• TOP
  • CATEGORY
    初めての自作
  • TITLE
    メモリはPCの快適な動作を左右する重要なパーツです。メモリを多く搭載すればするほど、PCの動作は軽快になりますが、容量の追加に応じて費用がかかるのはもちろんのこと、マザーボードのメモリスロットの数などにも制限があります。

    この記事ではメモリの選び方について詳しく解説するとともに、おすすめのメモリを厳選して紹介します。
CATEGORY
初めての自作

PCメモリおすすめ製品20選~8GB・16GB・32GB:選び方の比較ポイント【2021年更新】

  • DATE
    2021.04.28
  • WRITTEN BY
    DIGITAL DIY編集部

PCメモリおすすめ製品20選~8GB・16GB・32GB:選び方の比較ポイント【2021年更新】

PCのメモリとは?担う役割と容量の関係

メモリはPCで作業を行う際、一時的にデータを展開するために使われる記憶装置です。CPUがPCの頭脳に例えられる一方で、メモリは作業をするための机に例えられます。大きな机であれば、書類や文房具をたくさん広げることができるので、効率的に作業を行えるというわけです。

メモリの容量を増やしていくことで、複数のアプリを同時に展開しても動作が重くならず円滑な作業を行えるため、容量は多ければ多いほど良いとされています。

現在の主流は「DDR4」

2000年代以降、DDR(Double Data Rate)という規格が採用され、メモリへの書き込みと読み込みを別々に、同時並行で行うことが可能になりました。DDRが採用される以前のメモリでは、書き込みと読み込みを交互に処理していたことを考えると、DDRという規格がいかに画期的だったかイメージできるかと思います。

さらに、DDRメモリは世代を重ねるごとに性能がアップしており、現在は「DDR4」という規格が主流となっています。

DDR

2001年に登場した、第一世代のDDRメモリです。当時から画期的な規格と認識され、翌年には主流となりましたが、2021年現在では自作PCに使われることはまずありません。

DDR2

2004年に登場した旧世代の規格です。データ転送速度はDDRメモリの2倍となっており、当時の最新CPUとの組み合わせで、圧倒的な高速化を実現していました。

2021年現在、自作パーツとして採用されることはほぼありませんが、動作未チェックの中古パーツ(ジャンクパーツ)を組み合わせて旧世代のPCを自作する「ジャンカー」と呼ばれる人たちの間で使用されることもあります。

DDR3

2007年に登場した一世代前の規格です。データを先読みする技術の採用でDDR2よりもさらに高速なデータ処理を実現しています。

2012年には消費電力を抑えた改良型のDDR3Lという規格も登場し、現在でも中古パーツを用いた安価なPCの自作で使用されることがあります。

DDR4

2014年に登場した、現時点で最新の規格です。DDR3の2倍のデータ転送速度を誇り、消費電力も低減されているなど、さまざまな高性能化が図られています。

メモリとは、PCで作業を行う際、一時的にデータを展開するために使われる記憶装置です。メモリを増やせば、…

現時点で主流となっている規格はDDR4ですが、DDRメモリには世代ごとの互換性はありません。DDR4対応のマザーボードにDDR3メモリは装着できず、最新のIntel「Core i」シリーズやAMD「Ryzen」シリーズのCPUも、DDR4メモリにしか対応していません。

中古やジャンクのパーツを購入してPCの自作をする場合は、CPUやマザーボードがどの世代のメモリに対応しているのか、必ずチェックしてからメモリを購入してください。

人気メーカーによる競争が激化

PCの高性能化に伴いメモリの需要が増していく中で、メモリをリリースしているメーカー同士での競争も激化の一途をたどっています。メーカー間の切磋琢磨を通じて技術競争や価格競争が進み、より高性能なメモリが以前と比べて安価で入手できるようになってきました。

現在、自作erの間で人気を集めているメモリメーカーの特徴を紹介します。メモリ購入時の参考にしてください。

Crucial

多くの自作erに支持されている定番のメーカーです。SSDのメーカーとしてもおなじみで、メモリについても世界トップクラスのシェアを誇ります。信頼性も高く、保証もしっかりしているので初心者にもおすすめのブランドです。

Corsair

LEDで発光する冷却ファンなど、デザイン性に優れたパーツをリリースしていることで人気のメーカーです。ゲーミングPC用のパーツを数多くリリースしているメーカーでもあり、メモリもゲーミング用の高性能モデルや、デザインにこだわったラインナップが充実。ゲーミングPCを自作するゲーマーに支持されています。

CFD

愛知県に本社を置く国内メーカーです。自作erの間では定番となっている「玄人志向」というPCパーツブランドを展開しており、メモリについてもその信頼性から高い支持を得ています。

G.Skill

台湾に本社を置くメーカーです。高性能なメモリをリリースしているメーカーで、毎年のようにメモリの処理速度記録を塗り替えています。ゲーミングPCや高画質動画を編集するためのPCなど、ハイスペックなマシンの自作を考えているのであれば、このメーカーのメモリも有力な選択肢となるでしょう。

