• TOP
  • CATEGORY
    初めての自作
  • TITLE
    以前はゲーム性能がイマイチだと言われていたAMD「Ryzen」シリーズのCPU(APU)ですが、近年はゲーミングPCにも採用され、優れたパフォーマンスを誇りながら手頃な価格で手に入ります。ところが非常に種類が多いため、目的別でどのモデルが最適か分かりづらいことがあります。そこで今回は、RyzenのCPU(APU)を選ぶ基準や価格帯ごとのおすすめモデルをご紹介します。
CATEGORY
初めての自作

コスパ・目的で選ぶAMD RyzenのおすすめCPU(APU)まとめ!【2021年最新版】

  • DATE
    2021.07.29
  • WRITTEN BY
    ApolloMetal

AMD「Ryzen」シリーズのCPU(APU)は、優れたパフォーマンスを誇りながらも手頃な価格で手に入ります。その理由はAMDの企業努力と効率的な経営方針です。以前はゲーム性能がイマイチだと言われていたRyzenは、今やゲーミングPCにも採用されています。

しかし、RyzenのCPU(APU)は非常に種類が多いため、目的別でどのモデルが最適か分かりづらいことがあります。そこで今回は、RyzenのCPU(APU)を選ぶ基準や価格帯ごとのおすすめモデルをご紹介します。

Ryzenシリーズは「安くてハイエンド」!安い理由は?

引用元:https://www.amd.com/en/processors/ryzen

AMDのRyzenシリーズは高性能かつ手頃な価格で手に入ります。つまりRyzenは「安くてハイエンド」ということ。しかし以前は安くてそれなりという評判もありましたが、昨今評価が高くなった背景としては、AMDが次の3つの点で企業努力を重ねてきたことが挙げられます。

  • 電力設計
  • コア構造
  • 生産体制

電力設計

Ryzenシリーズの特徴としてまず挙げられるのは「プロセスサイズ」です。CPUのサイズを大きくすると、歩留まりが悪化、つまり不良品が増える傾向があります。そのため、トランジスタなどCPUの部品を小型化する「プロセスサイズの縮小化」が重要です。

ですが実はプロセスサイズの縮小化は高度かつ高コストな技術です。そこでRyzenはプロセス技術の大半は、台湾の「TSMC」にアウトソーシングしています。高コストの技術開発を外部委託することでコストを削減し、その縮小技術を生かして最高峰のスペックを誇るCPUを開発しているのです。

コア構造

二つ目の特徴は複数のチップを結合させる方法で、マルチコアCPUを構成していること。RyzenではCPUを複数個まとめた単位を「CCX (Core Complex)」と呼びます。CPUすべてを1つのチップにまとめるのではなく、CCXを連結することにより「歩留まり」が良くなる、つまり不良品を減らすことができます。

第3世代のZen2アーキテクチャまでは、CCXひとつあたりのコア数は4個で、これらを複数組み合わせることで8コアや16コアを実現していました。そして最新の第4世代Zen3アーキテクチャでは、CCXひとつあたり8コアとなり、よりコア数を増やせるようになったのです。

生産体制

実は、AMDは基本的に製造工場を持ちません。製造工場の運営には、莫大な初期投資や維持費が掛かります。しかも、CPUの技術革新は常に進んでいるため、新たな設備投資にも費用が必要です。そこで、AMDは外部に製造を委ね、自身は設計に専念しています。

こうした合理的な経営方針により、AMDのRyzenはスペックの向上とコストの削減を両立させることができました。

【コスパ・目的別】おすすめのAMD RyzenのCPU(APU)の選び方

引用元:https://www.amd.com/en/processors/ryzen

CPU(APU)を選ぶときは、使用目的に応じて検討することが大切です。例えば、テレワークや動画視聴が主な用途の場合に、ハイエンドCPUを選ぶと余分なコストが掛かります。CPU(APU)には次の3つのクラスがあるので、適合する用途を確認しておきましょう。

