• TOP
  • CATEGORY
    クリエイター
  • TITLE
    副業が一般的になった昨今、YouTubeに動画を投稿することで得られる広告収入が注目を集めています。

    YouTubeへの動画投稿は副業として成立するのか? 副業が禁止されている会社に勤務しながらYouTubeへの動画投稿で広告収入を得ることができるのか? この記事ではYouTubeを副業として考えているみなさんの疑問について詳しく解説します。
CATEGORY
クリエイター

YouTuberを副業にするのはおすすめ?会社にバレるのを防ぐ方法や収益を上げるコツ

副業が一般的になった昨今、YouTubeに動画を投稿することで得られる広告収入が注目を集めています。

YouTubeへの動画投稿は副業として成立するのか? 副業が禁止されている会社に勤務しながらYouTubeへの動画投稿で広告収入を得ることができるのか? この記事ではYouTubeを副業として考えているみなさんの疑問について詳しく解説します。

YouTuberは会社員の副業におすすめ?

YouTubeに動画を投稿して広告収入を得るためには、さまざまなハードルが存在します。

動画に広告を挿入するためには「チャンネル登録者数が1,000人以上」、「公開した動画の総再生時間が4,000時間以上」など、YouTubeが定めるさまざまな条件をクリアしなくてはなりません。条件をクリアして、動画に広告を挿入できるようになったとしても、動画が再生されなければ広告収入を得ることはできず、最初のうちは月に数千円の収入を得ることすら難しいと言われています。

しかし、楽しみながら定期的に動画を投稿していれば、再生数とともに収入が増えていく可能性は十分にあります。最初から副業として多くの収入を期待するのではなく、趣味の延長として動画投稿をはじめ、いずれは副業として成立する収入に届くよう少しずつ工夫や努力を重ねることが大切です。

ゲームを遊んでいる様子を動画サイトに投稿し、その動画で広告収入を得るゲーム系YouTuber。その存在自体は知っていても、どうやって収益化するのか?…

 

 

 

副業がOKかは会社の規則によって異なる

副業がOKかは会社の規則によって異なる

副業の定義については、厚生労働省のモデル就業規則第67条に「労働者は、勤務時間外において、他の会社等の業務に従事することができる」とあります。しかし、第67条の2項には「事前に、会社に所定の届け出を行うものとする」とあり、さらに3項には下記に該当する場合は会社が副業を禁止又は制限できるとされています。

  • ①労務提供上の支障がある場合
  • ②企業秘密が漏洩する場合
  • ③会社の名誉や信用を損なう行為や、信頼関係を破壊する行為がある場合
  • ④競業により、企業の利益を害する場合

これらの条項を理由に、規則として副業を禁止している会社もありますので、お勤めの会社が副業についてどのような規則を設けているのか、事前に確認しておく必要があります。

また、先に記したように、副業が認めている会社でも届け出が必要な場合がほとんどです。規則は会社ごとにことなりますので、一度、上司や管轄する部署に確認してみてください。

 

 

 

副業が許可されていない場合にバレるのを防ぐ方法

副業が許可されていない場合にバレるのを防ぐ方法

会社の規則で副業が許可されていない場合、原則としてはYouTubeへの動画投稿で広告収入を得ることをあきらめるしかありません。ただ、YouTubeへの動画投稿で多額の広告収入を得るにはかなりの時間を要しますので、まずは趣味として動画投稿をはじめてみるのも手です。

趣味であっても、会社にYouTubeへの動画投稿が知られると厄介なことになりそうな場合は、以下のようなポイントに注意して動画投稿をはじめてみてください。

  • 顔出しをしない
  • 住民税の支払いに注意
  • 確定申告が必要な場合

どの程度の収入を得たら副業になるのはそれぞれの会社に判断によります。趣味からはじめるとしても、広告で収入を得る場合、YouTubeへの動画投稿はあくまで自己責任で行って下さい。

YouTubeで収入を得て確定申告を行う際、どこからどこまでが経費として認められるのか、気になっている方も多いのではないでしょうか? この記事で…

顔出しをしない

会社にバレずにYouTubeへ動画を投稿する場合、確実性が高い手段は顔出しをしないことです。ご自身が動画に出演すれば、会社の同僚や上司に見つかることもあるでしょうし、再生数が上がれば思わぬルートから会社に連絡が行くこともあります。

