DIGITAL DIY

  • TOP
  • CATEGORY
    クリエイター
  • TITLE
    皆さんこんにちは。最近はスマホで高画質な写真や動画を手軽に撮影できるようになりましたね。ちょっと気になった光景が目に入ったら、ついスマホでパシャリとしたくなる方も多いのではないでしょうか?ここでは、写真を撮ってるけど撮りっぱなし、編集には興味があるけどよく分からないと敷居を高く感じている方に向けて、プロ用の編集ソフトであるAdobe Creative Cloudを使った編集方法を実例を交えて紹介していきたいと思います。
CATEGORY
クリエイター

皆さんこんにちは。最近はスマホで高画質な写真や動画を手軽に撮影できるようになりましたね。ちょっと気になった光景が目に入ったら、ついスマホでパシャリとしたくなる方も多いのではないでしょうか?ここでは、写真を撮ってるけど撮りっぱなし、編集には興味があるけどよく分からないと敷居を高く感じている方に向けて、プロ用の編集ソフトであるAdobe Creative Cloudを使った編集方法を実例を交えて紹介していきたいと思います。

>> 関連記事 :クラウドサービス使ってる?クラウドの仕組みと便利なおすすめサービスまとめ

■ Adobe Creative Cloudって何?

Adobe Creative Cloudとは、Adobe社が開発したあらゆる分野のコンテンツ編集を可能とする統合ソフトウェアです。写真編集であればAdobe Photoshop、イラスト作成であればAdobe Illustrator、動画編集であればAdobe Premiere、アニメーション作成であればAdobe After Effects、その他にもWeb制作やオーディオ編集など、各コンテンツや制作内容に応じたソフトウェアが用意されています。今回は、写真やイラストなどで代表的なAdobe PhotoshopとAdobe Illustrator、動画関連で代表的なAdobe PremiereとAdobe After Effectsについて見ていきたいと思います。

 

Adobe Photoshopってどんなもの?

Adobe Photoshopは、写真編集を得意とするソフトウェアです。写真編集ソフトウェアとしては歴史が長く、幾度もアップグレードを積み重ねてきたソフトウェアだけあって完成度が高いです。それ故に便利な機能がたくさんあるので、完璧に使い熟すには熟練が必要となりますが、全ての機能を使わなくても十分に編集は可能なので構える必要はありません。

 

Adobe Illustratorってどんなことが出来るの?

Adobe Illustratorは、イラスト制作や印刷物のデザインを得意とするソフトウェアです。
こちらもイラストや印刷物の制作に関しては歴史の長いソフトウェア。Adobe Photoshopは写真(既にあるデータ)を編集することが得意ですが、Adobe Illustratorは何も無い状態から作り出していく形がメインとなります。もちろん、その過程で写真を素材として使うことはあります。

 

ビットマップ画像とベクター画像の違い

Adobe PhotoshopとAdobe Illustratorって何が違うの?という質問を見かけることがあります。

確かにどちらも画像を扱うソフトウェアには違いないので、パッと見だと何が違うのか分かりにくいのも事実です。扱うデータ方式の違いを理解すれば全然違うものだということが分かるので、補足しておきます。まず、Adobe Photoshopではビットマップ画像を扱い、Adobe Illustratorではベクター画像を扱います。なかなか聞きなれない言葉ですが、理屈は簡単です。ビットマップ画像は点(ドット)の集合体で絵を構成する画像データとなり、スマホやカメラで撮影した画像は基本的にこのビットマップ画像です。ベクター画像というのは、点と点を線で結んで作られる設計図のようなデータとなり、チラシやWebページ、キャラクター等のデザインを作成する時に使われることが多いものです。

 

Adobe Premiereってどんなことが出来るの?

こちらは動画を編集する時に使われるソフトウェアです。動画素材から不要な箇所を削除し、違和感がないように繋いでいくと言ったカット編集が基本です。複数の写真をつなぎ合わせ、動きを付ければスライドショーも作ることが出来るので、是非とも触ってみて頂きたいソフトウェアのひとつです。

>> 関連記事 :Adobe Premiere Proを使って映像作品を作ろう①

 

Adobe After Effectsってどんなことが出来るの?

こちらも動画を作成するソフトウェアです。ただ、Adobe Premiereが既にある動画素材をカット編集することが主の目的に対して、Adobe After Effectsは動画の一部に動きを付けたり、素材をアニメーションさせたり、CGを作り出したり等、まさにEffect(効果)を付加していくようなソフトウェアです。同じ「動画」を編集するにも得意な分野、不得意な分野がある為、どの作業をどのソフトウェアで行うべきかを正しく判断することが作業効率向上のカギとなります。


BACK TO LIST