• TOP
  • CATEGORY
    VR
  • TITLE
    ここ最近、Windows Mixed Reality機器はさまざまなメーカーから販売がされています。どれも同じように見えてしまいますが、実際のところどのメーカーのMR機器がおすすめなのでしょうか?

    ここでは、各社のMR機器の流れやおすすめのMR機器について、詳しくご紹介します。
CATEGORY
VR

VR空間を体験したい!VR?MR?【MR機器紹介編】 Windows Mixed Realityの機器、たくさんあるけど具体的にどれがいいの?

  • DATE
    2018.12.11
  • WRITTEN BY
    ユタ


DDIYer
DDIYer

はじめに!今おすすめのBTOパソコンをご紹介します!どれもゲーミング向けなので、希望のタイプが見つかりますよ!

  • アプライドネット

    Barikata SF30


    ・博多っ子のもつ積極的に新しい物事へ取り組もうという「進取の気性」を体現したPC

  • パソコンショップSEVEN

    SR-ii5-7460H


    ・インテル® Core™i5-11400 プロセッサー搭載
    ・GeForce ® GTX1660 Super搭載

  • Ark

    GC-I5G36M


    ・コダワルほどにオトクになる「自分だけのコダワリの一台」
    ・コダワリを形に出来るカスタマイズ性

  • インバースネット

    FRGH570/SG2


    ・エアフロー性能とデザイン性に優れたプレミアムタワーケース
    ・NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti搭載

  • パソコン工房

    LEVEL-R05A-iX4-RBX


    ・拡張性の高いミドルタワーケースを採用したゲーミングPC、購入後のメンテナンスも簡易

GALLERIA RM5C-R36

155,980円(税込)

編集部が選ぶ今もっともおすすめのBTOパソコン!

洗練されたスペックと使いやすさを突き詰めた冷却設計

ゲームを心から楽しめるのは、まさに技と気持ちが同体になったとき。 余計なものを削ぎ落とし洗練されたスペックが、快適なプレイアビリティを実現。

 

>> 関連記事 : VR空間を体験したい!VR?MR?【VR機器紹介編】 VR機器の決定版、HTCViveとOculusってどっちがいいの?何が違うの!

複数のメーカーから販売されるMR機器

  • 現状できることはVRに近い

仮想現実であるVRから一歩進化させた技術であるMixed Realityを搭載したWindows Mixed Reality機器が、各メーカーから続々と販売されています。ただし現段階においては、MRの本懐である現実空間と仮想空間の混在、というよりはVRの延長線上に近いものとなっています。そのため、できることとしては、VRと同じだと認識しておくとよいでしょう。

 

  • 視野角に大きな違いはない

現在各社から販売されているMR機器は、価格帯に大きな違いがないハイクラス機器ばかりであり、スペックは横並びになっています。VR機器やMR機器を選択する際の大きなポイントである視覚野にも大きな違いはありません。そのため、MR機器の選択時にスペックで悩むことはあまりないでしょう。

 

  • 装着感は重視したほうが良い

スペック面では大きな差がない場合、装着感や設置のしやすさを重視したほうが良いでしょう。長時間装着することもあるため、装着感が悪いものを選んでしまうと、不快に感じたり、疲れてしまったりすることがありえます。また、設置するのに手間がかかると、面倒になって使わなくなってしまう可能性もあります。機器のスペックで比べるより、使い心地を重視するようにしましょう。

 

 

Lenovoの「Lenovo Explororer」

  • Lenovo Explororeの特徴

Lenovoの「Lenovo Explororer」は、前面の2か所にインサイドカメラ、アウトサイドカメラを搭載しており、外部環境を随時スキャンして上下左右や傾きをバーチャル映像に反映させることができる機能を有しています。設置も非常に簡単で、ゴーグルとパソコンをコードで接続するだけで、ソフトウェアのインストールがはじまります。価格も税込で39,560円とVRに比べて安いのが魅力です。また、視覚野は110度となっており、各社が展開しているMR機器の中でも比較的広角です。

  • 軽くてコンパクトなメリット

Lenovo Explororerの最大のメリットは、ゴーグル本体の軽さです。その他のメーカーはどれも400g以上となっていますが、最後発MR機器ということでLenovo Explororerは400gを切る380gとなっています。また、大きさもコンパクトなデザインとなっていることが特徴です。軽くてコンパクトというのは、そのまま付け心地へとつながります。装着時の負担を少しでも軽くすることができるので、長時間Lenovo Explororerを使ってゲームなどを遊んだとしても、他のMR機器に比べて負担は小さいと言えるでしょう。

 

 

 

HPの「Windows Mixed Reality Headset」

  • Windows Mixed Reality Headsetの特徴

HPの「Windows Mixed Reality Headset」はヘッドセットに搭載されたモーショントラッキングセンサーによって、360度連動した視野を実現しているMR機器です。480gとLenovo Exploroに比べると少しだけ重いです。しかし、装着感に大きなこだわりを持っており、目の周辺や鼻、そして後頭部の部分には肌当たりの良いスポンジ素材が使われています。装着感を良くすることで、重さのデメリットをカバーしています。 

  • ケーブルが取り外せるメリット
    Windows Mixed Reality Headsetは取り回しの良さを重視した設計となっています。ゴーグルに付属しているケーブル類をすべて取り外すことが可能です。使っている時は気にならないものであっても、片付けの際には邪魔になりやすいのがケーブル類です。取り外しできることによって、片付けや準備の手間が少なくなります。

>> 関連記事 :VR空間を体験したい!VR?MR?【どちらをお勧めする編 】 VRとMR機器はわかったけども結局、どっちがいいのかわからない方はこちら!

 

 

 

まとめ

MR機器は各社スペックが比較的横並びであり、視覚野も大きな差がないため装着感や設置のしやすさなどを重視するとよいでしょう。この条件で比較した場合、Lenovoの「Lenovo Explororer」とHPの「Windows Mixed Reality Headset」は装着感も高く、使いやすいMR機器です。MR機器を検討の際には、ぜひ候補に入れてみてはいかがでしょうか。

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※11月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
Ark

GC-I5G36M

Intel Core i5-10400 NVIDIA RTX 3060 DDR4-2666 16GB(8GBx2) SSD M.2 500GB 550W/80Plus GOLD
アプライドネット

Barikata SF30

Intel Core i5-11400 8GB(8GBx1) SSD M.2 500GB 750W/80PLUS GOLD
インバースネット

FRGH570/SG2

Intel Core i7-11700KF NVIDIA RTX 3070 Ti DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 1TB 2TB HDD 850W/80PLUS GOLD
パソコンショップSEVEN

SR-ii5-7460H

Intel Core i5-11400 NVIDIA GTX1660 Super DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 500GB 600W/80Plus Bronze
ドスパラ GALLERIA

RM5C-R36

Intel Core i5-11400 NVIDIA RTX 3060 DDR4-3200 16GB(8GBx2) SSD M.2 500GB/td> 650W/80PLUS BRONZE

BACK TO LIST