  • エントリークラス
  • ミドルクラス
  • ハイエンド

エントリークラスがおすすめの人

エントリークラスのモデルは、主に事務作業を行う人におすすめです。例えば、自宅でOfficeソフトを使用して事務作業を行ったり、ZOOMやSkypeなどのビデオチャットアプリでオンライン会議などを行ったりする場合です。

また、YouTubeやVOD動画配信サービスなどで動画を視聴する場合も、エントリークラスのCPU(APU)で十分です。これらの用途では、CPUのスペックをそれほど要求しません。2~3万円未満のモデルを選べば、コストを抑えながらも十分なスペックが手に入ります。

ミドルクラスがおすすめの人

ミドルクラスのモデルは、ゲームプレイする方におすすめです。ゲームするにはハイエンドのCPUが必要な気がするかもしれませんが、実際にハイエンドCPUが必要なケースはレア。大抵の場合はミドルからハイクラス(ハイエンドの下位)で問題ありません。

最近のゲームはCPUよりもGPUのスペックが求められる傾向があります。そのため、CPUよりもGPUに投資する方が高いゲーミング性能を得やすくなるでしょう。価格的には3万円から6万円くらいのものを選べば、多くのゲームに対応できるCPU(APU)を購入できます。

ハイエンドがおすすめの人

ハイエンドクラスのCPU(APU)は、高画質の動画編集や3Dグラフィックスを制作する方におすすめです。グラフィックス関連の作業をするときは、複数のソフトを同時に使用したり、高負荷のエンコードを行ったりすることがあります。

CPUのスペックが低いと、作業に長い時間が掛かることや画面がカクついて、ストレスを感じてしまうことがあります。マルチスレッド性能に優れたRyzenのハイエンドモデルを選べば、グラフィックス関連の作業も快適に行いやすくなるでしょう。

ハイエンドCPUの価格は、6万円以上のものが大半を占めています。新しいモデルほどマルチスレッド性能が非常に高い傾向があるので、最新の第4世代(Ryzen 5000シリーズ)を選ぶ方がよいでしょう。また16コア/32スレッドという驚異的なモデルもあります。

CPU(APU)の性能を評価するための3つのポイント

CPU(APU)の性能を評価するときは、「コア数/スレッド数」「クロック周波数」「キャッシュ容量」の3つの要素で判断することが大切です。

コア数/スレッド数 同時に複数の処理を行うマルチスレッド性能に影響。コアが多いほど複数のソフトをスムーズに利用可能
クロック周波数 1秒間にどれだけ駆動できるかを示す数値。単位は「GHz(ギガヘルツ)」。例えば3GHzのCPUは1秒間に30億回の動作を行える
キャッシュ容量 CPU(APU)のアクセス速度に影響。メモリの容量が大きい方が、CPUが頻繁に利用するデータを一時的に保管しておくことができ速度面で有利。

記事の後半でおすすめのCPUを紹介しています。こちらについては、上記の数値も併せて確認してみてください。

【価格別】おすすめのRyzenのCPU(APU)

RyzenシリーズのCPUやAPUにはさまざまなモデルがあります。次の4つの価格帯に分けて、Ryzenのスペックを比較していきましょう。なお、価格は最安値が目安となります。

  • 2万円以下
  • 2万円~4万円
  • 4万円~6万円
  • 6万円以上

【2万円以下】Ryzen 3 3100

引用元:価格.com

「Ryzen 3 3100」は2020年5月に発売された第3世代CPUです。新品価格2万円以下で購入可能でありながら、4コア8スレッド、ベースクロック3.6GHzと十分な性能を備えています。PassMarkスコアは11000前後と控えめですが、コスパの良さは絶大です。主な使用目的がテレワークやOfficeソフトなら、このCPUで十分な性能を発揮できるでしょう。

型番 Ryzen 3 3100
公式サイトURL https://www.amd.com/ja/products/cpu/amd-ryzen-3-3100
PassMarkスコア 11721
コア/スレッド 4/8
ベースクロック/ブーストクロック 3.6GHz/3.9GHz
TDP 65W
新品参考価格 19,998円

