• TOP
  • CATEGORY
    クリエイター
  • TITLE
    ここまででDTMに必要な機材やソフトウェアは、揃いましたでしょうか?揃いましたら、実際に曲を打ち込んで行きましょう!

    今回は、国内シェアNo.1のDAWソフト「Cubase」を例に解説していきます。なお、他のDAWソフトの場合は操作が多少異なります。流れの1つとして参考にしていただければ幸いです。
CATEGORY
クリエイター

DTM初心者でも分かる!打ち込むステップと操作方法!

  • DATE
    2019.02.13
  • WRITTEN BY
    マイプレ

>> 関連記事: これを揃えれば完璧!DTM初心者にオーディオインターフェースの選び方とおすすめの機材を紹介!

打ち込み前の準備

  • デバイスの設定をする

まずは打ち込み前にデバイスの準備をします。Cubaseを立ち上げたら、最初に音を出す設定をしましょう。メニューから「デバイスの設定」をクリックします。すると接続したオーディオインターフェイスの名前が表示されるので、それを選択して下さい。

 

  • 新規プロジェクトを作成する

Cubaseの作業は、新規プロジェクトを作成することから始まります。Cubaseを立ち上げると、「Steinberg Hub」というウィンドウが開くので、そこにある「空白のプロジェクトを作成」のボタンをクリックしてください。すると新規プロジェクトが作成されます。なお、新規プロジェクトの作成の際に表示される画面のことは「プロジェクトウィンドウ」と呼びます。

 

  • 新規トラックを作成する

プロジェクトを作成した後は、トラックの作成に入ります。トラックは、ボーカルやギターなどの楽器、MIDIなど、それぞれ1つ1つ作成が必要です。例えば、ボーカル・ギター・ベース・ドラムが必要な場合は、最低4つのトラックが必要となります。トラックの作成は、メニューの「プロジェクト」から「トラックを追加」を選択すれば可能です。

 

  • 曲のテンポを設定する

Cubaseで制作する際、テンポの初期設定は120となっています。テンポを変更したい場合は、メニューの「トランスポート」から「トランスポートパネル」を選択、表示されたパネルの中にある「TEMPO」をクリックすれば事由に変更が可能です。

 

 

 


  • ドスパラ GALLERIA

    RM5C-R36


    ・デザインと真摯に向き合うことで生まれた新ケース
    ・洗練されたスペックが、快適なプレイアビリティを実現

  • TSUKUMO

    GA7J-F211/T


    ・ツクモBTOで一番売れているG-GEARシリーズ!
    ・高冷却のオリジナルケースに隙のないオールマイティスペック!

  • Ark

    GC-I5G36M


    ・コダワルほどにオトクになる「自分だけのコダワリの一台」
    ・コダワリを形に出来るカスタマイズ性

  • インバースネット

    FRGH570/SG2


    ・エアフロー性能とデザイン性に優れたプレミアムタワーケース
    ・NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti搭載

  • パソコン工房

    LEVEL-R05A-iX4-RBX


    ・拡張性の高いミドルタワーケースを採用したゲーミングPC、購入後のメンテナンスも簡易

パソコン工房 LEVEL-R05A-iX4-RBX

191,980円(税込)

編集部が選ぶ今もっともおすすめのBTOパソコン!
美しさと性能を兼ね備えたBTOパソコン

自在に光り方や色の変更しオリジナリティある環境が構築できるゲーミングPC、拡張性の高いミドルタワーケースを採用し増設がしやすく、購入後のメンテナンスも簡易に可能!

キーエディターに打ち込む方法

  • 新規イベントを作成する

キーエディターは、トラックを使用して打ち込みます。ただ新規トラックには、ノートを打ち込む場所がありません。そこで、ノートを打ち込むための新規イベントを作成する必要があります。イベントは、ツールメニューから「鉛筆」を選択してください。その後打ち込みたい場所をクリック&ドラッグで指定すると、イベントが作成されます。なお、イベントのサイズや場所は、後からでも変更可能です。

 

  • キーエディターに打ち込む方法

作成したイベントをダブルクリックすると、キーエディタが開きます。そうしたら、ツールメニューの「鉛筆」を選択して、ノートを打ち込んでいってください。鉛筆で、音程や音の長さを打ち込んでいきましょう。音程や音の長さも後から自由に変更可能です。削除もできるので、まずは気楽にいじってみましょう。

 

  • リアルタイムで録音する方法

実際にボーカルやギターなどの楽器を、リアルタイムで録音する方法です。メニューから「トラックを追加」でAudioを選択します。キーボードやシンセサイザーはステレオを、それ以外の楽器はモノラルを選んでください。REC自体はテープなどの録画と同様で、トラックのRECボタンをクリックすると録音が開始され、もう一度クリックすると停止する形式です。なお録音の際には、録音音量を調整するのを忘れないようにしましょう。

>> 関連記事 :自作PCをお勧めする 7つの 理由:その4 – クリエイティブ( 編集やDTM )な用途に最適

 

 

 

楽しみながら曲を作っていきましょう!

DAWソフト「Cubase」を例に、打ち込み方と操作方法を解説しました。実際に打ち込みをしていくことで、どんどん操作方法が身についていきますよ。ぜひ楽しみながら、曲を作っていきましょう!

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※11月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
ドスパラ GALLERIA

RM5C-R36

Intel Core i5-11400 NVIDIA RTX 3060 DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 500GB/td> 650W/80PLUS BRONZE
TSUKUMO

GA7J-F211/T

Intel Core i7-11700 NVIDIA RTX 3060 DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 500GB 750W/80PLUS GOLD
インバースネット

FRGH570/SG2

Intel Core i7-11700KF NVIDIA RTX 3070 Ti DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 1TB 2TB HDD 850W/80PLUS GOLD
アプライドネット

Barikata SF30

Intel Core i5-11400 8GB(8GBx1) SSD M.2 500GB 750W/80PLUS GOLD
STORM

PG-DV7

Intel Core i7-11700 NVIDIA RTX 3060 DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 500GB/td> 850W/80PLUS GOLD

BACK TO LIST