• TOP
  • CATEGORY
    VR
  • TITLE
    若いユーザーを中心に人気になっている「VRChat」ですが、必要な性能が明確には書かれておらず、実査にどの程度の性能があればよいのかわからない状況になっています。
    本当にVRCthatで必要になる性能がどれくらいなのか、4種のグレードが異なるビデオカードを用意し、その検証結果をお届けします。VRChatをはじめてみたいという方は、PC選びの参考に活用してもらえればと思います。


CATEGORY
VR

“VRChat”は1万円クラスのビデオカードでも遊べた! 4種のGPUを使って必要な性能をチェック

  • DATE
    2018.09.14
  • WRITTEN BY
    真田 マイク


DDIYer
DDIYer

はじめに!今おすすめのBTOパソコンをご紹介します!どれもゲーミング向けなので、希望のタイプが見つかりますよ!

  • アプライドネット

    Barikata SF30


    ・博多っ子のもつ積極的に新しい物事へ取り組もうという「進取の気性」を体現したPC

  • パソコンショップSEVEN

    SR-ii5-7460H


    ・インテル® Core™i5-11400 プロセッサー搭載
    ・GeForce ® GTX1660 Super搭載

  • Ark

    GC-I5G36M


    ・コダワルほどにオトクになる「自分だけのコダワリの一台」
    ・コダワリを形に出来るカスタマイズ性

  • インバースネット

    FRGH570/SG2


    ・エアフロー性能とデザイン性に優れたプレミアムタワーケース
    ・NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti搭載

  • パソコン工房

    LEVEL-R05A-iX4-RBX


    ・拡張性の高いミドルタワーケースを採用したゲーミングPC、購入後のメンテナンスも簡易

GALLERIA RM5C-R36

155,980円(税込)

編集部が選ぶ今もっともおすすめのBTOパソコン!

洗練されたスペックと使いやすさを突き詰めた冷却設計

ゲームを心から楽しめるのは、まさに技と気持ちが同体になったとき。 余計なものを削ぎ落とし洗練されたスペックが、快適なプレイアビリティを実現。

  

“VRChat”は1万円クラスのビデオカードでも遊べた! 4種のGPUを使って必要な性能をチェック

若いユーザーを中心に人気になっている「VRChat」ですが、必要な性能が明確には書かれておらず、実査にどの程度の性能があればよいのかわからない状況になっています。実際に遊ぶ際、本当に必要になる性能はどの程度なのか、AKIBA PC Hotline!が4種類のビデオカードを使用して検証しているので、その結果をお伝えします。使用されているビデオカードはGeForce GT 1030、GeForce GTX 1050、GeForce GTX 1060 6GB、GeForce GTX 1080です。

 

日本でも若い人を中心に人気になりつつある「VRChat」、好きなアバターが使えたりと、自由さもウリのコミュニケーションツールです。

4種類のビデオカードを使用して必要となる性能をチェック。右からGeForce GT 1030、GeForce GTX 1050、GeForce GTX 1060 6GB、GeForce GTX 1080。

 

液晶ディスプレイで遊ぶならエントリークラスのビデオカードでもOK!

液晶ディスプレイでVRChatを遊んだ際のフレームレート。60fps近くでていればかなり快適です。VRChatは、VRとついていますが、一般的な液晶ディスプレイで遊ぶこともできます。VRヘッドマウントディスプレイが無くても気軽にはじめられる手軽さもVRChatの魅力の一つです。液晶ディスプレイを使った際の負荷の検証結果ですが、AKIBA PC Hotline!によると、性能的にはGeForce GT 1030でも遊べるとのこと。

GeForce GT 1030搭載ビデオカードは税込8千円~1.2万円前後で販売されているので、VRChatをとりあえずはじめてみたいという方は、エントリークラスのビデオカードがあれば大丈夫そうです。人が増えたり派手なエフェクトがかかるシーンなどでは負荷が高くなるので、常に快適に遊びたい場合はGeForce GTX 1050以上のモデルがお勧めとされています。

 

VRヘッドマウントディスプレイで遊ぶならビデオメモリ6GBのGeForce GTX 1060が必要

VRヘッドマウントディスプレイで遊んだ際のフレームレート。ビデオメモリの容量が低いカードでは遊べない状況になります。続いてVRヘッドマウントディスプレイで遊んだ際の結果ですが、こちらはかなり性能が要求されるようです。GPU性能が足りないと、まともに操作できないレベルになってしまうようで、快適に動作させるにはGeForce GTX 1060 6GB以上の性能が必要なようです。

また、動作中のビデオカードのメモリ使用量は5GBに達するとのことで、ビデオカードを選ぶ際は、ビデオメモリが6GB以上のモデルを選ぶ点も解説されています。GeForce GTX 1060はメモリ3GBと6GBが販売されているので、購入時には注意する必要があります。VRヘッドマウントディスプレイを使って快適に遊ぶ際は、GeForce GTX 1060以上のモデルを選び、ビデオメモリ容量も6GB以上のモデルを選ぶのがお勧めです。

 

AKIBA PC Hotline!は こちら!

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※11月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
Ark

GC-I5G36M

Intel Core i5-10400 NVIDIA RTX 3060 DDR4-2666 16GB(8GBx2) SSD M.2 500GB 550W/80Plus GOLD
アプライドネット

Barikata SF30

Intel Core i5-11400 8GB(8GBx1) SSD M.2 500GB 750W/80PLUS GOLD
インバースネット

FRGH570/SG2

Intel Core i7-11700KF NVIDIA RTX 3070 Ti DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 1TB 2TB HDD 850W/80PLUS GOLD
パソコンショップSEVEN

SR-ii5-7460H

Intel Core i5-11400 NVIDIA GTX1660 Super DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 500GB 600W/80Plus Bronze
ドスパラ GALLERIA

RM5C-R36

Intel Core i5-11400 NVIDIA RTX 3060 DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 500GB/td> 650W/80PLUS BRONZE

BACK TO LIST