• TOP
  • CATEGORY
    VR
  • TITLE
    今のゲームでは没入感に欠ける、とお思いの方。そんな方におすすめなのがSteam VR。Steam VRはSteamが提供するVRゲームで、ネット環境とVRゴーグルを持っていれば誰でも体感できます。現在、本格的に盛り上がってきているVRを体感して、流行を先取りしましょう!
CATEGORY
VR

Steam VRの設定は簡単?初心者でも手軽にVRゲームを遊び尽くそう! Steam VRってなに?どんなVRを選べばいいの?

  • DATE
    2019.07.17
  • WRITTEN BY
    がねりん

パソコン工房LEVEL∞ LEVEL-M066-124-SAX

194,980円(税込)

編集部が選ぶおすすめのBTO PC!
価格を抑えたいならCore i5搭載モデルに注目!ミドル向けCPUでもゲームパフォーマンスは妥協なし!

パソコン工房ならお買い上げ後の保証・修理もバッチリ!24時間365日の電話サポートに加え、全国約70拠点の店舗展開だから充実した対面サポートも可能。1年間の無料保証のほか、安心の3年保証も選択可能。出張でサポートを受けられる各種オプションもご用意。

いよいよ、Windows Mixed Reality が最高に楽しめるSteamVRを楽しんでみた。…


  • サイコム

    G-Master Velox Intel Edition


    ・厳選されたパーツ構成、BTO初心者にも最適なゲーミングPC!
    ・カスタマイズなしで多くのゲームがプレイ可能

  • THIRDWAVE

    Monarch FE


    ・大容量ミドルタワーケースで拡張性の高いBTOモデル

  • クリエイターPC

    WA9A-E211/XT


    ・ローエンドからハイクラスまで、用途に合わせたGPUが選べるクリエイター向けモデル

  • ストーム

    PG-PH12


    ・抜群のエアフローケースで冷却を採用したRTX3060モデル

  • パソコン工房

    LEVEL-R769-LC129K-WAX


    ・ゲームも動画配信も万全なインテルのハイエンドCPU、Core i9を搭載!

Steam VRとは?その仕組みを紹介

まずはSteam VRの仕組みについて解説します。

そもそもVRというのは、専用の機器である「VRゴーグル」を装着することで、360度に立体感のある映像世界を体感できる技術のことです。従来の映像やゲームのような2次元ではなく、実際の体験とそん色のない3次元の体験ができるということが大きな魅力であり、最大の特徴となっています。

Steam VRは大手ゲーム販売サイトのSteamが提供するVRゲームのことです。Steam VRという商品名ではないのでその点には気を付けてください。また、あくまでゲームのみの販売のため、VRゴーグルは別途で購入しなければなりません。

なおVRゴーグルの中にはSteamに対応していないものもあるので、購入前に必ず確認しておきましょう。

  • VRの種類は大きく分けて3つ

現在、VRゴーグルは「PC接続型VRゴーグル」「スマホ用VRゴーグル」「スタンドアローンVRゴーグル」の3種類に大別されます。それぞれに得意不得意があるため、自分の利用スタイルに合わせて購入するのがおすすめです。以下3種類のVRゴーグルについて、詳細を説明していきます。

・PC接続型VRゴーグル

PC接続型VRゴーグルは、PCと接続して利用するVRゴーグルのことです。3タイプの中で最も解像度や画質が優れているのが最大の魅力。これまで発売されてきたVRゲームの中には、PC接続型VRゴーグルにしか対応していないという作品も数多くあります。

また、VRゴーグルを装着している人の動きをトレースする、ルームスケールモードを搭載しているモデルがあるのもこのタイプだけです。ルームスケールモードは部屋の中で実際に動くことでキャラクターを操作できるようになるので、高い没入感を楽しめます。ただし、その分価格は数万〜10万円以上と高額です。本気でVRゲームを楽しみたい人、もしくはどのタイプを購入しようか決められない方におすすめのタイプとなっています。

・スマホ用VRゴーグル

スマホ用VRゴーグルは、モニターがゴーグルに搭載されているのではなく、スマホをはめ込んで使用します。そのスマホでVR動画を再生すればVR体験ができるというわけです。このタイプは非常に安価なのが魅力。ただ、VRゲームをプレイする場合には2つのハードルがあります。まず、スマホがハードとなるため、遊びたいVRゲームがスマホに対応していなければいけません。せっかく遊びたいゲームがあってもPC版のみであればその時点で対象外となってしまいます。

