• TOP
  • CATEGORY
    初めての自作
  • TITLE
    はじめての自作PC最終回は、Windows 10がインストールできるUSBメモリの作り方です。DSP版Windows 10が欲しいけれど、光学ドライブを搭載していない、といった場合に、Microsoftが公開している“Windows 10メディア作成ツール”がとっても役にたちます!手もちのUSBメモリがすぐにWindows 10のインストールメディアに変身するこのツール、作り方もとても簡単です!あとはDSP版Windows 10のプロダクトキーをインストール時に入力すれば、ライセンス認証もすぐに完了です!
CATEGORY
初めての自作

【2020年 はじめての自作PC 第7回】最終回USBメモリからWindows 10がインストールできる!メディアの作り方

  • DATE
    2020.04.15
  • WRITTEN BY
    せれろんやまだ

G-GEAR GA7J-E221/B

222,800円(税込)

編集部が選ぶおすすめのBTO PC!
抜群のコスパと高冷却性レイアウトを採用した独自ケースで、高フレームレートFPSゲームに最適!

強力なintelプロセッサーと高性能GeForceグラフィックスで、ゲーミングPCのステップアップにオススメ。もちろんツクモならではの「選べるCPU×GPU×OS」の豊富な組み合わせから自分だけのオリジナルモデルにカスタマイズできます!

初めての自作2020アップデート版、最終回はUSBメモリへのWindows 10 インストールメディアの作り方です。パッケージ版より若干価格が安い、というのがDSP版Windows 10の最大のメリットですが、インストールメディアがDVDのため、光学ドライブを搭載していないPCでは、このDVDメディアを使って、Windows 10を直接PCにインストールすることができません。

そんな時に便利なのが“Windows 10メディア作成ツール”。インターネット上から、Windows 10のインストールに必要なファイルをUSBメモリにダウンロードすることで、そのUSBからのWindows 10のインストールが可能になります。あとは、インストールを進めていき、ライセンスキーの入力画面で、DSP版Windows 10に書かれていたプロダクトキーを入力するだけ!簡単でしょ?もちろんツールをつかったメディア作成は“無料”でできます。それでは、順を追って説明していきましょう!

 


  • G-GEAR

    GA7J-E221/B


    ・抜群のコスパと高冷却性レイアウトを採用した独自ケースで、高フレームレートFPSゲームに最適!

  • ストーム

    PG-PP12


    ・抜群のエアフローケースで冷却を採用したRTX3070モデル

  • ZEFT

    G24CT


    ・ゲーミングPC初心者の方や学生の方におすすめのCore i5×RTX3060搭載ゲーミングPCです。

  • サイコム

    G-Master Spear Z690/D5


    ・最新のパーツで固めたカスタマイズ性に優れる定番ゲーミングPC
    ・メモリも最新のDDR5を採用

  • クリエイターPC

    WA7J-E213/ZT


    ・オンボードからGeForce・Radeonまで、用途に合わせたGPUが選べるクリエイター向けモデル

準備するもの

・インターネットに接続されたPC

・8GB以上の容量のあるUSBメモリ(中身はからっぽである必要あり)

・DSP版Windows 10のプロダクトキー

 

インストールメディア作成ツールは、インターネット上からダウンロードする必要があるため、インターネットに接続されたPCが必要になります。

次はUSBメモリ。8GB以上の容量のある、中身がからっぽのものを用意してください。今回はあえて可愛らしいひよこちゃんを用意しました。

そして最後にDSP版Windows 10に付いているプロダクトキー。これがないとライセンス認証できないので、買ったあと誤って捨てたり、キーの部分を汚したりしないようにしましょう。

*プロダクトキーのデザインは異なる場合があります。

 

 

 

USBメモリの取り付け

それでは始めましょう。

USBメモリは、予め取り付けておいても、メディア作成ツールの手順を進めていき、必要になった際に取り付けてもどちらでも良いですが、万が一認識しないなどのトラブルがあるといけないので、先に取り付けておくのをおすすめします。

なお、このひよこちゃんUSBメモリ、差し込み口がちょっとばかし浅く、差し込んだつもりが差し込まれてない状態に“まれ”になってしまったのはここだけの秘密です。

 

 

メディア作成ツール・実行ファイルのダウンロード

USBメモリが認識され、使用に問題なければ、そのUSBメモリがエクスプローラの一覧に出てきます。一覧に出てきたら、次にメディア作成ツールをダウンロードします。

 

ダウンロードURL

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

 

上記にアクセスしたら、『ツールを今すぐダウンロード』を押します。

するとツールのダウンロードが開始されます。Edgeの場合、次の画面が表示されるので、『実行』を押します。

 

