• TOP
  • CATEGORY
    初めての自作
  • TITLE
    2018年は新型のPCパーツが多数登場し、ハードウェアの進歩が著しい一年となりました。前回まではPCパーツの進化を中心にお伝えしましたが、今回はディスプレイ周りの進化についてお届けします。ちなみに、4KやHDRを利用するならWindows 10が便利になっているので、ポイントをご紹介します。




CATEGORY
初めての自作

4K/HDR液晶を使うならWindows 10が快適、高解像度なPC環境が身近に

  • DATE
    2018.12.28
  • WRITTEN BY
    真田 マイク

G-GEAR GA7J-E221/B

222,800円(税込)

編集部が選ぶおすすめのBTO PC!
抜群のコスパと高冷却性レイアウトを採用した独自ケースで、高フレームレートFPSゲームに最適!

強力なintelプロセッサーと高性能GeForceグラフィックスで、ゲーミングPCのステップアップにオススメ。もちろんツクモならではの「選べるCPU×GPU×OS」の豊富な組み合わせから自分だけのオリジナルモデルにカスタマイズできます!

>> 関連記事 : 今さら聞けない!フルハイ・4K・・・どこまで変わるのか画質検証!~そもそもフルエイチデー?よんけー? 何が違うの?


  • G-GEAR

    GA7J-E221/B


    ・抜群のコスパと高冷却性レイアウトを採用した独自ケースで、高フレームレートFPSゲームに最適!

  • ストーム

    PG-PP12


    ・抜群のエアフローケースで冷却を採用したRTX3070モデル

  • ZEFT

    G24CT


    ・ゲーミングPC初心者の方や学生の方におすすめのCore i5×RTX3060搭載ゲーミングPCです。

  • サイコム

    G-Master Spear Z690/D5


    ・最新のパーツで固めたカスタマイズ性に優れる定番ゲーミングPC
    ・メモリも最新のDDR5を採用

  • クリエイターPC

    WA7J-E213/ZT


    ・オンボードからGeForce・Radeonまで、用途に合わせたGPUが選べるクリエイター向けモデル

4K/HDR液晶を使うならWindows 10が快適、高解像度な環境が身近に

2018年は新型のPCパーツが多数登場し、ハードウェアの進歩が著しい一年となりました。前回まではPCパーツの進化を中心にお伝えしましたが、今回はディスプレイ周りの進化についてお届けします。4KやHDRを利用するならWindows 10が便利になっているので、ポイントを見ていきたいと思います。

なお、より詳しい内容はAKIBA PC Hotline!で掲載されているので、気になる方はチェックしてみてください。4K/HDRディスプレイがWindows 10で身近に。

 

 

 

4KディスプレイはフルHDの4倍の情報量、価格も3万円台からと安価に

 まずは4Kディスプレイのおさらいから。PC向けの4Kディスプレイは画面解像度が「3,840×2,160ドット」のモデルが主流で、価格も3万円台から購入可能とお手軽になっています。登場初期はかなり高価でしたが、現在は大分値下がりしました。


4Kディスプレイの表示領域はフルHDの4画面分に相当。表示可能な情報量も4倍となる。

Windows 10は4Kディスプレイを想定し、文字の表示サイズなどスケーリングを細かく調整可能です。4Kディスプレイは表示できる情報量がフルHDの約4倍と一気に増えますが、液晶ディスプレイのサイズが同じであればその分文字サイズなどが小さくなり、場合によっては視認性がさがることもあります。

そうした問題に対応できるようWindows 10ではスケーリング機能があり、文字サイズなどの表示倍率を変更可能です。また、一部のアプリケーション拡大表示、一部のアプリケーションはそのままのサイズで表示といったカスタムも可能で、ユーザーの好みや使いやすさに合わせて、細やかな設定が可能です。

 

 

 

より鮮やかな表示ができる「HDR」、白飛び/黒つぶれをを抑えて美しい表示が可能

「4K」と合わせて最近身近になってきたんが「HDR」。これまでのディスプレイよりも表示できる明暗の幅を拡張したもので、明るい場面でも白飛びせず、暗い場面では黒つぶれを抑えるといったより高画質な表示が可能になる規格です。 対応ディスプレイは4K対応ヒント比べるとまだ数は少ないものの、安価なモデルも徐々に増えてきています。また、PCではWindows 10から正式サポート。対応ディスプレイを使用していれば、気軽に設定を切り替えることもできます。

Windows 10ならHDRのON/OFFも手軽に切り替え可能。

HDRは機器だけで無く、利用するコンテンツも対応している必要がありますが、PCであれば、最新の大作ゲームを中心に対応するコンテンツが増えており、HDRの高画質を楽しむことができます。代表的なタイトルを挙げると、「Forza Horizon 4」「バトルフィールド V」「アサシン クリード オデッセイ」「シャドウ オブ ザ トゥームレイダー」「モンスターハンター:ワールド」「FINALFANTASY XV」などで現在楽しむことができます。

HDRは大作ゲームを中心に対応タイトルが増加中。

 

 

 

4K/HDR出力にはどんなビデオカードが必要?ゲームは重くない?

