• TOP
  • CATEGORY
    初めての自作
  • TITLE
    2018年は新型のPCパーツが多数登場し、ハードウェアの進歩が著しい一年となりました。前回の記事では、Windows 10搭載PCに乗り換えるとどんな新しい技術が使えるようになるのかご紹介しましたが、今回はその中からストレージのSSDにスポットをあて、具体的に旧型PCから新型PCに乗り換えると快適性がどれだけ上がるのかをご紹介します。
CATEGORY
初めての自作

最新SSDは大きく進化!Sandy Bridge世代PCと最新世代PCでPCパーツ ストレージ速度を比較してみた

  • DATE
    2018.11.30
  • WRITTEN BY
    真田 マイク

G-GEAR GA7J-E221/B

222,800円(税込)

編集部が選ぶおすすめのBTO PC!
抜群のコスパと高冷却性レイアウトを採用した独自ケースで、高フレームレートFPSゲームに最適!

強力なintelプロセッサーと高性能GeForceグラフィックスで、ゲーミングPCのステップアップにオススメ。もちろんツクモならではの「選べるCPU×GPU×OS」の豊富な組み合わせから自分だけのオリジナルモデルにカスタマイズできます!

>> 関連記事 : 【Windows 10情報】Windows 10 は大型アップデートでより使いやすくなる! ― これまでのアップデートを振り返ってみよう編 -


  • G-GEAR

    GA7J-E221/B


    ・抜群のコスパと高冷却性レイアウトを採用した独自ケースで、高フレームレートFPSゲームに最適!

  • ストーム

    PG-PP12


    ・抜群のエアフローケースで冷却を採用したRTX3070モデル

  • ZEFT

    G24CT


    ・ゲーミングPC初心者の方や学生の方におすすめのCore i5×RTX3060搭載ゲーミングPCです。

  • サイコム

    G-Master Spear Z690/D5


    ・最新のパーツで固めたカスタマイズ性に優れる定番ゲーミングPC
    ・メモリも最新のDDR5を採用

  • クリエイターPC

    WA7J-E213/ZT


    ・オンボードからGeForce・Radeonまで、用途に合わせたGPUが選べるクリエイター向けモデル

最新SSDは大きく進化、Sandy Bridge世代PCと最新世代PCでストレージ速度を比較してみた

2018年は新型のPCパーツが多数登場し、ハードウェアの進歩が著しい一年となりました。前回の記事では、Windows 10搭載PCに乗り換えるとどんな新しい技術が使えるようになるのかご紹介しましたが、今回はその中からストレージのSSDにスポットをあて、具体的に旧型PCから新型PCに乗り換えると快適性がどれだけ上がるのかをご紹介します。

具体的な効果や性能差はAKIBA PC Hotline!で解説されており、その中からポイントになる部分をご紹介します。

 

2011年の人気SSD「Crucial RealSSD C300」(左)と最新SSD(左)

 

 

Sandy Bridge世代PCと最新世代PCでロード時間を比較、8年の進化を確認

SSDの速度比較は、Sandy Bridge世代のWindows 7搭載PCと最新世代のWindows 10搭載PCを用意して行い、この8年間でどれだけPCの性能が向上しているのかをチェックするかたちで行っています。Sandy Bridge世代を代表して使用したSSDは「Crucial RealSSD C300」、最新世代PCには3D XPoint採用の「Intel Optane SSD 900P」を使用しています。

インターフェイスはCrucial C300がSATA、Intel Optane SSD 900PはPCI Express(NVMe)。Intel Optane SSD 900PはC300と比較するとすべての面で大幅に性能が向上しており、特にランダムアクセス性能の高さが特徴になっているSSDです。なお、Intel Optane SSD 900PはNVMe対応SSDで、NVMe SSDの性能を最大限引出すには、対応するマザーボードとWindows 10が必要になります。

 

RealSSD C300、8年前の人気SSD

 

Optane SSD 900P、3D XPoint採用のNVMe SSD

 

テストPCの構成

 

 

Windows 10 + 最新SSDでPC起動時間もOfficeもゲームも快適に

新旧PCでのデータロード時間比較ですが、OS起動時間、Officeアプリケーションの起動時間、ゲーム中のロード時間の比較が行われています。OSはSecure BootやFast BootをサポートするマザーボードとWindows 10の機能などをフル活用すると最大で2.5倍程度Windows 7世代のPCより起動時間を速くできるほか、Microsoft Office 365のExcelやDARK SOULS IIIなどのゲームも着実に高速化されているようです。

シャットダウン状態からのOS起動時間

Excelの起動時間

DARK SOULS IIIのロード時間

>> 関連記事 : さようならWindows 7、最新PCパーツに必須なWindows 10に乗り換えよう

 

 

 

OS移行と合わせてハードウェアの最新環境への移行がおすすめ!

これらの速度はSSDだけでなく、CPUやビデオカード、OSなどの性能や機能も影響していますが、SSDの性能が出る部分でもあります。新旧で速度が大きく変わるものから差が小さいものまでありますが、新旧PC比較としてみれば最新鋭PCは着実に快適になっており、差がつきにくそうなOfficeアプリケーションなどでも効果がみられる部分もあります。クリエイティブ用途やゲームなどの重い処理を行わなくても、最新PCは着実に快適性が向上しているようです。

Windows 7のサポート終了前にWindows 10への移行を考えている方も多いと思いますが、OS移行と合わせてハードウェアの方も最新環境に移行してはいかがでしょうか。

 

AKIBA PC Hotline!は こちら!

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※6月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
G-GEAR

GA7J-E221/B

Core i7-12700 RTX 3060Ti 16GB 1TB 750W GOLD
ストーム

PG-PP12

Core i5-12400 RTX 3070 16GB 500GB NVMe 850W GOLD
ZEFT

G24CT

Corei5-12400F RTX 3060 16GB 500GB NVMe 750W GOLD
サイコム

G-Master Spear Z690/D5

Core i7-12700K RTX 3060 32GB 500GB 750W GOLD
クリエイターPC

WA7J-E213/ZT

Core i7-12700K CPU内蔵グラフィックス 16GB 1TB 750W GOLD
PREV

BACK TO LIST

見た目良し!スペック良し!なサイコムのBTOパソコンを、女性自作erでもあるストリーマー・つつまるがレビュー!【PR】

自作erも納得の性能!eスポーツキャスター・平岩康佑がGALLERIA(ガレリア)のBTOパソコンをレビュー【PR】

FPSプロゲーマー・GorouがツクモのゲーミングPC「G-GEAR Aim」をレビュー!Apexでの無双プレイもお任せ【PR】

FPS界屈指の実力派・GreedZzも納得!arkのゲーミングPC「arkhive」の性能をApexで体験【PR】

FPS初心者にこそおすすめ!プロゲーマー・keptがパソコン工房のゲーミングPC「LEVEL∞」の実力をApexで試してみた 【PR】

Apexプレデター・Lightも大満足!FRONTIERのBTOパソコンの実力を検証してみた【PR】

【エルデンリング】推奨Ping値・重いときにラグを減らす方法まとめ

【FF14】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【原神】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【フォートナイト】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【Apex Legends】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

原神に必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

フォートナイトに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

Apex Legendsに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

ELDEN RING(エルデンリング)の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボまとめ

FF15の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボ・CPU・ゲーミングPCまとめ