• TOP
  • CATEGORY
    初めての自作
  • TITLE
    PC本体のデザインというと、味気ない四角い箱をイメージしてしまう方は多いのではないでしょうか。典型的なPC本体デザインも会社などで事務に使うならピッタリですが、クリエイターやゲーマーが使うには少々物足りなさを感じるかもしれません。この記事ではそんな方たちに向けて、ユニークなPCケースをご紹介します。
CATEGORY
初めての自作

自作PC派必見!クリエイターやゲームマニアにおすすめしたいユニークPCケース前編

  • DATE
    2020.03.11
  • WRITTEN BY
    こうべみせ

G-GEAR GA7J-E221/B

222,800円(税込)

編集部が選ぶおすすめのBTO PC!
抜群のコスパと高冷却性レイアウトを採用した独自ケースで、高フレームレートFPSゲームに最適!

強力なintelプロセッサーと高性能GeForceグラフィックスで、ゲーミングPCのステップアップにオススメ。もちろんツクモならではの「選べるCPU×GPU×OS」の豊富な組み合わせから自分だけのオリジナルモデルにカスタマイズできます!

>> 関連記事 :サビ塗装で市販のPCケースをDIY!自作PCがアンティークな雰囲気に【PR】


  • G-GEAR

    GA7J-E221/B


    ・抜群のコスパと高冷却性レイアウトを採用した独自ケースで、高フレームレートFPSゲームに最適!

  • ストーム

    PG-PP12


    ・抜群のエアフローケースで冷却を採用したRTX3070モデル

  • ZEFT

    G24CT


    ・ゲーミングPC初心者の方や学生の方におすすめのCore i5×RTX3060搭載ゲーミングPCです。

  • サイコム

    G-Master Spear Z690/D5


    ・最新のパーツで固めたカスタマイズ性に優れる定番ゲーミングPC
    ・メモリも最新のDDR5を採用

  • クリエイターPC

    WA7J-E213/ZT


    ・オンボードからGeForce・Radeonまで、用途に合わせたGPUが選べるクリエイター向けモデル

ガンダムに登場しそうなカッコよさ!

知らない人に見せたら「ガンダムにこんな兵器登場したっけ?」と言われそうなフォルムが最強にかっこいいDeepCoolのPCケース「TRISTELLAR」。アニメに兵器として登場したら間違いなく最強クラスの火力を持つであろうデザインです。

放射状に3つのフレームを集合させたデザインが生み出す冷却性能は優秀。それぞれのフレームにマザーボード、グラフィックカード、電源といった熱源パーツを分散して搭載する設計になっています。一箇所に熱が集中しないうえ、ケース前面と後面に採用されたメッシュパーツが効果的なエアフロー効果を生み出します。

TRISTELLARの基本スペック

 メーカー  DeepCool
 サイズ  幅435×高さ388×奥行395mm
 重量  16kg
 対応マザーボード  MINI-ITX
 5.25インチベイ数  −
 2.5インチベイ数  3
 3.5インチベイ数  2
 対応電源  ATX
 USB3.0  2
 USB2.0  −
 オーディオ端子  ○
 マイク端子  ○
 備考  スリムタイプの光学ドライブを搭載可能。120mmサイズの水冷ラジエーターを搭載可能。

 

 

 

これってSFに登場する物体?

「最近のSF映画にこういうデザインの物体よく登場するな」と感じてしまう外見をしているのがBitFenixのPCケース「Portal Window White」。平面と曲面を組み合わせたカプセル型の白いボディには、それを分割するかのように黒い直線パーツがところどころに入れられ、全体のアクセントとなっています。

トップパネルは透明の窓となっており、そこからグラフィックカードが動作する様子を確認することができます。また内部アクセスは後方へフレームごと引き出すことで行います。マンガ「GANTZ」をご存じの方なら、球体から武器が出てくるシーンをイメージしてもらうと分かりやすいかもしれません。

 

