• TOP
  • CATEGORY
    クリエイター
  • TITLE
    YouTubeで生配信を行うYouTubeライブ。すでに自分のチャンネルを作り、動画の投稿を始めている人の中にも、YouTubeライブでの生配信に興味が出てきている人も多いのではないでしょうか?
    この記事ではYouTubeライブの仕組みと、配信をするための方法について詳しく解説します。
CATEGORY
クリエイター

YouTubeライブ配信のやり方を解説!パソコンとスマホで方法はどう違う?

YouTubeで生配信を行うYouTubeライブ。すでに自分のチャンネルを作り、動画の投稿を始めている人の中にも、YouTubeライブでの生配信に興味が出てきている人も多いのではないでしょうか?
この記事ではYouTubeライブの仕組みと、配信をするための方法について詳しく解説します。

YouTubeライブ配信のやり方を解説!パソコンとスマホで方法はどう違う?

YouTubeライブの配信方法は2種類

YouTubeライブの配信方法は2種類

YouTubeライブで生配信を行う方法は2種類あります。

  • 今すぐ配信

カメラとマイクを接続したパソコンやスマートフォンを使って、難しい設定をすることなく、すぐに生配信をはじめられる機能です。面倒な設定が必要ないので敷居は低いですが、配信予約や公開設定はできません。

  • イベント配信

配信時間を指定して予約ができる機能や、チャンネルにメンバーシップ登録してくれているメンバーだけに限定で公開するなどの設定を行うことができます。配信予約を行うと、配信前から自分のチャンネルページに予約している生配信のサムネイルと予約時間が表示されるので、生配信を視聴者に告知でき、視聴者数の増加にもつながります。

 

 

YouTubeライブ配信に必要なもの

YouTubeライブ配信に必要なもの

YouTubeライブでの配信はスマートフォンだけでも行うことができますが、パソコンを使う場合はいくつか機材が必要となります。

スマートフォンのYouTubeアプリでライブ配信をするには、チャンネルを開設したばかりのYouTuberには厳しめの条件がありますので、まずはパソコンでの配信から検討してみましょう。

<パソコンでのYouTubeライブ配信に必要な機材>

  • パソコン
  • ビデオカメラ
  • デジタル一眼カメラ
  • 三脚
  • マイク
  • ヘッドセット
  • 照明機材
  • キャプチャーボード
  • ゲーム機
  • 配信ソフト

どんな生配信をするかによって必要な機材は変わってきますが、自分が出演する配信を行う場合は、マイクのほかにビデオカメラやデジタル一眼カメラ、部屋が暗いようでしたら照明機材も必要になります。

日々公開される動画を観て、自分もYouTuberになってみたいと夢見たことはありませんか?YouTuberになる第一歩…

YouTubeライブでゲーム実況をする場合は、ゲーム機とパソコンを接続するためのキャプチャーボードという機材も必要となりますので、購入しておきましょう。また、ゲーム実況を行う場合は、キャプチャーボードの他にYouTubeライブでの配信に適した配信ソフトも準備しておいたほうが良いでしょう。

配信ソフトは有料のものから無料のものまでさまざまなソフトがありますが、多くのYouTuberが使用している無料配信ソフト「OBS Studio」を使用することで、安定したライブ配信を行えます。

ゲーム実況をこれから始める初心者がまず検討する動画配信プラットフォームはYouTubeでしょう…

 

 

【PCから】YouTubeライブ配信の方法

【PCから】YouTubeライブ配信の方法

YouTubeライブの仕組みや必要な機材について解説したところで、ここからは実際にパソコンを使ってライブ配信を行う方法について、順を追って紹介して行きます。

なお、YouTubeライブで生配信を行うためには、GoogleアカウントでYouTubeにログインすることで作れる自分のチャンネルページが必要です。さらに、アカウントの確認が完了していないと、次項のライブストリーミングを有効にするための作業が行えませんので、チャンネルページを作ったらアカウントの確認を事前に行っておいてください。

YouTubeアカウントの確認を行う

 

ライブストリーミングを有効にする

YouTubeライブで生配信を行うためには、SMS(携帯電話のショートメッセージ)で「ライブストリーミングを有効にする」必要があります。この手続きをすることでYouTubeライブを使用できるようになりますが、実際にYouTubeライブを使用できるようになるまでは、認証完了後から丸一日かかりますので、近々に生配信を行う予定があるなら事前に認証を行っておきましょう。

