• TOP
  • CATEGORY
    初めての自作
  • TITLE
    CPUクーラーは、CPUの発熱を抑え、パソコンの安定した動作や寿命を延ばすための大きな役割を担います。一方で、その重要性はそれほど知られておらず、バリエーションさまざまな多数のモデルがリリースされていることもあり、製品の選び方が難しいパーツでもあります。この記事では、CPUクーラーを選ぶ際に着目すべき点とともに、おすすめの製品を厳選して紹介します。
CATEGORY
初めての自作

CPUクーラーおすすめ製品20選(空冷・水冷)選び方の比較ポイント【2021年更新】

  • DATE
    2021.03.04
  • WRITTEN BY
    DIGITAL DIY編集部

CPUクーラーおすすめ製品20選(空冷・水冷)選び方の比較ポイント【2021年更新】

CPUクーラーとは

CPUクーラーは、その名の通りCPUを冷やすために機能する、PCの安定動作や長期使用のために決して妥協できないパーツです。現在、CPUクーラーは大きく空冷式と簡易水冷式のふたつの方式にわかれており、さまざまなメーカーから製品が販売されています。

CPUクーラーの選び方・比較ポイント

CPUクーラーを選ぶ際は、冷却方式の違いだけでなく、取付方法やサイズ感、静音性など着目すべきポイントは数多く、使用目的や環境に合わせて適した製品を選択する必要があります。主に検討すべきポイントは以下の通りです。

  • 空冷式か?簡易水冷式か?
  • 取付・固定方式
  • 風量
  • 回転数
  • 静音性(ノイズレベル)
  • サイズ・重量
  • 耐久性
  • デザイン

空冷式か?簡易水冷式か?

CPUクーラーの方式は下記に分類され、それぞれにメリット・デメリットがあります。

  • 空冷式:サイドフロー型
  • 空冷式:トップフロー型
  • 簡易水冷式

5年以上の長期使用を考えるのであれば空冷式、小スペースでの設置やエアフローを多少無視した設置を行うのであれば簡易水冷式など、自身の使用目的や環境に合わせて選ぶといいでしょう。

【POINT】
製品によって多少の違いはありますが、一般的にトップフロー型よりもサイドフロー型のほうがよく冷え、240mmサイズ以上の大型簡易水冷式のほうが、さらに良く冷えるとされています。より高い冷却性能を求めるのであれば大型の簡易水冷式か空冷式のサイドフロー型を選択しましょう。

空冷式:サイドフロー型

空冷式CPUクーラーでは、CPUに設置しているベース(CPU接地面)から金属製のパイプでヒートシンクに熱を逃がし、熱を持ったヒートシンクに風を当ててCPUを冷却しています。

サイドフロー型の場合は、CPUに対して垂直に設置することで、PCケースの前面から背面へのエアフローを崩さずにCPUを冷やすことができます。冷却性能は空冷式の中でも高い傾向ですが、その分ヒートシンクやファンも大きくなるため、製品によってはメモリに干渉してしまうなどの懸念もあります。

空冷式:トップフロー型

冷却方式はサイドフロー型と同様ですが、CPUに対して水平にヒートシンクとファンが設置されているのが特徴です。省スペースで設置でき、特に背の低い製品を採用すれば、CPU以外にもメモリやチップセットまで冷却できる場合があります。一方でPCケース前面から背面へのエアフローを崩してしまうデメリットもあります。

自作PCで重要な役割を担っているのがCPUクーラーです。CPUの温度が高くなりすぎるとCPU寿命が…

簡易水冷式

簡易水冷式は、ベースから水を循環させているホースを通してラジエーターに熱を逃がし、風を当てることでCPUを冷却します。大型製品の冷却性能は非常に高く、エアフローやメモリなどとの干渉もそれほど気にする必要はありません。

一方で、大型の製品は設置可能なケースが限られること、性質上5年ほどで交換が必要になること、空冷式に比べ静音性も劣っていることなどのデメリットもあります。

自作PC初心者が一通り組めるようになると、次に気になるのは「水冷」。水で冷やすってどういうこと?…

取付・固定

CPUクーラーは製品によって、取付可能なCPUソケットや固定方法が異なります。最近の製品のほとんどは複数のソケットに対応していますが、対応するソケットや冷却方式によっても固定方法は変わってくるため、自身の使用するマザーボードやCPUに対応しているか忘れずに確認してください。

マザーボードの対応ソケット

先述の通り、最近の製品の多くはマルチソケット対応であり、コンシューマー向けのCPUであれば問題なく取付が可能となっています。しかし、特定のCPUソケットにしか対応していない製品も存在しており、マルチソケット対応の製品もすべてのCPUソケットに対応しているわけではないので、自身の環境に対応しているか必ずチェックしましょう。

【POINT】
LGA1151とLGA1200のようにCPUクーラーの固定方法が変わっていないソケットであれば、対応するソケットに記載がなくても、そのまま取り付けることができる場合もあります。

