• TOP
  • CATEGORY
    クリエイター
  • TITLE
    これまでオブジェクトをアニメーションさせる基本についてお伝えしてきましたが、ここからはアニメーションのクオリティを更に上げる為のテクニックについて見てきたいと思います。まずはその第一歩として、簡単だけど効果の高いモーションブラーについて見ていきましょう。
CATEGORY
クリエイター

【Adobe AfterEffects初心者必見!】アニメーションロゴを作る為には? 躍動感を出すには【モーションブラー編】

  • DATE
    2019.01.25
  • WRITTEN BY
    あおい

サイコム G-Master Velox Intel Edition

197,010円(税込)

編集部が選ぶおすすめのBTO PC!
厳選されたパーツ構成、BTO初心者にも最適なゲーミングPC。カスタマイズなしで多くのゲームがプレイ可能。

BTOパソコンはパーツ選びが難しい、そんなユーザーの声に答えた「G-Master Velox」シリーズ。厳選されたパーツで構成されたBTO初心者にも最適な高性能なゲーミングPC。カスタマイズなしでも多くのゲームタイトルを快適にプレイ可能。

>> 関連記事 :Adobe AfterEffects:アニメーションロゴを作る為には? 【キーフレームの補完機能編】


  • サイコム

    G-Master Velox Intel Edition


    ・厳選されたパーツ構成、BTO初心者にも最適なゲーミングPC!
    ・カスタマイズなしで多くのゲームがプレイ可能

  • THIRDWAVE

    Monarch FE


    ・大容量ミドルタワーケースで拡張性の高いBTOモデル

  • クリエイターPC

    WA9A-E211/XT


    ・ローエンドからハイクラスまで、用途に合わせたGPUが選べるクリエイター向けモデル

  • ストーム

    PG-PH12


    ・抜群のエアフローケースで冷却を採用したRTX3060モデル

  • パソコン工房

    LEVEL-R769-LC129K-WAX


    ・ゲームも動画配信も万全なインテルのハイエンドCPU、Core i9を搭載!

モーションブラーとは?

モーションブラーとは、簡単に言ってしまえば「ブレ」のことです。例えばデジタルカメラで撮影した写真を思い浮かべてください。止まっている被写体を撮影すると、ピントが合っていればパキッとハッキリ写りますよね。ところが高速で動いている被写体、例えば車や電車などが通り過ぎる瞬間を撮影した時にはどうなるでしょうか。

大抵は被写体が横に伸びてブレた写真になるはずです。これがモーションブラー(動いているものがブレてみえる様)です。これをデジタルで再現するのがAfterEffectsのエフェクトの一つであるモーションブラーという機能です。

 

 

 

モーションブラーを適用してみよう

モーションブラーの適用は非常に簡単です。まずはモーションブラーの効果を分かり易くする為に四角に動くようにキーフレームを5個設置します。

続いて、モーションブラーのスイッチをONにします。なお、このスイッチには「メインスイッチ」と「個別スイッチ」があることに注意してください。メインスイッチは青く反転させ、かつモーションブラーを付けたいオブジェクトに対して個別スイッチをONにすることで動作します。

モーションブラーをONにした結果このように動きます。しかし、大抵の方は「ん?ブレてる?」と思われたと思います。それもそのはず、モーションブラーは高速に動くほど効果が出るもので、遅く動くものには殆ど効果がでません。では、今回の8倍の速度になるようにキーフレームを調整してみたいと思います。

如何でしょうか?オブジェクトの動きが早くなり、動きにブレが生じているのが分かると思います。このように高速に動くオブジェクトに対してブレを与えることで躍動感を出すことができます。

>> 関連記事 :Adobe AfterEffects:アニメーションロゴを作る為には?文字!【テキストレイヤー編】

 

 

 

まとめ

今回は、オブジェクトの動きにブレ効果を付ける「モーションブラー」について話をしてきました。この効果を使うことで、アニメーションのクオリティは一気に上がります。ロゴの出現やインパクトのある登場シーンなど使い方は様々です。今回、最終的に作り上げるアニメーションロゴにも使っていきますので、是非とも覚えておいてくださいね!

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※6月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
サイコム

G-Master Velox Intel Edition

Core i5-12400 RTX 3060 16GB 500GB NVMe 650W GOLD
THIRDWAVE

Monarch FE

Core i9-12900 CPU内蔵グラフィックス 16GB 500GB NVMe 550W BRONZE
クリエイターPC

WA9A-E211/XT

Ryzen 9 5900X GTX 1650 32GB 1TB 2TB 750W GOLD
ストーム

PG-PH12

Core i5-12400 RTX 3060 16GB 500GB NVMe 850W GOLD
パソコン工房

LEVEL-R769-LC129K-WAX

Core i9-12900K RTX 3080 Ti 32GB 1TB 800W GOLD

BACK TO LIST

見た目良し!スペック良し!なサイコムのBTOパソコンを、女性自作erでもあるストリーマー・つつまるがレビュー!【PR】

自作erも納得の性能!eスポーツキャスター・平岩康佑がGALLERIA(ガレリア)のBTOパソコンをレビュー【PR】

FPSプロゲーマー・GorouがツクモのゲーミングPC「G-GEAR Aim」をレビュー!Apexでの無双プレイもお任せ【PR】

FPS界屈指の実力派・GreedZzも納得!arkのゲーミングPC「arkhive」の性能をApexで体験【PR】

FPS初心者にこそおすすめ!プロゲーマー・keptがパソコン工房のゲーミングPC「LEVEL∞」の実力をApexで試してみた 【PR】

Apexプレデター・Lightも大満足!FRONTIERのBTOパソコンの実力を検証してみた【PR】

【エルデンリング】推奨Ping値・重いときにラグを減らす方法まとめ

【FF14】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【原神】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【フォートナイト】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【Apex Legends】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

原神に必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

フォートナイトに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

Apex Legendsに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

ELDEN RING(エルデンリング)の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボまとめ

FF15の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボ・CPU・ゲーミングPCまとめ