• TOP
  • CATEGORY
    ゲーム
  • TITLE
    SFアクションアドベンチャーゲーム「No Man’s Sky(ノーマンズスカイ)」は、シームレスなオープンワールドが魅力のゲームですが、「買い切り型」であることや推奨スペックが不明瞭なことから、購入ハードルが少し高めになっています。そこで今回は、No Man’s Skyの魅力をご紹介したうえで、推奨スペックを検証。おすすめのグラボとゲーミングPCをご紹介します。
CATEGORY
ゲーム

No Man’s Sky(ノーマンズスカイ)推奨スペックとおすすめゲーミングPC&グラボまとめ

  • DATE
    2022.09.14
  • WRITTEN BY
    ApolloMetal

arkhive GC-I5G36M

194,800円(税込)

編集部が選ぶおすすめのBTO PC!
サイドパネルに強化ガラスを採用したゲーミングPC!フルHD高リフレッシュレートのゲームプレイに最適!

archive(アークハイブ)はコダワリを形に出来る圧倒的なカスタマイズメニューをご用意!BTO専門スタッフが国内にて組立、検査を行い「自分だけのコダワリの一台」をお届けします。24時間365日の標準サポートに加え、3年保証オプションも整えており、ご購入後も安心!

イギリスのインディースタジオ「Hello Games」が開発した、SFアクションアドベンチャーゲーム「No Man’s Sky(ノーマンズスカイ)」。宇宙での探索・生存・冒険をテーマに物語が展開し、惑星から宇宙までシームレスなオープンワールドとなっていることが魅力の本作は、「買い切り型」であることや推奨スペックが不明瞭なことから、購入ハードルが少し高めになっています。そこで今回は、No Man’s Skyの魅力をご紹介したうえで、推奨スペックを検証。おすすめのグラボとゲーミングPCをご紹介します。


  • arkhive

    GC-I5G36M


    ・サイドパネルに強化ガラスを採用したゲーミングPC!
    ・フルHD高リフレッシュレートのゲームプレイに最適!

  • ZEFT

    G27RF


    ・高FPSでのゲームプレイや実況、動画編集をすべて一台で
    ・万能型スペックのゲーミングPCです

  • パソコン工房

    LEVEL-R66P-LC127-VAX


    ・RPGからFPSまで優れたパフォーマンスを発揮!
    ・カスタマイズ性抜群!熱狂のレベルを新しい次元へ

  • サイコム

    G-Master Hydro Extreme/D4


    ・独自開発した水冷ビデオカードを搭載したデュアル水冷マシン
    ・高性能ながら冷却性能と静音性能を両立!

  • THIRDWAVE

    Monarch GE


    ・ハイスペックでいじりがいのあるBTOモデル

No Man’ Skyはどんなゲーム? | 無限の宇宙を旅するシングル向け探索ゲーム

引用元:No Man’ Sky

「No Man’s Sky(ノーマンズスカイ)」は、無限の宇宙を旅する「SF探索ゲーム」で、基本的にはシングル向けのタイトルです。近年はオンライン対戦主体のゲームが増えている中、「ひとりでまったり楽しめる」本作は魅力的です。

本作のテーマは、無限の宇宙を探索して新しい動物・資源・知識を発見することにあり、そのたびに「ワクワク感」を味わえます。さらに、本作は無料アップデートが継続されており、グラフィックやコンテンツがパワーアップしていることも魅力です。

No Man’s SkyのPC版と家庭用ゲーム機版の違い | PC版はアップデートが早い

引用元:No Man’ Sky

「No Man’s Sky」は家庭用ゲーム機でもプレイできますが、PC版ならハイスペックな環境で楽しめます。さらに、PC版には以下3つのメリットもあるのでおすすめ。

  • クロスプレイ対応なのでゲーム機でプレイする友人とも楽しめる
  • キーボードでもパッドでもプレイできるので便利
  • アップデートは基本的にPC版が優先的に配布されることが多い

No Man’s Skyでは、魅力的なアップデートの継続が続いています。2022年には発売6周年を記念して、20回目の大型アップデートとなる「Endurance」が公開されました。このアップデートにより、「艦隊を率いて未知の世界を探索」できるようになり、まさに「SFファンタジー」としての本作の魅力を高めています。

No Man’s Skyを遊ぶための推奨スペック

「No Man’s Sky」では、動作に必要最低限な「必要動作環境」が公開されています。しかし、快適なプレイを実現する「推奨動作環境」は公開されていません。
したがって推奨動作環境については、後述するベンチマーク動画や他作品を参考に、筆者が主観を交えてご紹介します。

