• TOP
  • CATEGORY
    初めての自作
  • TITLE
    PCでの動画編集や、最新のゲームを遊ぶ際に重要となるのがグラフィックボードの性能です。しかし、メーカー製のPCを購入した場合は、どんなグラフィックボードが搭載されているのか把握していないという方も多いのではないでしょうか。本記事では、PCに搭載されているグラフィックボードの確認方法について解説します。
CATEGORY
初めての自作

自分のPCのグラフィックボード(グラボ)の確認方法 – DirectX診断ツールの見方も

  • DATE
    2022.01.27
  • WRITTEN BY
    大塚 敬永

G-GEAR GA7J-E221/B

222,800円(税込)

編集部が選ぶおすすめのBTO PC!
抜群のコスパと高冷却性レイアウトを採用した独自ケースで、高フレームレートFPSゲームに最適!

強力なintelプロセッサーと高性能GeForceグラフィックスで、ゲーミングPCのステップアップにオススメ。もちろんツクモならではの「選べるCPU×GPU×OS」の豊富な組み合わせから自分だけのオリジナルモデルにカスタマイズできます!

購入したPCに搭載されているグラフィックボード(グラボ)の具体的な型番を、改めて確認したいこともあるでしょう。デスクトップ型の場合だと、中身を分解すれば型番が分かります。しかし、そもそも分解する作業自体が大変です。

今回はソフトウェアを活用して、自分のPCのグラボの型番などの情報を簡単に調べる方法をご紹介していきます!


  • G-GEAR

    GA7J-E221/B


    ・抜群のコスパと高冷却性レイアウトを採用した独自ケースで、高フレームレートFPSゲームに最適!

  • ストーム

    PG-PP12


    ・抜群のエアフローケースで冷却を採用したRTX3070モデル

  • ZEFT

    G24CT


    ・ゲーミングPC初心者の方や学生の方におすすめのCore i5×RTX3060搭載ゲーミングPCです。

  • サイコム

    G-Master Spear Z690/D5


    ・最新のパーツで固めたカスタマイズ性に優れる定番ゲーミングPC
    ・メモリも最新のDDR5を採用

  • クリエイターPC

    WA7J-E213/ZT


    ・オンボードからGeForce・Radeonまで、用途に合わせたGPUが選べるクリエイター向けモデル

グラフィックボードとは?

グラフィックボード(以下グラボ)とは、ディスプレイに画像や映像を映すための部品です。グラボの性能の良し悪しによってプレイできるゲームなどが変わってきます。たとえばFF14をプレイする場合、「NVIDIA® Geforce® GTX970 以上」または「AMD Radeon™ RX 480 以上」のグラボを搭載することが推奨されています。

2021年11月23日より、新たな拡張ディスク「暁月のフィナーレ」がリリースされることが発表された「ファイナルファンタジーXIV」。アップデートに先行して公開された新たなベンチマークは、…

自分のPCで使用中のグラフィックボードの確認方法

実際にPCからグラボの確認をする方法について、3通り紹介します。

「DirectX診断ツール」を使用してグラフィックボードを確認する方法

「DirectX診断ツール」を使って型番を確認する方法をご紹介します。

  1. Windowsメニューを開きます
  2. 開いた状態のまま、検索ボックスに「dxdiag」と入力します

  1. 検索結果が表示されたら「dxdiagコマンドの実行」を右クリックします
  2. 管理者として実行をクリックします

  1. 初回起動時などに以下のメッセージが表示される場合がありますが、「はい」をクリックします

  1. 以下の画面が表示されたら「ディスプレイ1」または「次のページ」をクリックします

  1. オレンジ枠で囲っている部分にグラボの型番が表示されます。なおCPUの内部に搭載されているオンボードグラフィックの場合ですと、型番が表示されないためご注意ください。

「ディスプレイの詳細設定」からグラフィックボードを確認する方法

DirectX診断ツールと同様に、Windowsの標準機能でグラボを確認することが出来ます。コマンドの扱いなどに不慣れな方にとっては、DirectX診断ツールを使うよりも扱いが簡単かもしれません。PC初心者の方はこちらを参考に確認してみてください。

  1. デスクトップ上を右クリックする
  2. 「ディスプレイ設定」をクリックする

  1. 以下の画面が表示されたら、画面を下にスクロールする

  1. 「ディスプレイの詳細設定」をクリックします

  1. 画面が表示されたらオレンジ枠の部分をクリックします

  1. オレンジ枠の部分にグラボの型番が表示されます。オンボードグラフィックの場合は、型番は表示されません

「CPU-Z」でグラフィックボードを確認する方法

次はフリーソフトを使用した確認方法になります。Windows標準機能ではありませんが、簡単な手順でインストール可能。グラボ以外にもCPUやメモリなど、様々な情報を確認することが出来るので、おすすめのソフトです。

  1. まずは「CPU-Z」をダウンロードします
    こちらのリンクから、ソフトをダウンロードします
  2. ダウンロードしたファイルを実行します

  1. インストーラーの画面の指示に従ってインストールしてください
  2. デスクトップまたはスタートメニューに「CPU-Z」の項目が追加されているため、該当箇所をクリックします

  1. 「CPU-Z」が起動したら「Graphics」タブをクリックします

  1. オレンジ枠の部分にグラボの型番が表示されます。オンボードグラフィックの場合は、型番は表示されません

使用中のグラフィックボードの確認方法についてよくある質問

最後に、使用中のグラボの確認方法についてよくある質問をまとめました。

「DirectX診断ツール」のディスプレイタブの項目の意味は?

