• TOP
  • CATEGORY
    ゲーム
  • TITLE
    2017年に公開されたフォートナイトは、現在も根強い人気を誇るオンラインバトルロイヤルゲームです。要求されるスペック自体は控えめですが、快適にプレイするために、フレームレートは可能な限り高いことが求められています。この記事では、フォートナイトの推奨スペックから、快適にプレイするために理想的なグラボ、ゲーミングPCについてご紹介します。
CATEGORY
ゲーム

フォートナイトの推奨スペックとおすすめゲーミングPC&グラボまとめ

  • DATE
    2022.09.07
  • WRITTEN BY
    ApolloMetal

arkhive GC-I5G36M

194,800円(税込)

編集部が選ぶおすすめのBTO PC!
サイドパネルに強化ガラスを採用したゲーミングPC!フルHD高リフレッシュレートのゲームプレイに最適!

archive(アークハイブ)はコダワリを形に出来る圧倒的なカスタマイズメニューをご用意!BTO専門スタッフが国内にて組立、検査を行い「自分だけのコダワリの一台」をお届けします。24時間365日の標準サポートに加え、3年保証オプションも整えており、ご購入後も安心!

「フォートナイト(Fortnite)」は、Epic Gamesが2017年に公開したオンラインバトルロイヤルゲームで、現在も根強い人気を誇っています。要求されるスペック自体は控えめですが、快適にプレイするために、フレームレートは可能な限り高いことが求められています。
そこで今回はフォートナイトの推奨スペックから、快適にプレイするための理想的なゲーミングPCについて考察します。さらに、おすすめのグラボやゲーミングPCもご紹介します。

目次


  • arkhive

    GC-I5G36M


    ・サイドパネルに強化ガラスを採用したゲーミングPC!
    ・フルHD高リフレッシュレートのゲームプレイに最適!

  • ZEFT

    G27RF


    ・高FPSでのゲームプレイや実況、動画編集をすべて一台で
    ・万能型スペックのゲーミングPCです

  • パソコン工房

    LEVEL-R66P-LC127-VAX


    ・RPGからFPSまで優れたパフォーマンスを発揮!
    ・カスタマイズ性抜群!熱狂のレベルを新しい次元へ

  • サイコム

    G-Master Hydro Extreme/D4


    ・独自開発した水冷ビデオカードを搭載したデュアル水冷マシン
    ・高性能ながら冷却性能と静音性能を両立!

  • THIRDWAVE

    Monarch GE


    ・ハイスペックでいじりがいのあるBTOモデル

フォートナイトを遊ぶための推奨スペック

引用元:フォートナイト

フォートナイトは「バトルロイヤルゲーム」なので、相手を正確にエイムするために「フレームレート」が重要です。そこで、Epic Games公式が公開している「必要動作環境」と「推奨動作環境」を確認し、高フレームレートでプレイするために必要なPCスペックを検証していきましょう。

フォートナイトの必要動作環境・スペック

必要動作環境

OS Windows 7/8/10 64-bit
Mac OS Mojave 10.14.6
CPU Core i3-3225 3.3GHz
RAM(メモリ) 4GB
GPU(グラボ) Intel HD 4000 (PC)
Intel Iris Pro 5200相当のAMD GPU (Mac)
GPU RAM(VRAM) 指定なし
ストレージ 指定なし

Core i3-3225は2012年に登場したCPUで、現在のCPUなら余裕で満たせる水準です。グラボについても同様で、現在のモデルなら満たせます。そのため、ゲーミングPCでフォートナイトをプレイする場合は、必要動作環境について心配する必要はないでしょう。

フォートナイトの推奨動作環境・スペック

推奨動作環境

OS Windows 10 64-bit
Mac OS Mojave 10.14.6
CPU Core i5-7300U 3.5 GHz
RAM(メモリ) 8GB
GPU(グラボ) NVIDIA GTX 960
AMD R9 280または同等のDX11対応GPU
GPU RAM(VRAM) 2GB
ストレージ 指定なし

要求スペックが大幅に向上しています。CPUは2017年、グラボは2015年前後に発売されたモデルなので、5~7年以上のゲーミングPCを使用する場合は、スペックの確認が必要かもしれません。新しいゲーミングPCなら問題なく満たせる水準ですが、高フレームレートを目指す場合はより高いスペックが必要になります。

【筆者の場合・フルHD最高画質設定】CPU「Intel Core i7-6700K」 × グラボ「NVIDIA GeForce GTX 1080」で53fpsが目安