固定方式

CPUクーラーの固定方法にも種類があります。

  • 工具が必要ない:プッシュピン式、フック式
  • 工具が必要:バックプレート式

小型から中型の空冷式の場合はプッシュピン式とフック式を採用した製品が大半で、大型の空冷式や簡易水冷式では、その多くがバックプレート式を採用しています。

【POINT】
ピンやフックで引っ掛けるように固定するプッシュピン式とフック式は、マザーボードが反ってしまう可能性があるため、可能な限りマザーボードへのダメージを減らしたい場合は、バックプレート式の製品がおすすめです

ファンの機能

CPUクーラーを選ぶ際には、付属しているファンの性能にも注目しましょう。付属しているファンは製品に応じて異なりますが、このファンの大きさや回転数は、冷却性能や静音性に直結する重要なポイントです。

なお、ファンを自身で購入し取り付けることも可能です。自身の環境や使用用途に合った性能のファンを選択しましょう。

風量

風量はCFMと表記され、1分間に送られる気体の体積を示しており、風量の大きなファンは冷却性能に優れているということになります。目安としては60CFMを超えるファンが付属していれば十分、70CFM以上ならば高性能であるといえるでしょう。

【POINT】
一般に、直径が大きく厚みのあるファンになる程、送れる風量も大きくなります。高い冷却性能を求める場合には、大型のファンが付属する製品を選ぶのがおすすめです。

回転数

ファンの回転数はRPMと表記され、1分間の回転数を示しています。CPUクーラーに付属するファンとしては1200RPMから2500RPMほどの製品が多く、数値が大きいほど風量が増え冷却性能が上がります。一方で回転数が上がると風を送る音も大きくなるため静音性は悪くなります。

【POINT】
ハイエンドクラスのCPUを冷却する場合は、より回転数の高い製品を選ぶといいでしょう。

静音性(ノイズレベル)

静音性は騒音レベルdBとして示されており、この数値が大きくなればなるほどファン自体が発する音が大きいということになります。静音性を高めるためには直径が大きく厚みのあるファンを使用し、少しでも回転数を少なく制御するといいでしょう。

【POINT】
簡易水冷式の場合は、ファン以外にクーラント液を循環させるためのポンプからも音が発生するため、空冷式よりも静音性に劣る傾向が見られます。

テレワークの導入がますます進む中、オンライン会議の際など、PCの動作音が気になるという方も多いのでは…

サイズ・重量

冷却性能の高い製品ほど、ヒートシンクやラジエーター、ファンが大きくなり、重量も重くなってしまいます。また、大きなヒートシンクやラジエーターを持つ製品は設置可能なケースが限られてしまうため、自身の環境に合わせて選択するか、CPUクーラーに合わせてPCケースを変更する必要が生じます。

【POINT】
高い冷却性能を求める場合は、PCケース選びも重要になってきます。大型のCPUクーラーを搭載可能かつ、エアフローにも優れた大きめのミドルタワーケースかフルタワーケースを選ぶとよいでしょう。

PCを自作するうえで、PCケースの選択は重要なポイントです。「マザーボードが収まればそれでいい」という考え方もあり…

耐久性

PCを使用している間、常にファンを回転させ動作しているCPUクーラーの耐久性は、PCを守るためにも注目すべきポイントです。

なお、簡易水冷式はクーラント液が徐々に蒸発してしまう特性上、3年から5年ほどで冷却性能が落ち始めてしまうため交換が必要となります。ひとつのCPUクーラーで5年以上の長期間使用を想定している場合は空冷式がおすすめです。

【POINT】
事前に耐久性の確認をするのは難しいため、メーカーサイトなどに記載されている耐久時間や保証期間で判断するといいでしょう。

デザイン

CPUクーラーはさまざまなメーカーから多彩な製品が販売されており、LEDなどデザインにこだわった製品も多数ラインアップしています。また、LED搭載のファンが付属しているだけでなく、最近ではCPUに設置するユニットに小型の液晶を搭載し、温度や画像を表示できる簡易水冷式CPUクーラーも販売されています。

予算に余裕があり、凝ったレイアウトでPCを組みたい方は、ぜひデザインにもこだわってみましょう。

【POINT】
簡易水冷式は小型液晶を搭載したもの以外にも、PCパーツブランドから販売されている製品などもあります。PC全体で統一感を出したい場合におすすめです。

