• TOP
  • CATEGORY
    初めての自作
  • TITLE
    この記事ではPCでTV視聴する場合に最もオススメな「地デジチューナー増設」の方法を、PCI Express接続とUSB接続それぞれの特徴とともに解説します。
CATEGORY
初めての自作

【PCでTV視聴】地デジチューナー増設でテレビを見る環境構築手順

  • DATE
    2019.01.30
  • WRITTEN BY
    あらびき


DDIYer
DDIYer

はじめに!今おすすめのBTOパソコンをご紹介します!どれもゲーミング向けなので、希望のタイプが見つかりますよ!

  • STORM

    PG-DV7


    ・ARGBファンを4基搭載した魅せる仕様のケースを採用
    ・BTOパソコンの醍醐味、パーツのカスタムを存分に楽しめる

  • ドスパラ GALLERIA

    RM5C-R36


    ・デザインと真摯に向き合うことで生まれた新ケース
    ・洗練されたスペックが、快適なプレイアビリティを実現

  • TSUKUMO

    GA7J-F211/T


    ・ツクモBTOで一番売れているG-GEARシリーズ!
    ・高冷却のオリジナルケースに隙のないオールマイティスペック!

  • アプライドネット

    Barikata SF30


    ・博多っ子のもつ積極的に新しい物事へ取り組もうという「進取の気性」を体現したPC

  • Sycom Premium-Line

    Z590FD-Mini


    ・コンパクト、スタイル、妥協無き性能
    ・充実の標準2年保証

インバースネット FRGH570/SG2

279,800円(税込)

編集部が選ぶ今もっともおすすめのBTOパソコン!

こだわりの高性能ミドルタワー、RTX 3070 Ti搭載

NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti搭載で高いグラフィックス設定でも快適に、M.2 SSDで超高速読み込みでストレスなくゲームプレイが可能。初級者から上級者までどなたにもおすすめ。

せっかくPCでTVを視聴できる環境を整えたのなら、録画もしたいと考えるのが…

地デジチューナーをPCに増設してTVを視聴する方法と注意点

地デジチューナーはPCI Express接続とUSB接続の2つがある

地デジチューナーにはPCを分解してマザーボードのPCI Expressに接続するものと、USBで接続できるものがあります。それぞれの特徴について確認しておきましょう。

PCI Express型チューナーのメリット:画質が良く高性能

PCI Express型チューナーはマザーボード上に接続する必要があり、自作PCの知識がそれなりにあるユーザー向けです。また、デスクトップ型のPCでなければ増設することができませんし、全ての人にオススメ出来る方法ではありません。ただ、環境構築がちょっと難しい分、高画質で録画性能も高いです。2つの番組を同時に処理できるタイプのチューナーも多く、録画しながら別の番組を視聴することも可能。PCI Express型チューナーでTV環境を整えておけば、TV専用機がなくても生活には困らないでしょう。

USB型チューナーメリット:環境構築が簡単

USB型チューナーの最大のメリットは「USBに刺すだけ」という手軽さです。ノートPCでも使えますし、自作PC知識がない人でも簡単にTV視聴環境を構築できるでしょう。ただし、PCI Express型チューナーと比べると特に録画機能で劣りがちです。

すでにTV専用機を持っている人からすれば「わざわざPCでTVを視聴する意味っ…

チューナーを購入する際は「録画」もできるものを購入しよう

チューナーは必ず録画もできるものを購入しておきましょう。特に「SeeQVault」という技術に対応した最新のチューナーは録画した番組をスマホなどでも視聴しやすくなるのでオススメです。

TV視聴環境構築手順を解説

手順1:TVチューナーを購入

まずはTVチューナーを購入しましょう。

PCI Express型チューナーのオススメ:ピクセラ「Xit Board XIT-BRD100W」

ピクセラというメーカーは一般的にあまり知名度がないかもしれませんが、TVチューナーでは最も代表的なメーカーです。特にPCI Express型のチューナーではピクセラが唯一のメーカーと言っても差し支えのない状況になっています。「Xit Board XIT-BRD100W」はチューナーが2つ搭載されているPCI Express型では最も売れ筋の人気モデル。バックグラウンドで録画をしながら別の番組を視聴できます。

USB型チューナーのオススメ:IODATA「GV-MVP/AZ」

大手PC周辺機器メーカーのIODATAもTVチューナーを発売しています。「GV-MVP/AZ」はUSB型なのでノートPCでも手軽にTV視聴環境を整えられるでしょう。

手順2:TVチューナーを増設する

PC内部にはCPUやメモリなどのパーツが乗っている「マザーボード」と呼ばれる基盤パーツが搭載されています。PCI Express型チューナーの場合は、PCを分解してマザーボードにアクセスしなければいけません。メモリを自分で増設した経験がある人ならそれほど難しい作業ではありませんが、一度もPC内部にアクセスしたことがない人にとっては、なかなかハードルの高い作業になるでしょう。

自作PC初心者は以下の2点に十分に注意して作業をしてください。

  • PCI Expressに設置する際にチューナーの端子が折れ曲がらないようにする
  • 静電気に注意する

逆にUSB型チューナーなら増設方法は簡単です。USB端子にチューナーを刺しこみ、地デジ/BS/CSのアンテナを接続するだけなので、1分ほどで作業は終わるでしょう。

手順3:TVチューナーに付属の視聴ソフトをインストールする

PCに視聴・録画ソフトをインストールします。必ず購入前にOSが視聴ソフトに対応しているかどうかチェックしておきましょう。チューナーの発売時期によってはWindows7など古いOSや、逆に新しすぎるOSには対応していないことがあります。

手順4:視聴しよう!

ここまでの手順を無事に終えればあとは視聴するだけ!思う存分TVを楽しみましょう。

TV番組を視聴するならTVが一番楽。電源を入れてベッドやソファーに寝転がっ…

本格的にPCでTV視聴するなら地デジ&PCI Express型チューナーで組もう!

PCでTV視聴する方法はいくつかありますが、この記事で紹介した「地デジ&PCI Express型チューナー」がもっとも満足度の高い視聴環境を構築できるでしょう。USB型は手軽ですが、録画しながら別番組を視聴できないなどの不便さが避けられず、長く使っていると不満が溜まってくるかもしれません。ノートPCの場合はUSB型しか使えないので仕方ありませんが、デスクトップ型のPCを使っている人はぜひPCI Express型チューナーでTV環境を整えてみてください。これまでPC内部にアクセスしたことがない人は、TV視聴環境の構築をきっかけに自作PC道に進むのもアリだと思いますよ!

YouTubeで自作PC系動画を配信している、ガジェット系YouTuberとして大人気の…

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※11月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
パソコン工房

LEVEL-R05A-iX4-RBX

Intel Core i5-10400 NVIDIA RTX 3060 DDR4-2666 16GB(8GBx2) SSD M.2 1TB 700W/80PLUS BRONZE
ドスパラ GALLERIA

RM5C-R36

Intel Core i5-11400 NVIDIA RTX 3060 DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 500GB 650W/80PLUS BRONZE
TSUKUMO

GA7J-F211/T

Intel Core i7-11700 NVIDIA RTX 3060 DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 500GB 750W/80PLUS GOLD
インバースネット

FRGH570/SG2

Intel Core i7-11700KF NVIDIA RTX 3070 Ti DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 1TB 2TB HDD 850W/80PLUS GOLD
Sycom Premium-Line

Z590FD-Mini

Intel Core i7-11700K NVIDIA RTX 3060 DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 500GB 650W/80PLUS GOLD

BACK TO LIST