DIGITAL DIY

  • TOP
  • CATEGORY
    初めての自作
  • TITLE
    仕事や趣味を充実させるため、「必要な機能が搭載されたパソコンが欲しい」と考える人は少なくないでしょう。市販PCでは満足のいくものがなくても、自作PCであれば自分の望む機能を自由に付けられます。中には自作PC初心者でも簡単に組み立てられるような「自作PCキット」も販売されています。そこで今回は、初心者にもおすすめの自作PCキットをご紹介します。
CATEGORY
初めての自作

仕事や趣味を充実させるため、「必要な機能が搭載されたパソコンが欲しい」と考える人は少なくないでしょう。市販PCでは満足のいくものがなくても、自作PCであれば自分の望む機能を自由に付けられます。中には自作PC初心者でも簡単に組み立てられるような「自作PCキット」も販売されています。そこで今回は、初心者にもおすすめの自作PCキットをご紹介します。

5万円以下のおすすめパソコン自作キット

初めてパソコンを自作しようとする場合、0からのスタートはとても敷居が高い作業です。そのため初心者には、BTO(Builtd to Order:受注生産方式)パソコンと呼ばれる「セミ自作PC」で自分好みにカスタマイズするのが主流です。

パーツのモデルやスペック次第で青天井に費用がかかってしまうものの、入門モデルであれば5万円以下の廉価モデルを手に入れることができます。

 

BTOパソコンメーカーの人気商品から、初心者におすすめのパソコンを2機種紹介します。

 

おすすめ商品①ドスパラ|簡単に作れる!シリーズ207

出典元:ドスパラ

ドスパラで人気の自作PC入門用のリーズナブルなキットが【シリーズ207】です。ビジネスパソコンとしてWindows10を利用するのを目的にした場合、ここまでロープライスで活用できるパソコンはあまりないでしょう。

安心のドスパラ保証も付き、自作デビューに最適の1台です。

 値段  3〜5万円
 OS  Windows10 Home 64Bit
 CPU  Pentium G4560
 グラフィック  CPU内臓グラフィック
 メモリ  Kingston DDR4 4GBx2枚組 計8GB
 ストレージ  500GB HDD

 

おすすめの商品②パソコン工房|Amphis KIT MN112

出典元:パソコン工房

パソコン工房でBTOパソコンを購入するのであれば、汎用性の広い【Amphis KIT MN112】がおすすめです。ビジネスパソコンとしての用途であれば、主要メーカー品と遜色ないレスポンスを低価格で手に入れることができます。

ゲーミング利用にはスペック不足ではあるものの、後々スペックアップする場合でもCOOLER MASTER製ケースは十分に対応可能。メモリはDDR4-2666を計16GB積載したミニタワーです。

 値段  41,980円(税別)
 OS  動作保証OSはWindows10
 CPU  Intel Core i3 8100 BOX
 グラフィック  -
 メモリ  DDR4-2666 8GB×2枚組 計16GB
 ストレージ  SATA HDD 3.5インチ 500GB 

 

5~10万円以下のおすすめパソコン自作キット

自作PCにチャレンジする際に気をつけたいのは、「自分がやりたいことをやるにはスペックが足らず、すぐにスペックアップが必要になってしまった……」という事態です。例えば、Excelの自動計算など容量の大きなファイルのデータ処理や動画編集にも使いたいと考えているのであれば、初めから5〜10万円以下のミドルスペックPCを手にすることをおすすめします。

 

初心者のスペックアップチャレンジでは、ロースペックのスタートアップPCからスペックアップしようとすると、「どこにパーツを追加すれば良いか分からない」という問題が発生します。時間をかけてスペックアップ方法を調べるのは労力がかかり、時にはボードを載せるだけでは済まずに、大手術が必要となるケースも出てきます。一方、ミドルスペック以上のBTOパソコンであれば、ベースとなるほとんどのパーツが搭載されているため、そんな心配をすることもほとんどありません。

 

おすすめ商品③ドスパラ|簡単に作れる!シリーズ201

出典元:ドスパラ

リーズナブルなゲーミングPCを探しているなら、ドスパラがパッケージ化した【シリーズ201】がおすすめです。

パワーユニットは、マザーボードの主流である500WのATXを置き、安定した電力供給を実現しています。1TBの容量を持つストレージはデータ管理の要であり、SSDを追加することで快適なゲーム環境が手に入ります。ゲーミングPCのOSはビジュアル効果の広さも優秀なWindows10が最適でしょう。