PCパーツの中には、外見をより美しく見せるための装飾が施されたものがあり、その多くには電力消費が少ない…

【空冷・水冷】おすすめCPUクーラー20選~2021年版

CPUクーラーの選び方に応じて、2021年2月の時点で購入できる、定番から最新モデルまでおすすめの20製品を紹介します。

  • NH-D15~オーバークロックに最適なハイエンド向け大型空冷
  • NH-L9a-AM4~エアフローに優れたロープロファイル対応のハイエンド空冷
  • AS500 R-AS500-BKNLMN-G~性能と静音性を両立したサイドフロー型の大型空冷
  • GAMER STORM ASSASSIN III DP-GS-MCH7-ASN-3~2層ブレード式の140mm径デュアルファンを備えたサイドフロー型空冷
  • SST-AR06~4本の銅製ヒートパイプ搭載の超小型ロープロファイル対応空冷
  • SST-NT08-115XP~高さわずか34mm・設置が容易なプッシュピン設計の小型空冷
  • 虎徹 MarkII SCKTT-2000~120mm径のファンを採用したコスパ最強のサイドフロー型空冷
  • 大手裏剣 参 SCBSK-3000~Mini-ITXケースでも使える高性能ロープロファイル対応空冷
  • 忍者 五 SCNJ-5000~低回転の大型フィンを採用した大型のサイドフロー型空冷
  • NZXT KRAKEN Z63 RL-KRZ63-01 ~カスタマイズ可能な小型液晶搭載のおしゃれ簡易水冷
  • NZXT KRAKEN Z73 RL-KRZ73-01 ~最上位モデルCPUも冷却可能な小型液晶付き大型簡易水冷
  • NZXT KRAKEN M22 RL-KRM22-01 ~背面ファンとして設置可能・エアフローを損ねない小型簡易水冷
  • DEEPCOOL GAMMAXX L240 V2 DP-H12RF-GL240V2 ~コスパ良好・ミドルレンジでも安心の簡易水冷
  • DEEPCOOL GAMMAXX L360 V2 DP-H12RF-GL360V2C ~3連ファンで1万円以下の高コスパ大型簡易水冷
  • Corsair iCUE H115i RGB PRO XT CW-9060044-WW ~初めての簡易水冷に!280mmサイズの定番クーラー
  • Corsair iCUE H150i RGB PRO XT CW-9060045-WW ~大型ケースユーザーにおすすめの360mmサイズ簡易水冷
  • ASUS TUF Gaming LC 120 RGB ~小型ケースにおすすめの120mmサイズ小型簡易水冷
  • ASUS ROG RYUJIN 240 ~ハイエンド向け240mmサイズ簡易水冷
  • MSI MAG Core Liquid 240R ~ラジエーターに高耐久ポンプユニットを搭載した簡易水冷

NH-D15~オーバークロックに最適なハイエンド向け大型空冷

NH-D15

  • 画像引用元:Amazon
  • 参考価格:10,428円
タイプ 空冷
対応ソケット LGA 2066/2011-3/2011
LGA 1151/1150/1155/1156
AM4/AM3+/AM3/AM2+/AM2
FM2+/FM2/FM1
固定方式 SecuFirm2マウントシステム
SecuFirm規格
回転数 1500 rpm
静音性(ノイズレベル) 24.6dBA
with Low-Noise Adaptor:19.2dBA
サイズ 150x165x161 mm
耐久性 MTTF:150000 h

オーストラリアの老舗クーラーメーカー・Noctuaが手掛ける大型空冷クーラーです。2基の140mm口径ファンはNoctua謹製の製品で、回転数に対して風量が非常に大きく、騒音も小さいことが特徴です。ヒートパイプと大型の放熱フィンによって高い冷却性能も保持し、CPUのオーバークロックにも耐えるハイエンド向け製品となっています。

メリット

  • オーバークロックにも耐えうる冷却性能
  • 冷却性能に対して少ない騒音
  • 幅広い対応ソケット

デメリット

  • 価格が高額
  • 高さ165mmに対応した大型ケースが必要になる
  • クリーム色の独特なカラーがケースと合わせにくい(※黒色の製品も存在するため、そちらを選ぶことも可能)

こんな人におすすめ

  • 高品質なクーラーを使ってみたい
  • 安定したオーバークロックを実現したい
  • 高負荷時でも静かにPCを使いたい

購入サイト

NH-L9a-AM4~エアフローに優れたロープロファイル対応のハイエンド空冷

NH-L9a-AM4

  • 画像引用元:Amazon
  • 参考価格:5,478円
タイプ 空冷
対応ソケット AM4
固定方式 M4ソケット用SecuFirm2マウントシステム
回転数 2500 rpm
静音性(ノイズレベル) 23.6dBA
with Low-Noise Adaptor:14.8dBA
サイズ 114x37x92 mm
耐久性 MTTF:150000 h

高さわずか37mmmのロープロファイル対応型でありながら、銅製のヒートパイプとベース(CPU接地面)によって高い放熱性能を実現した、高品質なSocket AM4専用の空冷クーラーです。ファンの口径は92mm角と小さめですが、ハイエンドCPUも十分冷やせる性能を持っています。なお、別製品になりますが「NH-L9i」はintel系(Intel LGA115ほか)にも対応しているため、採用するCPUに合わせて調整しましょう。

メリット

  • ほかのパーツと干渉しにくい
  • ロープロファイル対応ながら高性能
  • コストパフォーマンスが極めて良い

デメリット

  • 大型製品と比べると性能で劣る
  • CPUに合わせて製品を変える必要がある
  • クリーム色の独特なカラーがケースと合わせにくい(※黒色の製品も存在するため、そちらを選ぶことも可能)