筆者の環境は、CPU「Intel Core i7-6700K」・グラボ「NVIDIA GeForce GTX 1080」の構成です。この構成でフォートナイトをフルHD・最高画質でプレイしたところ、平均フレームレートは53fpsとなりました。

最も負荷が高い「降下シーン」で撮影しているため、厳しめの数値となっていますが、着地したあとは60fps~80fps以上が安定して出ていました。基本的にフォートナイトは画質設定を最低限にして、高フレームレートを狙うのが一般的。低画質設定にすれば筆者の環境では200fps以上が出ます。

【WQHD最高画質設定】CPU「Intel Core i7-6700K」 × グラボ「NVIDIA GeForce GTX 1080」で34fpsが目安

WQHD最高画質でフォートナイトをプレイした場合、筆者の環境では平均フレームレートは34fpsとなりました。

上空ではカクつきが気になりますが、地上に着地したあとは60fpsを上回ることもあります。前述したように、フォートナイトは画質よりフレームレートを重視するのが基本なので、WQHD以上でプレイするユーザーは少ない印象です。

【4K最高画質設定】CPU「Intel Core i7-6700K」 × グラボ「NVIDIA GeForce GTX 1080」で16fpsが目安

4K最高画質設定でフォートナイトをプレイした場合、筆者の環境では平均フレームレートは16fpsとなりました。

着地してからも20fps~25fpsと非常に低い水準で推移しているため、まともにバトルできる状態ではありません。とはいえ4Kでも、GTX 1080くらいのスペックがあれば、画質設定などを下げれば60fpsを出すことは可能です。

フォートナイト(Fortnite)をプレイしているユーザーのグラボ・構成とベンチマークスコア

フォートナイトのシステム要件について確認したところで、ユーザーが実際にプレイして行ったベンチマーク結果を検証していきましょう。今回は、以下4つの構成によるベンチマーク結果をご紹介します。

  • 【フルHD最高画質:平均155fps以上】AMD Ryzen 7 3700X × NVIDIA GeForce RTX 3070
  • 【フルHD最高画質:平均140fps以上】AMD Ryzen 7 5800X × NVIDIA GeForce RTX 3060
  • 【フルHD最高画質:平均74fps以上】AMD Ryzen 5 5600X × NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER
  • 【フルHD最高画質:平均70fps以上】AMD Ryzen 5 3600X × NVIDIA GeForce RTX 3050

【フルHD最高画質:平均155fps以上】AMD Ryzen 7 3700X × NVIDIA GeForce RTX 3070

ハイクラスグラボGeForce RTX 3070では、フルHD最高画質で平均155fpsが出ました。近年主流になりつつある144Hzモニターを十分活かせる水準です。ちなみに4K最高画質設定の場合は平均69fpsとなり、激しい戦闘シーンでは60fpsを割り込む場面もありました。フルHD最高画質でフレームレートを追求する場合、RTX 3070が第一候補となるでしょう。

【フルHD最高画質:平均140fps以上】AMD Ryzen 7 5800X × NVIDIA GeForce RTX 3060

ミドルクラスグラボRTX 3060では、平均140fps以上が出ました。上空から降下するシーンでも130fpsが出ており、着地後は150fps前後を維持できています。なお7分7秒以降のように、木々が生い茂るエリアに突入すると120fpsを割り込みますが、100fpsを切るシーンはないので快適です。ちなみに、低画質設定にすると平均300fps以上を上回ります。

【フルHD最高画質:平均74fps以上】AMD Ryzen 5 5600X × NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER

旧世代グラボGTX 1660 SUPERでは、平均74fpsとなりました。バトルロイヤルゲームとしては、もう少し高いフレームレートを狙いたいところですが、カクつきが気になるシーンはないため快適なプレイは可能です。ちなみに、高画質設定では平均100fps・低画質なら平均200fpsを大幅に上回ります。コストを抑えたい場合はGTX 1660 SUPERがおすすめです。

【フルHD最高画質:平均70fps以上】AMD Ryzen 5 3600X × NVIDIA GeForce RTX 3050

エントリーグラボGeForce RTX 3050では、フルHD最高画質で平均70fpsとなりました。先ほどのGTX 1660 SUPERと比べると、シーンごとの変動が大きいように感じます。激しい戦闘シーンでは、一部60fpsを割り込むシーンがあります。一方で、低画質設定にすると平均200fpsを大幅に上回るなど、画質を下げれば高フレームレートでプレイ可能です。

フォートナイトを遊ぶためのおすすめグラボ

フォートナイトをプレイするための「おすすめグラボ」を3機種ご紹介します。

  • NVIDIA GeForce RTX 3070
  • NVIDIA GeForce RTX 3060
  • NVIDIA GeForce GTX 1660 Super

NVIDIA GeForce RTX 3070

引用元:NVIDIA

高フレームレートを追求する場合はRTX 3070がおすすめ。フルHD最高画質で平均155fps以上が出るので、144Hzモニターを十分に活かせる水準です。バトロワゲームの場合、60fpsと144fpsでは「エイムのしやすさ」に歴然たる違いがあります。有利に戦いたいのであれば、RTX 3070で高フレームレートを狙ってみましょう!

