• TOP
  • CATEGORY
    初めての自作
  • TITLE
    この記事ではゲーミングチェアの購入を検討している方にゲーミングチェアを選ぶ時のポイントを解説しています。ゲーミングチェアには、オフィスチェアと違い長時間座るための機能が搭載されています。この記事を読むと自分に合ったゲーミングチェアの選び方とオススメの製品が分かります。
CATEGORY
初めての自作

【2021】ゲーミングチェアのおすすめ18選!快適なPC周り環境を構築しよう!

  • DATE
    2021.08.02
  • WRITTEN BY
    DIGITAL DIY編集部

ゲーミングチェア画像

最近は仕事以外にもゲーム、配信、動画編集など、PCを使用する時間が以前より増えた方も多いのではないでしょうか。一度パソコンの前に座ると長時間同じ姿勢でいることが多く、気づくと体が硬くなっていたり、変な姿勢を保ってしまい体がしんどい。。。正しい姿勢を保つことができないと腰痛や肩こりの原因になっていることもあるようです。
そこで、その悩みを解決してくれる方法の一つが「椅子を見直す」こと。最近、長時間PCと向き合うことを前提に作られた「ゲーミングチェア」に注目が集まっています。この記事では、ゲーミングチェアを選ぶときのポイントとおすすめのゲーミングチェアをご紹介します。

 

早速オススメのゲーミングチェアを見たい方はコチラ!

 

ゲーミングチェアの特徴と選ぶときのポイント

 

ゲーミングチェア画像2

 

ゲーミングチェアは、その名のとおりゲームを長時間する人=ゲーマーのために作られた椅子。長時間椅子に座ったままでも、できるだけ正しい姿勢を維持し、体に負担をかけず、最高のパフォーマンスを出せるように考えられています。

 

それぞれのゲーミングチェアの特徴は、下記の6つのポイントを見極めることで理解できます。自分の希望に合う機能が付いているゲーミングチェアを選ぶようにしましょう。

 

ハイバックシート

一般的に、ゲーミングチェアと呼ばれる椅子の形状はバケットシートというレーシングカーのシートに似たもので「ハイバック」(背もたれが頭の先まである)です。体を包み込むようにホールドし、良い姿勢を保ち体に負担がかからないように工夫されています。

 

リクライニング

ゲーミングチェアにはリクライニング機能が付いています。傾斜角度は130度~180度まで対応しているものが多く、途中で休憩・仮眠をとるために使うことはもちろんのこと、座った体勢につかれたら寝ながらPC操作を続けることもできます。中には、一般的なオフィスチェアについている「ロッキング」と呼ばれる背もたれがユラユラと揺れる機能が付いていることもあります。リラックス効果があるとも言われていますので、気になる方はリクライニング機能と合わせて確認してみてください。

 

ヘッドレスト

多くのゲーミングチェアには可動式の「ヘッドレスト」が付属しています。ヘッドレスト上に頭を乗せることで頭の重さが分散され、姿勢が安定します。また、リクライニング機能を使い、寝ながらPC操作をする際にもモニターが見やすい位置に頭を固定し視線をキープすることができます。ただし、姿勢によってはヘッドレストが邪魔になることもあるので、取り外しができるタイプを選ぶこともポイントの一つです。

 

ランバーサポート

背もたれの腰の部分に設置するクッションで、ゲーミングチェアには付属していることも多いですが、別途自分に合うものを探して購入することもできます。骨盤や背骨を正しい位置に固定することで、長時間の着座姿勢から引き起こされる腰痛の予防に役立つといわれています。

 

アームレスト

ゲーミングチェアのアームレストの機能は高さ調節だけにとどまらず、前後左右・角度の調整まで対応しているものもあります。お好みのデスクの高さ、ご自身の体型によっても安定する腕の位置は変わるもの。最近は自動昇降機能の付いたデスクも人気がありますので、アームレストの調整も大切なチェックポイントになりそうですね。

 

フットレスト(オットマン)

ゲーミングチェアの中には格納式のフットレストが付いたモデルもあります。座っていて足が疲れてきた際や、リクライニング機能と合わせて使用することで、寝ながらゲームを行いたい時、仮眠を取りたい時なども、より楽に安定した姿勢を保つことができます。

 

数あるゲーミングチェアの中から、自分に合った商品を選ぶのはなかなか大変ですが、上記のそれぞれの機能をポイントとして見極めてみると、だんだんと欲しい商品が絞られてきますよ。

さらに製品を絞っていく上では、人気のあるブランドも抑えておきたいですね。
続いてゲーミングチェアの人気ブランドをご紹介します。

 

早速オススメのゲーミングチェアを見たい方はコチラ!

 

ゲーミングチェア人気のブランド

 

AKRacing

中国で立ち上げられたブランド。元々レーシングシートを製造していたこともあり、人間工学に基づいて設計されているだけでなく、圧倒的な座り心地と快適性を追求したゲーミングチェアで人気のブランド。スタイリッシュなデザインも魅力的。

https://www.akracing.jp/

Digital DIYer smileybottsuさん投稿画像

Digital DIYer smileybottsuさんの投稿より https://digitaldiy.jp/diyer/detail/d18874d8-5b37-4d16-9864-03a46cd6a9e2

 

