裕も無いといった感じで、同時並行して配信などの作業をするのは困難でしょう。今回のベンチマーク動画の中では一番推奨動作環境に近いものだと思います。

【120fps】RTX3080Ti ×Core i9-12900K

2022年5月時点でのハイエンドクラスとなる、RTX3080Tiとi9-12900Kの組み合わせ。画質は4Kの最高設定。
他の組み合わせとは違い、ほぼ安定して120fpsを維持し続けています。時折みられるフレームレートの落ち込みも、殆ど体感できないレベルです。

『ガンダムエボリューション』を遊ぶためのおすすめグラボ

ガンダムエボリューションは2022年4月までのテスト段階では、フレームレートは120fpsが上限となっています。今後の正式リリースなどを経て上限が変わる可能性はありますが、基本的には「使用するモニターの解像度とリフレッシュレート」に合わせれば良いでしょう。

RTX3080Ti

4K 120fpsを目指す人向けのハイエンドGPUです。ベンチマーク動画の中でも最も安定して高いフレームレートを維持しています。
GPU使用率も80%台となっていたので、フレームレート上限が無ければもう少し高いフレームレートを出すことができそうです。もしくはこの余力を配信のためのエンコードに使っても良いでしょう。

RTX3070Ti

WQHD向けのアッパーミドルクラスGPUです。
RTX3070もWQHDをカバーできる性能がありますが、ベンチマーク動画内ではGPU使用率が95%を超える場面も見られたので、より上位のTiモデルがWQHD環境においてはオススメとなります。

RTX3060

フルHD向けミドルクラスGPUです。GTX1660Tiよりも高い性能となっており、フルHD 120fpsを十分狙える性能となっています。

『ガンダムエボリューション』を遊ぶのにおすすめのゲーミングPC

ガンダムエボリューションは激しいアクションが目立つゲームなので、高い処理能力が必要です。高性能なゲーミングPCであれば、よりスムーズで快適なゲーム環境とすることができます。

ドスパラ GALLERIA XA7C-R38T

引用元: ドスパラ

OS Windows 11 Home 64ビット
CPU Core i7-12700
GPU GeForce RTX 3080 Ti 12GB GDDR6X
RAM(メモリ) 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ(SSD/HDD) 1TB NVMe SSD / HDD 無し

4Kゲーミング対応GPUであるRTX3080Tiを搭載したハイエンドゲーミングPC。
120fpsの上限がある状態では正直オーバースペックと言えますが、余ったGPUパワーは配信のエンコードにも使うことができます。
CPUはあえて無印のi7-12700としたことで、排熱や消費電力を抑えて扱いやすさを重視しました。

パソコン工房 LEVEL-R7X6-R56X-UAX

引用元: パソコン工房

OS Windows 10 Home 64ビット [DSP版]
CPU Ryzen 5 5600X
GPU GeForce RTX 3070 Ti 8GB GDDR6X
RAM(メモリ) DDR4-3200 DIMM (PC4-25600) 16GB(8GB×2)
ストレージ(SSD/HDD) 500GB NVMe対応 M.2 SSD

WQHD=2K環境であれば、RTX3070Ti辺りがおすすめです。こちらも120fps制限下ではオーバースペックなので、余ったGPUパワーは配信のエンコードに回せます。
CPUは6コア12スレッドのAMD Ryzenを搭載しています。

ツクモ G-GEAR GA5J-B221/B2 Core i5-12400 × RTX 3060モデル

引用元: ツクモ

OS Windows 11 Home 64bit版
CPU Core i5-12400
GPU GeForce RTX 3060
RAM(メモリ) 16GB (8GB x2枚) DDR4-3200
ストレージ(SSD/HDD) 500GB WD BLUE SN570

よりコストパフォーマンスを求めるならフルHDゲーミング対応のゲーミングPCがオススメです。
GPUはRTX3060、CPUは6コア12スレッドの第12世代 i5となっており、扱いやすいミドルクラスゲーミングPCとなっており、初めてのゲーミングPCとしてもオススメです。

『ガンダムエボリューション』向けグラフィックボード選びについてよくある質問

最後にガンダムエボリューション向けのグラボ選びなどについて、よくある質問をまとめました。

CPUの選び方は?

CPUがボトルネックになる様な組み合わせは避け、できる限り新しい世代のCPUを組み合わせたほうが良いでしょう。これはベンチマーク動画でのフレームレートの傾向にも現れています。

PC版『ガンダムエボリューション』と同等スペックで快適に遊べる他のおすすめゲームは?

オススメゲーミングPCのi5-12400×RTX3060の組み合わせであれば、大抵のゲームで快適な動作が期待できます。
Apex LegendsであればフルHD最高設定で120fps以上、FF14ベンチマークもフルHD最高設定でスコア20000前後の非常に快適判定となるでしょう。

まとめ

ネットワークテストまでの情報を見るに、動作としては軽快さが目立ちます。カジュアルにプレイする分にはエントリークラスのゲーミングPCでも十分です。

ゲーミングPCの魅力は、家庭用ゲーム機のように決まったスペックに縛られないという点。これによりPC版では画質設定を自由に変える事が許されます。また性能向上によりゲーミングPC1台で快適なゲームと配信を両立する事ができるようになりました。

ガンダムエボリューションは配信でも見所が多いゲームタイトルになるので、ゲーミングPCでの配信を考えている方にもオススメです。

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※6月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
arkhive

GC-I5G36M

Core i5-12400 RTX 3060Ti 16GB 1TB 650W BRONZE
ZEFT

G27RF

Core i7-12700 RTX 3060Ti 32GB 500GB 750W GOLD
パソコン工房

LEVEL-R66P-LC127-VAX

Core i7-12700 RTX 3080 32GB 1TB 800W GOLD
サイコム

G-Master Hydro Extreme/D4

Core i7-12700K 水冷RTX3070 16GB 500GB 850W GOLD
THIRDWAVE

Monarch GE

Core i7-12700 CPU内蔵グラフィックス 16GB 500GB NVMe 550W BRONZE

BACK TO LIST

見た目良し!スペック良し!なサイコムのBTOパソコンを、女性自作erでもあるストリーマー・つつまるがレビュー!【PR】

自作erも納得の性能!eスポーツキャスター・平岩康佑がGALLERIA(ガレリア)のBTOパソコンをレビュー【PR】

FPSプロゲーマー・GorouがツクモのゲーミングPC「G-GEAR Aim」をレビュー!Apexでの無双プレイもお任せ【PR】

FPS界屈指の実力派・GreedZzも納得!arkのゲーミングPC「arkhive」の性能をApexで体験【PR】

FPS初心者にこそおすすめ!プロゲーマー・keptがパソコン工房のゲーミングPC「LEVEL∞」の実力をApexで試してみた 【PR】

Apexプレデター・Lightも大満足!FRONTIERのBTOパソコンの実力を検証してみた【PR】

【エルデンリング】推奨Ping値・重いときにラグを減らす方法まとめ

【FF14】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【原神】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【フォートナイト】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【Apex Legends】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

原神に必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

フォートナイトに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

Apex Legendsに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

ELDEN RING(エルデンリング)の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボまとめ

FF15の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボ・CPU・ゲーミングPCまとめ