• TOP
  • CATEGORY
    初めての自作
  • TITLE
    PCで3Dゲームを楽しみたい時は、基本的に必須となるグラフィックボード(GPU)。このパーツは、描画の演算処理を行うパーツですが、高性能なものは非常に高価なうえ、搭載するにはスペースが必要になります。そこで活躍するのが、「オンザボードグラフィック(内蔵GPU)」です。GPUの代わりを務めてくれる内臓GPUですが、果たして、どこまで期待できるのか? 内蔵GPUのメリット・デメリットや、特徴を解説しながら紐解いていきましょう。
CATEGORY
初めての自作

オンボードグラフィック(内蔵GPU)の性能とは?ゲームもできる?

  • DATE
    2020.02.21
  • WRITTEN BY
    百舌 健一

G-GEAR GA7J-E221/B

222,800円(税込)

編集部が選ぶおすすめのBTO PC!
抜群のコスパと高冷却性レイアウトを採用した独自ケースで、高フレームレートFPSゲームに最適!

強力なintelプロセッサーと高性能GeForceグラフィックスで、ゲーミングPCのステップアップにオススメ。もちろんツクモならではの「選べるCPU×GPU×OS」の豊富な組み合わせから自分だけのオリジナルモデルにカスタマイズできます!

>> 関連記事 :「はじめて自作」第27回 これさえ見ておけばお店でも安心!初めての自作で知っておくべきパーツのポイント – グラフィックカード(前編)」

>> 関連記事 :【最新】おすすめの人気マザーボードランキング10選~失敗しない選び方」

 


  • G-GEAR

    GA7J-E221/B


    ・抜群のコスパと高冷却性レイアウトを採用した独自ケースで、高フレームレートFPSゲームに最適!

  • ストーム

    PG-PP12


    ・抜群のエアフローケースで冷却を採用したRTX3070モデル

  • ZEFT

    G24CT


    ・ゲーミングPC初心者の方や学生の方におすすめのCore i5×RTX3060搭載ゲーミングPCです。

  • サイコム

    G-Master Spear Z690/D5


    ・最新のパーツで固めたカスタマイズ性に優れる定番ゲーミングPC
    ・メモリも最新のDDR5を採用

  • クリエイターPC

    WA7J-E213/ZT


    ・オンボードからGeForce・Radeonまで、用途に合わせたGPUが選べるクリエイター向けモデル

オンボードグラフィック(内蔵GPU)とは?

本来、GPUは単体のパーツとしてPCに搭載されていますが、PCの中枢となるCPUなど、特定のパーツにグラフィック機能を組み込んだ内蔵型のパーツが存在します。これが、「オンザボードグラフィック(内蔵GPU)」と呼ばれるパーツです。内蔵GPUには、下記のメリットとデメリットが存在します。

 

 

内蔵GPUのメリット

内蔵GPUを使う最大のメリットは、コストを抑えられることです。GPUはPCのパーツの中でも非常に高価で、高性能なものだと20万円近くします。さらに、GPUは搭載するのにスペースを確保する必要があるうえ、消費電力や発熱も多くなってしまうのに対して、内蔵GPUはスペースと消費電力、発熱を抑えることができます。

 

 

内蔵GPUのデメリット

内蔵GPUのデメリットは、単体のGPUと比べて圧倒的に性能が劣ることです。詳細は、以下の“単体GPUとの性能差”で解説しますが、内蔵GPUは特に性能が優れたものでも、ミドルレンジのGPUとすら勝負になりません。Webの閲覧やメール、Word、Excelなどを使う分には、内蔵GPUでも問題ありませんが、3Dのゲームをちゃんと遊びたいなら単体のGPUを搭載したほうがいいでしょう。

 

 

単体GPUとの性能差

GPUの性能を比較する際には、実際に負荷をかけてデータが出力される速度をチェッするベンチマークソフトを利用して計測を行います。性能を比較したい時には、3Dグラフィック機能をチェックする際の定番ベンチマークソフト『3DMark』を使ってスコアをはかるのが手っ取り早いでしょう。

先の項目で述べた通り、単体のGPUと比較すると内蔵GPUの性能は劣っています。数値を計測してみるとその差は一目瞭然で、現行で最も高品質な内蔵型GPUであっても、2~3年前のミドルエンドGPUに4倍近い大差がついています。逆にいえば、1万円ほど出せば十分にゲームを楽しめるようになるという意味でもあるので、高品質なゲームを遊びたい人は素直にグラフィックボードを買うことをおすすめします。

 

 

 

内蔵GPUの特徴と性能比較

2019年現在において、CPUを選ぶ場合はIntel製かAMD製のいずれかを選ぶことになり、それぞれ方向性は多少異なるものの、いずれも内蔵GPU搭載型をリリースしています。この項目では、それぞれの特徴と性能比較を紹介します。

 

 

Intel HDシリーズの特徴

Intelが手掛ける内蔵GPUで、Intel製のCPUには、「Intel HD Graphics」と呼ばれる製品が搭載されています。現在の主流は、「Intel UHD Graphics 620」(Intel第8世代CPUのノートPCに搭載)や「Intel UHD Graphics 630」(Intel第8、9世代CPUのデスクトップPCに搭載)、「Intel HD Graphics 630」(Intel第7世代CPUのデスクトップPCに搭載)などです。