【2万円以下】Ryzen 3 3200G

引用元:価格.com

「Ryzen 3 3200G」は2019年7月に発売された第2世代APUです。Radeon™ Vega 8 グラフィックスを搭載しているため、グラボなしでもゲームをプレイできます。旧世代機なのでPassMarkスコアは7000前後と控えめですが、負荷の軽いゲームなら比較的快適に楽しめるでしょう。動画視聴や単純なゲームを楽しみたい人にはおすすめのモデルです。

型番 Ryzen 3 3200G
公式サイトURL https://www.amd.com/ja/products/apu/amd-ryzen-3-3200g
PassMarkスコア 7222
コア/スレッド 4/8
ベースクロック/ブーストクロック 3.6GHz/4.0GHz
TDP 65W
新品参考価格 19,480円

【2万円以下】Ryzen 3 3300X

引用元:価格.com

「Ryzen 3 3300X」は2020年5月に発売された第3世代CPUです。こちらも2万円以下で購入可能で、4コア8スレッド、ベースクロック3.8GHzと十分な性能を備えています。PassMarkスコアは13000あるので、Officeソフトや動画視聴には十分な性能を発揮できます。ブーストクロックが4.3GHzと高いので、少し高負荷の処理にも耐えられるでしょう。

型番 Ryzen 3 3300X
公式サイトURL https://www.amd.com/ja/products/cpu/amd-ryzen-3-3300x
PassMarkスコア 12742
コア/スレッド 4/8
ベースクロック/ブーストクロック 3.8GHz/4.3GHz
TDP 65W
新品参考価格 16,980円

【2万円~4万円】Ryzen 5 3600X

引用元:価格.com

「Ryzen 5 3600X」は2019年7月に発売された第3世代CPUです。6コア12スレッドでクロック数が3.8GHzと高めなので、マルチスレッド性能に定評があります。PassMarkスコアは18000前後と大幅に高まり、それなりのパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。ゲーミング用途にもPCを使いたい人におすすめできるモデルです。

型番 Ryzen 5 3600X
公式サイトURL https://www.amd.com/ja/products/cpu/amd-ryzen-5-3600x
PassMarkスコア 18326
コア/スレッド 6/12
ベースクロック/ブーストクロック 3.8GHz/4.4GHz
TDP 95W
新品参考価格 29,979円

【2万円~4万円】Ryzen 5 5600X

引用元:価格.com

「Ryzen 5 5600X」は2020年11月に発売された第4世代CPUです。36,000円前後で購入可能なこのモデルは、6コア12スレッドで3.7GHzのスペックを誇ります。ブーストクロックが4.6GHzとかなり高く、PassMarkスコアは22000以上です。比較的安価でありながらパフォーマンスが高いので、コストを抑えてゲーミングPCを制作したい人に向いています。

型番 Ryzen 5 5600X
公式サイトURL https://www.amd.com/ja/products/cpu/amd-ryzen-5-5600x
PassMarkスコア 22180
コア/スレッド 6/12
ベースクロック/ブーストクロック 3.7GHz/4.6GHz
TDP 65W
新品参考価格 36,480円

【2万円~4万円】Ryzen 7 3800X

引用元:Amazon

「Ryzen 7 3800X」は2019年7月に発売された第3世代CPUです。8コア16スレッドでベースクロック3.9GHzと、ハイクラスモデル並みの性能がありながら4万円前後で手に入ります。PassMarkスコアは23000を超え、ゲーミング用途にも十分なパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。コスパの優れたゲーミングPCを構成したい人におすすめです。

型番 Ryzen 7 3800X
公式サイトURL https://www.amd.com/ja/products/cpu/amd-ryzen-7-3800x
PassMarkスコア 23332
コア/スレッド 8/16
ベースクロック/ブーストクロック 3.9GHz/4.5GHz
TDP 105W
新品参考価格 39,800円

【4万円~6万円】Ryzen 7 3800XT

引用元:Amazon

「Ryzen 7 3800XT」は2019年7月に発売された第3世代CPUです。8コア16スレッドなのでマルチスレッド性能が高く、PassMarkスコアは約24000。ブースト時のクロックは4.7GHzなので、高負荷のゲーミング時でも高い性能を発揮してくれるでしょう。CPUにハイクラスのものを選べば、フルHD環境には十分なゲーミングPCを制作できるはずです。

