DIGITAL DIY

  • TOP
  • CATEGORY
    VR / Mixed Reality
  • TITLE
    若者やクリエイターを中心に日本でも人気となっている「VRChat」。実は、はじめるだけであれば無料で、VRヘッドマウントディスプレイ無しでも楽しむことができます。今からはじめても全く遅くは無く、新サービス独特な空気感も味わえます!
    そこで、今回は興味はあったけどまだはじめていないという人向けに、ソフトを手に入れる方法から遊べるまでをご紹介します。
CATEGORY
VR / Mixed Reality

若者やクリエイターを中心に日本でも人気となっている「VRChat」。実は、はじめるだけであれば無料で、VRヘッドマウントディスプレイ無しでも楽しむことができます。今からはじめても全く遅くは無く、新サービス独特な空気感も味わえます!
そこで、今回は興味はあったけどまだはじめていないという人向けに、ソフトを手に入れる方法から遊べるまでをご紹介します。

■ 「VTuber」の進化系?VRで出会う「VRChat」のインストールから遊ぶまで

日本でも若い人を中心に人気を集めつつある「VRChat」。アバターや空間のデータをユーザー側で作ることが可能で、自由な空間を構築し、さまざまな人とのコミュニケーション楽しむことができるソフトです。まだ新しいサービスということもあり、今から初めても全く遅くは無く、新世界が構築されていく空気感も楽しめます。また、VRとついていますが、実は最小構成であればVRヘッドマウントディスプレイ無しでも楽しむことが可能で、ソフトも現在は無料で公開されています。

そんな「VRChat」ですが、AKIBA PC Hotline!で今からはじめる人向けの導入手順が紹介されているので、ポイントになりそうな部分をご紹介します。日本でも若い人を中心に人気になりつつある「VRChat」、新しいサービスがはじまった際の独特な空気感も楽しめます。

 

□ ソフトは無料で公開中、Steamアカウントがあれば導入も簡単

ソフトはSteamから入手可能です。現時点では「無料プレイ」のソフトになっています。「VRChat」ですが、ソフトはゲームのオンライン販売プラットフォーム「Steam」から入手可能です。現時点では開発中扱いのソフトで、無料で公開されています。Steamのアカウントがあれば導入も簡単で、進行に合わせボタンをクリックしていくだけでインストールも簡単に完了します。VR向けのソフトですが、難しい部分などは特にありません。

 

■ はじめはVRヘッドマウントディスプレイ無しでもOK、まずはVRChatの世界に飛び込もう

「VRChat」は声でのコミュニケーションがメインなので、楽しむならマイクは必須アイテム。PC向けのマイクか、ヘッドセットを用意しましょう。「VRChat」ですが、VRヘッドマウントディスプレイよりもマイクが重要なデバイスになります。「VRChat」は文字でのコミュニケーションは想定されて折らず、ユーザー間のコミュニケーションはボイスチャットを使用します。マイクが無くてもVR空間に入れますが、他人とコミュニケーションがとるためにはマイクが必要になります。

なお、VRヘッドマウントディスプレイは無くても遊べますが、あった方がより楽しめます。「VRChat」はデフォルトの状態でも複数のアバターが用意されており、好みのものを選んで使用できます。遊んでいる最中であればアバターはいつでも変更可能で、そのときの気分でいろいろ変えることも可能です。

また、オリジナルの3Dデータを読み込んで使用することも可能で、かなり個性的なアバターを使用している人も多く見かけます。中にはどこかで見かけたキャラクターがいたりと……、「VRChat」の自由さと、新しいサービスの文化が構築されていく空気感の両方が楽しめます。最小環境であればヘッドマウントディスプレイも不要で、軽いゲームが動くPCがあれば動作するので、興味のある方は是非体験してみてください。

アバターの自由度は高く、人はもちろん、謎の生物や、どこかで見たことがあるキャラクターまで、様々なユーザーが入り乱れています。VR空間に入って見て回るだけでも楽しめます。

AKIBA PC Hotline!は こちら!

NEXT

BACK TO LIST