• TOP
  • CATEGORY
    ゲーム
  • TITLE
    自作PCを気軽に楽しめる「PC Building Simulator」というシミュレーションゲームが今話題になっています。自作PC初心者からベテランユーザーまでみんなが楽しめるゲームに仕上がっているのでぜひ一度プレイしてみてください!
CATEGORY
ゲーム

「PC Building Simulator」が熱い!楽しく自作PCを学べる自作PCシミュレーションゲーム

  • DATE
    2019.05.08
  • WRITTEN BY
    あらびき


DDIYer
DDIYer

はじめに!今おすすめのBTOパソコンをご紹介します!どれもゲーミング向けなので、希望のタイプが見つかりますよ!

  • アプライドネット

    Barikata SF30


    ・博多っ子のもつ積極的に新しい物事へ取り組もうという「進取の気性」を体現したPC

  • パソコンショップSEVEN

    SR-ii5-7460H


    ・インテル® Core™i5-11400 プロセッサー搭載
    ・GeForce ® GTX1660 Super搭載

  • Ark

    GC-I5G36M


    ・コダワルほどにオトクになる「自分だけのコダワリの一台」
    ・コダワリを形に出来るカスタマイズ性

  • インバースネット

    FRGH570/SG2


    ・エアフロー性能とデザイン性に優れたプレミアムタワーケース
    ・NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti搭載

  • パソコン工房

    LEVEL-R05A-iX4-RBX


    ・拡張性の高いミドルタワーケースを採用したゲーミングPC、購入後のメンテナンスも簡易

GALLERIA RM5C-R36

155,980円(税込)

編集部が選ぶ今もっともおすすめのBTOパソコン!
洗練されたスペックと使いやすさを突き詰めた冷却設計

ゲームを心から楽しめるのは、まさに技と気持ちが同体になったとき。 余計なものを削ぎ落とし洗練されたスペックが、快適なプレイアビリティを実現。

>> 関連記事 :自作PCに興味がある方必見! 初心者でも手軽にPC組み立てを体験できる PC Building Simulatorをご紹介!「チュートリアル(CPU)編」

自作PCシミュレーションゲーム「PC Building Simulator」とは?

自作PCをシミュレーションできるPCゲームが登場

PC Building Simulatorは、これまでありそうでなかった「自作PCをシミュレーション」するゲームです。

・STEAMの価格

通常版:2050円

オーバークロック導入版(Overclocked Edition):2570円

実際のメーカー&PCパーツが多数登場、自作PCマニアが思わずうなるような細かいこだわりがたっぷり詰まっている力作ゲームに仕上がっています。また、自作PC未経験者や初心者にとっては、勉強になる教科書的な存在とも言えるでしょう。

 

2000円代のリーズナブルな価格&日本語対応

2000円代で購入できるリーズナブルな価格も嬉しいところ。マニアックな内容の海外製PCゲームですが、日本語にも完全対応しています。開発は現在も進められており、オーバークロックまでゲーム内でできるようになった「Overclocked Edition」が新しく登場するなど、日々進化を続けているのも好印象。今後新しいPCパーツの追加予定もあるそうです。

高嶺の花だった憧れのパーツで自作しよう!

最高レベルのスペックを持つCPUやグラフィックボード(GPU)は、使ってみたくてもなかなか手が出にくい価格となっています。またハイエンドPCパーツは消費電力が大きいので、高額な電気代がかかってしまうのも悩みの種。夏は発熱によって室温が上がってしまったり、ファンの回る音がうるさくて家族から苦情が来たり…。性能が高い分、ハイエンドパーツは気軽に試せない存在でもあります。

そんなハイエンドパーツもPC Building Simulatorであれば遠慮せずに使いたい放題です。お金を気にせず最高のスペックで組めますし、電気代も室温も騒音も一切気にする必要なし!自分の本能の赴くままに、好き勝手に自作PCを組めてしまうのです。

 

 

 

PCショップを運営する「キャリアモード」はハマること間違いなし

借金を背負ったPCショップを叔父から受け継いだ主人公

PC Building Simulatorには「キャリアモード」と呼ばれる、ストーリーモードのようなものも用意されています。このキャリアモードがまた面白くてハマります。叔父から夢のPCショップを受け継いでみたものの、実態は借金まみれで経営はどうにもならない状態。そんなどん底からスタートして借金を返済し、PCショップの経営を軌道に乗せるのが目的のモードです。