型番 Ryzen 7 3800XT
公式サイトURL https://www.amd.com/ja/products/cpu/amd-ryzen-7-3800xt
PassMarkスコア 23953
コア/スレッド 8/16
ベースクロック/ブーストクロック 3.9GHz/4.7GHz
TDP 105W
新品参考価格 41,980円

【4万円~6万円】Ryzen 7 5800X

引用元:Amazon

「Ryzen 7 5800X」は2020年11月に発売された第4世代CPUです。最新世代のハイクラスモデルということもあり、PassMarkスコアは28000を超えます。8コア16スレッドでブーストクロック4.7GHzのCPUが、5万円前後で手に入るのがRyzenの魅力です。Ryzen 7 5800Xはコスパに定評があるモデルなので、ゲーミングPC制作時はぜひ検討してみましょう。

型番 Ryzen 7 5800X
公式サイトURL https://www.amd.com/ja/products/cpu/amd-ryzen-7-5800x
PassMarkスコア 28574
コア/スレッド 8/16
ベースクロック/ブーストクロック 3.8GHz/4.7GHz
TDP 105W
新品参考価格 51,980円

【4万円~6万円】Ryzen 9 3900X

引用元:Amazon

「Ryzen 9 3900X」は2019年7月に発売された第3世代CPUです。ハイエンドクラスでありながら、型落ちモデルなので価格が下がりました。PassMarkスコアは32000を超え、新世代のハイエイドモデルと同等です。12コア24スレッドという圧倒的な構成でマルチスレッド性能が高く、高負荷のゲーミングでも高いパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。

型番 Ryzen 9 3900X
公式サイトURL https://www.amd.com/ja/products/cpu/amd-ryzen-9-3900x
PassMarkスコア 32894
コア/スレッド 12/24
ベースクロック/ブーストクロック 3.8GHz/4.6GHz
TDP 105W
新品参考価格 54,980円

【6万円以上】Ryzen 9 5900X

引用元:Amazon

「Ryzen 9 5900X」は2020年11月に発売された第4世代CPUです。12コア24スレッドという構成を活かし、PassMarkはなんと4万に迫ります。現行の最高性能レベルのCPUなので、高負荷のゲームはもちろん動画編集や3Dグラフィックス制作にも最適です。ハイエンドのグラボと組み合わせれば、どんな用途にも対応できるPCを制作できるでしょう。

型番 Ryzen 9 5900X
公式サイトURL https://www.amd.com/ja/products/cpu/amd-ryzen-9-5900x
PassMarkスコア 39534
コア/スレッド 12/24
ベースクロック/ブーストクロック 3.7GHz/4.8GHz
TDP 105W
新品参考価格 69,980円

【6万円以上】Ryzen 9 5950X

引用元:Amazon

「Ryzen 9 5950X」は2020年11月に発売された第4世代CPUです。価格は最安でも10万円と圧倒的ですが、PassMarkスコアも46000と驚異的。16コア32スレッドの構成で、ブーストクロックはおよそ5GHzに迫ります。高負荷のエンコードでも十分なパフォーマンスを発揮できますし、ハイエンドグラボと組み合わせれば4Kゲーミングも快適に楽しめはずです。

型番 Ryzen 9 5950X
公式サイトURL https://www.amd.com/ja/products/cpu/amd-ryzen-9-5950x
PassMarkスコア 46144
コア/スレッド 16/32
ベースクロック/ブーストクロック 3.4GHz/4.9GHz
TDP 105W
新品参考価格 99,999円

