DIGITAL DIY

  • TOP
  • CATEGORY
    クリエイター
  • TITLE
    スマホでの手軽な写真撮影から、さらにもっと良い写真を撮りたいというクリエイティブ欲が出たとき、気になってくるのがデジタル一眼レフカメラ。なぜ一眼レフだときれいな写真が撮れるのでしょうか。初心者向けに簡単に分かるよう、一眼レフの特徴と一眼レフで写真撮影をするメリット・デメリットについて解説します。
CATEGORY
クリエイター

スマホでの手軽な写真撮影から、さらにもっと良い写真を撮りたいというクリエイティブ欲が出たとき、気になってくるのがデジタル一眼レフカメラ。なぜ一眼レフだときれいな写真が撮れるのでしょうか。初心者向けに簡単に分かるよう、一眼レフの特徴と一眼レフで写真撮影をするメリット・デメリットについて解説します。

>> 関連記事 : インスタグラマー?もっとクオリティの高いもの作れるよ!そう…PCならね。【必見】シーン別、写真映えする法則まとめ

■ 初心者でも簡単に分かる?デジタル一眼レフカメラの特徴と使い方

まずはデジタル一眼レフカメラ(以降は一眼レフとします)の簡単な仕組みから説明しましょう。「一眼」とは、写真を撮影するレンズと光学ファインダー用のレンズが同じものだという意味です。「レフ」とはカメラの中にあるミラーで、撮影用のレンズに入ってきた像をファインダーに移す働きをします。

一眼レフの特徴は、まさにこのカメラで撮影しようとしている画像がファインダーから見える点で、自分が撮りたい構図に集中して撮影できます。そのほかの一眼レフの特徴についても見ていきましょう。

 

● デジタル一眼レフはレンズ交換式

スマホやコンデジは基本的にレンズを交換せず、1つのレンズですべての画像を撮影します。通常のレンズの上から装着するタイプのレンズもありますが、本体のレンズを取り外して交換することはしません。

一方、一眼レフは被写体や撮影シーンでレンズを交換する「レンズ交換式」が基本です。そのシーンに合ったレンズを付け替えるため、スマホやコンデジでは撮影しにくい走行中の電車や大画面の風景の広い範囲を1枚の写真に収めることができ、より迫力のある写真が撮影できます。

 

● オートフォーカスを使えば初心者でも簡単に使える

いろいろなダイヤルがついていて難しそうに思える一眼レフですが、オートフォーカス機能も優秀です。初心者がそのままシャッターを切るだけでも、十分にきれいな写真が撮れます。レンズの選択やカメラを撮影するときの設定にある程度の知識は必要ですが、お散歩カメラを撮りたい場合はオートフォーカスで標準レンズを選べば楽しく写真撮影ができるでしょう。

ピントを思い通りの場所に当てたい場合や露出を変えたい場合など、写り具合を自分で操作したくなってから、マニュアルでの撮影方法を覚えても大丈夫です。

 

● プロご用達で各メーカーのフラグシップ機が多い

一眼レフは、撮る人の細かな表現力に応えるだけの豊富な機能や基本性能の良さが備わっている、プロ御用達の機種です。そのため、各メーカーのフラグシップ機が多いことも特徴として挙げられます。

 

■ デジタル一眼レフカメラのメリットとデメリット

一眼レフを使っての写真撮影にはメリットとデメリットがありますので解説します。

 

● メリット1:高性能で美しいボケも自由自在

一眼レフは、スマホやコンデジではぼけたりぶれたりしやすいシーンでも、美しい写真が撮れる性能の高さが魅力です。夜景や室内など、光の量が足りないところでの撮影、動くものの撮影、被写体にぐっと近寄っての接写など、環境のマイナス面はたいていカバーできます。

また、背景をぼかして手前の被写体を目立たせる、といった撮り方も、一眼レフならお手のものです。インスタ映えするテーブルフォトやポートレートも、一眼レフならとてもきれいに撮影できます。

 

● メリット2:シーンに合わせて最適なレンズが選べる

一眼レフはシーンに合わせて最適なレンズを選ぶことができ、より良い写真を撮影できる点そのものがメリットです。レンズと一体型のカメラなら何台も必要ですが、レンズを交換することで、1台でも幅広いシーンに対応した撮影ができます。

 

● デメリット1:本体もレンズも高価

非常に高性能な一眼レフは、それだけどうしても高価です。レンズも、こだわればこだわるほど高価なレンズを買い求めてしまい、いわゆる「レンズ沼」にはまってしまう人も…。

自分が撮影したい写真を撮るために機材をそろえていくのは楽しいものですが、経済的な負担は大きいものがあります。

 

● デメリット2:重くて持ち運びが大変

一眼レフは、本体が比較的大きな機種が多く、特にフラグシップ機になると、レンズも併せての持ち運びはなかなか大変です。風景や夜景を撮りたくて三脚も使うとなるとさらに荷物は増えます。

ここぞというときの撮影や作品作りには一眼レフを使うけれど、普段の撮影や旅行ではハイエンドコンデジを選ぶ人も。

■ デジタル一眼レフカメラメーカー各社の特徴

一眼レフカメラを作っているメーカーは、2大メーカーのキヤノンとニコン、そして老舗のペンタックスが有名です。それぞれの特徴についても知っておきましょう。

 

● デジタル一眼レフの主要メーカーキヤノン

キヤノンは、一眼レフの主要メーカーとして有名です。初心者向きのエントリーモデルから、プロ仕様のフラグシップモデルまで多くの機種を販売していて、多くの愛用者がいます。

キヤノンの特徴は、人物のポートレートが美しく撮れることと、オートフォーカスの反応が早く、子どもやペットなど動き回る被写体もしっかりととらえられる点です。

子どもの運動会や、人物や動物をメインに撮りたいなら、まずキヤノンの機種を検討してみることをおすすめします。

 

● 機能面にこだわるならニコン

ニコンは、撮影画像の発色が見たまま忠実に再現できることでプロの愛用者が多いメーカーです。特に風景や街撮り、鉄道や飛行機などの乗り物を撮影するとき、その緻密な再現力が発揮されます。風景などを中心とした「作品」作りにじっくりと取り組みたい、と考えている方におすすめです。

 

● 老舗のデジタル一眼レフメーカーペンタックス

キヤノン、ニコンに続いて紹介したいメーカーがペンタックスです。フィールドワークの撮影に強い性能を備えており、グリーンカラーが美しく出るため自然の多い風景撮影に向いています。

>> 関連記事 : インスタグラマー?もっとクオリティの高いもの作れるよ!そう…PCならね。Instagramを使う人は多くいるけれどもより高い作品を作って沢山イイね!をもらおう!

 

■ デジタル一眼レフの特徴をまず覚えよう

難しく見える一眼レフですが、初心者にも使いやすい機能が備わっているため思ったより簡単にきれいな写真が撮影できます。購入を検討する際は、実際に家電量販店などで実機を使ってみて、重さや大きさ、ボタンなどの操作がしやすいかどうかを探ってみてくださいね。


BACK TO LIST