• TOP
  • CATEGORY
    初めての自作
  • TITLE
    自作PCを使っていると、あるときパフォーマンスが悪くなる、快適に使えなくなるということが起こります。でも、どこに問題があるのかがわからないと対応しようにも何もできません。そこでここではPCが遅いときの原因を見つける方法をご紹介します。
CATEGORY
初めての自作

PCが遅い原因を探れ!ボトルネックを見つけ出す3つの方法

  • DATE
    2019.08.14
  • WRITTEN BY
    livesnetwrk


DDIYer
DDIYer

はじめに!今おすすめのBTOパソコンをご紹介します!どれもゲーミング向けなので、希望のタイプが見つかりますよ!

  • STORM

    PG-DV7


    ・ARGBファンを4基搭載した魅せる仕様のケースを採用
    ・BTOパソコンの醍醐味、パーツのカスタムを存分に楽しめる

  • ドスパラ GALLERIA

    RM5C-R36


    ・デザインと真摯に向き合うことで生まれた新ケース
    ・洗練されたスペックが、快適なプレイアビリティを実現

  • TSUKUMO

    GA7J-F211/T


    ・ツクモBTOで一番売れているG-GEARシリーズ!
    ・高冷却のオリジナルケースに隙のないオールマイティスペック!

  • アプライドネット

    Barikata SF30


    ・博多っ子のもつ積極的に新しい物事へ取り組もうという「進取の気性」を体現したPC

  • Sycom Premium-Line

    Z590FD-Mini


    ・コンパクト、スタイル、妥協無き性能
    ・充実の標準2年保証

インバースネット FRGH570/SG2

279,800円(税込)

編集部が選ぶ今もっともおすすめのBTOパソコン!

こだわりの高性能ミドルタワー、RTX 3070 Ti搭載

NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti搭載で高いグラフィックス設定でも快適に、M.2 SSDで超高速読み込みでストレスなくゲームプレイが可能。初級者から上級者までどなたにもおすすめ。

今回は、PCゲームを快適さに欠かせないPC性能を測るベンチマークソフトについて…

パフォーマンスをチェックする

まずはパフォーマンスをチェックします。CPU、メモリ、HDD(SSD)を見ていきましょう。

CPU

CPUの処理能力が追いついていないとPCが急激に遅くなります。そのため、CPUがどの程度処理しているのかをチェックしましょう。タスクマネージャーを開けばCPUの状態をチェックすることができます。タスクマネージャーはWindowsボタンをクリックして「タスクマネージャー」と入力してアプリを起動しましょう。

 

こちらがタスクマネージャーの画面です。「CPU」と表示されているところが100%になってしまっていると処理が追いついていない証拠です。CPUの買い替えを検討したほうがよいかもれません。

メモリ

続いてメモリもチェックします。メモリもCPUと同様にタスクマネージャーからのチェックが可能です。

「メモリ」と表記されているところが100%になっていると、PCが遅くなる原因になってしまいます。無駄に立ち上げているアプリケーションを削除するのはもちろんですが、それでもパーセンテージが下がらなければメモリを増設、新しいものに買い換える必要も出てくるでしょう。

メモリは多く搭載すればするほどPCの動作を快適なものにしてくれるパーツで…

HDD(SSD)

いろいろなファイルやアプリケーションをインストールしすぎて、HDD(SSD)が圧迫されてしまうとPC遅延の原因になります。こちらも不要なアプリケーションのアンインストールやHDD(SSD)の増設を検討する必要があります。

せっかくハイスペックな自作PCを準備したのにゲーム画面がカクカク表示に!そん…

通信をチェックする

通信状態によってPCの動作が遅くなる可能性もあります。チェックしたいのは通信速度、LANケーブル、Wi-Fiルーターです。

通信速度

なかなかWebページが開かない、アプリの処理が遅いという場合、まずはツールを使って通信速度をチェックしましょう。以下のツールなどはすぐに使えて便利です。基本的にWebを閲覧するのであれば、1MBを下回るような状態だと厳しいでしょう。もちろん、動画などのストリーミングサービスを利用するのであればもっと早い必要があります。

LANケーブル

PCをLANケーブルで繋いでいる場合はLANケーブルをチェックしましょう。ネット回線は早いものを契約しているのに通信速度が出ない、という場合はLANケーブルの性能が十全でない可能性があります。

LANケーブルはカテゴリによって通信速度の上限が決まっています。

カテゴリは「CAT◯」という形でケーブルに書かれていますのでチェックしてみましょう。動画などを快適に見たければCAT6以上はあった方が良いです。

Wi-Fiルーター

ケーブルに問題がなければ次はWi-Fiルーターです。Wi-Fiルーターも性能があり、それぞれ通信速度の限界があります。5GHz帯の「11ac」や「11n/a」、「11a」規格で接続できていればほぼ問題はありません。それ以外の場合はルーターのスペックを確認してみてください。そもそも通信速度が出ないルーターの可能性もあります。

それでも原因が分からない場合

それでも原因がわからない場合は、常駐ソフトや不要なゴミがないかを確認していきましょう。

常駐ソフトの確認

もし、PCにウイルス監視ソフトやクラウド同期ソフトがインストールされている場合、それらがリソースを消費している可能性があります。タスクマネージャーで常駐ソフトのパフォーマンスを確認してください。異常にリソースを使っているのであれば、それらが原因の可能性があります。

不要なゴミが残っていないか

ほかには、レジストリやキャッシュにゴミが残っている可能性があります。キャッシュはブラウザの設定画面から「履歴の削除」という機能を利用すれば削除できます。レジストリは適当にいじると危険なのでアプリを利用しましょう。具体的な方法は解決編をご覧ください。

定期的なチェックで常にPCを快適に

 

定期的にPCの状態を確認することで、どのタイミングで調子が悪かったのかわかりやすくなります。また、バックアップを取っておけば過去のPCの状態に戻せます。トラブル対策のためにもバックアップは取っておきましょう。

YouTubeで自作PC系動画を配信している、ガジェット系YouTuberとして大人気の…

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※11月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
パソコン工房

LEVEL-R05A-iX4-RBX

Intel Core i5-10400 NVIDIA RTX 3060 DDR4-2666 16GB(8GBx2) SSD M.2 1TB 700W/80PLUS BRONZE
ドスパラ GALLERIA

RM5C-R36

Intel Core i5-11400 NVIDIA RTX 3060 DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 500GB 650W/80PLUS BRONZE
TSUKUMO

GA7J-F211/T

Intel Core i7-11700 NVIDIA RTX 3060 DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 500GB 750W/80PLUS GOLD
インバースネット

FRGH570/SG2

Intel Core i7-11700KF NVIDIA RTX 3070 Ti DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 1TB 2TB HDD 850W/80PLUS GOLD
Sycom Premium-Line

Z590FD-Mini

Intel Core i7-11700K NVIDIA RTX 3060 DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 500GB 650W/80PLUS GOLD

BACK TO LIST