• TOP
  • CATEGORY
    VR
  • TITLE
    Windows Mixed Realityを実際に手元で確認!本体から説明書まで何から何までスタイリッシュ!
    おしゃれな白で彼女も満足!
CATEGORY
VR

機械オンチな彼女がVRをやってみた! ~「Windows Mixed Reality」開封の儀編~

  • DATE
    2018.05.01
  • WRITTEN BY
    山本 健太郎

>> 関連記事 : 機械オンチな彼女がVRをやってみた! ~「Windows Mixed Reality」衝動買い!~


  • サイコム

    G-Master Velox Intel Edition


    ・厳選されたパーツ構成、BTO初心者にも最適なゲーミングPC!
    ・カスタマイズなしで多くのゲームがプレイ可能

  • THIRDWAVE

    Monarch FE


    ・大容量ミドルタワーケースで拡張性の高いBTOモデル

  • クリエイターPC

    WA9A-E211/XT


    ・ローエンドからハイクラスまで、用途に合わせたGPUが選べるクリエイター向けモデル

  • ストーム

    PG-PH12


    ・抜群のエアフローケースで冷却を採用したRTX3060モデル

  • パソコン工房

    LEVEL-R769-LC129K-WAX


    ・ゲームも動画配信も万全なインテルのハイエンドCPU、Core i9を搭載!

パソコン工房LEVEL∞ LEVEL-M066-124-SAX

194,980円(税込)

編集部が選ぶおすすめのBTO PC!
価格を抑えたいならCore i5搭載モデルに注目!ミドル向けCPUでもゲームパフォーマンスは妥協なし!

パソコン工房ならお買い上げ後の保証・修理もバッチリ!24時間365日の電話サポートに加え、全国約70拠点の店舗展開だから充実した対面サポートも可能。1年間の無料保証のほか、安心の3年保証も選択可能。出張でサポートを受けられる各種オプションもご用意。

Windows Mixed Reality開封の儀

iPhone以外のデジタル製品を持っていない彼女が、ひょんなことからVRに興味を持ったので、さっそくWindows Mixed Realityを買ってみた。

とは言うものの、各メーカーいろいろあるようだ。

いろんな記事やメーカーのホームページを見てもいまいち違いが判らず(VRって言葉で説明するのが難しいんだろうなぁ)、自分的には判断しにくいなぁと思いながら、彼女にどうすると聞いてみたところ、意外にも彼女的には決まっていたようだ。選んだのはDell Visor

理由は白いから。

いやぁ、らしいというか、何週か回ってこういう選択も彼女らしいなぁ…。

そんなこんなでスマホも自分で設定したことのない彼女に開封の儀をさせてみることにした。

なんとでかい箱なんだろう。

iPhone SEと比較。こんなにでかかったっけ?

箱の中に箱。しかもスカスカだなぁ。うーん、マトリョーシカ感があるなぁ、こういう開封って。

いちおう、サイズが分かりやすいように。

オープン!ってこんな感じでした。iPhoneが出て以来、梱包もきれいなメーカーが増えたなぁ。

ヘッドセットとコントローラー、説明書と単三電池4本(KTSってマザボの電池とかによくあるなぁ)

せっかくなので説明書を。なんとも見やすい説明書だなぁ。

ガラケー時代のあの分厚い説明書は何だったんだろう…。

せっかくだから、コントローラも白くしてほしかったなぁ。たぶん各社共通のコントローラ

コントローラには単三電池が2本ずつ入っており、電源を入れるとこんな感じだ電池の下のぽちっとしたところがBluetoothのペアリングボタン(もっとわかりやすくしようよぉ…。)

コントローラの光は星座のように光っていて、コントローラを振ると光の残像が見える。コントローラの光は点滅していて、ヘッドセットのカメラが六分儀のように位置を測定しているのかぁと思った。(調べてません!)

爪の短い子は大丈夫そうだが、長い子だといろいろ使いにくそうだなぁ。コントローラの詳しい使い方はまた後日として、肝心なヘッドセットを見ていこう。

ほんと真っ白でかわいい!思っていた以上にヘッドセットは軽く、イベントで触ったことのあるPSVRやVIVEよりも(たぶん)軽く感じた。この頼りないけど可愛らしいロボットの目みたいなのがカメラで、これでコントローラの光をとらえているのかな。

このカメラってただのセンサーなのか。

HoloLensの動画や、名前からしてMixed Realityと言うくらいだから、現実の映像と仮想現実を複合してく体験できるものだと思っていた。(後日の記事で、マイクロソフトが考えるWindows Mixed Realityを説明します!)

レンズはこんな感じ。汚れそうだから、使用後はレンズクリーナー必須かな!

ヘッドセットの中には二つの大きなレンズがあり、ここの空間は少し大きくて、眼鏡を付けながらの装着も問題なさそうだ。

イヤホンジャック。これってコンテンツによっては複数chのサラウンド対応してるのかなぁ。

そうそう、彼女を後押ししたのもまさにこれ!セッティングはHDMIとUSBを刺すだけ!パソコンとの接続はこの2本を指すだけで終わり!でも50cmくらいしかケーブル長無いから、HDMIとUSBが近くないと使いにくそうだな。

>> 関連記事 : 機械オンチな彼女がVRをやってみた! ~「Windows Mixed Reality」設定編~

 

次回は Windows Mixed Reality の接続と設定

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※6月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
パソコン工房

LEVEL-M066-124-SAX

Core i5-12400 RTX 3060 Ti 8GB 16GB 500GB NVMe 700W BRONZE
arkhive

GN-I7G37R

Core i7-12700KF RTX 3070 16GB 1TB+1TB 750W GOLD
ストーム

PG-PD12

Core i7-12700 RTX 3070 16GB 1TB 1200W 80PLUS Platinum
ZEFT

G27JX

Core i7-12700 RTX 3080 500GB 1TB 750W GOLD
arkhive

GL-I9G39R

Core i9-12900KS RTX 3090 Ti 32GB 1TB+2TB 1000W Platinum

BACK TO LIST

見た目良し!スペック良し!なサイコムのBTOパソコンを、女性自作erでもあるストリーマー・つつまるがレビュー!【PR】

自作erも納得の性能!eスポーツキャスター・平岩康佑がGALLERIA(ガレリア)のBTOパソコンをレビュー【PR】

FPSプロゲーマー・GorouがツクモのゲーミングPC「G-GEAR Aim」をレビュー!Apexでの無双プレイもお任せ【PR】

FPS界屈指の実力派・GreedZzも納得!arkのゲーミングPC「arkhive」の性能をApexで体験【PR】

FPS初心者にこそおすすめ!プロゲーマー・keptがパソコン工房のゲーミングPC「LEVEL∞」の実力をApexで試してみた 【PR】

Apexプレデター・Lightも大満足!FRONTIERのBTOパソコンの実力を検証してみた【PR】

【エルデンリング】推奨Ping値・重いときにラグを減らす方法まとめ

【FF14】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【原神】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【フォートナイト】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【Apex Legends】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

原神に必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

フォートナイトに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

Apex Legendsに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

ELDEN RING(エルデンリング)の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボまとめ

FF15の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボ・CPU・ゲーミングPCまとめ