Chromeの場合は、画面下のアイコンから『開く』を選ぶか、『フォルダを開く』からファイルがダウンロードされたフォルダを開き、“MediaCreationTool1909.exe”をダブルクリックしてください。

 

その後、ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合は、『はい』を押します。

 

 

 

USBメモリへのメディア作成

 

次からが実際のUSBメモリへのメディア作成になります。

 

メディア作成ツールが開始されると、上記画面が自動で表示されます。 ライセンス条項の画面が表示されますので、“同意する”をクリックします。

 

再度上記画面が表示されます。 “別のPCのインストールメディアを作成する”をチェックし、“次へ”をクリックします。

 

作成するインストールメディアのエディションを選択します。通常は上記の通りになっており、“このPCにおすすめのオプションを使う”にチェックが入っていますので、このまま“次へ”をクリックします。 “USBフラッシュドライブ”を選択して、“次へ”をクリックします。

 

インストールメディアを作成するドライブを選んで“次へ”をクリックします。今回メディアを作成するあひるちゃんUSBメモリはEドライブになっていますので、これを選択しています。

もし、この時点でUSBメモリを差し込んだ場合は、“ドライブの一覧を更新する”をクリックして、画面のドライブ一覧に表示させてください。

(USBメモリが認識されない場合は一覧に出てきませんので、その場合は挿しなおしたりしてみることをおすすめします)

Windows 10のダウンロードが開始されます。以降、USBメモリは抜かないでください。

 

ダウンロードが終わると、検証画面が表示されます。 自動でメディア作成が開始されます。

 

メディア作成が完了すると、上記画面が表示されますので“完了”を押します。この画面が表示されたら、USBメモリを取り外しても構いません。 USBメモリには上記ファイルが格納されています。

あとは、Windows 10をインストールしたいときに、このUSBメモリをそのPCの電源を入れる前にあらかじめ任意のUSBポートに挿入しておき、電源を入れると、Windows 10のセットアップが通常自動で始まります。

はじめて自作2020アップデート版、いかがだったでしょうか?AMDの躍進から光るPCまで、これまで自作をやっていて、最近はちょっと足が遠のいてしまった方も、新しい要素満載で、PCのアップグレード、外見一新にはとても良いタイミングかもしれませんね!簡易水冷や本格水冷を導入しなければ、組み立てやすさはほぼ変わっていませんし、逆に水冷を導入したいという方も、簡易水冷なら、ケースの大きさとラジエーターの大きさ、干渉しないかどうかをチェックすることで、比較的容易に導入することができます。本格水冷にチャレンジしてみたい!という方も、昨今いろいろなWEBコンテンツがアップされていますので、それらを参考にしたり、お店のスタッフさんに伺ってみるなどして、新しいPCライフを楽しんでみてくださいね!

 

それではみなさん、楽しい自作PCライフを!

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※6月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
G-GEAR

GA7J-E221/B

Core i7-12700 RTX 3060Ti 16GB 1TB 750W GOLD
ストーム

PG-PP12

Core i5-12400 RTX 3070 16GB 500GB NVMe 850W GOLD
ZEFT

G24CT

Corei5-12400F RTX 3060 16GB 500GB NVMe 750W GOLD
サイコム

G-Master Spear Z690/D5

Core i7-12700K RTX 3060 32GB 500GB 750W GOLD
クリエイターPC

WA7J-E213/ZT

Core i7-12700K CPU内蔵グラフィックス 16GB 1TB 750W GOLD

プログラミングを独学でマスターできるwebサイト9選!学習に役立つ無料サービス
BACK TO LIST

見た目良し!スペック良し!なサイコムのBTOパソコンを、女性自作erでもあるストリーマー・つつまるがレビュー!【PR】

自作erも納得の性能!eスポーツキャスター・平岩康佑がGALLERIA(ガレリア)のBTOパソコンをレビュー【PR】

FPSプロゲーマー・GorouがツクモのゲーミングPC「G-GEAR Aim」をレビュー!Apexでの無双プレイもお任せ【PR】

FPS界屈指の実力派・GreedZzも納得!arkのゲーミングPC「arkhive」の性能をApexで体験【PR】

FPS初心者にこそおすすめ!プロゲーマー・keptがパソコン工房のゲーミングPC「LEVEL∞」の実力をApexで試してみた 【PR】

Apexプレデター・Lightも大満足!FRONTIERのBTOパソコンの実力を検証してみた【PR】

【エルデンリング】推奨Ping値・重いときにラグを減らす方法まとめ

【FF14】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【原神】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【フォートナイト】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【Apex Legends】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

原神に必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

フォートナイトに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

Apex Legendsに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

ELDEN RING(エルデンリング)の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボまとめ

FF15の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボ・CPU・ゲーミングPCまとめ