一見シンプルでおしゃれな雰囲気を持ちつつ、細かい部分でマニア心を刺激させる魅力的なケースです。

Portal Window Whiteの基本スペック

 メーカー  BitFenix
 サイズ  幅247×高さ395×奥行411mm
 重量  5.81kg
 対応マザーボード  MINI-ITX
 5.25インチベイ数  −
 2.5インチベイ数  1
 3.5インチベイ数  2(2.5インチ利用可)
 対応電源  SFX
 USB3.0  2
 USB2.0  −
 オーディオ端子  ○
 マイク端子  ○
 備考  120mmサイズの水冷ラジエーターを搭載可能。

 

 

 

まるでアニメのロボット!

COUGARのPCケース「CONQUER」は、フレームの両サイドを強化ガラスのパネルで挟み込んだデザインがとてもクール。フレームはフロントからトップにかけて三角形の骨組みによるトラス構造を採用したアルミ製で、アクセントのオレンジ色パーツと相まってアニメのロボットを連想してしまいます。

デザインの良さだけでなく拡張性にも優れています。トップに360mm、全面に240mmの水冷式ラジエーターを設置可能。ツイン水冷システムを構築できるのでオーバークロック環境でも安定した動作をさせやすく、ゲーミング用途にピッタリなケースだといえます。

CONQUERの基本スペック

 メーカー  COUGAR
 サイズ  幅255×高さ580×奥行685mm
 重量  9.8kg
 対応マザーボード  Mini-ITX、MicroATX、ATX
 5.25インチベイ数  −
 2.5インチシャドウベイ数  4
 3.5インチシャドウベイ数  3
 USB3.0  2
 USB2.0  −
 オーディオ端子  ○
 マイク端子  ○
 備考  240mmサイズと360mmの水冷ラジエーターを2基搭載可能。

 

 

 

ショーケースのようなルックスがクール!

Thermaltakeの「TT Premium The Tower 900」は、サイドとフロントの3面がガラス張りになっているインパクトのあるスタイルをしています。内部のパーツが丸見えで、イルミネーションパーツを多用すればPCパーツショップの店頭でデモンストレーションしているマシンのようになります。

かなり印象的な見た目ですが、フレームなど内部構造についてもかなりユニークな作りとなっているケースです。一般的なPCケースはマザーボードのインターフェースを背面に置いていますが、TT Premium The Tower 900では倒立レイアウトを採用することで上面に集めています。

またモジュラーデザインとなっているので、ユーザーが構築したい環境に合わせてシャーシやドライブベイを自由にレイアウトできます。高い拡張性はパワーユーザーにとって見逃せないポイントだといえるでしょう。

TT Premium The Tower 900の基本スペック

 メーカー  Thermaltake
 サイズ  幅423×高さ752×奥行483mm
 重量  24.5kg
 対応マザーボード  Mini-ITX、MicroATX、ATX、E-ATX
 5.25インチベイ数  1
 2.5インチベイ数  2
 3.5インチベイ数  6(2.5インチ利用可)
 対応電源  ATX
 USB3.0  4
 USB2.0  −
 オーディオ端子  ○
 マイク端子  ○
 備考  560mmサイズの水冷ラジエーターを搭載可能。

 

 

 

ソリッドなボディはまるでインテリアアイテム!

余計な飾りは一切なし。SilverStoneの「SST-FT03S」は、まるで金属の塊が置いてあるように見えるといってもいいくらい、ソリッドでクールなデザインをしています。

ソリッドなデザインは実に徹底されたもので、通常なら各種インターフェースがレイアウトされている背面もツルツル。前後左右すべての面がフラットになっているのがとてもユニークです。MacのようにおしゃれなWindowsマシンを使いたいという方は注目してみてはいかがでしょうか。

SST-FT03Sの基本スペック

 メーカー  SilverStone
 サイズ  幅235×高さ487×奥行284mm
 重量  6.7kg
 対応マザーボード  Mini-ITX、Mini-DTX、Micro-ATX
 5.25インチベイ数  −
 2.5インチベイ数  1
 3.5インチベイ数  3
 対応電源  ATX
 USB3.0  2
 USB2.0  −
 オーディオ端子  ○
 マイク端子  ○
 備考  光学ドライブはスロットローディング方式のスリムタイプ。

 

 

>> 関連記事 :PCデスク晒しちゃってる方に突撃インタビュー!あなたのこだわり語っちゃってください!第26弾!