DXRacer

アメリカを中心に世界中で展開しているブランドDXRACERのゲーミングチェアは、ソファにも採用されている「ウェービングベルト+高反発ウレタンフォーム」で、クッション性が高く、PCの前で快適に長時間過ごすことができます。

https://dxracer.jp/

GTRacing

GTRACING(ジーティーレーシング)は、上海に本社を置く会社で、アメリカを始め多くの国に進出し、人間工学に基づいたゲーミングチェア及びオフィスチェアなどの用品を中心に製造・販売しています。

https://gtracing.jp/

Digital DIY 【特別編】PCデスク晒しちゃってる方に突撃インタビューrisunawaさん画像

Digital DIY 【特別編】PCデスク晒しちゃってる方に突撃インタビュー~第3回~ risunawa さんのデスクより https://digitaldiy.jp/article/firstdiy/13287/

 

Dowinx

Dowinxゲーミングチェアは高密度モールドウレタンを採用し、人体の構造に合わせた3D形状により、あらゆる体格、場面に対応できるよう工夫されています。

Bauhutte

「デスク秘密基地化計画」をスローガンに、ゲーム空間の拡張性や機能性を重視した製品を生み出している日本のゲーミング家具ブランド。

https://www.bauhutte.jp/

 

おすすめのゲーミングチェア

 

Live game streaming equipment professional setup img

 

自分に必要な機能と、人気のブランドを参考にして、いよいよ自分に合ったゲーミングチェアを探してみましょう!
ここからDigital DIY 編集部オススメの製品をいくつかご紹介します。

 

AKRacing

PRO-X V2 BLUE

座面の高さ調節やひじ掛けの位置調整(前後・回転・高さ・左右)が可能。
リクライニングはフルフラットポジションまで倒すことができます。

Wolf-GREY

ランバーサポートとヘッドレストは取り外しが可能。
リクライニングはフラットポジション近くまで調整でき、キャスター部分はポリウレタン素材の双輪キャスターで床面を傷つけづらい仕様に。

AKR-PREMIUM/LOW CARBON BLACK

フルフラットリクライニングに加えて座面と背もたれの角度を維持したまま座面が沈み込む座面チルト機能搭載。
ストッパーのついた床を傷つけにくいPU製キャスターに加えて、標準的な日本人体型に合わせてシート部分の奥行を550mmに設計。

Nitro V2 BLUE

経年劣化に強いPUレザーを採用し、ヘッドレストとランバーサポートは取外しが可能。
アームレストは高さ調整機能付き。

DXRacer

DXR-BKN ブラック

日本人の体型に合わせて設計された低座面モデル。
通気性も肌触りも良いポリエステル製生地を使い、最大150°のリクライニングが可能。
可動幅8cm、上下に8段階調節ができる 1Dアジャスタブルアームレスト。

SOHO DX-11LB

通気性の良さに加え、汚れや水分を弾きやすい高撥水ファブリック仕上げ。
リクライニングは最大150°。
アームレストは上下に6段の昇降、前後7段のスライド、左右3段階首振り機能付き。

SOHO DX-03RD

リクライニング機能135度に加えて座面ロッキング機能付き。
日本人にフィットする低座面仕様で、3D立体成型スチールフレームがしっかりと全身をサポート

SOHO DXK 06GRN

座面角度固定調節機能の付いたリクライニングに、4Dアームレスト(上下、内外、前後スライド、首振り回転機能)
ヘッドレスト・ランバーサポートは取り外し可能で標準装備。

GTRacing

GT890Y-RED

Bluetoothスピーカー付き

GT909-RED(オットマン)

足元のオットマンは必要な時に引き出せる収納式。
リクライニングは135度可能。高級感溢れるフェイクレザー。

Dowinx

LS666801F グレーブルー

通気性の良いファブリック生地製。
高級ソファーに採用されているコイルスプリングクッションを採用。170度のリクライニングが可能。

LS6689 Plus

腰掛けに振動器が付いていて腰の負担を軽くします。
高級PUレザー を採用し、手触りも滑らか。約175°までリクライニング可能で、同時にアームレストも動くためどんな角度でも肘を置いてリラックスした体制を保つことができます。

LS-668801 ブラック(オットマン)

腰掛けには振動器が付いており、オットマンも付属。
日本人の体格に合わせた低めの座面で、リクライニングは170度まで無段階。

Bauhutte

G-530-BU

ヘッドレストのポジション調整に4Dアームレスト。135°リクライニング。
座面のクッションが取り外し可能、ゲーミング座布団との交換もできる。

G-350-BK

ポケットコイルとその上下に配置したウレタンクッションでソファのようなふかふかした座り心地を追求。
あぐらがかきやすい大きな座面に、上下昇降アームレストと135°リクライニング。

座椅子ゲーミングチェア

GTRACING 89-BLUE

取り外し可能なヘッドレスト・ランバーサポート。
多段階リクライニング機能付。

GALAXHERO ADJY603RE

通気性の良いファブリック生地。
165度までの無段階リクライニングと360°の回転式のベース部分が特徴。

‎AMGseven AMG-YZ01

ホンモノのレザーのような肌触りの「合成皮革」を採用汗や汚れがしみこまないため、お手入れがカンタン。
175°までのリクライニングに座面サイズは40*53cmと、ゆったりしているため体格のいい方におすすめ。

 

おすすめゲーミングチェアまとめ

 

最初にもご紹介したとおり、オフィスでも家でも、オフィスチェアに代えてゲーミングチェアの購入を検討する人が増えてきました。長時間座っていても疲れない様々な機能を持ち合わせたゲーミングチェアで、これからの新しい生活様式をふまえた日々を充実させていきたいですね。

今回ご紹介したゲーミングチェアの特徴は、自分に合ったものを選ぶ上で重要なポイントです。

ブランドごとにご紹介したおすすめの商品を参考にして、理想のPC周りを完成させる一品を探してみてください。

 

 


BACK TO LIST