コスパ・目的で選ぶAMD RyzenのおすすめCPU(APU)比較表

Ryzen CPUシリーズのおすすめCPUを比較表にもまとめました。一覧でおすすめCPUをチェックしたい方はぜひ表も活用してください。

CPU(APU) コア/スレッド ベースクロック/ブーストクロック ソケット/チップセット TDP PassMarkスコア 内蔵グラフィックス 参考価格
Ryzen 9 5950X 16/32 3.4GHz/4.9GHz AM4/X570, B550, X470, B450 105W 46144 × 99,999円
Ryzen 9 5900X 12/24 3.7GHz/4.8GHz AM4/X570, B550, X470, B450 105W 39534 × 69,980円
Ryzen 7 5800X 8/16 3.8GHz/4.7GHz AM4/X570, B550, X470, B450 105W 28574 × 51,980円
Ryzen 5 5600X 6/12 3.7GHz/4.6GHz AM4/X570, B550, X470, B450 65W 22180 × 36,480円
Ryzen 9 3900X 12/24 3.8GHz/4.6GHz AM4/X570, X470, B450 105W 32894 × 54,980円
Ryzen 7 3800XT 8/16 3.9GHz/4.7GHz AM4/X570, X470, B450 105W 23953 × 41,980円
Ryzen 7 3800X 8/16 3.9GHz/4.5GHz AM4/X570, X470, B450 105W 23332 × 39,800円
Ryzen 5 3600X 6/12 3.8GHz/4.4GHz AM4/X570, X470, B450 95W 18326 × 29,979円
Ryzen 3 3300X 4/8 3.8GHz/4.3GHz AM4/X570, X470, B450 65W 12739 × 16,980円
Ryzen 3 3200G 4/8 3.6GHz/4.0GHz AM4/X570, X470, B450 65W 7222 Radeon™ Vega 8 グラフィックス 19,480円
Ryzen 3 3100 4/8 3.6GHz/3.9GHz AM4/X570, X470, B450 65W 11721 × 19,998円

価格が6万円を超えるモデルに関しては、PassMarkスコアが軒並み3万を超えているため、やはり圧倒的なハイエンドモデルだということが分かりますね。第3世代の「Ryzen 9 3900X」はコスパが抜群で、価格は5万円台ながら性能はハイエンドクラスです!

【型落ち・中古編】おすすめのRyzenのCPU(APU)

これまで新規で購入するRyzenシリーズをご紹介しました。一方で、Ryzenは発売から年月が経過した「型落ち品」も魅力的です。ここでは特に人気とコスパの高い型落ち品である「Ryzen Threadripper 1900X」と「Ryzen 5 2600」をご紹介します。

Ryzen Threadripper 1900X

引用元:Amazon

「Ryzen Threadripper 1900X」は2017年に発売されたハイエンドCPUです。Threadripperシリーズは通常のRyzenシリーズとは異なり、8コア16スレッドの構成と高いクロック周波数が特徴です。PassMarkスコアも20000に迫っているので、現行のミドルエンドクラスの性能はあると言えるでしょう。メルカリなら1万円台で手に入れることもできます。

型番 Ryzen Threadripper 1900X
公式サイトURL https://www.amd.com/ja/products/cpu/amd-ryzen-threadripper-1900x
PassMarkスコア 16840
コア/スレッド 8/16
ベースクロック/ブーストクロック 3.8GHz/4.0GHz
TDP 180W
新品価格 23,000円
メルカリ市場価格 17,000円

Ryzen 5 2600

引用元:Amazon

「Ryzen 5 2600」は2018年に発売された第2世代のRyzen CPUです。プロセスサイズが12nmと比較的小さいためTDPが低めで、6コア/12スレッドなのでマルチスレッド性能も高めです。ベンチマークスコアは13000台とやや控えめではありますが、メルカリにて1万円前後で購入できます。コストを抑えてPCを構成したい人におすすめのCPUです。

型番 Ryzen 5 2600
公式サイトURL https://www.amd.com/ja/products/cpu/amd-ryzen-5-2600
PassMarkスコア 13218
コア/スレッド 6/12
ベースクロック/ブーストクロック 3.4GHz/3.9GHz
TDP 65W
新品価格 16,000円
メルカリ市場価格 10,000円

