• TOP
  • CATEGORY
    初めての自作
  • TITLE
    PCを自作する時に悩むのがケースの種類をどうするか、という点でしょう。PCの設置場所、環境によって選べるケースの種類は変わってきます。今回は、PCケースのメリット・デメリットについてご紹介していきます。
CATEGORY
初めての自作

PCケースのサイズで何が違う?サイズ別メリット・デメリットまとめ

PCを自作する時に悩むのがケースの種類をどうするか、という点でしょう。PCの設置場所、環境によって選べるケースの種類は変わってきます。今回は、PCケースのメリット・デメリットについてご紹介していきます。

PCケースのサイズ・規格を知ろう

 

  • フルタワー

一番大きいPCケースです。拡張性に優れ、ハイパワーな構成を組むことができます。サーバーとして利用されることが多いケースです。

 

  • ミドルタワー

一般的な自宅用PCとして人気の規格です。非常にバランスの取れた構成を組みやすく、場所の制約がない限りはこのミドルタワーを選ぶ人が多いでしょう。

 

  • ミニタワー

ミドルタワーよりもさらに一回り小さいタイプのケース。コンパクトな躯体で場所を選ばないのが特徴です。

 

  • マイクロタワー

ミニタワーよりも小さいタイプのケースです。拡張性があまりないため、用途が明確になっている場合に導入すると良いでしょう。置き場所に困っている場合に重宝します。

 

  • キューブ

ミニタワーよりもさらに小さいタイプのケースです。超省スペースで設置が可能で、デザイン性も高いため一部のユーザーから人気があります。

 

 

PCケースが大きい場合のメリット・デメリット

では、大きいPCケースのメリット・デメリットをそれぞれ見ていきましょう。

 

 

メリット

メリットは 

  • パーツ選びの幅が広がる
  • 掃除やパーツ交換が楽
  • 静音性を高められる

 

の3点です。

 

・パーツ選びの幅が広がる

ケースが大きいとよりたくさんのパーツをケース内に納めることができますので、拡張性が上がります。ストレージを複数追加したり、高性能なファンを複数搭載したりすることも可能です。

 

・掃除やパーツ交換が楽

ケースの内部が広ければ、それだけパーツとパーツの間隔が確保できます。そのため、掃除やパーツ交換が非常に楽に進められます。

 

・静音性を高められる

パーツがごちゃごちゃ密集していると、各パーツが発する熱がケース内部にこもってしまいますが、大きなケースにすることで、熱がこもりにくくなります。

 

 

デメリット

続いてデメリットは

 

  • 持ち運びが困難
  • 高額になりやすい

 

の2つです。

 

・持ち運びが困難

大きなケースになればなるほどPCを持って場所を移動するといったことが難しくなります。ミドルタワー以上になるとかなりの大きさになりますので、移動するのも大仕事になるでしょう。

 

・高額になりやすい

パーツはハイスペックになればなるほど大きく、高額になっていく傾向があります。そのため、大型ケースのスペックを活かそうとすれば、より高額なパーツを採用する必要が出てきます。

 

 

PCケースが小さい場合のメリット・デメリット

続いて小さいケースのメリット・デメリットをそれぞれ見ていきましょう。

 

メリット

小さいケースのメリットは

 

  • 移動が簡単
  • 場所を取らない

 

の2点です。

 

・移動が簡単

小さいケースになればなるほど移動が楽になります。たとえば、普段は自分の部屋で使いながら、家族でリビングで動画を楽しむために移動する、といったことが可能です。キューブ型であれば、家で仕事をしながらオフィスに持っていって作業をするといったことも可能になるでしょう。

 

・場所を取らない

人によっては狭いデスクスペース環境にPCを設置したいということもあるでしょう。そういった場合には省スペース型のケースが有効です。デスクの下、モニターの後ろなど、小さなスペースにPCを設置することができます。

 

デメリット

 

小さいケースのデメリットは

 

  • 排熱処理が難しい
  • 高スペックなパーツを組めない
  • 掃除やパーツ交換が大変

 

の3点です。

 

・排熱処理が難しい

ケース内に余裕がないと、パーツとパーツが密接した状態で構成されます。そのため、熱がこもりやすくなってしまうのです。また、ファンを回してもケース内に空気が循環しにくいため、熱を外に出しにくくなってしまいます。熱暴走でCPUの寿命を縮めてしまうリスクにも注意です。

 

・高スペックなパーツを組めない

省スペース設計のパーツはそこまでハイスペックなものを望めません。CPUやグラフィックボードなど、スペックが高くなればそれだけ発熱も大きくなります。省スペース設計のパーツはスペックを抑えることで、熱処理の問題を解決する狙いもあるので、どうしても高スペックにはできない事情があるのです。

 

・掃除やパーツ交換が大変

小さいケースは、限られた空間に無駄なくパーツを配置することになるため、掃除やパーツ交換をするときが大変です。

 

 

PCケースはメリット・デメリットを理解して選ぼう

PCケースは大きさによってメリット・デメリットがあります。設置スペースを確保してスペックを重視するのか、省スペースでスッキリさせたいのかなど、自分の目的に合ったケースを選ぶようにしましょう。


BACK TO LIST