メモリの選び方・比較ポイント

実際にPCを自作する場合、どのような基準でメモリを選ぶべきなのでしょうか? 下記の項目に沿って説明していきます。

  • 容量と用途
  • メモリクロック
  • モジュール規格
  • メモリランク
  • 予算・価格
  • インターフェイス

容量と用途

メモリの容量は多ければ多いほどPCの動作は軽快になるため、できれば大容量のメモリを搭載したいところです。しかし予算には制限があるもので、ハイスペックだけを突き詰めることはできません。そのため、PCをどのように活用したいのか、用途から逆算して必要十分な容量のメモリを選択しましょう。

用途に応じて必要となるメモリ容量の大まかな目安は以下の通りです。

  • Windows10を動かすのに最低限必要なメモリ:4GB
  • Microsoft Officeなどのビジネスソフトも使う:8GB
  • ゲームや動画編集にも使いたい:16GB
  • 最新ゲームや高画質動画の編集、3DCGの描画なども行いたい:32GB

それぞれの容量別に、どのような用途に適しているのか具体的に解説していきます。

4GB

Windows10を動かすのに最低限必要なメモリの容量が4GBです。ただし、あくまでもWindows10が「動く」の意味なので、さまざまなアプリをインストールして使おうとすると苦しくなってくる容量でもあります。

インターネットの閲覧やメールの送受信だけを行うサブマシンとしての想定であれば、この容量でも問題ありませんが、YouTubeやNetflixなどの動画配信サイトで高画質動画を鑑賞したいと思ったら、もう少しメモリを搭載すべきでしょう。

【メモリ4GBがおすすめとなる用途】

  • インターネットの閲覧やメールの送受信に限定したサブマシンを自作する場合
  • 価格の安さを評価してメーカー製PCにメモリを増設する場合

8GB

Microsoft Officeなどビジネスソフトの使用や、動画配信サイトで高画質動画を鑑賞するための用途であれば、8GBのメモリで問題なく使用できます。

また、ゲームに関しても、そこまでスペックを要求されないタイトルであれば、8GBのメモリでプレイが可能です。例えば人気ゲーム「フォートナイト」の推奨メモリは8GBに設定されています。ミドルエンドのグラフィックボード(GPU)と組み合わせれば、プレイそのものは十分に楽しめるでしょう。

ただし、YouTube liveなどでゲーム実況を行う場合は、8GBでは動作が重くなってしまいます。

【メモリ8GBがおすすめとなる用途】

  • Microsoft Officeなどのアプリを使用する場合
  • YouTubeやNetflixで動画を鑑賞する場合
  • 「フォートナイト」などのゲームをプレイしたい場合
これまで一般的に「8GBもあれば十分」とされてきたメモリですが、実際はどうなのでしょうか?この記事では…

16GB

「サイバーパンク2077」など最新ゲームのプレイや、動画の編集を行う場合には、16GB以上のメモリが欲しいところです。YouTube liveでゲーム実況を行う場合も、「フォートナイト」「Apex Legends」といったゲームであれば安心して配信できるでしょう。

ただし「サイバーパンク2077」など最新ゲームを実況するなら16GBでも苦しくなります。動画の編集についても、4K画質など高画質動画を取り扱う場合では物足りなく感じることもあるでしょう。

【メモリ16GBがおすすめとなる用途】

  • 「サイバーパンク2077」などの最新ゲームをプレイする場合
  • YouTubeに投稿するフルHD画質の動画を編集する場合
  • 「Apex Legends」などの人気ゲームを実況したい場合

32GB

高画質な4K動画の編集や、3DCGの描画を行う場合は、32GB以上のメモリを選択しましょう。特に動画編集では、編集した動画をファイルとして書き出すレンタリングと呼ばれる作業に大容量のメモリが必要となるため、メモリを搭載すればするほど円滑に作業を進められます。

また、「サイバーパンク2077」などの最新ゲームの実況を行う場合も、32GB以上のメモリを搭載するようにしてください。

【メモリ32GBがおすすめとなる用途】

  • 4Kなど高画質動画を編集する場合
  • 3DCGの描画を行う場合
  • 「サイバーパンク2077」などの人気ゲームを実況したい場合

メモリは後からの増設も可能

マザーボードのメモリスロットに空きがあれば、メモリは後からでも増設できます。なお、メモリの増設はスロットにメモリを差し込むだけなので、それほど難しいものではありません。

予算が厳しいようでしたら、いったんは8GB程度のメモリを搭載しておいて、資金が貯まったら増設するといったプランを立てるのも良いでしょう。

メモリは多く搭載すればするほどPCの動作を快適なものにしてくれるパーツですが、自作初心者はどんなメモリを…

メモリの2枚挿し「デュアルチャネル」の効果

デュアルチャネルとは、2枚のメモリで同時にデータのやりとりを行い、処理速度を向上させる技術です。同規格・同容量のメモリを2枚同時に使うことで効果が発揮されます。

一般的に、大容量のメモリを1枚増設するよりも、半分の容量のメモリを2枚設置してデュアルチャネルの効果を発揮させたほうが、処理速度は10%ほど高速化されるといわれています。

ただし、デュアルチャネルの条件は同規格・同容量のメモリです。2枚のメモリがセットになったメモリキットを購入すると間違いないでしょう。

メモリクロック

CPUの性能を測る指標にクロック周波数という値があるのに対して、メモリにもメモリクロックと呼ばれる指標があります。これはCPUと同様、クロックが大きければ大きいほど高性能となり、一度に処理できるデータ量が増えることを意味します。