顔出しをしていなくても、ご自身の部屋で動画を撮影している場合、部屋を訪れたことがある同僚や友人に特定される可能性もありますし、人気のYouTuberは窓の外の景色から住所を特定され、引っ越しを余儀なくされる、などということもあります。

また、商品紹介の動画などで届いた荷物を開封する際など、発送先の住所としてご自身の住所が映り込んでしまう場合もあるので注意が必要です。

 

 

住民税の支払いに注意

副業でYouTubeへの動画投稿を行う場合、収入額によっては確定申告を行う必要があります。確定申告を行うと、副業の収入が考慮され住民税の支払金額が決定しますが、ここに落とし穴があります。

確定申告を行うと、毎年6月ごろに会社へ送付される「住民税の決定通知」という書類に影響が出ます。会社員の場合、税は給与からの天引きとなりますが、「住民税の決定通知」には副業分もあわせて算出された金額が記載されているため、会社に副業をしていることがバレてしまうというわけです。

「住民税の決定通知」から副業がバレないようにするためには、確定申告を行う際、申告書の「自分で納付(普通徴収)」にチェックをつけましょう。こうすることで、副業分の住民税は、決定通知書に記載されず、自分で直接支払うことにできます。

 

 

確定申告が必要な場合

YouTubeで得た広告収入が20万円を越えた場合は確定申告を行う必要があります。

厳密にはYouTubeで得た収入から、動画を作成するためにかかった機材費などの経費を引いた所得金額が20万円を越えている場合、確定申告が必要となります。経費として認められるものには制限がありますので、広告収入が20万円を越えていたら、確定申告をしておくべきでしょう。

また、本業の給与が2,000万円を超える場合はそもそも年末調整は行われませんが確定申告は必須となりますので、例え広告収入が20万円に達していなかったとしても、YouTubeで得た広告収入に関しては確定申告の書類に必ず記載しなければならないので注意してください。

 

 

YouTuberとして収益を上げるコツ

YouTuberとして収益を上げるコツ

YouTubeへの動画投稿で広告収入を得るためには、YouTubeの条件をクリアして収益化を行い、広告のついた動画を多くの視聴者に見てもらう必要があります。

収益化を行うためにはどんな条件をクリアする必要があるのか、あらためて詳しく紹介しつつ、動画の再生数をアップさせるためのコツについても解説していきます。

 

 

 

YouTubeで広告収入を得るための条件

YouTubeに投稿する動画に広告をつける(収益化)ためにクリアすべき条件を下記にまとめてみました。

  • YouTubeのポリシーとガイドラインに準拠していること
  • チャンネル登録者数が1,000人以上
  • 有効な公開動画の総再生時間が4,000時間以上
  • YouTubeパートナープログラムの利用規約に同意する
  • もっているGoogle AdSenseアカウントが1つだけであること

一番、わかりやすい条件はチャンネル登録者数と総再生時間です。ただし、チャンネル登録者や総再生時間を増やすためならどんな動画を投稿してもよい、というわけではありません。収益化をするためには、自分のチャンネルがYouTubeのポリシーとガイドラインに準拠していることが重要です。

性的なコンテンツ、暴力や嫌がらせなどの視聴者が不快に思うコンテンツ、詐欺や脅迫などの犯罪につながるコンテンツ、誤解を招く説明や、なりすまし、他人のプライバシーの暴露、子供にとって不適切なコンテンツ、著作権を侵害するコンテンツなどがポリシーに違反している動画になりえる可能性があります。これらの動画を投稿しないよう気をつけましょう。

また、収益化(YouTubeパートナープログラムの利用)を行うためには、Google AdSenseというサービスを利用することになります。Google AdSenseのアカウントが一つであることも収益化の条件となっています。なお、Google AdSenseは一つのアカウントに複数のチャンネルを紐づけることができますので、複数のGoogle AdSenseのアカウントをもつ必要はありません。

 

 

チャンネルの方向性を決める

多くの視聴者に動画を見てもらうためには、チャンネルの方向性を決めることが大事です。まずは自分のチャンネルのテーマを決めて、そのテーマで動画を検索してくれる視聴者に自分のチャンネルを知ってもらうことからはじめましょう。