 値段  5〜10万円(税別)
 OS  Windows 10 Home 64bit
 CPU  intel Core i5 7500
 グラフィック  GeForce 1050Ti
 メモリ  ADATA DDR4 4GB×2枚組 計8GB
 ストレージ  TOSHIBA 1TB HDD 

 

おすすめの商品④PCデポ|超小型 ビジネス向け Windows 10 Pro 搭載ベアボーンキット

出典元:PCデポ

PCデポの【超小型 ビジネス向け Windows 10 Pro 搭載ベアボーンキット】は、Office系ソフトなどビジネスに最適なスペックの自作PCです。ビジネスマシンとしての特性を考えると、Core i3でも快適な動作を実現しています。

さらに、メインストレージをSSDにしていることもCPUのパワー不足を補っています。8GBのメモリは、追加の余地を残しつつCore i3を動かすに十分な容量を備えているのも特徴です。唯一、オーバースペックなのがOSのWindows10 Pro 64Bit。SSDだからこそカクつくことなく動作しますが、Windows10 Proを100%利用しきるためにはサポートが必要となってきます。

PCデポでは、ユーザーがパソコンの組み立てに困った場合に救いの手を差し伸べてくれる【ギブアップ券】を用意しています。初心者が自作PCにチャレンジするときに、うれしい安心サポートです。

 値段  8〜9.5万円(税別)
 OS  Windows10 Pro 64Bit
 CPU  Core i3-8100 4コア 4スレッド 3.6GHz
 グラフィック  オンボード
 メモリ  8GB
 ストレージ  500GB SSD 

 

10~15万円以下のおすすめパソコン自作キット

パソコンの用途は、ビジネス利用はもちろん、画像編集やイラスト作成、動画視聴や動画編集、ハイクオリティなグラフィックで楽しめるオンラインゲームなど、ますます幅が広がっています。「eスポーツ」など一般的なパソコンでは処理しきれないほどの画像効果を再現するには、GPUもメモリも十分なスペックを整えておかなければなりません。

10万円を超えるハイスペックBTOパソコンであれば、新たなパソコンの世界に踏み出すことができるでしょう。

 

おすすめ商品⑤ドスパラ|簡単に作れる!シリーズVR-201

出典元:ドスパラ

ワンランク上のグラフィックでオンラインゲームやeスポーツ参戦を希望するなら、ドスパラがチョイスするゲーミングモデル【簡単に作れる!シリーズ VR-201】がおすすめです。GTX1080のグラフィックボードが激しい映像処理にも対応していて、動画編集にも強いため作業用にも最適です。

パワーユニットはENERMAX750Wを搭載し、電力不足で処理速度が落ちることはありません。Core i7のCPUの処理速度は折り紙つきのスペックで、キットは8Gメモリですが、増設することで最高のパフォーマンスを発揮できます。

 値段  10万円以上
 OS  Windows 10 Home 64bit
 CPU  intel Core i7 7700K
 グラフィック  GTX1080
 メモリ  CFD DDR4 4GBx2枚組 計8GB
 ストレージ  ADATA 256GB SSD 

 

おすすめ商品⑥PCデポ|写真編集向け Quadro+RYZEN5 搭載組立PC

出典元:PCデポ

 

画像編集に力を発揮するQuadroを搭載したPCデポのハイスペックPCが【写真編集向け Quadro+RYZEN5 搭載組立PC】です。500GBのSSDが機動力を発揮しつつ、4TBものHDDが大量の画像データ管理を実現します。コストパフォーマンスに優れたB450マザーボードのM.2ヒートシンクが、処理速度による発熱を解消して耐久性のあるマシンを維持してくれます。

注目は500W電源。画像処理だけであれば400W電源でもコト足りますが、より安定した作業環境を確保しています。

 値段  12〜14万円(税別)
 OS  Windows10 Home 64Bit
 CPU  RYZEN5 3600 6Core 12スレッド 3.6GHz
 グラフィック  NVIDIA Quadro P620
 メモリ  16GB
 ストレージ  500GB SSD/4TB HDD 

 

