DIGITAL DIY

  • TOP
  • CATEGORY
    初めての自作
  • TITLE
    これまで実験放送が続いてきましたが、ついに2018年12月から4K8KTV放送が正式サービスを開始しました。テレビ放送はいままでも地デジやBS/CS放送などがありましたが、4K8KTV放送はそれらとどう違うのでしょうか。
    ここでは4K8KTV放送の特徴や魅力について解説していきます。視聴するために必要な準備や、知っておくべき放送の現状についても解説しますので、4K8KTV放送が気になっている人は参考にしてみてください。
CATEGORY
初めての自作

これまで実験放送が続いてきましたが、ついに2018年12月から4K8KTV放送が正式サービスを開始しました。テレビ放送はいままでも地デジやBS/CS放送などがありましたが、4K8KTV放送はそれらとどう違うのでしょうか。
ここでは4K8KTV放送の特徴や魅力について解説していきます。視聴するために必要な準備や、知っておくべき放送の現状についても解説しますので、4K8KTV放送が気になっている人は参考にしてみてください。

>> 関連記事 :【PCでTV視聴】パソコンをテレビ化するメリットと4つの方法 

■ 2018年12月より放送開始した4K8KTV放送とは

これまで4K8KTV放送は実験放送として提供されてきましたが、2018年12月よりついに本放送としてサービスが開始されました。これまでのTV放送とはまったく異なる次元の視聴体験ができると言われている4K8KTV放送ですが、その実力は具体的にどういったものなのでしょうか。

● 4K8KTV放送の何がすごいの?

4Kや8Kとは画面解像度のこと。肉眼ではよくわかりませんが、テレビモニタの表面は細かいドット(点)の集まりになっています。このドットが明滅することにより画面上にさまざまな映像が映し出される仕組みとなっているのです。現在一般的に普及しているものはフルHDのテレビモニタです。

フルHDでは「【横】1920×【縦】1080」のドット数で画面を表示しています。

4Kモニタではその数が「【横】3840×【縦】2160」になり、8Kともなると「【横】7680×【縦】4320」となります。

同じインチ数の画面で比較すれば、4Kで4倍、8Kで16倍の情報量が一画面内に表示されることになります。この画面の点をブロック遊びに例えると、同じものを作るのにより多くのパーツを使えるのが4Kや8Kということになります。画像の細かい部分までくっきりと表現できるので、フルHDよりも美しい映像を視聴することができるのです。

ちなみにブラウン管時代のテレビモニタはSD画質と呼ばれており、画面表示は走査線で画面上部から下部にかけて1ラインずつ描いていくものでした。残像効果を利用して1画面ぶんの映像を表示するもので、日本のNTSC方式では縦方向の有効解像度が480ラインしかありません(現在のテレビモニタは画面全体を同時に書き換えるプログレッシブ方式)。いかに現在のテレビが高精細になっているかがわかりますね。

4Kや8Kの説明が長くなってしまいましたが、つまりこの高精細映像をテレビ番組として放送するのが4K8KTV放送なのです。

厳密に言うと、今回この放送が始まる以前から4Kの映像コンテンツはありました。テレビ番組ではCS衛星放送局のスカパー!が「スカパー!4K」を放送しています。またNetflixなど、インターネットの画像配信サービスでは4Kコンテンツを配信していますし、Ultra HD Blu-rayという規格で4K映像を収録したパッケージソフトが販売されています。

ではなぜ4K8KTV放送が話題になるのかと言うと、既存の4Kコンテンツが有料だったのに対し、地デジ放送のように無料で番組が放送されるものだからです。4Kや8Kで作られた美しい番組映像が一般の放送として提供されるのですから、とても魅力的なサービスだと言えるでしょう。

 

■ 4K8KTV放送を視聴するには

4K8KTV放送は衛星放送です。従来の衛星放送の設備では受信できないケースがあり、新しく4K放送を受信するための設備が必要となります。

 

● 4K8K対応の衛星放送受信設備が必要

4K8KTV放送を受信するためには以下の設備・機材が必要です。

・4Kテレビ、4K対応テレビ

すでに持っていれば新しく用意する必要はありません。一般的なハイビジョンテレビしかない人は、それでは視聴できないので新しく購入しなければなりません。

・4Kチューナー

番組を受信するためのチューナーは「新4K衛星放送」に対応したものを用意する必要があります。

・BS右旋に対応したBSアンテナ

今回放送を開始した4K8KTV放送では、BS右旋という電波送出方式を採用しています。これまでのBS放送を視聴していた人は従来の左旋方式アンテナでは受信できません。4K・8K対応と書かれている右旋方式のアンテナに買い換える必要があります。

このほかにもブースターや接続ケーブルなど、細々としたパーツを4K・8K対応品にする必要があります。これら視聴環境はご家庭ごとに異なっていることが多いので、詳しくは電気店に相談して必要な機材をリストアップするといいでしょう。

 

■ 4K8KTV放送で現状気になること

● 視聴環境を整えるコスト

放送を視聴するために新しく用意しなければならない設備・機器が多く、初期コストがかかってしまう点がまず気になります。数千円で済むなら気軽に用意できますが、機材の買い足しで住む場合でも数万円、フルセットで設備・機器を揃えなければいけない場合は数十万円からの出費が必要になってきます。後述するコンテンツ数の課題も含めると、出費に見合うだけの満足を自分が得られるか判断する必要があるでしょう。

●コンテンツ不足

4K放送は以下の放送局が行っています。

・NHK BS 4K
・BS日テレ 4K
・BS朝日 4K
・BS-TBS 4K
・BSジャパン 4K(テレ東)
・BSフジ 4K

8K放送は以下の放送局が行っています。

・NHK BS 8K

地デジのキー局全てが揃っていますが、このうちBSフジ 4Kだけは出遅れており、2019年9月から放送予定となっています。

一見すると既存のテレビ放送並みに充実しているように見えますが、実は4K画質で放送されている番組は一部に留まっており、従来のHD画質と混在したサイマル放送が行われている状態です。実質的にはまだ4Kの恩恵を受けられる内容となっていません。本放送は始まったものの、現実的にはまだコンテンツが不足しているといった状態です。

>> 関連記事 : 【PCでTV視聴】地デジチューナー増設でテレビを見る環境構築手順

 

■ 技術的には魅力が多いながら状況的にはまだマニア向けのサービス

電気店の店頭や有料コンテンツで4Kや8K画質のコンテンツを見た人なら、その映像の美しさは充分に実感していると思います。ましてや地デジのように無料なのですから、早く自分の家で満喫したいという気持ちは強いでしょう。

しかし残念ながらコンテンツ不足は否めず、まだ時期尚早な段階だということも確かです。新しい技術製品を誰よりも早く手に入れたいアーリーアダプターと呼ばれるマニア層は別として、一般の消費者はしばらく様子を見たほうがいいかもしれませんね。コンテンツさえ充実してしまえば非常に魅力的なサービスなので、また高品質のTV視聴は高いパフォーマンスを実現できる自作PC市場が盛り上がる可能性も秘めていますし、これからに期待しましょう!


BACK TO LIST