• TOP
  • CATEGORY
    VR
  • TITLE
    人気のハイエンドVRゴーグルといえばHTCVIVEとOculusRiftでしょう。共に10万円以下の価格ながら十分なスペックを持っています。これからVRを始める人向けに2つのVRゴーグルを徹底比較してみました!
CATEGORY
VR

VR空間を体験したい!VR?MR?【VR機器紹介編】 VR機器の決定版、HTCViveとOculusってどっちがいいの?何が違うの!

  • DATE
    2018.12.10
  • WRITTEN BY
    あらびき

>> 関連記事 : VR空間を体験したい!VR?MR?【MR機器紹介編】 VR機器の決定版、HTCViveとOculusってどっちがいいの?何が違うの!

ハイスペックVRゴーグルならOculusRiftかHTCVIVEで決まり!

HTCVIVESteamが開発に絡んでいるVRゴーグルの最高峰

HTCVIVE」はPCゲーム配信プラットフォームのSteamと、台湾のスマートフォンメーカーであるHTCが共同で開発したVRゴーグルです。価格は201810月現在で69,390円(税込)となっており、ハイスペックVRゴーグルではありますが多くの人が手を出しやすいギリギリの価格と言えるでしょう。トラッキング機能などがデフォルトの状態で搭載されているので、後から追加で費用が発生することはありません。

 

OculusRiftOculusシリーズの最上級ゴーグル

OculusRift」はVRゴーグル界の一大勢力であるOculus(オキュラス)シリーズの最上級ゴーグルで、SNS大手Facebookが開発しています。価格面はHTCVIVEより12万円ほど安くなっており、201810月現在公式サイトでは50,000円(税込)、Amazonでは58,999円(税込)で販売されています。ただしトラッキング機能を利用する場合は追加費用が必要となってしまいます。

 

 

 


  • パソコン工房

    LEVEL-R05A-iX4-RBX


    ・拡張性の高いミドルタワーケースを採用したゲーミングPC、購入後のメンテナンスも簡易

  • アプライドネット

    Barikata SF30


    ・博多っ子のもつ積極的に新しい物事へ取り組もうという「進取の気性」を体現したPC

  • パソコンショップSEVEN

    SR-ii5-7460H


    ・インテル® Core™i5-11400 プロセッサー搭載
    ・GeForce ® GTX1660 Super搭載

  • Ark

    GC-I5G36M


    ・コダワルほどにオトクになる「自分だけのコダワリの一台」
    ・コダワリを形に出来るカスタマイズ性

  • インバースネット

    FRGH570/SG2


    ・エアフロー性能とデザイン性に優れたプレミアムタワーケース
    ・NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti搭載

GALLERIA RM5C-R36

155,980円(税込)

編集部が選ぶ今もっともおすすめのBTOパソコン!
洗練されたスペックと使いやすさを突き詰めた冷却設計

ゲームを心から楽しめるのは、まさに技と気持ちが同体になったとき。 余計なものを削ぎ落とし洗練されたスペックが、快適なプレイアビリティを実現。

4番勝負!2つのVRゴーグルの違いを徹底比較

ゲームタイトル数や日本語対応はHTCVIVEに軍配が上がる

PCVRゲームをするならHTCVIVEの方がおすすめです。Steamが開発に参加しているだけあって利用可能なPCゲーム数は非常に多く、日本語対応も充実しています。OculusRiftは目安としてHTCVIVEの半分程度のコンテンツ数と考えてください。主要なPCVRゲームはOculusRiftHTCVIVEのどちらにも対応している傾向があるものの、どうしてもプレイしたいタイトルがOculusRiftでは利用できないということはありえます。

 

 トラッキング精度はHTCVIVEが上

ハイスペックVRゴーグルのメリットとして「トラッキング機能」があげられます。ゴーグルを装着したまま部屋の中を動きまわると、その動きがVRコンテンツ上でも反映されるという機能です。安価なVRゴーグルにはトラッキング機能が無いため、1点に留まったまま上下左右に視界を動かすことしかできません。それに対してHTCVIVEOculusRiftは、自分の足で動いたことをゴーグルが検知します。これによりゲーム中に敵が打ってきた弾を右にジャンプして避ける、といった事も可能になるわけです。このトラッキング機能の精度に関してはHTCVIVEの方が上です。OculusRiftはデフォルト状態ではトラッキング機能がありません。追加の費用がかかる上、精度もあまり高くはありません。

 

互角な点(画質・解像度、必要なPCスペック)

VRゴーグル本体の画質は、HTCVIVEOculusRiftでほぼ同じです。どちらも発色が良好な有機ELディスプレイを採用しており、本体の画質面では特に不満を感じることはないでしょう。

・解像度    2160×1200

・視野角   110

・ディスプレイ 有機EL

必要なPCスペックもほとんど変わりはありません。PCスペックはVRゴーグル本体に依存するというよりも、利用するVRコンテンツに依存するからです。

 

 

重さ、つけ心地は一長一短
VRゴーグルで意外と重要なのが重さやつけ心地です。あまりにも重いゴーグルは長時間利用するのが苦痛になるでしょう。

OculusRift470g

HTCVIVE468g

重量は2gしか変わりませんが、重心構造上HTCVIVEの方が若干重いと感じる人が多いようです。重さの感じ方は使い方などによっても変わるでしょう。なお、メガネを使っている人はOculusRiftを選ぶ際には必ず試着してみてください。ヘッドセット部分が小ぶりなために、幅の広いメガネを使っていると干渉してしまいスムーズに装着できないかもしれません。

>> 関連記事 :VR空間を体験したい!VR?MR?【どちらをお勧めする編 】 VRとMR機器はわかったけども結局、どっちがいいのかわからない方はこちら!

 

 

 

まとめ

ハイエンドVRゴーグルのHTCVIVEOculusRiftを、様々な点から比較してみました。HTCVIVEは追加費用なしでトラッキング機能が利用でき、日本語サポートも充実しているので海外製とはいえ使いにくいと感じることは少ないでしょう。PCゲームプラットフォームのSteamが開発に参加しているために利用者数も多く、今後のコンテンツ対応も安定して増えていくことが予想されます。OculusRiftよりも少し価格が高い分、高い満足度を得られるでしょう。

予算に限りがあるならOculusRiftをオススメします。HTCVIVEと比べてしまうと対応コンテンツ数などが限られてしまうデメリットはあるものの、ハイエンドVRゴーグルならではの発色の良い高画質有機ELディスプレイによって、VRコンテンツへ高い没入感が得られるでしょう。 OculusRiftHTCVIVEはいずれもPC用ハイエンドVRゴーグルとして「間違いない性能」を誇っています。予算や使い方に合わせて、どちらにするかを選んでください!

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※11月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
アプライドネット

Barikata SF30

Intel Core i5-11400 8GB(8GBx1) SSD M.2 500GB 750W/80PLUS GOLD
インバースネット

FRGH570/SG2

Intel Core i7-11700KF NVIDIA RTX 3070 Ti DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 1TB 2TB HDD 850W/80PLUS GOLD
パソコンショップSEVEN

SR-ii5-7460H

Intel Core i5-11400 NVIDIA GTX1660 Super DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 500GB 600W/80Plus Bronze
ドスパラ GALLERIA

RM5C-R36

Intel Core i5-11400 NVIDIA RTX 3060 DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 500GB/td> 650W/80PLUS BRONZE
Ark

GC-I5G36M

Intel Core i5-10400 NVIDIA RTX 3060 DDR4-2666 16GB(8GBx2) SSD M.2 500GB 550W/80Plus GOLD

BACK TO LIST