同じDDR4規格で同容量のメモリでも、クロック数が大きいものほど高性能と評価できますので、できるだけクロックの大きな製品を選ぶようにしましょう

【POINT】
データの処理速度をチェックする場合、基本的にはメモリクロックを確認しておけば問題ありません。

モジュール規格

メモリにはモジュール規格と呼ばれる指標も存在します。モジュール規格は「PC4-21300」といったような表記で表され、末尾の5桁の数字は、4桁のメモリクロックを8倍した数値となっています。

表記の方法が異なるだけで、メモリクロックさえチェックしていれば問題ありませんが、モジュール規格もメモリクロックと同様に数値が大きくなれば大きくなるほど高性能になるということだけ覚えておきましょう。

【POINT】
データの処理速度をチェックする場合、基本的にはメモリクロックを確認しておけば問題ありません。

メモリランク

メモリランクとは、メモリの基板上に搭載されているチップの多さを示すものです。ただし、メモリを販売しているサイトなどでもこの指標を掲載しているところはほとんどありません。そのため、特に自作初心者の方などはあまり気にする必要のない指標です。

形状の違いだけ説明しておくと、メモリの片側だけにチップが搭載されているものはシングルランク、両面に搭載されているものはデュアルランクと呼ばれています。8GBまでのメモリのほとんどはシングルランク、16GB以上の大容量メモリはデュアルランクとなり、デュアルランクのメモリの方がより高性能と評されています。

ただし、メモリの性能を強引に引き上げるオーバークロックを行う場合は、シングルクロックのメモリの方が適しているといわれており、ベテラン自作erはあえてシングルランクのメモリを購入することもあります。

【POINT】
メモリランクはメモリに搭載されているチップの多さを示すもので、メモリの容量によっておおまかにシングルランクとデュアルランクに分けられます。自作初心者の場合はあまり気にせず、容量をしっかりチェックしておけば問題ありません。

メモリの購入を検討していると「オーバークロック」や「OCメモリ」といったワードを目にすることはありませんか?オーバークロックとは、…

予算・価格

メモリの相場価格は市場の需要・供給バランスの影響を受けやすく、大きく変動することも珍しくありません。最近では新型コロナウィルス感染拡大の余波を受け、海外製品の輸入が滞りがちなため若干の上昇傾向が見られます。

2021年3月時点での平均的な価格は、1GBあたり500円程度となっています。

  • 4GB:2,000円程度
  • 8GB:4,000円程度
  • 16GB:8,000円程度
  • 32GB:16,000円程度

ただし、これらはあくまで参考値にすぎません。メモリクロックが大きいものはより高額になりますし、デュアルチャネルを前提とした2枚組のメモリキットなどは、セット販売されているぶん格安になったりもしています。

【POINT】
2021年3月現在のメモリ相場は平均で1GBあたり500円程度ですが、相場はあくまでも参考値です。価格変動を注視しつつ、予算に応じて最適な製品を選んでください。

インターフェイス

メモリには接続形式に応じた2種類のインターフェイスがあります。

  • DIMM
  • S.O.DIMM

デスクトップPCや一部のノートPCにはDIMMと呼ばれるインターフェイスが採用されています。PCの自作を行う場合は、このDIMMのメモリを購入しておけば問題ありません。

一方、ノートPCや一部の省スペースPCでは、S.O.DIMMと呼ばれるものが採用されています。S.O.DIMMはDIMMの半分ほどのサイズとなっており、両者には互換性がありません。

同じDDR4メモリでも、DIMMとS.O.DIMMではまったく別の製品になりますので、購入する際は注意してください。

【POINT】
メモリは接続形式(サイズ)によってDIMM とS.O.DIMM に分類されます。PCを自作する場合、省スペース用の特殊なマザーボードを使わないのなら、DIMMのメモリを選んでおけば問題ありません。

おすすめPCメモリ20選~2021年版

メモリの仕組みや選び方について解説したところで、実際にメモリを購入するにあたっておすすめの製品をピックアップしました。それぞれのおすすめポイントや向いている用途も取り上げていますので、比較検討の参考にしてください。

  • 【4GB】D4U2400PS-4GC17~人気No.1の格安メモリ
  • 【4GB】D4N2133PS-4G~S.O.DIMMの格安モデルならこのメモリ
  • 【4GB】D3U1600PS-4G~中古パーツでの自作に最適
  • 【8GB】KLEVV KD48GU88C-26N1900~コスパ抜群の格安モデル
  • 【8GB】UM-DDR4S-3200-8GB~「フォートナイト」もプレイできる高性能メモリ
  • 【8GB】CT8G4SFS824A~定番のS.O.DIMMメモリ
  • 【8GB】SP008GBLTU160N02~高性能な中古パーツで自作するならこのメモリ
  • 【8GB】CMK8GX4M2A2666C16R~赤いヒートシンクがおしゃれな2枚組メモリ
  • 【8GB】CT2K4G4DFS824A ~低予算で自作にチャレンジしたい初心者におすすめ
  • 【16GB】D4U2666PS-16GC19~万人向けの定番16GBメモリ
  • 【16GB】MTA18ASF2G72PZ-3G2J3 ~サーバー用のECC対応高性能メモリ
  • 【16GB】CFD Selection D4N2666CM-16GR~価格.comで人気上位のS.O.DIMM
  • 【16GB】CT2K8G4DFS832A~高性能なメモリキットで自作を始めよう
  • 【16GB】CMW16GX4M2C3200C16W~LED搭載で七色に発光!
  • 【16GB】F4-4400C18D-16GVKC~ゲーム実況やVTuberとしての活動におすすめ
  • 【16GB】HX432C16FB3K4/16~4枚組で使い方自由!
  • 【32GB】CT32G4DFD8266~高みを目指して増設するならこのメモリ
  • 【32GB】CFD Selection W4U3200CM-16GR~超ハイスペックPCの自作に挑戦したい初心者向け
  • 【32GB】F4-3600C16D-32GTZNC~最新のRyzenと相性ぴったりなゲーミングメモリ
  • 【64GB】Ballistix BL2K32G36C16U4B~高画質な動画も楽々レンタリング