いかにもマシンといったデザインが男心をくすぐる!

エンジンのようなメカニカルな外見をしたThermaltakeの「Level 10 GTケース」は、機械大好きな人なら必ずや気になるであろうPCケースです。まるでさまざまなパーツを集合させたような黒いルックスは、カッコいいという表現しかできない存在感にあふれています。

豊富に備わったドライブベイや、E-ATXマザーボードにも対応するなど、自作派にとってかなり自由度の高いシステムを構築できるスペックも大きな魅力。簡単に開閉できるサイドドアも備わっているので、自作PCを趣味にしている方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

Level 10 GTの基本スペック

 メーカー  Thermaltake
 サイズ  幅282×高さ584×奥行590mm
 重量  12.7kg
 対応マザーボード  MicroATX、ATX、E-ATX
 5.25インチベイ数  4
 2.5インチベイ数  5(3.5インチとホットスワップ)
 3.5インチベイ数  1(外部ベイ)
 対応電源  ATX
 USB3.0  2
 USB2.0  4
 オーディオ端子  ○
 マイク端子  ○
 備考  −

 

 

 

びっくりするPCケースはまだまだある!

ユニークなPCケースを紹介する前編記事となる今回は、カッコよさやおしゃれさに注目して製品をご紹介しました。メーカー製の既製PCにもクールな外見をしたものは存在しますが、やはり単体パーツとして販売されているPCケースのほうが魅力にあふれる自由な製品が多いと感じていただけたのではないでしょうか。後編ではさらに驚くデザインのPCケースをご紹介しますので、ぜひご覧ください。

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※6月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
G-GEAR

GA7J-E221/B

Core i7-12700 RTX 3060Ti 16GB 1TB 750W GOLD
ストーム

PG-PP12

Core i5-12400 RTX 3070 16GB 500GB NVMe 850W GOLD
ZEFT

G24CT

Corei5-12400F RTX 3060 16GB 500GB NVMe 750W GOLD
サイコム

G-Master Spear Z690/D5

Core i7-12700K RTX 3060 32GB 500GB 750W GOLD
クリエイターPC

WA7J-E213/ZT

Core i7-12700K CPU内蔵グラフィックス 16GB 1TB 750W GOLD
NEXT

プログラミングを独学でマスターできるwebサイト9選!学習に役立つ無料サービス
BACK TO LIST

見た目良し!スペック良し!なサイコムのBTOパソコンを、女性自作erでもあるストリーマー・つつまるがレビュー!【PR】

自作erも納得の性能!eスポーツキャスター・平岩康佑がGALLERIA(ガレリア)のBTOパソコンをレビュー【PR】

FPSプロゲーマー・GorouがツクモのゲーミングPC「G-GEAR Aim」をレビュー!Apexでの無双プレイもお任せ【PR】

FPS界屈指の実力派・GreedZzも納得!arkのゲーミングPC「arkhive」の性能をApexで体験【PR】

FPS初心者にこそおすすめ!プロゲーマー・keptがパソコン工房のゲーミングPC「LEVEL∞」の実力をApexで試してみた 【PR】

Apexプレデター・Lightも大満足!FRONTIERのBTOパソコンの実力を検証してみた【PR】

【エルデンリング】推奨Ping値・重いときにラグを減らす方法まとめ

【FF14】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【原神】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【フォートナイト】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【Apex Legends】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

原神に必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

フォートナイトに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

Apex Legendsに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

ELDEN RING(エルデンリング)の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボまとめ

FF15の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボ・CPU・ゲーミングPCまとめ