• TOP
  • CATEGORY
    クリエイター
  • TITLE
    VTuberについて調べたり、好きなVTuberの動画を検索したりしていると“切り抜き動画”という言葉を目にすることはありませんか?

    切り抜き動画とは、主に好きなVTuberを応援するために作られている動画です。本記事では、切り抜き動画の作り方や、動画の収益化について解説します。
CATEGORY
クリエイター

VTuberの切り抜き動画の作り方~メリット・デメリットと収益化の方法

VTuberについて調べたり、好きなVTuberの動画を検索したりしていると“切り抜き動画”という言葉を目にすることはありませんか?

切り抜き動画とは、主に好きなVTuberを応援するために作られている動画です。本記事では、切り抜き動画の作り方や、動画の収益化について解説します。

VTuberの切り抜き動画の作り方~メリット・デメリットと収益化の方法

VTuberの切り抜き動画とは

VTuberの切り抜き動画とは、VTuberがこれまでに投稿した動画やライブ配信の中から、名場面や珍場面を抜粋して再編集したダイジェスト動画のことです。

単に名場面や珍場面をつなぎ合わせただけでなく、テレビのバラエティ番組のような字幕や効果音(SE)の追加や、用語の解説を差し込むなど、凝った編集が行われているのが特徴です。

 

 

 

VTuber切り抜き動画の目的

VTuber切り抜き動画の目的

切り抜き動画は、VTuber自身が自己紹介として作ったり、長いライブ配信を短くまとめるために作ったりすることがあります。しかし、多くの切り抜き動画は、応援しているVTuberを広く認知してもらうためにファンが作成したものです。

中には、あえて嫌いなVTuberの失言ばかりを集めて炎上させようとする悪質なものや、”自分用”と称して、制作者本人にしか再編集の意図がわからないマニアックな動画も見られます。

 

 

VTuber切り抜き動画作成のポイント

切り抜き動画を作るポイントは、動画のテーマを明確にし、短い動画でまとめることです。1本の動画にさまざまな魅力を詰め込みたい気持ちはわかりますが、長い切り抜き動画は最後まで見てもらえません。

どのような魅力を伝えたいかが明確になっていれば、動画のタイトルやサムネイルにも反映しやすく、視聴者が検索しやすい動画を作成できます。たとえば、VTuberが視聴者に対してやさしい言葉をかけているシーンを集めた動画や、ハプニングに動揺しているかわいいシーンを集めた動画など、テーマを絞ったものが人気です。

 

 

 

VTuber切り抜き動画の作り方

VTuberの切り抜き動画の作成手順は、以下のとおりです。

1. 切り抜きたい動画を保存する
2. 保存した動画をトリミングし、つなぎ合わせる
3. テロップや効果音(SE)をつけ動画として完成させる

 

 

 

切り抜きたい動画を保存する

動画の保存には、スマートフォンの画面録画機能やWindows10に標準で搭載されている画面録画機能を使用すると便利です。

Windows10では、キーボードの「Windows」ボタンと「G」ボタンを同時に押すとパネルが開き、「録画開始」ボタンを押すだけでPCの画面を簡単に録画できます。

ほかにも、PCの画面を簡単に録画できる無料のソフトは多数あるので、自身が使いやすいソフトを探してみてください。

 

 

保存した動画をトリミングし、つなぎ合わせる

保存した動画をトリミングし、つなぎ合わせる

動画を保存したら、切り抜きたいシーンをトリミングしてつなぎ合わせていきます。単に複数のシーンをつなぎ合わせるだけでなく、シーンとシーンの繋ぎ目にフェードインや暗転などの演出を入れるとより魅力的な動画となります。

動画の編集ソフトはさまざまな種類がリリースされています。予算が少ない場合は、無料で使えるAviUtlを導入するとよいでしょう。しかし、機能が制限されているため、機能拡張するプラグインを導入する必要が生じます。初心者には少々ハードルが高く感じられるかもしれません。

初心者におすすめのソフトは、VideoStudioPowerDirectorです。有償ソフトで、どちらも1万円程度かかりますが、多機能でマニュアルなども充実しています。

 

 

テロップや効果音(SE)をつけ動画として完成させる

シーンをつなぎ合わせたら、印象的なセリフの字幕を加えたり、ハプニングが起きたシーンに効果音を入れたりしてみましょう。セリフを字幕化するだけでなく、内容を解説するテロップを入れてみるのもよいでしょう。

どのような字幕や効果音を入れるかは、他の切り抜き動画やテレビのバラエティ番組を参考にしてみましょう。

 

 

VTuber切り抜き動画の収益化

切り抜き動画をYouTubeにアップしたら収益化も検討しましょう。YouTube動画は、条件を満たせば広告の設定を入れることができるようになり、再生数に応じた報酬を受け取れるため、好きなVTuberを応援しながら収益も得られるというメリットがあります。

 

 

 

収益化の方法

収益化の方法

収益化を行う手順は、以下のとおりです。

1. Googleのアカウント登録
2. YouTubeのチャンネル作成
3. AdSenseのアカウント登録
4. 動画をアップし、収益化の条件をクリアする
5. 収益化の申請を出す

収益化の条件は、次の5点になります。

  • YouTubeのポリシーとガイドラインに準拠していること
  • チャンネル登録者数が1,000人以上
  • 有効な公開動画の総再生時間が直近12か月で4,000時間以上
  • YouTubeパートナープログラムの利用規約に同意する
  • もっているGoogle AdSenseアカウントが1つだけであること

収益化の条件としてハードルが高いのは「チャンネル登録者数が1,000人以上」、「有効な公開動画の総再生時間が直近12か月で4,000時間以上」の2つです。こればかりは、動画をコツコツと投稿して条件の達成を目指すしかありませんので、地道に頑張りましょう。

 

 

収益化における著作権問題

切り抜き動画の作成では、著作権についても理解しておく必要があります。著作権を侵害した場合、削除請求や損害賠償請求など民事請求を受ける可能性があるほか、刑事罰を受けることもあるからです。

YouTubeのチャンネル収益化ポリシーには、収益化できない動画の例として「再利用されたコンテンツ」が挙げられています。これは著作権対策のために設定されているポリシーです。実際には、切り抜き動画が収益化されている例も多く見られますが、今後YouTube側の規制が厳密化されれば、切り抜き動画は収益化の対象から外される可能性があります。

VTuberとして投稿した動画に広告をつけて収入を得たいと考えている方も多いのではないでしょうか。…

 

 

まとめ

2020年時点で1万人以上のVTuberが活動しているといわれています。それなりの再生数を誇るVTuberでも、新たにデビューするVTuberの勢いに負けて再生数が減っていく場合もある、競争の激しい世界です。VTuberにとって再生数の減少は死活問題となり、引退にもつながりかねません。

好きなVTuberに長く活動して欲しいと考えている方は、本記事を参考に切り抜き動画を作成して応援してみてはいかがでしょうか。

 

 

 


VTuberの表情の重要性~トラッキング方法の種類とおすすめアプリ
再生数が伸びないVTuberの特徴と解決のヒント~宣伝やタイトルの工夫で人気動画に
BACK TO LIST