No Man’s Skyの必要動作環境・スペック

必要動作環境

OS Windows 10/11 (64-bit versions)
CPU Intel Core i3
RAM(メモリ) 8GB以上
GPU(グラボ) NVIDIA GTX 1060 3GB
AMD RX 470 4GB
Intel UHD graphics 630
GPU RAM(VRAM) 指定なし
ストレージ 15GB以上

引用元:Steam

CPUスペックは現行PCなら余裕で満たせる水準ですが、グラボの要求スペックは比較的高めです。また、上記のスペックはあくまで「最低限動作できる」というもの。現在ではアップデートが重ねられているため、上記のスペックより要求水準は大きく高まっています。

No Man’s Skyの推奨動作環境・スペック

推奨動作環境

OS Windows 10/11 (64-bit versions)
CPU Intel Core i5-11400
AMD Ryzen 5 3600
と同等以上のCPU
RAM(メモリ) 16GB以上
GPU(グラボ) GeForce GTX 1660 SUPER以上
GPU RAM(VRAM) 6GB以上
ストレージ 15GB以上

後述するYouTubeのベンチマーク動画を見たところ、筆者はNo Man’s Skyの負荷は「比較的高い」と感じます。本作は繰り返しさまざまなアップデートが行われたこともあり、グラフィックス面でも発売当初より非常に豊かです。
したがって、グラボは最低でもGTX 1660 SUPER以上でなければ、フルHD高画質での快適なプレイは難しいでしょう。

また本作は「世界観」が重要なので、筆者としては「できるだけ画質を高めて」プレイしたいところです。フレームレートは60fps出れば十分なので、スペックに余裕がある場合は画質設定を高めることをおすすめします!

No Man’s Skyをプレイしているユーザーのグラボ・構成とFPS値

No Man’s Skyの推奨スペックをより詳しく検証するため、以下4パターンの構成によるベンチマーク動画と平均フレームレートをご紹介します。

  • 【4K最高画質:平均86fps】AMD Ryzen 5 3600 × NVIDIA GeForce RTX 3080
  • 【WQHD最高画質:平均120fps前後】Intel Core i9-9900KF × NVIDIA GeForce RTX 3070
  • 【フルHD最高画質:平均100fps前後】AMD Ryzen 5 5600X × NVIDIA GeForce RTX 3060
  • 【フルHD高画質:平均80fps前後】AMD Ryzen 5 3600 × NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER

【4K最高画質:平均86fps】AMD Ryzen 5 3600 × NVIDIA GeForce RTX 3080

Ryzen 5 3600とGeForce RTX 3080の組み合わせでは、4K最高画質で平均86fpsとなりました。全体的に滑らかでカクつきは気になりませんが、ジャンプして高度が上がると描画オブジェクトが増えるため、一時的に70fpsくらいにフレームレートが落ちることがあります。ちなみに、WQHD最高画質の場合は平均124fpsと、余裕のパフォーマンスを発揮します。

【WQHD最高画質:平均120fps前後】Intel Core i9-9900KF × NVIDIA GeForce RTX 3070

Core i9-9900KFとGeForce RTX 3070の組み合わせでは、WQHD最高画質で平均120fps前後となりました。宇宙船で上空を飛行するシーンも滑らかで、非常に快適にプレイできる印象です。ちなみに、画質設定を下げてDLSSをオンにすると、150fps以上で快適に遊べるようになります。フルHDなら200fps以上を出せる可能性もあります。

【フルHD最高画質:平均100fps前後】AMD Ryzen 5 5600X × NVIDIA GeForce RTX 3060

Ryzen 5 5600XとGeForce RTX 3060の組み合わせでは、フルHD最高画質で平均100fps前後となりました。動画の2分50秒以降は宇宙へ向けて飛び立つ魅力的なシーンへ移りますが、平均値は200fps以上に上がります。宇宙ステーションでも150fps以上は維持できるなど、基本的には地上よりも上空の方がフレームレートは高くなるようです。

【フルHD高画質:平均80fps前後】AMD Ryzen 5 3600 × NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER

Ryzen 5 3600とGeForce GTX 1660 SUPERの組み合わせでは、フルHD高画質で平均80fps前後となりました。最高画質設定にすると、シーンによっては60fpsを割り込むシーンがあるかもしれません。RTX 3060と同じく、宇宙では描画オブジェクトが減る関係からフレームレートが向上します。「とりあえずフルHDでプレイしたい」場合は十分な性能です。

No Man’s Skyはノートパソコンのオンボードグラフィックでも遊べる?

