• TOP
  • CATEGORY
    クリエイター
  • TITLE
    PCの音質を向上するためのデバイスとして思いつくのは、高品質のスピーカーやヘッドフォン、イヤフォンなどですが、音源が悪ければあまり意味を成しません。そこで今回は音質を高めるサウンドカードなどのデバイス性能比較と、効率よく音質を高めるためのポイントを紹介します。
CATEGORY
クリエイター

PCオーディオの音質向上!~音響効果を高めるためのデバイス各種とそのメリット~

PCの音質を向上するためのデバイスとして思いつくのは、高品質のスピーカーやヘッドフォン、イヤフォンなどですが、音源が悪ければあまり意味を成しません。そこで今回は音質を高めるサウンドカードなどのデバイス性能比較と、効率よく音質を高めるためのポイントを紹介します。

PCの音質を向上させるためのデバイスとは? 

 

 

 

サウンドカード

現在、ほとんどのPCのマザーボードにはサウンド機能が付いているため、サウンドカードの必要性はありません。ただしさらに音質を良くしたい場合や、音楽に特化した仕事、趣味をもっている人にとっては必要な増設ボードです。

CPUやメモリなどを接続するために必要なマザーボード。主要パーツのCPUやGPUと比べて、お金を…

 

 

スピーカー

既存のPCについているスピーカーでは物足りない場合や、もっと音質を極めたい場合に使います。サラウンドに対応しているものやハイレゾ音源に対応しているスピーカーなどが人気です。

PCスピーカーはパソコンの音質を決める重要なデバイスの1つ。ノートパソコンやデスクトップパソコンに…

 

 

DAC

音は基本的にアナログですが、データはデジタルです。そのため音楽データを音としてスピーカーから流すためにはデジタル信号をアナログ信号に変換する必要があるのですが、その際に使われるのがこのDAC(Digital Analog Converter)です。DACの性能も音質を決める1つの要素です。

 

 

アンプ

アンプとは、音を増幅させる装置です。元の音源が小さな音であった場合でもアンプが増幅し、大きな音に変えてスピーカーから流してくれます。ボリュームを上げると音が割れてしまうのは、アンプの性能が足りないからです。綺麗な音を大音量で聴くために、アンプは欠かせません。

 

 

ヘッドフォン

PCスピーカーの代わりとなる、良質の音を聴くためのデバイスです。スピーカーと違い自分だけの世界に入れるので、趣味で音楽を聴くのには特におすすめです。

PCでは動画や音楽を楽しむことができますが、月額制の音楽・動画配信サービスが増えてきているこ…

 

 

サウンドデバイスのメリット・性能比較 

 

サウンドカード

PCの音質を高めるためには、PCから出る音が良質であることが一番大事です。サウンドカードを導入することで、PCから出力される音が良くなります。

今は、マザーボードのサウンド機能も向上しているのですが、サウンドカードを増設することでさらにノイズ対策が施されます。これにより、ボリュームを上げた際もクリアな音をキープできたり、元の音に近い音や今まで聞けなかった音も出たりするようになります。

 

 

スピーカー、ヘッドフォン、イヤフォン

スピーカー、ヘッドフォン、イヤフォンはPCから出力される音を実際に耳で聴けるようにするための装置です。サウンドカードを付けて音質を向上させた音源は、スピーカーなどの性能を高めることで、よりクリアに楽しめます。

ヘッドフォンやイヤフォンは、自分だけが聴けるようになるデバイスです。ゲームに集中したいときや、ひとりで音楽をのんびり楽しみたいときに使うとよいでしょう。スピーカーは、サラウンド機能で臨場感のある音を楽しんだり、部屋が振動するような重低音やクリアな高音を感じたりできます。

イヤフォンやヘッドフォンで聴く音よりも、スピーカーから発する音の方がより原音に近いのが特徴です。

また、スピーカー、ヘッドフォン、イヤフォンにはBluetooth対応のものが多く存在しています。線が邪魔にならないため非常に利便性が高く、ノイズキャンセリング機能が付いていたりなど音質面でも良好です。しかし、本当に良い音を聴きたいときは有線のデバイスをおすすめします。

PCで音楽や動画を楽しむためにイヤフォンの購入を検討される方は少なくありません。イヤフォンを使えば…

 

 