【4GB】D4U2400PS-4GC17~人気No.1の格安メモリ

  • 画像引用元:価格.com
  • 参考価格:2,120円
メーカー CFD
メモリクロック 2400MHz
インターフェイス DIMM
容量 4GB
枚数 1枚
保証 永久保証

CFDのバリューシリーズと銘打たれた、格安シリーズの4GBメモリです。メモリの価格が高騰している2021年3月時点で、実売価格2,000円台と格安。メールの送受信やネットの閲覧用PCの自作はもちろん、メーカー製PCへの増設を目的とした購入も増えている製品です。

メリット

  • 実売価格2,000円台という低価格
  • 安心の永久保証

デメリット

  • このメモリ1枚だけでの自作は性能的に厳しい

こんな人におすすめ

  • メールの送受信やネットの閲覧用マシンが欲しい人
  • メーカー製PCに低予算でメモリを増設したい人

購入サイト

【4GB】D4N2133PS-4G~S.O.DIMMの格安モデルならこのメモリ

  • 画像引用元:価格.com
  • 参考価格:3,200円
メーカー CFD
メモリクロック 2133 MHz
インターフェイス S.O.DIMM
容量 4GB
枚数 1枚
保証 永久保証

S.O.DIMMサイズの4GBメモリです。CFDの格安ブランドバリューシリーズのメモリで、価格を抑えつつ永久保証もついてくる安心・お得なモデルです。ノートPCにメモリを増設する場合や、S.O.DIMM対応のマザーボードを使って省スペースPCを自作する際に使用しましょう。

メリット

  • S.O.DIMMサイズの中では実売価格3,000円台と格安
  • 安心の永久保証

デメリット

  • このメモリ1枚だけでの自作は性能的に厳しい
  • S.O.DIMMなので一般的なDIMM対応のマザーボートに装着できない

こんな人におすすめ

  • ノートPCにメモリを増設したい人
  • 安価な省スペースPCを自作してネットの閲覧やメールの送受信をしたい人

購入サイト

【4GB】D3U1600PS-4G~中古パーツでの自作に最適

  • 画像引用元:Amazon
  • 参考価格:2,080円
メーカー CFD
メモリクロック 1600MHz
インターフェイス DIMM
容量 4GB
枚数 1枚
保証 永久保証
備考 DDR3

旧世代のDDR3メモリです。現行のDDR4メモリとの互換性はありませんが、中古パーツを使って自作をする自作erに人気の商品です。値上がり傾向にあるメモリは中古と新品で価格差が少ないため、主要なパーツは中古でそろえて、メモリは新品で購入する自作erも多く、この製品は今なお売れ続けています。10年以上前に購入したメーカー製のPCにメモリを増設したい人にもおすすめです。

メリット

  • 中古との価格差が少ない格安モデル
  • 安心の永久保証
  • 旧世代のPCに増設できる

デメリット

  • このメモリ1枚だけでの自作は性能的に厳しい
  • DDR3なので最新のCPUやマザーボードには対応していない

こんな人におすすめ

  • 中古パーツを使って自作をしたい自作er
  • 10年以上前のメーカー製PCにメモリを増設したい人

購入サイト

【8GB】KLEVV KD48GU88C-26N1900~コスパ抜群の格安モデル

  • 画像引用元:Amazon
  • 参考価格:3,990円
メーカー ESSENCORE
メモリクロック 2666MHz
インターフェイス DIMM
容量 8GB
枚数 1枚
保証 永久保証

メモリが高騰傾向にある中、1GBあたり500円を切った格安8GBメモリです。低価格ながら永久保証もついており、「サイバーパンク2077」など最新ゲームのプレイを目的とした増設用途で購入するゲーマーも多い商品です。動画編集用マシンへの増設にも向いています。

メリット

  • 1GBあたり500円を切る低価格
  • 安心の永久保証
  • 増設に適した価格と性能

デメリット

  • このメモリ1枚で最新ゲームのプレイや動画の編集は厳しい

こんな人におすすめ

  • 予算を抑えてMicrosoft Officeも使用できるビジネス用PCが欲しい人
  • YouTubeやNetflixで動画を見るためのPCが欲しい人
  • 「サイバーパンク2077」などの最新ゲームをプレイするためにメモリを増設したい人