こんな人におすすめ

  • 小型PCでハイエンドCPUを使いたい人
  • パーツ同士の干渉を防ぎたい人

購入サイト

NH-U12S~メモリと干渉しにくいスリム型のサイドフロー型空冷

NH-U12S

  • 画像引用元:Amazon
  • 参考価格:8,558円
タイプ 空冷
対応ソケット LGA 2066/2011-3/2011
LGA 1151/1150/1155/1156
AM4/AM3+/AM3/AM2+/AM2
FM2+/FM2/FM1
固定方式 SecuFirm2マルチソケット取り付けシステム
回転数 1500 rpm
静音性(ノイズレベル) 22.4dBA
サイズ 125x158x71 mm
耐久性 MTTF:150000 h

先に挙げたNoctuaのNH-D15よりもひと周り小さくなった、スリムなデザインの空冷クーラーです。高さはありますが、厚みは45mm程度と小さく、120mm角ファンでの冷却性能と静音性は維持しつつ、メモリへの干渉を抑えています。メモリとの距離が短めで、NH-D15では干渉してしまう場合はこちらを採用するのも良いでしょう。

メリット

  • サイズに対して高い冷却性能
  • メモリに干渉しにくい形状

デメリット

  • NH-D15と比較するとコストパフォーマンスは悪い
  • 高さ158mmに対応した大型のケースが必要

こんな人におすすめ

  • ハイエンドなCPUを使いたい人
  • 他パーツとの兼ね合いで薄型クーラーが必要な人
  • ヒートシンク付きメモリを干渉の心配なく使いたい人

購入サイト

AS500 R-AS500-BKNLMN-G~性能と静音性を両立したサイドフロー型の大型空冷

AS500 R-AS500-BKNLMN-G

  • 画像引用元:Amazon
  • 参考価格:6,443円
タイプ 空冷
対応ソケット LGA 2066/2011-3/2011
LGA 1200/1151/1150/1155
AM4/AM3+/AM3/AM2+/AM2
FM2+/FM2/FM1
固定方式 バックパネル式
風量 70.81 CFM
回転数 1200 rpm
静音性(ノイズレベル) 29.2dBA
サイズ 142x164x98 mm

薄型ヒートシンクに、140mm角の大型ファンを搭載したサイドフロー型の空冷クーラーです。高さは164mmで搭載可能なケースを選びますが、大型ファンで回転数を抑えているため騒音は小さく、ヒートシンクの薄さもあってメモリと干渉する心配もありません。価格もこなれてきているので、ハイエンド向けの入り口として良い製品です。

メリット

  • 高いコストパフォーマンス
  • 巨大さに見合った冷却性能と静音性能
  • メモリと干渉しにくい形状

デメリット

  • 高さ164mmに対応した大型のケースが必要
  • オーバークロックには向かない

こんな人におすすめ

  • ハイエンドCPUを導入したての人
  • コスパの良い製品を求めている人
  • 今後の拡張性を残したい人
  • ヒートシンク付きメモリを干渉の心配なく使いたい人

購入サイト

GAMER STORM ASSASSIN III DP-GS-MCH7-ASN-3~2層ブレード式の140mm径デュアルファンを備えたサイドフロー型空冷

GAMER STORM ASSASSIN III DP-GS-MCH7-ASN

  • 画像引用元:Amazon
  • 参考価格:9,442円
タイプ 空冷
対応ソケット LGA 2066/2011-3/2011
LGA 1151/1150/1155/1366
AM4/AM3+/AM3/AM2+/AM2
FM2+/FM2/FM1
固定方式 バックパネル式
風量 90.37 CFM
回転数 1400 rpm
静音性(ノイズレベル) 34.2dBA
サイズ 161x165x140 mm

DEEPCOOLのハイエンド向け大型空冷クーラーです。140mm角の大型デュアルブレードファン、大型ヒートシンクを2基、7本のヒートパイプで高い冷却性能を有します。高規格なCPUのオーバークロック用に使うのもおすすめです。価格は1万円前後とコスパにも優れているので、値段を抑えつつハイエンドPCを組み上げたい時は良い選択肢になるでしょう。

メリット

  • ハイエンド向けの中で優秀なコスパ
  • 冷却性能に対して高い冷却性能
  • 図解で見やすいマニュアル

デメリット

  • 高さ、横幅ともに巨大で干渉しやすい
  • ミドルエンド以下にはオーバースペック
  • 静音性能はあまり高くない

こんな人におすすめ

  • ハイエンドPCを少しでも安く組みたい人
  • NH-D15のデザインが苦手な人

購入サイト

SST-AR06~4本の銅製ヒートパイプ搭載の超小型ロープロファイル対応空冷

SST-AR06

  • 画像引用元:Amazon
  • 参考価格:4,680円
タイプ 空冷
対応ソケット LGA1150/1151/1155/1156/1200
AM2/AM3/FM1/FM2互換
固定方式 バックパネル式
風量 40.2CFM
回転数 1200 ~ 2500RPM PWM
静音性(ノイズレベル) 20~28.3dBA
サイズ 105x58x92 mm
重量 263g (ファンなし)
耐久性 40,000時間

SILVERSTONEによる、ロープロファイル対応の小型空冷クーラーです。小型ながら銅のベースと4本のヒートパイプを搭載し、サイズに対する冷却性能が高いのが特徴。価格も抑えめとなっているので、リテールクーラーでは不安があるという人の換装先として有力なパーツです。ただし、小型とはいえヒートシンクの横幅はそれなりにあるので、小型PCを組む際には他パーツとの干渉にご注意ください。