 

ウイルス駆除やPCアップグレードなど顧客の要望に応えて借金を返済しよう

PC Building Simulatorは自作PCシミュレーションゲームですから、モンスターやゾンビを倒してお金を得るのではなく、PC関連の仕事でお金を稼がなければいけません。PCショップには顧客からさまざまな要望が日々寄せられるので、それをこなして報酬を得る仕組みになっています。

まずはウイルスを駆除する簡単な仕事から手を付けてみましょう。最低限のウイルス対策ソフトすらもインストールされていないお客さんのPCを、安全に使えるようにウイルスを除去して納品すれば念願の初報酬をゲット。ただしその金額は莫大な借金の前では雀の涙ではありますが…。

さらに高度な仕事をこなすことで、得られる報酬も徐々に上がっていきます。PCのパーツをアップグレードして顧客の要望をかなえる仕事は、報酬もやりがいも大きいですよ。

 

「3DMark」で性能をチェックして納品

PCの性能をはかる3DMarkなどのソフトが登場するのもPC Building Simulatorならではの魅力。ただ適当にパーツを組み合わせて「はい完成!」と納品したら、3DMarkの数値を根拠に客からクレームがつくなんてことも日常茶飯事です。

 

グリス塗り忘れで怒られる&ブルースクリーン発生

CPUとCPUファンの間にグリスを塗り忘れると、しっかり怒られます。そんな細かいところまで再現しているのか!と驚きを隠せません。PC背面の入り組んだ配線を間違えればPCは起動しませんし、無茶なオーバークロックをすればブルースクリーンまで発生してしまいます。

 

自作PCユーザーなら思わずニヤリとしてしまう細かいこだわりが多数

ゲームだからある程度シンプルに作ってあるだろうという考えは、プレイし始めて1時間できれいさっぱり吹っ飛びました。このゲーム、めちゃくちゃリアルで細かいのです…。でもその細かさが、全然わずらわしくありません。むしろこれだけ細かく自作PCのことをゲームで再現してくれてありがとう!という気持ちすらも湧いてきます。この気持ち、同じ自作PCユーザーならきっとわかってくれるはず。

まさに自作PCマニアが作った、自作PCマニアのためのゲーム。それがPC Building Simulatorなのです。

>> 関連記事 :自作PCに興味がある方必見!初心者でも手軽にPC組み立てを体験できる PC Building Simulatorをご紹介!「ケーブル接続&電源投入編」

 

 

 

自作PC初心者からベテランまでみんな楽しめる「PC Building Simulator」

PC Building Simulatorはさまざまな楽しみ方ができる、懐の深い自作PCゲームです。

初心者は自作PCを組む前の練習として最適でしょう。ベテランであれば自分の持っている知識を最大限活用してベストなPCを組み上げたり、逆に無茶をしてPCを壊してしまったりする方向に楽しみを覚える人もいるかもしれません。

自作PCに興味がある人であれば、どんな楽しみ方でも可能な「PC Building Simulator」を、ぜひ一度プレイしてみましょう!

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※11月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
Ark

GC-I5G36M

Intel Core i5-10400 NVIDIA RTX 3060 DDR4-2666 16GB(8GBx2) SSD M.2 500GB 550W/80Plus GOLD
アプライドネット

Barikata SF30

Intel Core i5-11400 8GB(8GBx1) SSD M.2 500GB 750W/80PLUS GOLD
インバースネット

FRGH570/SG2

Intel Core i7-11700KF NVIDIA RTX 3070 Ti DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 1TB 2TB HDD 850W/80PLUS GOLD
パソコンショップSEVEN

SR-ii5-7460H

Intel Core i5-11400 NVIDIA GTX1660 Super DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 500GB 600W/80Plus Bronze
ドスパラ GALLERIA

RM5C-R36

Intel Core i5-11400 NVIDIA RTX 3060 DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 500GB/td> 650W/80PLUS BRONZE

BACK TO LIST