• TOP
  • CATEGORY
    初めての自作
  • TITLE
    日本の二大電気街のひとつである秋葉原には、PCや無線パーツショップ、アニメやゲームなどコアな世界のイメージを持つ人も多いでしょう。しかし、秋葉原は今や女性が楽しめる街として生まれ変わりました。今回は秋葉原での女子のおすすめの楽しみ方を3つ紹介します。
CATEGORY
初めての自作

女子の秋葉原での楽しみ方おすすめ3選!メイド喫茶からパワースポットまで

日本の二大電気街のひとつである秋葉原には、PCや無線パーツショップ、アニメやゲームなどコアな世界のイメージを持つ人も多いでしょう。しかし、秋葉原は今や女性が楽しめる街として生まれ変わりました。今回は秋葉原での女子のおすすめの楽しみ方を3つ紹介します。

 

 

メイド喫茶で非日常の気分を楽しもう

 

秋葉原ならではの楽しめるスポットといえばメイド喫茶。カフェタイプから居酒屋まで、いろいろなメイドさんとのひとときが楽しめるお店が秋葉原にはそろっています。女性もいやされる、メイド喫茶の世界を楽しんでみましょう。

 

  • 一度は体験したい!メイドさんとのひととき

メイド喫茶といえば、「おかえりなさいませご主人様(女性の場合はお嬢様、のお店もある)」とおなじみのフレーズで迎えてくれる場所。一歩踏み込めば、非日常の世界を体験できるお店でもあります。

 

メイド喫茶で接客をしてくれるメイドさんとの楽しいひとときをぜひ体験してみましょう。ドリンクやフードメニューを注文すると、おいしくなるおまじないをかけてくれます。おまじないの振付やフレーズをメイドさんが楽しくレクチャーしてくれますので、ぜひ一緒におまじないをしてみましょう。

 

メイドさんとお話してみるのもおすすめです。お店によっていろいろなメイドさんがいます。女子ならではの悩みや愚痴をメイドさんに伝えると、悩み解決のヒントがもらえるかもしれません。

 

  • SNS映えも狙えるメニューを楽しむ

インスタグラムをはじめ、いわゆる映えるメニューを画像としてSNSにアップする人も多いです。メイド喫茶には、そんなSNS映えするかわいいメニューも豊富にあります。動物やアニメのキャラクターをモチーフにしたドリンクやデザート、フードなど思わず食べるのがもったいないほどの出来栄えのものも見つけられますよ。

 

メイド喫茶ならではの映えるメニューといえば、オムライスです。メイド喫茶でオムライスを注文すると、メイドさんからケチャップでかわいいメッセージやイラストを描いてもらうサービスが受けられます。世界にひとつだけのケチャップアートをぜひ体験してみましょう。

 

  • メイド喫茶は世界観で選んでみよう

メイド喫茶、と一口にいってもお店によってテーマがいろいろあります。自分の好みや体験してみたい世界観でメイド喫茶を選んでみるのもおすすめです。

 

ヘッドドレスにフリルのエプロンドレスコスチュームに身を包んだ正統派のメイドカフェもあれば、アリスなどの童話の世界をモチーフにしているお店もあります。メイドさんのコスチュームもお店によってさまざまありますので、ぜひチェックしてみてください。

 

「実はメイドさんは全員メイド型アンドロイド」などお店によって楽しい設定もあります。もちろんメイドさんはアンドロイドとして接客してくれますので、受け答えも楽しめます。ぜひメイド喫茶ならではの世界を楽しみましょう。

 

近隣のパワースポットを巡ってみよう

秋葉原は徒歩圏内にパワースポットが集まっています。秋葉原の散策と一緒に、パワースポット巡りもおすすめです。恋愛、勝負に勝ちたいなどぜひパワースポットからパワーをもらってみましょう。

 

  • 神田明神

秋葉原駅から徒歩7分ほどのところにある「神田明神」は、正式名称神田神社、近隣からは明神様の愛称で親しまれている神社です。商売繁盛の神様であるえびす様こと少彦名命(すくなひこなのみこと)を祀っているため、築地魚市場など108町会の氏神様としても知られています。

 