メリット

  • 95W以上のCPUも冷やせる冷却性能
  • 5000円以下で導入できるコスパの良さ
  • 高さ58mmで小型ケースにも対応

デメリット

  • ハイエンド向けには少し力不足
  • それなりにある横幅

こんな人におすすめ

  • リテールクーラーに不安を感じる人
  • 小型PCで高負荷な処理をする人

購入サイト

SST-NT08-115XP~高さわずか34mm・設置が容易なプッシュピン設計の小型空冷

SST-NT08-115XP

  • 画像引用元:Amazon
  • 参考価格:2,602円
タイプ 空冷
対応ソケット LGA1200/1150/1151/1155/1156
固定方式 プッシュピン型
風量 15.98 CFM
回転数 1200 ~ 3400rpm
静音性(ノイズレベル) 16.5 ~ 28.98dBA
サイズ 101x33x101 mm
重量 292g (ファン込み)
耐久性 40,000時間

SILVERSTONEの小型PC向けロープロファイル対応空冷クーラーです。特筆すべきは高さ34mmという小ささで、小型ベアボーンキットなどに採用されているフォームファクタ“Mini-STX”にも対応しています。プッシュピン型で取り付けも容易、かつ重量もないためマザーボードに負荷がかかりにくい点も特徴です。

メリット

  • Mini-STXにも対応する小ささ
  • プッシュピンによる取り付けやすさ

デメリット

  • 通常のケースを使うならリテールと変わりがない
  • 高負荷に耐えられるほどの冷却性能はない

こんな人におすすめ

  • 超小型PCで少しでも冷却性能を高めたい人
  • 難しい取り付けはしたくない人

購入サイト

虎徹 MarkII SCKTT-2000~120mm径のファンを採用したコスパ最強のサイドフロー型空冷

虎徹 MarkII SCKTT-2000

  • 画像引用元:Amazon
  • 参考価格:3,828円
タイプ 空冷
対応ソケット LGA 2011-3/2011
LGA 1151/1150/1155/1156/1366
LGA 775
AM4/AM3+/AM3/AM2+/AM2
FM2+/FM2/FM1
固定方式 バックパネル式
風量 51.17 CFM
回転数 1200 rpm
静音性(ノイズレベル) 4~24.9dBA
サイズ 130x154x83 mm
重量 645g
耐久性 MTTF:120000時間

高さ154mmのヒートシンク1基を備える大型空冷クーラーです。分類としては大型ではあるものの、他製品より少しだけ高さを抑え、本体がやや天板側に寄った設計を採用しているため、他のパーツと干渉しにくいことが特徴です。ミドルエンド以上もしっかり冷やせる冷却性能に対して、4,000円以下の価格で購入できることも注目点。日本語マニュアルも付属しているため、初心者も安心の一品です。

メリット

  • 大型ながら干渉しにくい設計
  • 極めて良好なコストパフォーマンス
  • 分かりやすい日本語マニュアル

デメリット

  • 金額を上げれば上位互換製品がある

こんな人におすすめ

  • とにかくコスパの良い製品が欲しい人
  • 大型クーラーの性能を体感してみたい人
  • 初の自作で日本語マニュアルが必要な人

購入サイト

大手裏剣 参 SCBSK-3000~Mini-ITXケースでも使える高性能ロープロファイル対応空冷

大手裏剣 参 SCBSK-3000

  • 画像引用元:Amazon
  • 参考価格:4,326円
タイプ 空冷
対応ソケット LGA 2066/2011-3/2011
LGA 1151/1150/1155/1156/1366
LGA 775
AM4/AM3+/AM3/AM2+/AM2
FM2+/FM2/FM1
固定方式 バックパネル式
風量 50.79 CFM
回転数 1800 rpm
静音性(ノイズレベル) 4~24.9dBA
サイズ 122x69x122 mm
重量 475 g(付属ファン含む)

ロープロファイル対応の空冷クーラーです。高さは69mmにまで抑えられており、小型ケースでも搭載できるのが特徴です。また、同系のコンセプトを持つクーラーとしては珍しく、120mm角の大型ファンを搭載していて、小型ケースでミドルエンド以上のCPUを採用したいときに役立ちます。

メリット

  • 小型ケース向けながら高い冷却性能
  • 分かりやすい日本語マニュアル

デメリット

  • 大きなケースでは選ぶ理由がない
  • 横幅122mmで少し干渉しやすい

こんな人におすすめ

  • 小型ケースで高い冷却性能を得たい人
  • 初の自作で日本語マニュアルが必要な人

購入サイト

忍者 五 SCNJ-5000~低回転の大型フィンを採用した大型のサイドフロー型空冷

忍者 五 SCNJ-5000

  • 画像引用元:Amazon
  • 参考価格:5,698円
タイプ 空冷
対応ソケット LGA 2066/2011-3/2011
LGA 1151/1150/1155/1156/1366
LGA 775
AM4/AM3+/AM3/AM2+/AM2
FM2+/FM2/FM1
固定方式 バックパネル式
風量 43.03 CFM
回転数 800 rpm
静音性(ノイズレベル) 4~14.5dBA
サイズ 138.5x155x180 mm
重量 約 1800g