 

AMD Radeon VEGAシリーズの特徴

初期の頃、AMD製のRayzenシリーズには内蔵GPUは存在しませんでした。しかし、2018年にリリースされた第2世代以降のRayzenシリーズにはGPU「Radeon VEGA」という内蔵GPU搭載のモデルが存在します。

現行製品である第3世代では、型番の末尾にGを持つ「Ryzen 5 3400G」および「Ryzen 3 3200G」に内蔵GPUが搭載されています。また、低価格路線の「Athlon 240GE」や「Athlon 220GE」にも搭載されていますので、価格を抑えてPCを自作したいという方におすすめです。

 

Radeonシリーズを展開し、グラフィックボードの分野で一定の基盤を築いているAMDだけあってRadeon VEGAの性能は高く、内蔵GPUを持つCPUの中でも特に人気の高い製品です。

 

 

内蔵GPUの性能比較

では、Intel HDシリーズと、Radeon VEGAシリーズではどちらが高性能なのか、気になる疑問にこたえていきましょう。

先程も紹介しましたが、内蔵であろうと単体であろうと、GPUの性能を最も客観的に測る方法はベンチマークです。最新世代のIntel製内蔵GPU「Intel UHD Graphics 630」と、対抗馬となるAMDの「Radeon RX Vega 11」を比較してみると、2.7倍ほどの差をつけて「Radeon RX Vega 11」が上回る形となりました。

 

ただし、性能差に比例して価格も異なります。「Radeon RX Vega 11」は「Ryzen 5 3400G」といったミドルエンド(2万円前後)以降の製品にしか搭載されておりません。対する「Intel UHD Graphics 630」は「Core i3 9100」など、低価格帯のCPUにも搭載されている点が魅力です。

その対抗馬としては「Radeon Vega 8 Graphics」を搭載する「Ryzen 3 3200G」が挙げられますが、そちらはCPU自体のコストパフォマンスの面で「Core i3 9100」が上回っています。

 

低価格・同規格の内蔵GPU搭載型CPUは付け替え需要(後から高品質なグラフィックボードやCPUを購入する)も満たせるので、今後の計画も含めて導入する製品を決定すると良いでしょう。

 

 

 

ゲームで使える?内蔵GPU

内蔵GPUのPCで、どんなゲームが楽しめるのか。結論からいうと、3Dのゲームでも軽いタイトルならプレイできます。

代表的なタイトルは、『ドラゴンクエストX』や『リーグ・オブ・レジェンド』などです。グラフィックの設定や解像度を低く設定することで、重たい3Dのゲームが動く可能性はありますが、おすすめはできません。タイトルごとに、推奨スペックがまとめられているので、内蔵GPUのPCでも動くかどうか、事前に確認するようにしてください。

 

 

まとめ

内蔵GPUと単体GPUには、それぞれ一長一短があります。特徴を活かすなら、持ち運ぶノートPCには内蔵GPUを選択し、単体GPUぶん本体重量を軽くする。デスクトップPCは単体GPUを選択し、3Dのゲームもガッツリプレイするといった使い方がおすすめです。PCを2台購入できない人は、ノートPCとデスクトップPCのどちらを選ぶのか考えたうえで、用途に応じてGPUが内蔵でいいのか、単体で必要なのか決めるといいでしょう。

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※6月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
G-GEAR

GA7J-E221/B

Core i7-12700 RTX 3060Ti 16GB 1TB 750W GOLD
ストーム

PG-PP12

Core i5-12400 RTX 3070 16GB 500GB NVMe 850W GOLD
ZEFT

G24CT

Corei5-12400F RTX 3060 16GB 500GB NVMe 750W GOLD
サイコム

G-Master Spear Z690/D5

Core i7-12700K RTX 3060 32GB 500GB 750W GOLD
クリエイターPC

WA7J-E213/ZT

Core i7-12700K CPU内蔵グラフィックス 16GB 1TB 750W GOLD

BACK TO LIST

見た目良し!スペック良し!なサイコムのBTOパソコンを、女性自作erでもあるストリーマー・つつまるがレビュー!【PR】

自作erも納得の性能!eスポーツキャスター・平岩康佑がGALLERIA(ガレリア)のBTOパソコンをレビュー【PR】

FPSプロゲーマー・GorouがツクモのゲーミングPC「G-GEAR Aim」をレビュー!Apexでの無双プレイもお任せ【PR】

FPS界屈指の実力派・GreedZzも納得!arkのゲーミングPC「arkhive」の性能をApexで体験【PR】

FPS初心者にこそおすすめ!プロゲーマー・keptがパソコン工房のゲーミングPC「LEVEL∞」の実力をApexで試してみた 【PR】

Apexプレデター・Lightも大満足!FRONTIERのBTOパソコンの実力を検証してみた【PR】

【エルデンリング】推奨Ping値・重いときにラグを減らす方法まとめ

【FF14】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【原神】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【フォートナイト】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【Apex Legends】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

原神に必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

フォートナイトに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

Apex Legendsに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

ELDEN RING(エルデンリング)の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボまとめ

FF15の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボ・CPU・ゲーミングPCまとめ