• TOP
  • CATEGORY
    クリエイター
  • TITLE
    今回は、Illustratorで作成したデータを読み込む方法について紹介していきます。After Effectsはアニメーションさせるのは得意ですが、アニメーションさせるオブジェクト自体のデザインには不向きです。そこで、今回はIllustratorでデザインされたDIGITAL DIYのロゴマークをAfter Effectsに読み込ませて使用する方法について見ていきたいと思います。それぞれの作業に適したアプリケーションを使いこなしてハイクオリティな映像作品に仕上げていきましょう!
CATEGORY
クリエイター

Adobe After Effects:実は簡単に作れる? カッコいいアニメーションロゴを作ってみよう! 「Illustratorデータの読み込み」

  • DATE
    2019.07.08
  • WRITTEN BY
    湊 あおい


DDIYer
DDIYer

はじめに!今おすすめのBTOパソコンをご紹介します!どれもゲーミング向けなので、希望のタイプが見つかりますよ!

  • TSUKUMO

    GA7J-F211/T


    ・ツクモBTOで一番売れているG-GEARシリーズ!
    ・高冷却のオリジナルケースに隙のないオールマイティスペック!

  • Ark

    GC-I5G36M


    ・コダワルほどにオトクになる「自分だけのコダワリの一台」
    ・コダワリを形に出来るカスタマイズ性

  • インバースネット

    FRGH570/SG2


    ・エアフロー性能とデザイン性に優れたプレミアムタワーケース
    ・NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti搭載

  • パソコン工房

    LEVEL-R05A-iX4-RBX


    ・拡張性の高いミドルタワーケースを採用したゲーミングPC、購入後のメンテナンスも簡易

  • ドスパラ GALLERIA

    RM5C-R36


    ・デザインと真摯に向き合うことで生まれた新ケース
    ・洗練されたスペックが、快適なプレイアビリティを実現

パソコン工房 LEVEL-R05A-iX4-RBX

191,980円(税込)

編集部が選ぶ今もっともおすすめのBTOパソコン!

美しさと性能を兼ね備えたBTOパソコン

自在に光り方や色の変更しオリジナリティある環境が構築できるゲーミングPC、拡張性の高いミドルタワーケースを採用し増設がしやすく、購入後のメンテナンスも簡易に可能!

>> 関連記事 : Adobe AfterEffects:アニメーションロゴを作る為には?【 グリッドとスナップ 編】

Illustratorのデータを使うシーンとは?

まず、After EffectsでIllustratorのデータを使うシーンについて考えてみましょう。

After Effectsでは様々な形式のデータを扱うことができます。大別すると「画像」「動画」「音楽」の3種類ですね。今回はあるロゴマークを大きく表示した状態から、徐々に小さくなって通常のサイズに収まっていくというアニメーションにしたいとします。通常の画像の場合、100%(等倍)の状態から拡大すると画像は荒くなりボケたような状態になってしまいます。そこで、Illustratorのデータを使います。

Illustratorで扱える画像データは2種類あることを覚えていますか?「ビットマップ形式」と「ベクター形式」です。この二つの形式の詳細については以前のIllustrator講座を参照してください。

Illustratorが得意とするのはベクター形式、つまりパスデータなので、複雑な図形やキャラクター、ロゴなどをパスデータの状態でAfter Effectsに取り込めるので、先ほどのように拡大表示する場合でも画像が荒くなることがありません。このように、オブジェクト自体のサイズを変化させて使うような場合はIllustratorのデータで扱うことをオススメします。

 

 

 

Illustrator でデザインしてAfter Effectsに取り込んでみよう!

では、実際にIllustratorのデータをAfter Effectsに取り込んでいきます。今回は違いが分かりやすいように画像として書き出したデータも併せて取り込んでみたいと思います。

まずは、After Effects側で取り込むデータを使用する準備をします。新規コンポジションを作成します。今回はロゴがブラックなので、コンポジションの背景色をホワイトにして作成しました。

続いて、読み込む対象となるロゴのデータを準備します。左側がベクター形式の画像(AI)のロゴデータで、右側がビットマップ形式の画像(PNG)のロゴデータです。

読み込む方法自体は至って簡単で、対象のファイルをプロジェクトパネルにドラッグ&ドロップするか、プロジェクトパネルの空白部分をダブルクリックして、ファイルの読み込みウインドウから対象のファイルを選択するだけで読み込めます。

こちらがビットマップ形式の画像です。

こちらがベクター形式の画像です。見ての通り、この状態では見た目の違いは殆どありません。では、今度は拡大してみましょう。

ビットマップ形式の画像を1500%に拡大にしました。ロゴの一部しか表示されていませんが、線の斜め部分にはジャギー(ギザギザ)が出ており、縦横一直線の場所であっても境界線のボケているのが分かります。

ベクター形式の画像を同じく1500%に拡大しました。こちらは拡大されたとしても境界線がハッキリしていることが確認できます。このように、ベクター形式であるIllustratorのデータを直接読み込んで扱うことでサイズ変更によるジャギーやボケを防ぐことができます。

>> 関連記事 : Adobe AfterEffects:アニメーションロゴを作る為には?【3Dレイヤーによるモーションコントロール 編】

 

 

まとめ

今回は、Illustratorのデータ取り込みについて説明してきました。なお、Illustratorはレイヤー構造を持っているので、複数レイヤー存在するIllustratorデータを読み込む場合、読み込み時に別ウインドウが表示され、読み込むレイヤーを選択するか、コンポジションとして全てのレイヤーを読み込むといった選択が必要になるので覚えておくと良いです。同じAdobe製品であることを活かして、アプリケーションを上手く連携させて制作していくことでクオリティも作業効率も上がりますので、是非とも覚えておいてくださいね!

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※11月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
ドスパラ GALLERIA

RM5C-R36

Intel Core i5-11400 NVIDIA RTX 3060 DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 500GB/td> 650W/80PLUS BRONZE
TSUKUMO

GA7J-F211/T

Intel Core i7-11700 NVIDIA RTX 3060 DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 500GB 750W/80PLUS GOLD
インバースネット

FRGH570/SG2

Intel Core i7-11700KF NVIDIA RTX 3070 Ti DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 1TB 2TB HDD 850W/80PLUS GOLD
アプライドネット

Barikata SF30

Intel Core i5-11400 8GB(8GBx1) SSD M.2 500GB 750W/80PLUS GOLD
STORM

PG-DV7

Intel Core i7-11700 NVIDIA RTX 3060 DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 500GB/td> 850W/80PLUS GOLD

BACK TO LIST