引用元:NVIDIA

No Man’s Skyを「グラボなし」でプレイするのは困難です。一方、No Man’s Skyはストリーミングサービス「GeForce Now」に対応しています。
そのためGeForce Nowを利用すれば、オンボードグラフィックでも問題なく遊べます。

前述の通り、No Man’s Skyは公式の推奨動作環境が発表されていないません。そのため、「No Man’s SkyのためにPCを買うのは不安」という場合は、GeForce Nowでとりあえずプレイしてみるといいでしょう。

ただしGeForce Nowはストリーミングサービスなので、ネット回線の状態によってはラグが出たり、解像度が低くなったりすることはデメリットです。

No Man’s Skyを遊ぶためのおすすめグラボ

No Man’s Skyを遊ぶための「おすすめグラボ」を、以下3機種ご紹介します。

  • NVIDIA GeForce RTX 3080
  • NVIDIA GeForce RTX 3060
  • NVIDIA GeForce GTX 1660 Super

NVIDIA GeForce RTX 3080

引用元:NVIDIA

RTX3000シリーズのハイクラスモデル。4Kゲーミングのためのグラボで、No Man’s Skyも4K最高画質で60fps以上で遊べます。本作はフレームレートを追求するよりは、高画質で世界観を堪能したいタイトル。RTX 3080のスペックがあれば、「宇宙を旅するドキドキ感」を味わえるでしょう。

NVIDIA GeForce RTX 3060

引用元:NVIDIA

現行のミドルエンドモデル。フルHD最高画質で余裕のパフォーマンスを発揮できます。RTX 3060はVRAMが12GBと、上位機種の「RTX 3070」より多いことが特徴。No Man’s Skyはグラフィックスが豊かなので、本モデルのスペックは魅力的です。なおWQHDでプレイする場合は、上位モデルの「RTX 3070」もおすすめです。

NVIDIA GeForce GTX 1660 Super

引用元:NVIDIA

2019年発売の旧世代機ですが、フルHD画質なら現在でも十分なスペックがあります。実際に、No Man’s SkyはフルHD高画質で平均80fps前後が出ます。本作はFPSやバトロワゲームとは異なり、フレームレートは60fps出れば問題ないので、GTX 1660 Superなら十分に世界観を楽しめるでしょう。できるだけ安くゲーミングPCを組みたい人にもおすすめです。

No Man’s Skyを遊ぶのにおすすめのゲーミングPC

No Man’s Skyを快適にプレイするためのゲーミングPCとして、下記3モデルがコスパ・スペックの点からおすすめです。各モデルの特徴やスペックを見ていきましょう。

  • ドスパラ GALLERIA ZA7C-R38
  • ツクモ G-GEAR GA5J-F220/ZB
  • パソコン工房 LEVEL-M066-124-RJX

ドスパラ GALLERIA ZA7C-R38

引用元:ドスパラ

OS Windows 11 Home 64ビット
CPU インテル Core i7-12700K (3.60GHz-4.70GHz/12コア/20スレッド)
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-25600/8GBx2/2チャネル)
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3080 12GB GDDR6X (HDMI x1,DisplayPort x3)
ストレージ 1TB NVMe SSD
電源ユニット 850W 静音電源 (80PLUS GOLD)
参考価格(税込) 329,980円

引用元:ドスパラ

ハイスペックモデルのゲーミングPCです。CPUはマルチスレッド性能が非常に高い「Core i7-12700K」、グラボは4Kゲーミングに最適な「GeForce RTX 3080」を搭載しています。No Man’s Skyは独特の世界観があるゲームなので、高解像度・高画質でプレイできれば楽しみも増します。映像美を追求したい人は、ぜひこのモデルをご検討ください!

ツクモ G-GEAR GA5J-F220/ZB

引用元:ツクモ

OS Windows 11 Home 64bit版(ディスク付属)
CPU Intel Core i5-12400 (P6コア / 12スレッド / P2.5GHz、Boost時最大4.4GHz)
メモリ 16GB (8GB x2枚) DDR4-3200 メジャーチップ採用
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3060 / 12GB / LHR (HDMI 、DisplayPort x3)
ストレージ [高速M.2 Gen3] 1TB WD BLUE SN570 (読込最大 3500MB/s, 書込最大 3000MB/s, NVMe)
電源ユニット 【80PLUS GOLD認証】 CWT製 GPS750S-T (定格750W)
参考価格(税込) 199,800円

引用元:ツクモ

ミドルエンドのゲーミングPCです。CPUは「Core i5-12400」・グラボは「GeForce RTX 3060」で、コスパとスペックのバランスが良い構成です。本作は広大なオープンワールドなので読み込み時間が長くなりがちですが、本モデルはM.2 NVMe対応の高速・大容量SSDを搭載しているため快適です。フルHDで宇宙を堪能したい人におすすめです!