15万円以上のおすすめ自作キット

最高の環境でポテンシャルを遺憾なく発揮したい場合、作業環境の充実がすべてを決定づける糸口になります。ハイスペックを超えるハイエンドマシンとなり、時代の最先端を手にするには、コストも下位スペックに比べ高額となってきます。

 

しかし、BTO自作キットだからこそ、15万円からというローコストで最高の環境を手に入れることができるのです。

 

おすすめ商品⑦PCデポ|e-Sports向け RYZEN7+RTX2070 SUPER 搭載組立PC

出典元:PCデポ

PCデポがeスポーツ用途でのパフォーマンスを約束しているハイエンドキットが【e-Sports向け RYZEN7+RTX2070 SUPER 搭載組立PC】です。ゲーミンググラボとしてもトップクラスのGeForce。90mmファンを2基搭載しているRTX 2070 SUPERが滑るような動画を実現します。クーリングファンを搭載したX570が確実な演算を可能とし、万が一の処理落ちすら許さない体制を整えてくれます。

ストレージには250GB M.2 SSDを採用し、超高速処理への対応にも余念がありません。2TB HDDが大切なデータ管理を受け持ちます。

 値段  18〜20.5万円
 OS  Windows10 Home 64Bit
 CPU  RYZEN7 3700X 8コア 16スレッド 3.7GHz
 グラフィック  NVIDIA® GeForce® RTX 2070 SUPER
 メモリ  16GB
 ストレージ  250GB M.2 SSD / 2TB HDD 

 

おすすめ商品⑧パソコン工房|Amphis KIT MD152

出典元:PC工房

ハイエンドモデルキットでおすすめなのが、パソコン工房で購入できる【Amphis KIT MD152】です。eスポーツでしのぎを削るプロゲーマーも使用しているパーツをふんだんに搭載しています。32GBメモリを搭載しており、最大64GBまで追加できるため処理速度不足でパフォーマンスが低下することはありません。

パワーユニットは玄人志向のKRPW-AK750W/88+をチョイス。750WのATX電源は、ハイスペックとなったGPUに十分な電力を供給する大容量パワーユニットです。

また、OSレスなので、インストールするOSは自分好みを選べるのもうれしいポイント。光学ドライブ非搭載のため、インストールにはUSBからの外付けドライブやインストールイメージで対応が必要です。

>> 関連記事 :「はじめて自作」第15回 組み立てその⑩ -OS【Windows 10 を自作PCへインストールしよう】編-

 値段  257,980円(税別)
 OS  動作保証OSはWindows10
 CPU  Intel Core i9 9900K BOX
 グラフィック  NVIDIA® GeForce® RTX 2080 Ti 11GB GDDR6
 メモリ  DDR4-2666 16GB×2枚組 計32GB
 ストレージ  M.2 NVMe SSD 512GB 

 

パソコン自作キットのメリット・デメリット

市販PCがあるにもかかわらず、自分でパソコンを自作するのは、そこに多くのメリットが存在するからです。自作PCのメリットには次のようなものがあります。

● パソコンを自作する楽しさ
● 自分の使いやすいようにスペックをカスタマイズができる
● 通常のパソコンを購入するよりも比較的、安価である
● 組み立て代行サービスもある

その反面デメリットもあり、メリットばかりを追求してしまうと思わぬ落とし穴に足を取られてしまいます。次のようなデメリットも念頭に置いておきましょう。

● 自作なので失敗する危険性もある
● 故障したときに保証が効かないことがある
● 修理は限られたところしか受け付けていない

以前の自作PCは、自分一人で全ての作業ができなければいけませんでした。もちろんBTOパソコンというジャンルが存在しなかったというのも、その理由の一つです。しかし、今は多くのBTOメーカーが存在します。自分好みのパソコンにアップグレードしたり、予算に応じたカスタマイズに挑戦したりと、自作PCを楽しむ環境は広がっています。

 

まとめ

自分が望む機能を持ったパソコンを手に入れるために、自作PCという選択肢は最適な方法です。

自作PCといっても、全ての工程を自分の手で行うものばかりではありません。BTOの自作キットを使えば、パーツチョイスなどの手間が省け、組み上げていく楽しみも実感できます。ローコストでハイスペックパソコンを手にするために、今すぐ自作への道を歩み出しましょう!


BACK TO LIST