購入サイト

【8GB】UM-DDR4S-3200-8GB~「フォートナイト」もプレイできる高性能メモリ

  • 画像引用元:価格.com
  • 参考価格:4,612円
メーカー UMAX
メモリクロック 3200MHz
インターフェイス DIMM
容量 8GB
枚数 1枚
保証 永久保証

高性能なメモリをリリースしていることで知られる台湾メーカー「UMAX」がリリースしている8GBメモリです。メモリクロックが3200MHzと優秀で、性能にこだわるゲーマーから高い支持を集めています。人気ゲーム「フォートナイト」など、推奨メモリが8GB程度のゲームであれば、このメモリ1枚だけで十分プレイ可能です。

メリット

  • メモリクロックが3200MHzと高性能
  • 安心の永久保証

デメリット

  • このメモリ1枚で最新ゲームのプレイや動画の編集は厳しい
  • 性能に比例して価格も高め

こんな人におすすめ

  • 「フォートナイト」などの人気ゲームをプレイするためのPCが欲しい人
  • 「サイバーパンク2077」などの最新ゲームをプレイするためにメモリを増設したい人
  • 動画の編集目的でメモリを増設したい人

購入サイト

【8GB】CT8G4SFS824A~定番のS.O.DIMMメモリ

  • 画像引用元:Amazon
  • 参考価格:4,100円
メーカー crucial
メモリクロック 2400MHz
インターフェイス S.O.DIMM
容量 8GB
枚数 1枚
保証 永久保証

ノートPCへの増設用メモリとしては定番中の定番とされているcrucialのS.O.DIMMメモリです。8GBという容量は、増設による性能アップの実感を得やすいサイズ感でもあるので、所有しているノートPCの動作が重いと感じたら、ひとまずこちらのメモリを増設してみると良いでしょう。コストパフォーマンスも高く、S.O.DIMMメモリに対応したマザーボードを使った省スペース用PCの自作にもおすすめです。

メリット

  • 初心者にもおすすめなcrucial製のメモリ
  • 安心の永久保証
  • 増設での性能アップを実感しやすい8GBという容量

デメリット

  • S.O.DIMMなので一般的なDIMM対応のマザーボートに装着できない

こんな人におすすめ

  • ノートPCの動作が重いと感じている人
  • 「フォートナイト」もプレイできる省スペースPCが欲しいゲーマー
  • YouTubeやNetflixで動画を鑑賞するための省スペースPCを自作したい人

購入サイト

【8GB】SP008GBLTU160N02~高性能な中古パーツで自作するならこのメモリ

  • 画像引用元:Amazon
  • 参考価格:4,680円
メーカー Silicon Power
メモリクロック 1600MHz
インターフェイス DIMM
容量 8GB
枚数 1枚
保証 永久保証
備考 DDR3、Mac対応

中古で高性能なパーツを集めて自作を行う自作erに人気のDDR3メモリです。容量は8GBと、DDR3メモリとしては多めなので、古いメーカー製PCへの増設に向いています。なお、DDR3メモリに対応したMacにも装着できるので、古いMacを使っている人にもおすすめです。

メリット

  • DDR3メモリとしては多めの8GBという容量
  • 旧世代のPCに増設できる
  • DDR3対応のMacに増設できる
  • 安心の永久保証

デメリット

  • DDR3なので最新のCPUやマザーボードには対応していない

こんな人におすすめ

  • 中古パーツで高性能なPCを自作したい自作er
  • 10年以上前のメーカー製PCにメモリを増設したい人。
  • DDR3対応のMacにメモリを増設したい人

購入サイト

【8GB】CMK8GX4M2A2666C16R~赤いヒートシンクがおしゃれな2枚組メモリ

  • 画像引用元:価格.com
  • 参考価格:5,478円
メーカー Corsair
メモリクロック 2666MHz
インターフェイス DIMM
容量 4GB
枚数 2枚
保証 永久保証

デュアルチャネルを前提とした2枚組の8GB(4GB×2)メモリです。アルマイト処理を施し排熱性能に優れたヒートシンクを搭載しており、メモリの性能を常に一定に保ってくれることが大きな特徴です。ブラックモデル以外にヒートシンクが赤いレッドモデルもリリースされており、透明なサイドパネルを採用して内部を見せるPCを構成する自作erにも人気です。

メリット

  • アルマイト処理されたヒートシンクにより、高い排熱性能を実現
  • レッドモデルは赤いヒートシンクでデザイン性が魅力
  • デュアルチャネルを前提とした2枚組のメモリキット
  • 安心の永久保証

デメリット

  • 2枚組なのでマザーボードのメモリスロットが2つ必要
  • このメモリキットだけで最新ゲームのプレイや動画の編集は厳しい

こんな人におすすめ

  • 「フォートナイト」などの人気ゲームがプレイできるPCが欲しいゲーマー
  • レッドモデルを使って内部を見せるPCを自作したい自作er
  • デュアルチャネルを前提とした2枚組のメモリが欲しい人

購入サイト

【8GB】CT2K4G4DFS824A ~低予算で自作にチャレンジしたい初心者におすすめ

  • 画像引用元:Amazon
  • 参考価格:6,526円
メーカー Corsair
メモリクロック 2400MHz
インターフェイス DIMM
容量 4GB
枚数 2枚
保証 永久保証