高さは155mmですが、横幅138.5mm、奥行きは180mmに至る巨大な空冷クーラーです。最大の特徴は、800rpmと回転数を抑えた2基の120mm角ファン。巨大な放熱フィンでハイエンドCPUの発熱にも耐えうる冷却性能を確保しつつ、低回転の大型ファンによる高い静音性を実現しています。

メリット

  • 極めて良好なコストパフォーマンス
  • 非常に高い静音性
  • ハイエンドCPUの発熱にも耐える冷却性能
  • 分かりやすい日本語マニュアル

デメリット

  • 巨大すぎるため干渉しやすい
  • 1.8kgの重量でマザーボードに負荷がかかりやすい

こんな人におすすめ

  • 静音性にこだわりがある人
  • 安く高い冷却性能を得たい人
  • 大型ケースを使った自作をしたい人
  • 初の自作で日本語マニュアルが必要な人

購入サイト

NZXT KRAKEN Z63 RL-KRZ63-01 ~カスタマイズ可能な小型液晶搭載のおしゃれ簡易水冷

NZXT KRAKEN Z63 RL-KRZ63-01

  • 画像引用元:価格.com
  • 参考価格:37,900円
タイプ 簡易水冷
対応ソケット LGA 2066/2011-3/2011
LGA 1151/1150/1155/1156/1366
TR4 AM4
固定方式 ソケット別
回転数 1800 rpm
静音性(ノイズレベル) 21~38dBA
サイズ 280mm
耐久性 Life:60000 hours/6 Years
備考 小型液晶モニタ搭載

NZXTから販売されている水冷ヘッドに小型の液晶モニタを搭載した簡易水冷式CPUクーラーです。280mmサイズのラジエーターを搭載し、ハイエンドクラスのCPUも冷やすことができます。小型液晶には専用アプリ経由でCPUやGPUの温度が表示できるほか、Gifなどの表示ができるため、遊びのあるPCを組みたい方におすすめです。

メリット

  • 280mmサイズのラジエーターでハイエンドクラスのCPUも冷やせる冷却性能
  • 2.36型の小型液晶を搭載した遊び心のあるデザイン
  • 回転式のヘッドにより簡単設置

デメリット

  • 簡易冷却式の中でも高価
  • 比較的大きめのケースが必要

こんな人におすすめ

  • 簡易水冷式でしっかり冷却したい人
  • PCのデザインにこだわる人

購入サイト

NZXT KRAKEN Z73 RL-KRZ73-01 ~最上位モデルCPUも冷却可能な小型液晶付き大型簡易水冷

NZXT KRAKEN Z73 RL-KRZ73-01

  • 画像引用元:価格.com
  • 参考価格:41,152円
タイプ 簡易水冷
対応ソケット LGA 2066/2011-3/2011
LGA 1151/1150/1155/1156/1366
TR4 AM4
固定方式 ソケット別
回転数 2000 rpm
静音性(ノイズレベル) 21~36dBA
サイズ 360mm
耐久性 Life:60000 hours/6 Years
備考 小型液晶モニタ搭載

先述のKRAKEN Z63と同様に小型の液晶を水冷ヘッドに搭載したNZXTの簡易水冷式CPUクーラーです。120mmのファンを3基搭載する超大型のCPUクーラーのため、ハイエンドクラスのCPUをハードに運用する方におすすめ。なお、ラジエーターサイズは360mmとなり、かなり大きなケースでなければ設置できないため注意が必要です。

メリット

  • 多コアのハイエンドCPUユーザーにおすすめの大型ラジエーター
  • 2.36型の小型液晶を搭載した遊び心のあるデザイン
  • 回転式のヘッドにより簡単設置

デメリット

  • 簡易冷却式の中でもかなり高価
  • 大きめのケースが必要

こんな人におすすめ

  • 多コアのハイエンドCPUを運用している人
  • 大型のケースを使用している人
  • PCのデザインにこだわる人

購入サイト

NZXT KRAKEN M22 RL-KRM22-01 ~背面ファンとして設置可能・エアフローを損ねない小型簡易水冷

NZXT KRAKEN M22 RL-KRM22-01

  • 画像引用元:価格.com
  • 参考価格:9,987円
タイプ 簡易水冷
対応ソケット LGA 2066/2011-3/2011
LGA 1151/1150/1155/1156
AM4/AM3+/AM3/AM2+/AM2
FM2+/FM2/FM1
固定方式 ソケット別
回転数 2000 rpm
静音性(ノイズレベル) 21~36dBA
サイズ 120mm
重量 0.88kg

NZXTの120mmサイズ簡易水冷式CPUクーラーです。ラジエーターサイズが120mmと小型であるため、エアフローを崩さずケースの背面ファンとしても設置可能。大きなCPUクーラーが設置できない小型ケースで簡易水冷式を使用したい場合におすすめです。