パソコン工房 LEVEL-M066-124-RJX

引用元:パソコン工房

OS Windows 11 Home [DSP版]
CPU Core i5-12400 6コア/12スレッド (最大クロック数4.40GHz)
メモリ 16GB (8GB×2) DDR4-3200 DIMM (PC4-25600)
グラボ GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6
ストレージ 500GB NVMe対応 M.2 SSD
電源ユニット 500W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源
参考価格(税込) 139,980円

引用元:パソコン工房

コストパフォーマンスに定評がある、エントリークラスのゲーミングPCです。CPUは「Core i5-12400」、グラボは「GeForce GTX 1660 SUPER」を搭載しており、14万円以内で快適なゲーミング環境を構築できます。フルHDモニターでプレイする場合や、できるだけ低コストでゲーミングPCを新調したい人におすすめです。

No Man’s Sky向けグラフィックボード選びについてよくある質問

No Man’s Sky向けグラフィックボード選びに関する、よくある質問をまとめました。

CPUの選び方は?

No Man’s Skyはグラフィックス関連の負荷が高いので、基本的にはCPUよりグラボのスペックが重要です。しかしCPUがスペック不足だと、ボトルネックになってフレームレートが低下するので、ハイスペックなCPUのほうが好ましいです。「Intel Core i5-11400」や「AMD Ryzen 5 3600」以上のCPUなら、グラボの性能を十分に引き出せるでしょう。

No Man’s Skyと同等スペックで快適に遊べる他のおすすめゲームは?

No Man’s SkyをプレイできるスペックのPCがあれば、「デッドバイデイライト」や「ウィッチャー3 ワイルドハント」なども快適に遊べます。デッドバイデイライトは非対称型の対戦サバイバルホラーゲーム、ウィッチャー3は全世界で大ヒットしたオープンワールドRPG大作です。そのほかにも、ほとんどの最新タイトルをフルHDで楽しめます。

まとめ

No Man’s Skyは2016年に登場した古いタイトルですが、大型アップデートが続いているため比較的負荷が高いです。快適にプレイするためにはグラボのスペックが重要です。

とりあえずフルHDでプレイしたい場合は「GTX 1660 SUPER」、高画質を追求したいなら「RTX 3060」、4K最高画質で宇宙を満喫したいなら「GeForce RTX 3080」がおすすめです。本記事でご紹介したおすすめグラボ・ゲーミングPCを参考にして、ぜひ快適なゲーミング環境を構築しましょう!

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※6月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
arkhive

GC-I5G36M

Core i5-12400 RTX 3060Ti 16GB 1TB 650W BRONZE
ZEFT

G27RF

Core i7-12700 RTX 3060Ti 32GB 500GB 750W GOLD
パソコン工房

LEVEL-R66P-LC127-VAX

Core i7-12700 RTX 3080 32GB 1TB 800W GOLD
サイコム

G-Master Hydro Extreme/D4

Core i7-12700K 水冷RTX3070 16GB 500GB 850W GOLD
THIRDWAVE

Monarch GE

Core i7-12700 CPU内蔵グラフィックス 16GB 500GB NVMe 550W BRONZE

パソコン工房の「LEVEL-R76P-LC127-SAX [RGB Build]」と、RushGamingのkeptさん
arkhive「Gaming Custom GC-I5M AC-IC6B66M-TS1」とRushGamingのLightさん
サイコムのBTO PC「G-Master Velox Intel Edition」と、RushGamingのぱせりまんさん
STORMのBTOPC「PG-DD12」とRushGamingのGorouさん
BACK TO LIST

見た目良し!スペック良し!なサイコムのBTOパソコンを、女性自作erでもあるストリーマー・つつまるがレビュー!【PR】

自作erも納得の性能!eスポーツキャスター・平岩康佑がGALLERIA(ガレリア)のBTOパソコンをレビュー【PR】

FPSプロゲーマー・GorouがツクモのゲーミングPC「G-GEAR Aim」をレビュー!Apexでの無双プレイもお任せ【PR】

FPS界屈指の実力派・GreedZzも納得!arkのゲーミングPC「arkhive」の性能をApexで体験【PR】

FPS初心者にこそおすすめ!プロゲーマー・keptがパソコン工房のゲーミングPC「LEVEL∞」の実力をApexで試してみた 【PR】

Apexプレデター・Lightも大満足!FRONTIERのBTOパソコンの実力を検証してみた【PR】

【エルデンリング】推奨Ping値・重いときにラグを減らす方法まとめ

【FF14】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【原神】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【フォートナイト】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【Apex Legends】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

原神に必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

フォートナイトに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

Apex Legendsに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

ELDEN RING(エルデンリング)の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボまとめ

FF15の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボ・CPU・ゲーミングPCまとめ