DirectX診断ツールに表示される項目についてご紹介します。

名前 グラボの商品名が表示されます
製造元 グラボの製造会社が表示されます。今回はオンボードグラフィックなのでIntelの名前が表示されています
チップの種類 グラボに搭載されているチップの名前が表示されます
DACの種類 デジタル信号をアナログ信号に変換する回路のことです。ゲームなど一般的な用途で使用する場合には、深く気にする必要はない項目です
デバイスの種類 基本的に「フルディスプレイデバイス」と表示されます
メモリ合計 グラボのメモリ容量が表示されます。純粋なグラボのメモリ容量は「VRAM」と呼ばれる部分の値になります。
ここの容量が多い方がより高画質な映像などを処理する能力を持っていると言えます。

今回の場合だとグラボの名前は「Intel(R)Iris(R)Xe Graphics」となり、メモリ容量は「128MB」になります。

Windows 7と8で使用中のグラボを調べるには?

Windows7と8では以下手順で確認することが可能です。

  1. デスクトップ上で右クリック
  2. 「画面の解像度」をクリック
  3. 「詳細設定」をクリックし、グラボに関する項目を確認します

Macの使用中のグラボの確認方法は?

Macの場合は、以下の手順でグラフィックボードを確認できます。

  1. Macメニューを開く
  2. 「このMacについて」をクリック
  3. 「システムレポート」をクリック
  4. 「グラフィックス/ディスプレイ」をクリック

買い替え時に「使用中のPCに対応しているグラボ」を調べるには?

買い替え時に押さえておくべきポイントは以下の4点です。

  • グラフィックボードのサイズ
  • 使用する拡張スロットの数
  • 補助電源の有無
  • 使用するディスプレイの入力ポート

特にローエンドやミドルエンドのグラボからハイエンドグラボに乗り換える場合には上記に注意が必要です。PCケースにグラボが収まりきらなかったり、補助電源が無いためにグラボを動かす電力が足りないということが起こるリスクがあります。

一方で、使用中のPCが既にハイエンドグラボを搭載している場合、グラボのサイズやスロット数、補助電源などは大きくは変わりません。この場合、必然的に対応するグラボの数も増えます。目当てとするゲームのベンチマークなどを参考に、グラボを選ぶと良いでしょう。

グラボを買い替えるべきタイミングは?

目安としては5年程で交換するのがおすすめです。しかしながら、最新のゲームをプレイし続けるのが前提となる場合、5年では買い替えるタイミングが遅いかもしれません。

プレイするゲームにもよりますが、2年程度での買い替えが必要になる可能性があるため、目安として覚えておくと良いかもしれません。

パソコンの寿命はおよそ5年~7年とされています。一口に寿命といっても、ストレージを始めとしたパーツの破損、OSのサポート期間終了といった具合に、様々な要因があります。ここではパソコンの寿命、…

目安として、2014年以前に発売されたグラボを持っている場合は買い替えをおすすめします。たとえば「NVIDIA GeForce GTX 970」や「AMD Radeon™ RX 480」より前のグラボは「Apex Legends」や「FF14 暁月のフィナーレ」の推奨動作環境未満のグラボに該当します。ほとんどのゲームを快適にプレイできない可能性が高いため、買い替えが望ましいでしょう。

2021年11月23日より、新たな拡張ディスク「暁月のフィナーレ」がリリースされることが発表された「ファイナルファンタジーXIV」。アップデートに先行して公開された新たなベンチマークは、…

2019年にPC版が発売された、オンラインFPSゲーム「Apex Legends(エーペックスレジェンズ)」。発売当初PCへの負荷自体はそれほど高くなく、バトルロイヤル系のFPSということから、…

まとめ

今回はグラボの確認方法や診断ツールの見方についてご紹介しました。
ゲームをする上でグラボは必要不可欠なパーツです。
今回の確認方法を知っていれば、わざわざケースを開ける必要もなく型番をチェック出来ますので、手間を省くことが出来ます。

またゲームが要求してくるスペックも年々変わってきますので、買い替えの際には推奨動作環境に記載されているグラボの型番に注意しながら購入を検討してください。

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※6月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
G-GEAR

GA7J-E221/B

Core i7-12700 RTX 3060Ti 16GB 1TB 750W GOLD
ストーム

PG-PP12

Core i5-12400 RTX 3070 16GB 500GB NVMe 850W GOLD
ZEFT

G24CT

Corei5-12400F RTX 3060 16GB 500GB NVMe 750W GOLD
サイコム

G-Master Spear Z690/D5

Core i7-12700K RTX 3060 32GB 500GB 750W GOLD
クリエイターPC

WA7J-E213/ZT

Core i7-12700K CPU内蔵グラフィックス 16GB 1TB 750W GOLD

BACK TO LIST

見た目良し!スペック良し!なサイコムのBTOパソコンを、女性自作erでもあるストリーマー・つつまるがレビュー!【PR】

自作erも納得の性能!eスポーツキャスター・平岩康佑がGALLERIA(ガレリア)のBTOパソコンをレビュー【PR】

FPSプロゲーマー・GorouがツクモのゲーミングPC「G-GEAR Aim」をレビュー!Apexでの無双プレイもお任せ【PR】

FPS界屈指の実力派・GreedZzも納得!arkのゲーミングPC「arkhive」の性能をApexで体験【PR】

FPS初心者にこそおすすめ!プロゲーマー・keptがパソコン工房のゲーミングPC「LEVEL∞」の実力をApexで試してみた 【PR】

Apexプレデター・Lightも大満足!FRONTIERのBTOパソコンの実力を検証してみた【PR】

【エルデンリング】推奨Ping値・重いときにラグを減らす方法まとめ

【FF14】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【原神】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【フォートナイト】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【Apex Legends】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

原神に必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

フォートナイトに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

Apex Legendsに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

ELDEN RING(エルデンリング)の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボまとめ

FF15の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボ・CPU・ゲーミングPCまとめ