メリット

  • ほとんどのPCケースで取付可能な120mmサイズ
  • 小型ながらローエンド~ミドルクラスのCPUであれば冷やせる冷却性能

デメリット

  • 大型の空冷式と大きく変わらない冷却性能

こんな人におすすめ

  • ミドルクラスのCPUを小型ケース&簡易水冷式で運用したい人

購入サイト

DEEPCOOL GAMMAXX L240 V2 DP-H12RF-GL240V2 ~コスパ良好・ミドルレンジでも安心の簡易水冷

DEEPCOOL GAMMAXX L240 V2 DP-H12RF-GL240V2

  • 画像引用元:Amazon
  • 参考価格:6,292円
タイプ 簡易水冷
対応ソケット LGA 2066/2011-3/2011
LGA 1151/1150/1155/1366
AM4/AM3+/AM3/AM2+/AM2
FM2+/FM2/FM1
固定方式 ソケット別
回転数 1800 rpm
静音性(ノイズレベル) 30dBA
サイズ 240mm
重量 1320 g

空冷式に比べ高価になりがちな簡易水冷式の中でもダントツにコストパフォーマンスに優れているDEEPCOOLの240mmサイズ簡易水冷式CPUクーラーです。最安クラスでありながら、常用の範囲であればハイクラスのCPUも冷やす事が可能で、マザーボード側にRGB端子があればライティングを楽しむこともできます。

メリット

  • 簡易水冷式では最安クラス
  • 常用であればハイクラスも冷やせる冷却性能

デメリット

  • オーバークロックやハイエンドクラスでの使用には向かない

こんな人におすすめ

  • 安価に簡易水冷式CPUクーラーを運用したい人

購入サイト

DEEPCOOL GAMMAXX L360 V2 DP-H12RF-GL360V2C ~3連ファンで1万円以下の高コスパ大型簡易水冷

DEEPCOOL GAMMAXX L360 V2 DP-H12RF-GL360V2C

  • 画像引用元:価格.com
  • 参考価格:8,980円
タイプ 簡易水冷
対応ソケット LGA 2066/2011-3/2011
LGA 1151/1150/1155/1366
AM4/AM3+/AM3/AM2+/AM2
FM2+/FM2/FM1
固定方式 ソケット別
風量 69.34 CFM
回転数 1800 rpm
静音性(ノイズレベル) 30dBA
サイズ 360mm
重量 1696 g

先述のGAMMAXX L240 V2と同様に簡易水冷式としては最安クラスの圧倒的コストパフォーマンスを誇る簡易水冷式CPUクーラーです。3基の120mmファンを搭載し、高い冷却性能を誇ります。常用の範囲であればハイエンドクラスでも冷却可能で、とにかく安い簡易水冷式を探している方にはおすすめ。ただし、360mmサイズのラジエーターのため、かなり大きめのケースが必要であることは注意が必要です。

メリット

  • 簡易水冷式では最安クラス
  • 常用であればハイエンドクラスも冷やせる冷却性能

デメリット

  • 常用では十分だが常時高負荷で運用する場合には少々心もとない冷却性能
  • 大きめのケースが必要

こんな人におすすめ

  • 安価に簡易水冷式CPUクーラーを運用したい人
  • ハイエンドCPUを運用している人
  • 大型のケースを使用している人

購入サイト

Corsair iCUE H115i RGB PRO XT CW-9060044-WW ~初めての簡易水冷に!280mmサイズの定番クーラー

Corsair iCUE H115i RGB PRO XT CW-9060044-WW

  • 画像引用元:価格.com
  • 参考価格:15,850円
タイプ 簡易水冷
対応ソケット LGA 2066/2011-3/2011
LGA 1151/1150/1155/1156/1366
TR4
AM4/AM3/AM2
固定方式 ソケット別
風量 97 CFM
回転数 2000 rpm
静音性(ノイズレベル) 36dBA
サイズ 280mm
重量 約980g

簡易水冷式の定番であるCorsairの280mmサイズ簡易水冷式CPUクーラーです。ハイエンドクラスまで対応する高い冷却性能と低負荷時の静音動作は、定番製品らしい抜群の安定感を誇ります。ヘッドや水冷ヘッドはLED搭載で専用ソフトから制御が可能で、初心者からデザインにこだわる方まで幅広くカバーします。

メリット

  • ハイエンドクラスのCPUも冷やせる冷却性能
  • 取付方法も難しくなく、定番製品らしく情報多数

デメリット

  • 比較的大きめのケースが必要

こんな人におすすめ

  • 自作PC・簡易水冷式の初心者
  • 安定した冷却性能が欲しい人

購入サイト

Corsair iCUE H150i RGB PRO XT CW-9060045-WW ~大型ケースユーザーにおすすめの360mmサイズ簡易水冷

Corsair iCUE H150i RGB PRO XT CW-9060045-W

  • 画像引用元:価格.com
  • 参考価格:18,300円
タイプ 簡易水冷
対応ソケット LGA 2066/2011-3/2011
LGA 1200/1151/1150/1155/1156/1366
sTRX4/TR4
AM4/AM3+/AM3/AM2+/AM2
固定方式 ソケット別
風量 75 CFM
回転数 2400 rpm
静音性(ノイズレベル) 10~37dBA
サイズ 360mm

