DIGITAL DIY

  • TOP
  • CATEGORY
    プログラミング
  • TITLE
    小学校教育要項の変更に伴い、プログラミングの授業の導入が始まりました。論理的思考を身に着ける目的で行われるプログラミング教育は、お子さんが小さいうちから取り入れたいですよね。ここでは、プログラミング教育を遊びながら楽しく学べる、おすすめのおもちゃをAmazonのランキングより3つご紹介します。
CATEGORY
プログラミング

小学校教育要項の変更に伴い、プログラミングの授業の導入が始まりました。論理的思考を身に着ける目的で行われるプログラミング教育は、お子さんが小さいうちから取り入れたいですよね。ここでは、プログラミング教育を遊びながら楽しく学べる、おすすめのおもちゃをAmazonのランキングより3つご紹介します。

>>関連記事 :もはや知っておかないとまずい?必修化に向けて難しいと思っていたプログラミングを楽しく学ぶ!

くもんのロジカルルートパズル

  • 「くもん」がつくった知育玩具

公文式教室でおなじみの「くもん」が提供する、知育玩具シリーズ「KUMON TOY」のひとつです。「子どもが自ら学べ、力がつく」というノウハウを基礎にした工夫が施されています。

 

  • ボールとピースを組み合わせてルートを作る

同じ色のゴールにボールが入るように、子どもがボールが転がるルートをパズル式で考えながら作る玩具です。問題解決力、論理的思考力、集中力が身に着きます。

 

  • 問題数が豊富で繰り返し遊べる

問題は全部で60問で、難易度別に分かれているため子供の年齢が上がっても長く遊べる特徴があります。また、ピースは直線、交差のほか難易度の高い問題だけに使うトンネルピースもあるので、繰り返し遊びながらプログラミング的思考が学べます。

 

カードでピピッと はじめてのプログラミングカー

  • 学研教室の「学研ステイフル」の玩具

幼児教室や学習雑誌で有名な学研教室の知育玩具「学研ステイフル」シリーズのひとつ。Science(科学)Technology(技術)、Engineering(工学)、Art(芸術)、Mathematics(数学)の頭文字を取った、STEAM教育を土台にして作られた玩具です。

  • PCやスマホ不要で遊べる

ゴールを決めて車の通り道を選び、車に命令を出して走らせて遊びます。車に出す命令はタグを読ませるため、PCやスマホがなくても遊べるのが特徴です。 

  • サイトから素材をダウンロード可能

付属の車にマップ、めいれいカードやめいれいタグだけで遊べますが、公式サイトでは、より長い命令が作れるめいれいカードや、オリジナルのマップが作れる素材もダウンロード可能。年齢が上がっても遊び方の幅を広げられます。

 

Think & Learn プログラミングロボ コード・A・ピラー

  • フィッシャープライスの専門家目線で作られた知育玩具

アメリカの玩具メーカー「フィッシャープライス」が発売している知育玩具。おもちゃの専門メーカーが作ったもので対象年齢は3~6才のため、プログラミングの早期教育に向いています。

  • 自由な遊び方ができる

ロボットの尾の部分にあたるパーツを組み合わせて連結すると、パーツによって異なる動きをします。自由に好きなパーツを組み合わせて遊びながら、プログラミング的な思考を鍛えられる玩具です。

 生きるために必要なスキルが身に着く

知識を養うための玩具ではなく、問題解決力や好奇心、探求心、自分で準備する力など、プログラミング教育の目的でもある生きる上で必要なスキルが身に着く特徴があります。

>>関連記事 : 自作PCをお勧めする 7つの 理由:その5 – プログラミングをするなら自作 PC の知識は必要

 

■ 人気のおもちゃでプログラミング教育を楽しく学ぼう

小学生のお子さんを持つ親御さんの中には、ご自身がプログラミング教育を経験していないため、どうやって教えて良いか分からない人も多いでしょう。プログラミング教育玩具を上手に取り入れれば、遊びを通じてプログラミング的思考を身に着けられます。小学校の授業対策から早期教育まで、お子さん年齢に合った教育玩具をぜひ役立ててくださいね。


BACK TO LIST