テーマは、趣味や特技の紹介から、ゲーム実況、グルメレポートに、商品紹介、実験・検証など、どんなものでも構いません。ひとつのチャンネルでさまざまな動画を配信するのではなく、テーマを絞り、視聴者に「このチャンネルではこんな動画が配信されている」と認知してもらうことが大事です。

一つのチャンネルで複数のテーマを扱っていると、視聴者は「どんなチャンネルなのかわからない」と感じ、チャンネルから離れてしまいます。複数のテーマにチャレンジしたい場合は、別のアカウントを作成して、新しいチャンネルを作るようにしましょう。

 

 

動画の投稿数をできるだけ多くする

稿頻度については、多ければ多いほど視聴者の目にとまりやすくなります。しかし、最初から無理をして途中で挫折してしまうのなら、最初は余裕のある更新頻度に設定すべきです。

たとえば「毎週、水曜にゲーム実況の動画を投稿します」など、確実に同じ曜日、同じ時間に動画を投稿し続けたほうが、視聴者の生活リズムに組み込まれやすいので、結果として再生数も伸びやすくなります。

 

 

サムネイルやタイトルでインパクトを出す

サムネイルやタイトルでインパクトを出す

視聴者が動画を見る際、最初にチェックするのが動画のタイトルやサムネイル画像です。多くの視聴者は、テーマで動画を検索しますので、動画のタイトルはどんな内容の動画かわかるものにしましょう。ゲーム実況なら「(ゲームのタイトル)をガチ攻略!」など、内容をわかりやすく説明すると同時に、ゲームのタイトルもしっかり記載しておくと良いでしょう。

サムネイル画像も重要です。YouTubeに動画を投稿しはじめたばかりの投稿者の中には、サムネイル画像にテキストを入れずに、商品や風景の写真だけを使用しているケースも見受けられます。そういった動画は、視聴者から「やる気のない動画」と位置付けられ、見られない傾向にあります。動画のタイトルと同様にわかりやすくインパクトのあるテキストを画像に重ねましょう。

スマートフォンの小さな画面で動画を見ている視聴者も多いので、サムネイル画像に入れるテキストはできるだけ大きく、背景の画像に埋もれないような見やすい色を使用してください。動画の雰囲気に合わせたフォントを使用するとさらに印象が良くなります。

YouTubeに動画を投稿する際、サムネイルや動画内のテロップに使用するテキストにどんなフォントを使えばよいのか、悩まれている方も多いのではないで…

 

 

見てほしい視聴者のペルソナを設定する

チャンネルの方向性を決めると同時に、自分の動画をどんな人に見てもらいたいのか、ペルソナ=人格(人物像)を想定するのも大事です。

性別・年代・趣味や趣向など、ターゲットとなる視聴者を設定することで、動画のコンセプトを決めることができます。どんな目線でトークをするのか、自分をどんな位置づけ(キャラ設定)にするのかなど、見てほしい視聴者のイメージが固まれば、トークや編集の方針も定まるでしょう。

たとえば、パソコンの初心者をターゲットするのでれば、専門用語はなるべく使わないようにしつつ、どうしても専門的な解説が必要な場合は、テロップを使って丁寧に説明するなどの配慮を行う必要があります。

しっかりと、ペルソナが設定されていれば、ターゲットは「このチャンネルは自分にマッチしている」と感じ、定期的に動画を見てくれるようになります。

 

 

まとめ

副業でYouTubeへの動画投稿を考えている方のために、本業との兼ね合いや、収益化の方法、再生数をアップさせるためのコツなどを紹介しました。副業として動画を投稿する場合、会社の規則はもちろん、収益化を行うための条件をクリアしなくてはならないなど、ハードルは決して低いものではありませんが、まずは趣味の延長として、あせらずゆっくりと動画の投稿をはじてみてください。

 

 

 


VTuberにおすすめのWEBマイク10選~配信用マイクの選び方
YouTubeのゲーム実況で稼ぐ方法~必要な機材と人気動画になるためのコツ
YouTuberが経費にできるものとできないものとは?確定申告と節税のコツ
ゲーム実況初心者が最初に知っておくこと&再生回数を伸ばすコツ
YouTuberにおすすめのフォントまとめ~フリーフォントでも動画に合ったテイストを選べる!
BACK TO LIST