認証は一度行うだけなので、いずれYouTubeライブにもチャレンジしてみたいと考えているなら、認証だけ済ませておくのもよいでしょう。

「ライブストリーミングを有効にする」ための流れをまとめました。

①Googleアカウントでログインした状態でYouTubeのトップページにアクセス
②YouTubeからアカウントの確認を行う(https://www.youtube.com/verify
③YouTubeのトップページ右上にある自分のアイコンをクリック
④リストの中から「YouTubestudio」を選択する

リストの中から「YouTubestudio」を選択する

⑤YouTubestudioのページで、画面右上のビデオカメラのアイコンをクリックする

⑤YouTubestudioのページで、画面右上のビデオカメラのアイコンをクリックする

⑥「ライブストリーミングを有効にする」手続き画面が表示される
⑦SMSでの認証を選択
⑧SMSで届いた認証コードを「ストリーミングを有効にする」手続きの画面で入力
⑨24時間で認証が完了

認証コードを入力して24時間過ぎたら、再びYouTubestudioにアクセスして、ビデオカメラのアイコンをクリックしてみましょう。配信の設定画面に進めたら、認証が完了しているということです。

 

配信ソフトの設定をする

ストリーミングを有効にしたら、配信の準備を行います。

まずは配信ソフトを起動してYouTubeライブ配信のための設定を行います。ここでは、多くのYouTuberが使用している配信ソフト「OBS Studio」を例に設定方法を解説します。

こちらがOBS Studioの画面になります。

こちらがOBS Studioの画面になります。

ここから下記の項目を設定して行きます。

「設定」を選択し「配信」のサービス欄から「YouTube/YouTube Gamimg」を選択

「YouTube/YouTube Gamimg」を選択すれば自動的にサーバーもYouTubeのものが選択されます。その下に入力するストリームキーはライブ配信を行う上で欠かせないものですが、こちらはYouTubeのイベント配信設定を行うことで取得できる認証コードですので、今は入力しなくて大丈夫です。

「設定」を選択し「配信」のサービス欄から「YouTube/YouTube Gamimg」を選択

「設定」から「音声」の設定でマイクを設定する

パソコンにマイクを接続している状態でOBS Studioを起動すれば、マイクは認識された状態になっているはずです。マイクが認識されているかどうかは、OBS Studioのトップ画面の「音量ミキサー」で確認できます。実際にマイクに向かって話してみて、緑色のインジケーターが動けば、マイクが認識されています。

「設定」から「音声」の設定でマイクを設定する

もし、インジケーターが動かないようでしたら、「設定」を開いて「音声」のデバイスの項目にある「マイク音声」から使っているマイクを探して設定してみましょう。ここに使っているマイクが表示されていなければ、そもそもマイクがパソコンに認識されていない状態です。パソコンの音声デバイス設定を見直したり、ドライバを更新するなどして、まずはマイクをパソコンに認識させてください。

「設定」から「音声」の設定でマイクを設定する2

「ソース」から配信画面を設定する

OBS Studioのトップページにある「ソース」という項目の下にある「+」のボタンを押して配信に使用する画面を設定しましょう。「ウィンドウキャプチャ」を選択すれば、パソコンの画面上にウィンドウ表示されている画面を選んで、配信画面に配置することができます。例えばPCゲームの画面を映しているウィンドウと自分を映しているカメラのウィンドウを組み合わせることで、ゲームをプレイしている自分の様子とゲーム画面を同時に配信することもできます。

また、キャプチャーボードでゲーム機をパソコンに接続している場合は「映像キャプチャーデバイス」を選択することで、キャプチャーボードで取り込んだゲーム画面を表示することができます。

「ソース」から配信画面を設定する

基本的な設定は以上です。この後、YouTubeのイベント配信設定を行うことで発行されるストリームキーをOBS Studioに入力して、トップページの配信スタートをクリックすればYouTubeに映像と音声が送られます。

 

ライブ配信の設定をする

続いて、YouTubeのトップページからライブ配信の設定を行いましょう。

①ブラウザでYouTubeを開く
②YouTubeの画面右上にあるビデオカメラのアイコンをクリックし、「ライブ配信を開始」を選択

「ライブ配信を開始」を選択

③エンコーダー配信が表示されるので必要な項目を入力する

エンコーダー配信が表示されるので必要な項目を入力する

「タイトル」にはライブ配信のタイトルを、「公開」は限定公開を行う場合に設定しましょう。その下の説明欄には配信の説明を記入してください。ゲーム実況の場合は、ゲームのタイトルを記入することでタグづけされ、検索にヒットしやすくなります。

