• TOP
  • CATEGORY
    クリエイター
  • TITLE
    動画編集に慣れてくると、プロのような高い編集技術を身に着けたいと考えるようになります。
    一体優れたクリエイターはどのような部分にこだわっているのでしょうか。今回はプロのクリエイターが大事にしているコツやテクニックを紹介します。
CATEGORY
クリエイター

プロに近づく3か条「動画作成/編集のコツ」応用編 プロの工夫やこだわりはどこにある?

  • DATE
    2019.03.15
  • WRITTEN BY
    リンク

サイコム G-Master Velox Intel Edition

197,010円(税込)

編集部が選ぶおすすめのBTO PC!
厳選されたパーツ構成、BTO初心者にも最適なゲーミングPC。カスタマイズなしで多くのゲームがプレイ可能。

BTOパソコンはパーツ選びが難しい、そんなユーザーの声に答えた「G-Master Velox」シリーズ。厳選されたパーツで構成されたBTO初心者にも最適な高性能なゲーミングPC。カスタマイズなしでも多くのゲームタイトルを快適にプレイ可能。

>> 関連記事 :Adobe AfterEffects:アニメーションロゴを作る為には?【3Dレイヤーによるモーションコントロール 編】


  • サイコム

    G-Master Velox Intel Edition


    ・厳選されたパーツ構成、BTO初心者にも最適なゲーミングPC!
    ・カスタマイズなしで多くのゲームがプレイ可能

  • THIRDWAVE

    Monarch FE


    ・大容量ミドルタワーケースで拡張性の高いBTOモデル

  • クリエイターPC

    WA9A-E211/XT


    ・ローエンドからハイクラスまで、用途に合わせたGPUが選べるクリエイター向けモデル

  • ストーム

    PG-PH12


    ・抜群のエアフローケースで冷却を採用したRTX3060モデル

  • パソコン工房

    LEVEL-R769-LC129K-WAX


    ・ゲームも動画配信も万全なインテルのハイエンドCPU、Core i9を搭載!

動画の編集に応用的な要素を加える

  • トランジションでカットシーンをより見やすく

カットシーンを違和感なく繋げるトランジションは、動画編集において基本的なものです。クリエイターはこのトランジション部分にもいろいろな演出を施し、動画をスムーズで見やすいものにしています。シーンチェンジは一瞬の時間であまりこだわらない人もいますが、この一瞬に気を遣うことが質の高い動画制作に繋がるのです。

トランジションの編集にこだわるなら、動画編集ソフトに注目して下さい。中にはワンクリックで行えるソフトもあり、複雑な編集を要求されずサクサクトランジションを施せます。

 

  • キャプションを導入してインパクトを与える

動画に限らず、「何を伝えたいのか?」を明確にするのは大事です。キャプションの演出に気を配り、視聴者にインパクトを与えてから動画を観てもらうという演出もこだわりの一つ。文字、画像の使い方に気を配り、視聴者に「面白い動画になるだろうな」と思ってもらえるようにしましょう。「ファーストインプレッションで面白そうと思ってもらう」のは、「面白い動画を作る」のと同じくらい重要です。

 

  • エフェクト機能でより動画への没入感を

エフェクト機能は、無料ソフトの段階でも非常に多くの機能が使用可能です。動画の節々にエフェクトを多用して、動画への没入感をより高めてもらうのが動画編集のこだわりの一つ。一つ一つの工夫が動画の見やすさ、面白さに繋がり、どのような演出を施すかで動画のクオリティが大きく変わります。同じ編集ソフトでも編集のスキルによってクオリティが明確に違いが出るので一番大事な要素といっても差し支えません。

 

 

 

準備段階でのこだわり

  • 動画編集ソフトにこだわる

編集環境を整えるのもクリエイターにとって大事なことです。まず注目すべきなのは、動画編集ソフト。トランジションやキャプションといった細かい作業が要求される編集をワンクリックで可能にしたり、3D動画を編集出来たりと、品質の高いソフトは「編集できる領域」が違います。もちろん、高額にはなりますがよりクオリティを求めるなら必須です。

 

  • PCにこだわる

PCに関してもスペックにこだわりたいです。基本的な性能面であるCPUだけでなく、画像を鮮明に見るための解像度、編集環境が重くならずサクサク動かすためのメモリなどにこだわっていきましょう。クリエイターを目指す場合は、CPUは第八世代のハイエンド、フルHD、16GB以上のメモリを備えたPCを用意したいです。

どのような動画を作りたいかにもよりますが、内部ストレージについてもこだわりましょう。制作動画によっては編集素材だけで容量を大きく占めるので、1~2TBの容量を確保できると安心です。

 

  • その他応用機能にこだわる

その他の機能として挙げられるのは、オーサリング機能等です。オーサリングはBDやDVDに動画を変換する機能で、BDやDVDに落とし込むなら必須となります。動画編集ソフトなら常備されていることが多いですが、よりこだわるならオーサリングの環境にも注目。有料ソフトのオーサリングは非常に使いやすく、作業時間を大幅に減らせるなどパフォーマンスが高いです。

>> 関連記事 : Adobe AfterEffects:アニメーションロゴを作る為には?【 グリッドとスナップ 編】

 

 

 

手順の中の工夫と優れた編集環境がプロへの入り口

以上のように、動画編集には演出へのこだわりや環境などの準備が重要です。技術的な問題もありますが、最初の段階で身に着けた技術にいかにプラスアルファを加えられるかがクリエイターとの違いになります。そのため、最新環境で何度も編集を行いクオリティアップに繋げていくことが、プロへの一歩です。まずは動画編集の環境を整えて、編集の場数を地道に踏んでいき、編集の技術を少しずつ上げていくといいでしょう。

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※6月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
サイコム

G-Master Velox Intel Edition

Core i5-12400 RTX 3060 16GB 500GB NVMe 650W GOLD
THIRDWAVE

Monarch FE

Core i9-12900 CPU内蔵グラフィックス 16GB 500GB NVMe 550W BRONZE
クリエイターPC

WA9A-E211/XT

Ryzen 9 5900X GTX 1650 32GB 1TB 2TB 750W GOLD
ストーム

PG-PH12

Core i5-12400 RTX 3060 16GB 500GB NVMe 850W GOLD
パソコン工房

LEVEL-R769-LC129K-WAX

Core i9-12900K RTX 3080 Ti 32GB 1TB 800W GOLD

自作PC女子図鑑_瑠花さん記事のアイキャッチ
BACK TO LIST

見た目良し!スペック良し!なサイコムのBTOパソコンを、女性自作erでもあるストリーマー・つつまるがレビュー!【PR】

自作erも納得の性能!eスポーツキャスター・平岩康佑がGALLERIA(ガレリア)のBTOパソコンをレビュー【PR】

FPSプロゲーマー・GorouがツクモのゲーミングPC「G-GEAR Aim」をレビュー!Apexでの無双プレイもお任せ【PR】

FPS界屈指の実力派・GreedZzも納得!arkのゲーミングPC「arkhive」の性能をApexで体験【PR】

FPS初心者にこそおすすめ!プロゲーマー・keptがパソコン工房のゲーミングPC「LEVEL∞」の実力をApexで試してみた 【PR】

Apexプレデター・Lightも大満足!FRONTIERのBTOパソコンの実力を検証してみた【PR】

【エルデンリング】推奨Ping値・重いときにラグを減らす方法まとめ

【FF14】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【原神】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【フォートナイト】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【Apex Legends】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

原神に必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

フォートナイトに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

Apex Legendsに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

ELDEN RING(エルデンリング)の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボまとめ

FF15の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボ・CPU・ゲーミングPCまとめ