コストパフォーマンスに優れた2枚組の8GB(4GB×2)メモリです。公式サイトでの充実したサポートなど、初心者も安心して使えるcrucial製の格安モデルなので、予算を抑えてはじめて自作にチャレンジする際にもおすすめの製品です。8GBは若干物足りない容量ですが、デュアルチャネルを前提とした2枚組のメモリなので、8GBのメモリを1枚搭載するよりはこちらの製品を選ぶほうが良いでしょう。

メリット

  • 初心者にもおすすめなcrucial製のメモリ
  • デュアルチャネルを前提とした2枚組のメモリキット
  • 2枚組の8GBメモリの中では格安

デメリット

  • 2枚組なのでマザーボードのメモリスロットが2つ必要
  • このメモリキットだけで最新ゲームのプレイや動画の編集は厳しい

こんな人におすすめ

  • 予算を抑えて自作にチャレンジしたい初心者
  • 「フォートナイト」などの人気ゲームがプレイできるPCが欲しいゲーマー
  • デュアルチャネルを前提とした格安の2枚組のメモリが欲しい人

購入サイト

【16GB】D4U2666PS-16GC19~万人向けの定番16GBメモリ

  • 画像引用元:価格.com
  • 参考価格:7,780円
メーカー CFD
メモリクロック 2666MHz
インターフェイス DIMM
容量 16GB
枚数 1枚
保証 永久保証

CFDのバリューシリーズにラインナップされている16GBメモリです。ゲームのプレイや動画編集もこなせる16GBという安定した容量に、メモリクロックも2666MHzとここ最近定番となりつつある数値となっています。万人におすすめできる格安モデルといえるでしょう。

メリット

  • 16GBメモリの中では格安
  • 1ゲームのプレイも動画の編集もこなせる容量
  • 1安心の永久保証

デメリット

  • デュアルチャネルで使用したい場合はもう1枚購入する必要がある

こんな人におすすめ

  • 初めて自作にチャレンジする初心者
  • 「サイバーパンク2077」などの最新ゲームをプレイしたいゲーマー
  • 「Apex Legends」などの人気ゲームでゲーム実況をしたいライバー
  • YouTubeに投稿する動画を編集したい人

購入サイト

【16GB】MTA18ASF2G72PZ-3G2J3 ~サーバー用のECC対応高性能メモリ

  • 画像引用元:Amazon
  • 参考価格:12,223円
メーカー Micron
メモリクロック 3200MHz
インターフェイス DIMM
容量 16GB
枚数 1枚
保証 永久保証
備考 ECC対応

重要なデータを保存するデータサーバー用として作られた高性能メモリです。ECC(Error Checking and Correcting)というエラーの検出と訂正を行ってくれる技術に対応した製品で、メモリやOSをはじめとするデータの破損を防いでくれます。ECCに対応したサーバー用のCPUやマザーボードとセットで使う製品なので、PCに関する知識が豊富なベテラン向けの製品といえるでしょう。

メリット

  • ECCにより故障を防いでくれる
  • 安心の永久保証

デメリット

  • サーバー用のCPUやマザーボードにしか対応していない

こんな人におすすめ

  • 大切なデータを保存するためのPCを作りたいベテラン自作er
  • 自宅に設置するメディアサーバーを自作したい人

購入サイト

【16GB】CFD Selection D4N2666CM-16GR~価格.comで人気上位のS.O.DIMM

  • 画像引用元:価格.com
  • 参考価格:7,179円
メーカー CFD
メモリクロック 2666MHz
インターフェイス S.O.DIMM
容量 16GB
枚数 1枚
保証 永久保証

価格.comのS.O.DIMMメモリ売れ筋ランキングで常に上位を獲得している16GBメモリです。ノートPCへの増設はもちろん、高性能な省スペースPCの自作にも向いています。また、内蔵GPUが優れたRyzenシリーズのCPUと組み合わせることで、グラフィックボードを搭載しなくても「フォートナイト」などの人気ゲームをプレイすることが可能です。

メリット

  • 16GBのS.O.DIMMメモリとしては格安
  • 安心の永久保証
  • 価格.comで常に売れ筋上位を維持

デメリット

  • S.O.DIMMなので一般的なDIMM対応のマザーボートに装着できない

こんな人におすすめ

  • 内蔵GPU搭載のRyzenと組み合わせてゲームができる省スペースPCが欲しい人
  • ノートPCに大容量のメモリを増設したい人

購入サイト

【16GB】CT2K8G4DFS832A~高性能なメモリキットで自作を始めよう

  • 画像引用元:Amazon
  • 参考価格:10,280円
メーカー crucial
メモリクロック 3200MHz
インターフェイス DIMM
容量 8GB
枚数 2枚
保証 永久保証

自作初心者におすすめのcrucialがリリースしているメモリキットです。デュアルチャネルを前提に8GBのメモリが2枚セットになった製品で、メモリクロックも3200MHzと優秀な高性能なモデルです。8GB2枚のデュアルチャネルなら、ハイエンドなGPUと組み合わせることで「サイバーパンク2077」などの最新ゲームもプレイできますし、高画質な動画の編集も可能です。予算に余裕のある自作初心者はこちらのメモリキットを購入しておけば間違いないでしょう。

メリット

  • メモリクロックが3200MHzと高性能
  • 2枚組での販売なので確実にデュアルチャネルで使うことができる
  • 安心の永久保証

デメリット

  • 2枚組なのでマザーボードのメモリスロットが2つ必要
  • 性能に比例して価格は少し高め

こんな人におすすめ

  • 予算に余裕がある自作初心者
  • 「サイバーパンク2077」などの最新ゲームをプレイしたいゲーマー
  • 高画質の動画を編集したい人
  • デュアルチャネルを前提とした2枚組のメモリが欲しい人

購入サイト

【16GB】CMW16GX4M2C3200C16W~LED搭載で七色に発光!

