• TOP
  • CATEGORY
    初めての自作
  • TITLE
    2018年は新型のPCパーツが多数登場し、ハードウェアの進歩が著しい一年となりました。前回の記事では、Windows 10搭載PCに乗り換えるとどんな新しい技術が使えるようになるのかご紹介しましたが、今回はその中からストレージのSSDにスポットをあて、具体的に旧型PCから新型PCに乗り換えると快適性がどれだけ上がるのかをご紹介します。
CATEGORY
初めての自作

最新SSDは大きく進化!Sandy Bridge世代PCと最新世代PCでPCパーツ ストレージ速度を比較してみた

  • DATE
    2018.11.30
  • WRITTEN BY
    真田 マイク


DDIYer
DDIYer

はじめに!今おすすめのBTOパソコンをご紹介します!どれもゲーミング向けなので、希望のタイプが見つかりますよ!

  • STORM

    PG-DV7


    ・ARGBファンを4基搭載した魅せる仕様のケースを採用
    ・BTOパソコンの醍醐味、パーツのカスタムを存分に楽しめる

  • ドスパラ GALLERIA

    RM5C-R36


    ・デザインと真摯に向き合うことで生まれた新ケース
    ・洗練されたスペックが、快適なプレイアビリティを実現

  • TSUKUMO

    GA7J-F211/T


    ・ツクモBTOで一番売れているG-GEARシリーズ!
    ・高冷却のオリジナルケースに隙のないオールマイティスペック!

  • アプライドネット

    Barikata SF30


    ・博多っ子のもつ積極的に新しい物事へ取り組もうという「進取の気性」を体現したPC

  • Sycom Premium-Line

    Z590FD-Mini


    ・コンパクト、スタイル、妥協無き性能
    ・充実の標準2年保証

インバースネット FRGH570/SG2

279,800円(税込)

編集部が選ぶ今もっともおすすめのBTOパソコン!
こだわりの高性能ミドルタワー、RTX 3070 Ti搭載

NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti搭載で高いグラフィックス設定でも快適に、M.2 SSDで超高速読み込みでストレスなくゲームプレイが可能。初級者から上級者までどなたにもおすすめ。

>> 関連記事 : 【Windows 10情報】Windows 10 は大型アップデートでより使いやすくなる! ― これまでのアップデートを振り返ってみよう編 -

最新SSDは大きく進化、Sandy Bridge世代PCと最新世代PCでストレージ速度を比較してみた

2018年は新型のPCパーツが多数登場し、ハードウェアの進歩が著しい一年となりました。前回の記事では、Windows 10搭載PCに乗り換えるとどんな新しい技術が使えるようになるのかご紹介しましたが、今回はその中からストレージのSSDにスポットをあて、具体的に旧型PCから新型PCに乗り換えると快適性がどれだけ上がるのかをご紹介します。

具体的な効果や性能差はAKIBA PC Hotline!で解説されており、その中からポイントになる部分をご紹介します。

 

2011年の人気SSD「Crucial RealSSD C300」(左)と最新SSD(左)

 

 

Sandy Bridge世代PCと最新世代PCでロード時間を比較、8年の進化を確認

SSDの速度比較は、Sandy Bridge世代のWindows 7搭載PCと最新世代のWindows 10搭載PCを用意して行い、この8年間でどれだけPCの性能が向上しているのかをチェックするかたちで行っています。Sandy Bridge世代を代表して使用したSSDは「Crucial RealSSD C300」、最新世代PCには3D XPoint採用の「Intel Optane SSD 900P」を使用しています。

インターフェイスはCrucial C300がSATA、Intel Optane SSD 900PはPCI Express(NVMe)。Intel Optane SSD 900PはC300と比較するとすべての面で大幅に性能が向上しており、特にランダムアクセス性能の高さが特徴になっているSSDです。なお、Intel Optane SSD 900PはNVMe対応SSDで、NVMe SSDの性能を最大限引出すには、対応するマザーボードとWindows 10が必要になります。

 

RealSSD C300、8年前の人気SSD

 

Optane SSD 900P、3D XPoint採用のNVMe SSD

 

テストPCの構成

 

 

Windows 10 + 最新SSDでPC起動時間もOfficeもゲームも快適に

新旧PCでのデータロード時間比較ですが、OS起動時間、Officeアプリケーションの起動時間、ゲーム中のロード時間の比較が行われています。OSはSecure BootやFast BootをサポートするマザーボードとWindows 10の機能などをフル活用すると最大で2.5倍程度Windows 7世代のPCより起動時間を速くできるほか、Microsoft Office 365のExcelやDARK SOULS IIIなどのゲームも着実に高速化されているようです。

シャットダウン状態からのOS起動時間

Excelの起動時間

DARK SOULS IIIのロード時間

>> 関連記事 : さようならWindows 7、最新PCパーツに必須なWindows 10に乗り換えよう

 

 

 

OS移行と合わせてハードウェアの最新環境への移行がおすすめ!

これらの速度はSSDだけでなく、CPUやビデオカード、OSなどの性能や機能も影響していますが、SSDの性能が出る部分でもあります。新旧で速度が大きく変わるものから差が小さいものまでありますが、新旧PC比較としてみれば最新鋭PCは着実に快適になっており、差がつきにくそうなOfficeアプリケーションなどでも効果がみられる部分もあります。クリエイティブ用途やゲームなどの重い処理を行わなくても、最新PCは着実に快適性が向上しているようです。

Windows 7のサポート終了前にWindows 10への移行を考えている方も多いと思いますが、OS移行と合わせてハードウェアの方も最新環境に移行してはいかがでしょうか。

 

AKIBA PC Hotline!は こちら!

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※11月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
パソコン工房

LEVEL-R05A-iX4-RBX

Intel Core i5-10400 NVIDIA RTX 3060 DDR4-2666 16GB(8GBx2) SSD M.2 1TB 700W/80PLUS BRONZE
ドスパラ GALLERIA

RM5C-R36

Intel Core i5-11400 NVIDIA RTX 3060 DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 500GB 650W/80PLUS BRONZE
TSUKUMO

GA7J-F211/T

Intel Core i7-11700 NVIDIA RTX 3060 DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 500GB 750W/80PLUS GOLD
インバースネット

FRGH570/SG2

Intel Core i7-11700KF NVIDIA RTX 3070 Ti DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 1TB 2TB HDD 850W/80PLUS GOLD
Sycom Premium-Line

Z590FD-Mini

Intel Core i7-11700K NVIDIA RTX 3060 DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 500GB 650W/80PLUS GOLD
PREV

BACK TO LIST