先述したiCUE H115i RGB PRO XTと同じく簡易水冷式の定番であるCorsairの360mmサイズの簡易水冷式CPUクーラーです。高負荷時のハイエンドクラスCPUも冷却可能な高い性能はさすがのクオリティー。低負荷時は3基のファンを低速で回転させることで、静かな動作も可能です。

メリット

  • ハイエンドクラスのCPUも冷やせる安心の冷却性能
  • 取付方法も難しくなく、定番製品らしく情報多数

デメリット

  • 大きめのケースが必要

こんな人におすすめ

  • 自作PC・簡易水冷式の初心者
  • ハイエンドCPUを運用している人
  • 大型のケースを使用している人

購入サイト

ASUS TUF Gaming LC 120 RGB ~小型ケースにおすすめの120mmサイズ小型簡易水冷

ASUS TUF Gaming LC 120 RG

  • 画像引用元:価格.com
  • 参考価格:12,487円
タイプ 簡易水冷
対応ソケット LGA 1200/1151/1150/1155/1156/1366
AM4
固定方式 ソケット別
風量 67 CFM
回転数 2000 rpm
静音性(ノイズレベル) 29dBA
サイズ 120mm
耐久性 Warranty: 5 years

PCパーツなどでもお馴染みのASUSから販売されている120mmサイズの簡易水冷式CPUクーラーです。120mmサイズであるため背面ファンとして運用することも可能。また、水冷ヘッドにはTUF Gamingのロゴが施されているため、同シリーズで統一したデザインでPCを組みたい際には特におすすめです。

メリット

  • ほとんどのPCケースで取付可能な120mmサイズ
  • 小型ながらローエンド~ミドルクラスのCPUであれば冷やせる冷却性能
  • 他パーツと統一したデザイン

デメリット

  • 大型の空冷式と大きく変わらない冷却性能

こんな人におすすめ

  • ミドルクラスのCPUを小型ケース&簡易水冷式で運用したい人
  • TUF Gamingシリーズで統一したい人

購入サイト

ASUS ROG RYUJIN 240 ~ハイエンド向け240mmサイズ簡易水冷

ASUS ROG RYUJIN 240

  • 画像引用元:Amazon
  • 参考価格:25,895円
タイプ 簡易水冷
対応ソケット LGA 1150/1151/1152/1155/1156/1200/1366/2011/2011-3/2066
AM4, TR4
固定方式 ソケット別
風量 121.8 CFM
回転数 2000 rpm
静音性(ノイズレベル) 29.7dBA
サイズ 240mm

ASUSから販売されている240mmサイズの簡易水冷式CPUクーラーです。注目のポイントは独特な水冷ヘッド。1.77インチの小型有機ELディスプレイを搭載し、ロゴや温度、Gifの表示が可能です。さらにヘッド内部に60mmサイズのファンを内蔵しており、CPU周辺の空気を循環させることができます。

メリット

  • 280mmサイズのラジエーターでハイエンドクラスのCPUも冷やせる冷却性能
  • 1.77インチの小型有機ELディスプレイを搭載した遊び心のあるデザイン
  • CPU周辺を冷やす60mmサイズ内臓ファン

デメリット

  • 簡易冷却式の中でも高価

こんな人におすすめ

  • 簡易水冷式でしっかり冷却したい人
  • PCのデザインにこだわる人

購入サイト

MSI MAG Core Liquid 240R ~ラジエーターに高耐久ポンプユニットを搭載した簡易水冷

MSI MAG Core Liquid 240R

  • 画像引用元:価格.com
  • 参考価格:13,266円
タイプ 簡易水冷
対応ソケット LGA 2066/2011-3/2011
LGA 1200/1151/1150/1155/1156/1366
AM4/AM3+/AM3/AM2+/AM2
FM2+/FM2/FM1
固定方式 ソケット別
風量 78.73 CF
回転数 2000 rpm
静音性(ノイズレベル) 14.3~34.3dBA
サイズ 241mm

PCパーツでもお馴染みのMSIから販売されている240mmサイズ簡易水冷式CPUクーラー。ラジエーター部にポンプユニットを搭載する、簡易水冷式でも珍しい製品です。ポンプユニットが熱源から遠ざけられているだけでなく、クーラント液の蒸発を遅らせる3層構造の強化メッシュチューブを採用しています。常用範囲であればハイエンドクラスも余裕で冷す冷却性能を持ちながらも、取付も簡単であるため初心者にもおすすめの製品です。

メリット

  • 280mmサイズのラジエーターでハイエンドクラスのCPUも冷やせる冷却性能
  • 熱源からポンプを遠ざけ寿命を向上した耐久設計
  • クーラント液の蒸発を遅らせる3層構造の強化メッシュチューブ

デメリット

  • 常用では十分だが常時高負荷で運用する場合には少々心もとない冷却性能

こんな人におすすめ

  • 少しでも耐久性や安心感が欲しい人
  • MSIが好きな人
  • 簡易水冷式でしっかり冷却したい人

購入サイト


BACK TO LIST