NVIDIA GeForce RTX 3060

引用元:NVIDIA

フォートナイトをフルHDで快適に遊びたいならRTX 3060がおすすめ。フルHD最高画質で平均140fps以上が出ますし、画質を下げれば200fps超えも余裕です。なお、RTX 3060の上位モデル「RTX 3060 Ti」はスペックが高いため、フレームレートも出やすくなります。コストを抑えつつもフレームレートを重視したい場合は、RTX 3060を検討してみましょう。

NVIDIA GeForce GTX 1660 Super

引用元:NVIDIA

できるだけ低コストでプレイしたい場合はGTX 1660 Superがおすすめ。旧世代グラボですが、フルHDなら十分なパフォーマンスを発揮できます。フォートナイトをフルHD最高画質でプレイする場合、平均フレームレートは70前後。フォートナイトは画質を下げてフレームレートを上げるのが一般的なので、GTX 1660 Superでも十分だといえるでしょう。

フォートナイトを遊ぶのにおすすめのゲーミングPC

フォートナイトを遊ぶためにゲーミングPCを新調する場合は、手軽にハイスペックPCが選べる「BTOゲーミングPC」がおすすめ。ここでは「パソコン工房」「ツクモ」「ドスパラ」の3社から厳選した、3種類のゲーミングPCをご紹介します。

  • ドスパラ GALLERIA ZA7C-R38
  • ツクモ G-GEAR GA5J-B221/B2
  • パソコン工房 LEVEL-M066-124-RJX

ドスパラ GALLERIA ZA7C-R38

引用元:ドスパラ

OS Windows 11 Home 64ビット
CPU インテル Core i7-12700K (3.60GHz-4.70GHz/12コア/20スレッド)
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-25600/8GBx2/2チャネル)
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3080 12GB GDDR6X (HDMI x1,DisplayPort x3)
ストレージ 1TB NVMe SSD
電源ユニット 850W 静音電源 (80PLUS GOLD)
参考価格(税込) 329,980円

引用元:ドスパラ

フォートナイトを高フレームレートで快適に楽しめる、ハイスペックなゲーミングPC。CPUは12コア20スレッドの圧倒的な性能がある「Core i7-12700K」、グラボはフルHD最高画質で155fps以上を出せる「GeForce RTX 3080」です。フォートナイト以外に、最新のAAAタイトルも高画質・高フレームレートで楽しめるゲーミングPCです!

ツクモ G-GEAR GA5J-B221/B2

引用元:ツクモ

OS Windows 11 Home 64bit版(ディスク付属)
CPU Intel Core i5-12400 (P6コア / 12スレッド / P2.5GHz、Boost時最大4.4GHz)
メモリ 16GB (8GB x2枚) DDR4-3200 メジャーチップ採用
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3060 / 12GB / LHR (HDMI 、DisplayPort x3)
ストレージ [高速M.2 Gen3] 1TB WD BLUE SN570 (読込最大 3500MB/s, 書込最大 3000MB/s, NVMe)
電源ユニット 【80PLUS BRONZE認証】 CWT製 500W (最大550W、定格500W)
参考価格(税込) 171,800円

引用元:ツクモ

フォートナイトを高フレームレートで遊べる、ミドルエンドのゲーミングPCです。全体的なスペックが高く、CPUは「Core i5-12400」、グラボは「GeForce RTX 3060」を搭載。フォートナイトはもちろん、最新タイトルも快適に楽しめるので、コストを抑えてさまざまなゲームに対応できるゲーミングPCが必要な場合におすすめです。

パソコン工房 LEVEL-M066-124-RJX

引用元:パソコン工房

OS Windows 11 Home [DSP版]
CPU Core i5-12400 6コア/12スレッド (最大クロック数4.40GHz)
メモリ 16GB (8GB×2) DDR4-3200 DIMM (PC4-25600)
グラボ GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6
ストレージ 500GB NVMe対応 M.2 SSD
電源ユニット 500W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源
参考価格(税込) 139,980円

引用元:パソコン工房

最低限のコストでフォートナイトを楽しめる、エントリークラスのゲーミングPC。CPUは「Core i5-12400」、グラボは「GeForce GTX 1660 SUPER」を搭載し、ほかのモデルと比べてもコスパの良さは圧倒的。画質設定を下げれば、フォートナイトを200fps以上で遊べるので、画質にあまりこだわらない場合は本モデルがおすすめです。

フォートナイトはノートパソコンのオンボードグラフィックでも遊べる?