アンプ、DAC

アンプやDACはスピーカーに内蔵されている場合も多く、必ずしも必要なものではありません。しかし、その機能に特化したものがあるのと無いのでは音質の差は歴然です。

微量の元音を大音量にしても音が割れないようにするためには、高性能のアンプが必須です。アンプが入力信号をそのままきれいにトレースして増幅すれば、音が割れることはありません。逆にノイズが乗ってしまうと、綺麗な大音量にはならないのです。

DACはノイズの少ないデジタル信号をクリアな音へ変換するために必要なものです。特にハイレゾ音源を再生する際にDACがないと、せっかくのハイレゾ音源なのに音質が下がってしまいます。また、デジタル信号はアナログ信号に変換をしなければ音にならないので、その点でもDACの性能は重要です。

 

 

PCオーディオの音質を向上させるためのポイント 

 

スピーカーは、PCの音質を良くするために必須

PCサウンドを手っ取り早く向上させるには、スピーカーが一番です。スピーカーの性能を高めることで簡単に音質をグレードアップさせることができます。逆に言えば他のデバイスを良くしても、最終的に音を発生する装置であるスピーカーがいまいちであれば、それなりの音になってしまいます。

より音質が良いのは有線タイプですが、線が邪魔であったり、そこまでの音質はいらないというのであれば、取り回しの良さからBluetooth対応のものがおすすめ。
特にBluetooth対応のスピーカーは、スマートフォンなど他のデバイスからの音も出すことが可能で、非常に使い勝手が良いのが特徴です。

 

元の音質を高めるためにサウンドカードを変えよう

PCから出る音質をさらに高めるのに必要なサウンドカード。ボードタイプのものは、デスクトップパソコンでしか増設することはできません。

自作PCであればボードタイプで問題になることもないですが、ノートパソコンで音質を高めたいならUSBでつなぐタイプのものを使うと良いでしょう。原音に近い音を出すためには、良いサウンドカードを増設するのがキモ。PCから出る音質自体を高めてあげましょう。

 

 

アンプやDACでさらに音質を良くしよう

アンプ、DACを使うことでさらに音質アップが可能です。大きな音をクリアにしたいときにはアンプが必須ですし、ハイレゾ音源を活かすためには良いDACが必要となります。

本当に音質をよくしたいのであれば、アンプやDACにまでこだわる必要がでてきます。なお、今はUSBで簡単に接続できるので、アンプやDACも使いやすくなっていますよ。

 

音楽プレイヤーを変更する~無料ソフトウェアも

Windowsでは「WindowsMediaPlayer」、Macでは「iTunes」というように、PCには標準の音楽プレイヤーが搭載されています。これら音楽再生のためのプレイヤーによっても音質が異なります。

一般的にiTunesで使用される「QuickTime」と呼ばれる再生エンジンは、ノイズや音割れが起こりやすいともいわれています。

PC用の音楽プレイヤーは多種多様なソフトウェアが存在し、利便性や音質向上が見込めるプラグインも用意されているため、標準搭載以外の音楽プレイヤーに変更してみるのもひとつの手です。

 

高音質なデータ形式で取り込む

音楽をデータとしてパソコンに取り込む際、ほとんどの場合は音質が劣化されてしまう『非可逆圧縮』のデータ形式で取り込まれます。MP3データがそれにあたります。

一方、音質が劣化しないデータ形式を『可逆圧縮(ロスレス圧縮)』と言います。ロスレス圧縮の代表データ形式としてあげられるのが、「FLAC」「Appleロスレス」などが挙げられ、これらのデータ形式で取り込むことで音質を向上させることができます。

 

WASAPI排他モードで再生する

WindowsPCにおいて音楽を再生する際、「Audio Engine」が音の合成を行い音を出力します。
このAudio Engineを経由することで音質が劣化する原因として考えられるため、プレイヤーから直接スピーカーやヘッドホンに音を出力させる「WASAPI排他モード」を使用することで音質向上が見込めます。

ただし、このWASAPI排他モードはすべてのプレイヤーで使用できるわけではないため、対応するプレイヤーのインストールが必要となります。

 

 

【まとめ】自分が納得する音響効果を得るために

音質を高めるための方法は多数存在し、かかる費用もまちまちです。

また、究極の音を突き詰めようとすると際限がありません。さらに、自分が納得できる、これなら文句ないと言える音響を得るためにも、いろいろと試行錯誤が必要となります。

いきなり何もかも変えるのではなく、無理なく少しづつアップグレードしていくのが良いでしょう。

「通常のマイクとヘッドセットはどちらを選べば良いの?」「指向性って何?」「コンデンサーマイクとダイナミッ…

 

 

 


BACK TO LIST