「後でスケジュール設定」を選ぶと配信予約を行えます。「カスタムサムネイルをアップロード」を選択すると自分で作ったオリジナルのサムネイルを使用できます。最後に子ども向けの配信かそうでない配信かを選択してください。

④配信画面に表示されるストリームキーをコピーする

配信画面に表示されるストリームキーをコピーする

配信画面の左下にあるストリームキーのコビーボタンをクリックします

⑤OBS Studioの「設定」から「配信」を開き、ストリームキーをペーストする

これで配信の準備は完了です。

 

ライブ配信を開始する

すべての準備が整ったら、ライブ配信を開始しましょう。

まずはOBS Studioの「配信開始」ボタンをクリックします。しばらくするとYouTubeの配信画面の右上にOBS Studioから送られてきた映像が映りますので、YouTubeの配信画面右上にある「ライブ配信を開始」をクリックすれば配信がはじまります。

ゲーム実況をこれから始める初心者がまず検討する動画配信プラットフォームはYouTubeでしょう。…

 

 

【iPhoneなどスマホから】YouTubeライブ配信の方法

【iPhoneなどスマホから】YouTubeライブ配信の方法

iPhoneやAndroid端末などのスマートフォンからYouTubeアプリを使ってYouTubeライブ配信を行う場合も、基本的な流れはパソコンからライブ配信をする場合と同じです。

ただし、スマートフォンのYouTubeアプリからライブ配信を行うためには「チャンネル登録数1000人以上」という条件があります。登録者が1000人に満たないチャンネルでスマートフォンのゲームアプリを使ったゲーム実況などを行いたい場合は、キャプチャーボードと各スマートフォン向けのHDMI変換アダプタを使って、パソコンにスマートフォンを接続して、パソコンから配信を行いましょう。

 

ライブストリーミングを有効にする

スマートフォンのYouTubeアプリでライブ配信を行う場合も「ライブストリーミングを有効にする」必要があります。事前にYouTubeアカウントの確認も必要ですので、まずはブラウザを開いてアカウントの確認を行っておきましょう。

YouTubeからアカウントの確認を行う

YouTubeアカウントの確認が済んだら、下記の手順でライブストリーミングを有効にしてください。

①YouTubeアプリを起動して右上にあるビデオカメラのアイコンをタップ
②「ライブ配信」を選択
③「ライブストリーミングを有効にする」手続き画面が表示される
④SMSでの認証を選択
⑤SMSで届いた認証コードを「ストリーミングを有効にする」手続きの画面で入力
⑥24時間で認証が完了

認証コードを入力して24時間過ぎたら、再びYouTubアプリにアクセスして、ビデオカメラのアイコンをクリックしてみましょう。配信の設定画面に進めたら、認証が完了しているということです。

 

YouTubeアプリで「ライブ配信を開始」を選択する

ライブストリーミングを有効にしたらYouTubeアプリでのライブ配信に関する準備をしていきましょう。YouTube アプリを開いて右上のビデオカメラアイコンをタップし、「ライブ配信」を選択します。

はじめてライブ配信を行う場合は、スマートフォンのカメラやマイク、ストレージへのアクセスを許可するかどうかの選択が表示されますので、アクセスを許可しましょう。これで基本的な準備は完了です。

 

ライブ配信の設定をする

続いて、実際に行うライブ配信の設定をして行きましょう。

YouTubeアプリの右上にあるビデオカメラアイコンをタップして、「ライブ配信を開始」を選択します。配信のタイトルを入力したら、「その他のオプション」から配信の説明や配信予約の設定、公開範囲の設定などを行います。このあたりはパソコンで行うライブ配信と同じです。

続いて「次へ」 を選択し、サムネイル用の写真を撮影します。パソコンでのライブ配信と同様に自分で作ったカスタムサムネイルもアップロード可能ですが、屋外で突発的にライブ配信を行う際は、スマートフォンのカメラを活かして、撮影した写真をすぐにサムネイルに使えるので便利です。

 