AMD RyzenのCPU(APU)選びに迷った時のコツ・対処法

引用元:https://www.amd.com/en/products/cpu/amd-ryzen-9-5950x

AMD RyzenのCPUやAPUを選ぶときは、使用する目的や予算に応じて検討することが重要です。しかし、似たようなスペックや価格のモデルも多いため、どう選ぶべきか分かりづらいこともあります。そんなときは、次の3つの方法で絞り込んでいきましょう。

コア・スレッドの数値を比較する ゲーミングや動画編集などが主な使用目的である場合は、最低でも6コア12スレッド、予算が許せば8コア16スレッドがおすすめ
コア・スレッドの数値が同等の場合はクロック数で比較する 2つのCPUのコア数/スレッド数が双方とも同じ場合はクロック周波数がより大きいものを選ぶ
各種動画サイトのベンチマーク動画も参考にする YouTubeなどの動画サイトのベンチマーク動画は、ゲームのカクツキなども確認できる

コア・スレッドが同等の場合の「クロック数による比較」については、RyzenのCPUは基本的にコア数やスレッド数が多いため、これだけではCPU(APU)を絞り込むことは難しくなります。そこで「クロック周波数」も考慮に入れる必要があります。前述したように、クロック数は1秒間にCPUが稼働できる回数で、高いほど処理速度に有利です。

そこで、2つのCPUのコア数/スレッド数が双方とも6コア12スレッドだった場合は、クロック周波数に着目します。例えば、「Ryzen 5 3600」と「Ryzen 5 3600X」はいずれも6コア12スレッドです。しかし、クロック周波数は前者が3.6GHzで後者が3.8GHzとなります。

したがって、CPUのスペックはRyzen 5 3600Xの方が高いということになります。もしクロック周波数も同じであれば、「ブーストクロック」に着目してみましょう。これはオーバークロック時の最大周波数を示すため、高い方が高負荷時の処理が有利になります。

雄大な自然の中で迫りくるモンスターを狩猟するロールプレイングゲームのモンスターハンター:ワールド。細かなカスタマイズをしてグラフィックを設定することが可能なゲームですが、…
マインクラフトは立方体ブロックで表現された世界を冒険し、ブロックを探索から建築といった工程を経て、独自の世界を作り上げるゲームです。また最近では、…
FINAL FANTASYシリーズのナンバリングタイトルにして、数少ない国産MMORPGでもあるFF14:漆黒のヴィランズ。ゲームとしてはPS4でも楽しめますが、…

CPU(APU)を安く買うには?

引用元:https://www.amd.com/en/processors/ryzen

RyzenのCPUはコストパフォーマンスが優れていますが、それでもある程度のスペックのものは数万円を超えます。できるだけ安く購入したい場合は、新製品は避けて型落ち品を狙ってみるのが1つの手です。

例えば、「Ryzen 9 3900X」は発売時の価格は65,000円前後でしたが、旧世代となった今では55,000円前後に価格が下がっています。また、7月や12月などボーナスの時期が来ると各店舗で割引セールが組まれることもあるため、定期的にチェックしてみると良いでしょう。

まとめ

RyzenのCPU(APU)を選ぶときは、使用する目的に応じて選ぶことが大切です。事務作業主体のテレワークや動画視聴の場合は、低価格帯モデルを選ぶとコストを削減できます。ゲーミング主体ならミドルからハイクラス、グラフィックス系の作業がメインならハイエンドモデルを選びましょう。

CPU(APU)のスペックを比較するときは、まずコア数とスレッド数を比較しましょう。コア数とスレッド数が多いほど、マルチスレッド性能が増してPCを快適に使いやすくなります。両者が同じくらいであれば、クロック周波数を比較してみてください。クロック数が高いほどPCの処理能力が優れています。

RyzenのCPU(APU)は新型ではなくあえて型落ち品を選ぶと、ハイスペックなモデルを低価格で手に入れやすくなります。今回ご紹介した選定基準やおすすめモデル11製品を参考にすると、よりよいCPUをお得に入手できるでしょう。RyzenのCPU(APU)を上手に選んで、理想のPCを構成してみましょう!


  • DATE
    2021.07.29
  • WRITTEN BY
    ApolloMetal
  • TAG
    CPU
    Ryzen
BACK TO LIST