引用元:NVIDIA

フォートナイトを「グラボなし」でプレイするのは困難です。たとえば、ノートパソコンのオンボードグラフィックでプレイした場合、最低画質でも30fpsをようやく上回るくらいなので、快適に遊べるとはいえません。

一方で、ストリーミングサービス「GeForce Now」を使えば、オンボードグラフィックでも問題なくプレイできます。ただし、ネット回線の状態によってはラグが出たり、解像度が低くなったりすることはデメリットです。

フォートナイト向けグラフィックボード選びについてよくある質問

フォートナイト向けグラフィックボード選びに関する、よくある質問をまとめました。

CPUの選び方は?

フォートナイトの推奨動作環境で指定されているCPUスペックは、現行のゲーミングPCなら十分満たせます。ただし高フレームレートを追求する場合は、グラボのパフォーマンスを引き出すためにCPUスペックが重要です。具体的には、「Intel Core i5-11400」や「AMD Ryzen 5 3600」以上のCPUなら、ボトルネックになる可能性は低いので安心です。

フォートナイトと同等スペックで快適に遊べる他のおすすめゲームは?

フォートナイトを快適に遊べるプレイできるスペックのPCがあれば、「Apex Legends」や「グランドセフトオート5(GTA5)」も楽しめます。Apex Legendsはフォートナイトと同じバトロワゲーム、GTA5は全世界で爆発的にヒットしたクライムアクションゲームです。そのほかにも、ほとんどの最新タイトルをフルHDで遊べます!

まとめ

フォートナイトは比較的負荷の軽いゲームなので、最新のゲーミングPCならエントリークラスでもフルHD最高画質で60fps以上を出せます。フォートナイトは画質よりフレームレートを優先することが一般的ですが、低画質設定にすれば200fps超えも難しくありません。

低画質でもOKなら「GTX 1660 Super」、それなりに画質を重視するなら「RTX 3060」、画質とフレームレートを両立させたいなら「RTX 3070」がおすすめです。オンボードグラフィックでプレイする場合は、「GeForce Now」を利用すると快適にプレイできます!

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※6月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
arkhive

GC-I5G36M

Core i5-12400 RTX 3060Ti 16GB 1TB 650W BRONZE
ZEFT

G27RF

Core i7-12700 RTX 3060Ti 32GB 500GB 750W GOLD
パソコン工房

LEVEL-R66P-LC127-VAX

Core i7-12700 RTX 3080 32GB 1TB 800W GOLD
サイコム

G-Master Hydro Extreme/D4

Core i7-12700K 水冷RTX3070 16GB 500GB 850W GOLD
THIRDWAVE

Monarch GE

Core i7-12700 CPU内蔵グラフィックス 16GB 500GB NVMe 550W BRONZE

パソコン工房の「LEVEL-R76P-LC127-SAX [RGB Build]」と、RushGamingのkeptさん
arkhive「Gaming Custom GC-I5M AC-IC6B66M-TS1」とRushGamingのLightさん
サイコムのBTO PC「G-Master Velox Intel Edition」と、RushGamingのぱせりまんさん
BACK TO LIST

見た目良し!スペック良し!なサイコムのBTOパソコンを、女性自作erでもあるストリーマー・つつまるがレビュー!【PR】

自作erも納得の性能!eスポーツキャスター・平岩康佑がGALLERIA(ガレリア)のBTOパソコンをレビュー【PR】

FPSプロゲーマー・GorouがツクモのゲーミングPC「G-GEAR Aim」をレビュー!Apexでの無双プレイもお任せ【PR】

FPS界屈指の実力派・GreedZzも納得!arkのゲーミングPC「arkhive」の性能をApexで体験【PR】

FPS初心者にこそおすすめ!プロゲーマー・keptがパソコン工房のゲーミングPC「LEVEL∞」の実力をApexで試してみた 【PR】

Apexプレデター・Lightも大満足!FRONTIERのBTOパソコンの実力を検証してみた【PR】

【エルデンリング】推奨Ping値・重いときにラグを減らす方法まとめ

【FF14】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【原神】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【フォートナイト】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【Apex Legends】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

原神に必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

フォートナイトに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

Apex Legendsに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

ELDEN RING(エルデンリング)の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボまとめ

FF15の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボ・CPU・ゲーミングPCまとめ