メーカー crucial
メモリクロック 3200MHz
インターフェイス DIMM
容量 8GB
枚数 2枚
保証 永久保証
備考 LED搭載

LEDを搭載し、メモリ本体が発光するビジュアルが特徴的なメモリキットです。こちらのメモリをリリースしているCorsairは、LEDで発光する冷却ファンなどもリリースしているので、ケースの内部が光るPCを組み上げたい自作erにはうってつけの製品といえるでしょう。メモリクロックも3200MHzと優れているので、最新ゲームをプレイできるスペックで見た目にもこだわったPCが欲しいゲーマーは、こちらのモデルを選んでみてください。

メリット

  • LED搭載でメモリが発光する
  • メモリクロックが3200MHzと高性能
  • 2枚組での販売なので確実にデュアルチャネルで使うことができる
  • 安心の永久保証

デメリット

  • 2枚組なのでマザーボードのメモリスロットが2つ必要
  • 性能に比例して価格は少し高め

こんな人におすすめ

  • ケースの内部が発光するおしゃれなPCを自作したい人
  • 「サイバーパンク2077」などの最新ゲームをプレイしたいゲーマー
  • デュアルチャネルを前提とした2枚組のメモリが欲しい人

購入サイト

【16GB】F4-4400C18D-16GVKC~ゲーム実況やVTuberとしての活動におすすめ

  • 画像引用元:価格.com
  • 参考価格:20,200円
メーカー G.Skill
メモリクロック 4400MHz
インターフェイス DIMM
容量 8GB
枚数 2枚
保証 永久保証

G.Skillがリリースしている高性能メモリキットです。メモリクロックは4400MHzを誇り、IntelのCore iシリーズとの親和性を追求した作りになっているため、ゲーミングPC用のメモリとして多くのゲーマーから支持されています。その処理性能を生かして「Apex Legends」などの人気ゲームの実況や、2Dアバターを使ったVTuberとしての活動など、ライブ配信用PCの自作にも向いています。

メリット

  • メモリクロックが4400MHzと高性能
  • 2枚組での販売なので確実にデュアルチャネルで使うことができる
  • 安心の永久保証

デメリット

  • 2枚組なのでマザーボードのメモリスロットが2つ必要
  • 性能に比例して高額

こんな人におすすめ

  • 「サイバーパンク2077」などの最新ゲームをプレイしたいゲーマー
  • 「Apex Legends」などの人気ゲームを使ってゲーム実況をしたいライバー
  • 2Dのアバターを使ってVTuberとして活動したいライバー
  • デュアルチャネルを前提とした2枚組のメモリが欲しい人

購入サイト

【16GB】HX432C16FB3K4/16~4枚組で使い方自由!

  • 画像引用元:価格.com
  • 参考価格:13,849円
メーカー キングストン
メモリクロック 3200MHz
インターフェイス DIMM
容量 4GB
枚数 4枚
保証 永久保証

3200MHzというメモリクロックを誇り、冷却性の高いヒートシンクも搭載した高性能な4GBメモリが4枚セットになったメモリキットです。デュアルチャネルを前提で使えるのはもちろん、2枚ずつ別々のPCに増設するといった使い方もカバーできます。メモリのオーバークロックにも対応しているので、PCに詳しいベテラン自作erなら、それぞれのメモリをオーバークロックしてさらなる性能を引き出すことも可能です。

メリット

  • メモリクロックが3200MHzと高性能
  • 4枚組での販売なので確実にデュアルチャネルで使うことができる
  • メモリのオーバークロックに対応
  • 安心の永久保証

デメリット

  • 2枚組が2セットという構成なのでマザーボードのメモリスロットが最大4つ必要
  • 性能に比例して高額

こんな人におすすめ

  • メモリスロットが豊富なマザーボードを所有している人
  • 様々な用途に使える高性能な4GBメモリが複数欲しい人
  • 複数のPCにメモリを増設したい人

購入サイト

【32GB】CT32G4DFD8266~高みを目指して増設するならこのメモリ

  • 画像引用元:Amazon
  • 参考価格:15,970円
メーカー crucial
メモリクロック 2666MHz
インターフェイス DIMM
容量 32GB
枚数 1枚
保証 永久保証

crucial製の32GBメモリです。はじめての自作で32GBメモリを搭載する予定なら、デュアルチャネルを考慮して16GBのメモリが2枚セットになったメモリキットをおすすめしますが、4K動画の編集や3DCGの描画などを目的に、所有しているPCに1枚だけメモリを追加するといった場合は、大容量のこちらのモデルを検討しても良いでしょう。