縁結びの神様であるだいこく様こと大己貴命(おおなむちのみこと)や、平家のつわものとして知られる除災厄除の神様、平将門公も祀られています。恋愛成就や勝負運がほしいときにも、ぜひ立ち寄りたいパワースポットです。

 

  • 湯島天満宮

湯島天神の名称でも親しまれている湯島天満宮は、学問の神様である菅原道真公(すがわらみちざねこう)を祀っているパワースポットです。毎年年明けには多くの受験生が合格祈願に訪れる場所としても知られています。

 

受験だけでなく、勝負運のご利益もあります。仕事を頑張りたい人や、資格受験などの勝負事をひかえている人は、ぜひ訪れてパワーをもらいましょう。

 

  • 湯島聖堂

元禄3年、儒学の振興のために徳川五代将軍綱吉によって建てられたのが湯島聖堂です。明治時代には現在の文科省の前身、文部省が創設されるまで日本政府の学問の機関として使用されました。

 

都会のなかとは思えないほど、静かな雰囲気に包まれるパワースポットです。入館料などは不要のため、散策したいときにもぴったり。伝統行事や各種講座も随時開催されているので、カルチャー系女子ならおさえておきたいスポットでもあります。

 

秋葉原でサブカルチャーを体験してみよう

 

秋葉原といえば電化製品やサイバーな文化だけでなく、アニメやゲーム、漫画やコスプレなどのサブカルチャーの発信地でもあります。外国人観光客からも人気のサブカルチャーを、ぜひ秋葉原で体験してみましょう。

 

  • シューティング体験

サバイバルベストやヘルメット、マシンガンやライフルなどの装備に身を固めて戦うサバイバルゲーム。サバイバルゲーム関連のショップも多い秋葉原では、サバイバルゲームの体験ができるお店もたくさんあります。

 

シューティング体験ができるのが「TARGET-1 秋葉原店」です。サバイバルゲーム愛好者も納得のシューティングレンジ(射撃場のこと)がそろうお店ですが、エアガンにはじめて触れる初心者が体験できるレンジもあります。本格的なシューティング体験で、ストレスを解消してみるのもよいでしょう。

 

  • 漫画やアニメ、ゲームグッズを探してみる

秋葉原には、漫画やアニメ、ゲームのお店やグッズを取り扱っているお店もたくさんあります。昔好きだった漫画や子どものころに見ていたアニメ、ちょっとやってみたいゲームなどの本体や関連グッズを探して楽しむのも、秋葉原の楽しみ方のひとつです。

 

日本全国に展開されているアニメグッズショップ「アニメイト」秋葉原本館は、秋葉原駅電気街口から徒歩4分とアクセスしやすい立地にあります。地下1階から7階まで漫画、ゲーム、アニメのグッズや同人誌、ライトノベルなどがそろっています。秋葉原名物のお菓子なども手に入るので、お土産探しにもおすすめです。

 

  • コスプレデビューする

漫画やアニメ、ゲーム、映画作品のキャラクターに扮して楽しむのがコスチュームプレイ、略してコスプレです。秋葉原ではコスプレイベントが頻繁に開催されるほど、コスプレ文化も発展しています。

 

外国人観光客の増加にともない、秋葉原には気軽にコスプレ体験ができるお店が多くなりました。秋葉原電気街口から徒歩6分のところにある「コスプレスタジオ クラウン」は、本格的なコスプレ撮影ができるスタジオです。自前衣装の持ちこみで撮影するだけでなく、スタジオにも衣装やウィッグがそろっているため、手ぶらでコスプレデビューも可能。

 

いつもと違う自分を見てみたり、新しい世界を発見したりするのもコスプレの醍醐味です。もちろん変身した自分の姿を撮影して、SNSにアップするのもおすすめです。

 

秋葉原は女子でも楽しめるスポットがたくさん

外国人観光客の増加にともない、秋葉原はいろいろな楽しみ方ができる街になりました。女子同士でも、おひとり様女子でも秋葉原ならではの魅力に触れられるスポットはたくさんあります。ぜひ秋葉原に足を運んでみて、女子ならではの楽しい時間を過ごしてみてください。

 

 


BACK TO LIST