サムネイルを撮影する

サムネイルの撮影は、普段スマートフォンのカメラで写真を撮影するのと同じ感覚で行えます。屋外なら自分が撮影した風景などを、ゲーム実況ならゲーム機やゲームのパッケージ画像などを撮影すると良いでしょう。自分が出演するトーク配信なら自分を自撮りするのもおすすめです。

 

ライブ配信を開始する

すべての準備が整ったら、「ライブ配信を開始する」をタップするとライブ配信が始まります。スマートフォンのカメラを配信画面に映したいものに向けつつ、マイクに向かってトークしてください。

スマートフォンの画面をYouTubeライブで配信したい場合、Android端末用のYouTubeアプリなら配信設定から電話のアイコンをタップするだけで画面の配信ができますが、iPhoneの場合はYouTubeアプリで画面を配信することができません。「iOS ReplayKit」という別のアプリを入れて、そちらを使ってライブ配信を行う必要があります。

 

 

ライブ配信の終了方法

ライブ配信の終了方法

YouTubeアプリでライブ配信を終了する場合は、単純にYouTubeアプリでライブ配信をしている最中に「終了ボタン」をタップすれば配信終了となります。

パソコンの場合は、YouTubeの配信画面と配信ソフト(OBS Studio)それぞれの「終了」ボタンをクリックして配信を終了してください。

 

 

ライブ配信のコツと注意点

ライブ配信のコツと注意点

YouTubeライブ配信で多くの視聴者を獲得するためには、いくつかのコツがあります。

配信を始める日時に気を配る

どんな視聴者に見てもらいた配信なのかを考え、配信する日付や曜日、時間帯を決めましょう。例えば主婦をターゲットに平日の日中に料理配信をしたり、学生を対象に金曜や土曜の夜にゲーム実況を配信したりと、ターゲットにあわせた日時設定が大事です。

進行表などを事前に準備する

YouTubeライブは生配信だけに、配信中のハプニングや、チャットで参加している視聴者とのやりとりなどリアルタイムだからこその面白さがある反面、何も決めずに配信しているとダラダラとただ長いだけの配信になりがちです。あらかじめ、ある程度やることを決めておき、メモ書き程度でもいいので進行表を作っておくと、冗長な配信を避けられるでしょう。

また、料理配信の場合は手近なところに材料を準備しておいたり、ゲーム実況なら退屈なレベル上げは配信前に済ませておいたりといった準備もしておくと良いでしょう。

配信者のキャラクター性を決めておく

投稿用の動画を作成する場合もそうですが、YouTuberとして活動していくなら、ある程度自分のキャラクターを固めておくと良いでしょう。どんなことをメインにやっていくのか、どんなテンションのYouTuberなのか。まずは人気のYouTuberを研究して、自分にあったキャラクターを確立し、ライブ配信でも常にキャラクター性を意識した配信を行いましょう。

配信場所について考慮する

自宅での配信なら掃除をしたり、自分のキャラクター性にマッチした小物を配置したりなど、配信を行う環境や背景にも気を遣いましょう。また、屋外で配信する場合は、周囲の人が映らない場所を選んだり、撮影禁止の場所で配信しないなど、マナーを守ることも大事です。マナーを守らない配信は通報されることもあります。しっかりとマナーを守って配信してください。

 

 

まとめ

まとめ

YouTubeライブの仕組みや配信に必要な機材、準備や配信方法についてまとめました。YouTubeライブは、視聴者とのチャットをはじめ生配信ならでは魅力にあふれたサービスです。アカウントの認証やライブストリーミングを有効にするための手続きなど、始めるための手間はかかりますが、一度認証を行えばいつでもライブ配信を楽しめるようになりますので、ぜひ準備を進めてみてください。

YouTuberとして活動を続けていくのであれば当然、撮影のためのカメラを選ぶ必要がありますが、ひ…

 


  • DATE
    2020.05.26
  • WRITTEN BY
    DIGITAL DIY編集部
  • TAG
    YouTuber
YouTuberが経費にできるものとできないものとは?確定申告と節税のコツ
YouTuberを副業にするのはおすすめ?会社にバレるのを防ぐ方法や収益を上げるコツ
ゲーム実況初心者が最初に知っておくこと&再生回数を伸ばすコツ
YouTuberにおすすめのフォントまとめ~フリーフォントでも動画に合ったテイストを選べる!
YouTubeのアイコン(プロフィール写真)の変更方法~画像サイズと種類
BACK TO LIST