4KとHDRですが、出力するには対応するビデオカードやGPU機能が必要になります。Sandy Bridge世代PCを使用しているユーザーはまだそこそこいらっしゃると思いますが、古いハードウエェアでは出力自体できなかったりするので、そこは注意が必要です。高画質な映像をフルに楽しむなら、やはり最新ハードウェアがお勧めです。

Sandy Bridgeの時代のハイエンドビデオカードGeForce GTX 480。出力できる最大解像度は2,048×1,152ドットまでで、4Kは利用できません。

最新のGeForce RTX 2080であれば、DisplayPort 1.4またはHDMI 2.0bポートで4K(3,840×2,160ドット)出力が可能。

実際に4K/HDRでゲームを快適に遊ぶにはそれなりの性能が必要になります。規格の出始めなどは将来を見越したものとなっていることもあり、特にゲームなどは快適に遊べないと言うこともありますが、現在の最新PCであれば4K/HDR対応ゲームも快適に遊べます。「Forza Horizon 4」を例に挙げると、GeForce RTX 2080とCore i9-9900Kを搭載したPCでは、4K/HDR有効時でも70フレーム以上で遊ぶことが可能で、高解像度かつ高画質な映像を楽しむことができます。

4K/HDRの高画質を楽しめる「Forza Horizon 4」。

GeForce RTX 2080 + Core i9-9900Kを搭載した最新PCを用意。

このPCであれば、4K/HDRの「Forza Horizon 4」を70フレーム以上の滑らかな画質で遊べます。

>> 関連記事 :ゲームをやるなら自作PCがお勧めの理由 : その2 – 「美しい」4K ディスプレイでも遅延なく快適に

 

 

 

まとめ

Windows 7のサポート終了が近づいていることもあり、PCの買い換えを検討してる方も多いかと思います。旧PCから大きな変化を感じたいといった方や、高画質なグラフィックを楽しみたいと言った方は、4K/HDR対応ディスプレイと合わせてハイスペックなPCへの乗り換えがお勧めです。

AKIBA PC Hotline!は こちら!

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※6月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
G-GEAR

GA7J-E221/B

Core i7-12700 RTX 3060Ti 16GB 1TB 750W GOLD
ストーム

PG-PP12

Core i5-12400 RTX 3070 16GB 500GB NVMe 850W GOLD
ZEFT

G24CT

Corei5-12400F RTX 3060 16GB 500GB NVMe 750W GOLD
サイコム

G-Master Spear Z690/D5

Core i7-12700K RTX 3060 32GB 500GB 750W GOLD
クリエイターPC

WA7J-E213/ZT

Core i7-12700K CPU内蔵グラフィックス 16GB 1TB 750W GOLD

BACK TO LIST

見た目良し!スペック良し!なサイコムのBTOパソコンを、女性自作erでもあるストリーマー・つつまるがレビュー!【PR】

自作erも納得の性能!eスポーツキャスター・平岩康佑がGALLERIA(ガレリア)のBTOパソコンをレビュー【PR】

FPSプロゲーマー・GorouがツクモのゲーミングPC「G-GEAR Aim」をレビュー!Apexでの無双プレイもお任せ【PR】

FPS界屈指の実力派・GreedZzも納得!arkのゲーミングPC「arkhive」の性能をApexで体験【PR】

FPS初心者にこそおすすめ!プロゲーマー・keptがパソコン工房のゲーミングPC「LEVEL∞」の実力をApexで試してみた 【PR】

Apexプレデター・Lightも大満足!FRONTIERのBTOパソコンの実力を検証してみた【PR】

【エルデンリング】推奨Ping値・重いときにラグを減らす方法まとめ

【FF14】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【原神】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【フォートナイト】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【Apex Legends】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

原神に必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

フォートナイトに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

Apex Legendsに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

ELDEN RING(エルデンリング)の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボまとめ

FF15の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボ・CPU・ゲーミングPCまとめ