メリット

  • 32GBメモリの中では格安
  • 初心者にもおすすめなcrucial製のメモリ
  • 安心の永久保証

デメリット

  • デュアルチャネルを想定しているならもう1枚購入する必要がある

こんな人におすすめ

  • 動画編集や3DCGの描画に使うPCにメモリを増設したい人
  • 「サイバーパンク2077」などの最新ゲームでゲーム実況をしたい人
  • VR機器と組み合わせてVRのゲームを楽しみたい人

購入サイト

【32GB】CFD Selection W4U3200CM-16GR~超ハイスペックPCの自作に挑戦したい初心者向け

  • 画像引用元:価格.com
  • 参考価格:15,280円
メーカー CFD
メモリクロック 3200MHz
インターフェイス DIMM
容量 16GB
枚数 2枚
保証 永久保証

最新ゲームの実況や、3Dアバターを使ったVTuber活動のためにハイスペックPCを自作する場合におすすめしたいのが、こちらのメモリです。実売価格は15,000円程度ながら、メモリクロックは3200MHzと高性能な16GBメモリが2枚1組となっており、コストパフォーマンスも抜群です。

メリット

  • メモリクロックが3200MHzと高性能
  • デュアルチャネルを前提とした2枚組のメモリキット
  • コストパフォーマンスが良い
  • 安心の永久保証

デメリット

  • 2枚組なのでマザーボードのメモリスロットが2つ必要

こんな人におすすめ

  • 最新ゲームのゲーム実況でライバー活動をはじめたい自作初心者
  • 3DアバターでVTuberとして活動したい自作初心者
  • 4Kなどの高画質動画を編集するためのPCが欲しい人

購入サイト

【32GB】F4-3600C16D-32GTZNC~最新のRyzenと相性ぴったりなゲーミングメモリ

  • 画像引用元:価格.com
  • 参考価格:24,100円
メーカー G.Skill
メモリクロック 3600MHz
インターフェイス DIMM
容量 16GB
枚数 2枚
保証 永久保証
備考 LED搭載

G.Skill製の高性能なメモリキットです。メモリクロックは3600MHzと高く、AMDのCPUであるRyzenシリーズとの親和性を追求した作りとなっています。以前は、IntelのCore iシリーズと比べてRyzenシリーズはゲーミング性能で劣るとされていましたが、最新の第4世代および第5世代のRyzenシリーズはゲーミング性能も申し分なく、最新ゲームをプレイしたいゲーマーの間ではRyzenシリーズが定番化しつつあります。LED搭載でメモリ本体が発光するので、内部が光るPCを組みたい自作erにもおすすめのメモリです。

メリット

  • LED搭載でメモリが発光する
  • メモリクロックが3600MHzと高性能
  • デュアルチャネルを前提とした2枚組のメモリキット
  • 安心の永久保証

デメリット

  • 2枚組なのでマザーボードのメモリスロットが2つ必要
  • 性能に比例して高額

こんな人におすすめ

  • 最新のRyzenシリーズでハイスペックなPCを自作したい自作er
  • 内部が光るハイスペックなPCを自作したい自作er
  • 「サイバーパンク2077」などの最新ゲームを快適にプレイしたゲーマー

購入サイト

【64GB】Ballistix BL2K32G36C16U4B~高画質な動画も楽々レンタリング

  • 画像引用元:価格.com
  • 参考価格:45,070円
メーカー crucial
メモリクロック 3600MHz
インターフェイス DIMM
容量 32GB
枚数 2枚
保証 永久保証
備考 LED搭載

メモリクロック3600MHzの32GBメモリが2枚セットになったメモリキットです。デュアルチャネルで64GBもの大容量メモリを搭載できるため、高画質な動画を編集する場合のレンタリングも快適に行うことが可能です。ハイエンドなグラフィックボードと組み合わせての3DCGの描画や、VR機器との組み合わせで3Dアバターを使ってVTuberとして活動するなど、どんな用途においても余裕を持って作業ができるようになります。映像クリエイターや写真家、ゲームクリエイターなど、プロのクリエイターにもおすすめの製品です。

メリット

  • 合計64GBの超大容量を実現
  • LED搭載でメモリが発光する
  • メモリクロックが3600MHzと高く、高性能
  • デュアルチャネルを前提とした2枚組のメモリキット
  • 安心の永久保証

デメリット

  • 2枚組なのでマザーボードのメモリスロットが2つ必要
  • 容量と性能に比例して高額

こんな人におすすめ

  • 高画質な動画の編集を快適に行いたい人
  • 3DCGを快適に扱いたい人
  • VR機器と接続してVRを快適に堪能したい人
  • 映像クリエイターや写真家といったプロのクリエイター

購入サイト

メモリは自作PCでこだわりたい重要なパーツ

想定している用途に応じて理想のスペックのマシンを構築できることが、自作PCのなによりの魅力です。マシンの軽快な動作や操作性を左右するメモリは、自作PCの中でも重要な役割を担うパーツとなるので、妥協することなく選択してください。

容量やメーカーのほか、インターフェイス、各種規格など、メモリの選び方にはさまざまな注目点があります。紹介したおすすめ製品の中から、用途に合わせて比較検討し、ぜひベストのメモリを見つけてください!


BACK TO LIST