もう1つはスマホの性能。VRゲームは高いスペックを要求するため、スマホが最新型、もしくは1~2つ前の型落ち品ぐらいでなくてはいけません。何年も物持ちよくスマホを使っている人の場合、VRゲームを体験するのは難しいでしょう。

・スタンドアローンVRゴーグル

現在話題になっているのが、スタンドアローンVRゴーグルです。ワイヤレスで利用できるVRゴーグルでコードが邪魔にならない、持ち運びやすい、PCなしでVRを楽しめる、といったメリットがあります。

ただまだ発展途上のため、コンテンツ量や質はまだまだそろっていないのが実情。価格は2〜3万円ほどとお手頃なので、スマホ用VRゴーグルよりは本格的なVR体験をしてみたいという方なら、検討してみると良いでしょう。

Steam VRの選び方

自分に合ったVRゴーグルを見つけたいのであれば、まず選び方を知っておきましょう。端末によって対応しているゲームの本数、値段などが違います。やりたいゲームに非対応だった、ということが起こらないよう、今回は下記の視点から選び方を解説。

VRゴーグルの選び方

・VRの種類で選ぶ場合

・対応ゲームの本数で選ぶ場合

・値段でVRを選ぶ場合

それでは各選び方を詳しく説明します。

  • VRの種類で選ぶ場合

上記で解説したような種類に注目して選ぶのは一手です。VRゴーグルは種類によって遊び方が大きく変わってきます。

サクッと遊びたいのならスマホ用VRゴーグルがおすすめです。しっかりSteam VRを遊び尽くしたいのなら、PC接続型VRゴーグル。快適な装着感でストレスなくゲームを楽しむならスタンドアローンVRゴーグルを使いましょう。

それぞれ先ほど紹介したように、同じVRゴーグルでもその特徴は全く異なります。解説した特徴を参考に、自分にマッチした種類を選んでください。

  • 対応ゲームの本数で選ぶ場合

Steam VRを思いっきり遊び尽くしたいなら、対応ゲーム本数で選んでみてはいかがでしょう。実はVRゴーグルによって対応しているゲームの本数は大きく異なります。種類でいうと、Steam VRで遊びたいならPC接続型VRゴーグルがベストです。最も細かく言うと「Oculus Rift」というVRゴーグルが特におすすめとなります。

「Oculus Rift」はPC接続型VRゴーグルなので、対応ゲーム本数が申し分なし。Steam VRを思いっきり遊ぶのにもってこいです。さらにOculus Storeという独自のゲーム購入サイトからもゲームを購入可能。VRの楽しさを知りたいなら、ぜひ選んでみてください。

  • 値段でVRを選ぶ場合

VRゴーグルの値段はかなりの幅があります。スマホ用VRゴーグルは安いものになると1000円以下でも購入可能な一方で、PC接続型VRゴーグルの場合は数万円〜十数万円ほどと非常に高価です。

もちろん値段の高さに比例して、スペックも良くなっていきます。VRゲームを本気で遊びたいなら、多少高くても人気のある端末がおすすめです。

人気のハイエンドVRゴーグルといえばHTCVIVEとOculusRiftでしょう。共に10万円以下の価格ながら十分なスペックを…

Steam VR対応のVRゴーグルおすすめ4選

VRを体感したいけど、どんなVRゴーグルを選べば良いのかわからない方もいるでしょう。どのVRゴーグルがSteam VRに対応しているか把握しておかないと、購入したあと後悔するかも。

この項目ではおすすめの機種を4つに厳選して紹介します。どれもSteam VR対応なのでVRゴーグルを探している方は、ぜひ参考にしてください。

  • HTC VIVE

最初に紹介するのは、「HTC VIVE」というVRゴーグル。世界トップクラスのシェアを誇る、まさに大人気VRゴーグルです。

この端末の特徴は、ルームスケールというトラッキング機能です。装着者の頭や手の位置を認識してくれるので、動きがリアルタイムでゲームに反映されます。より深い没入感を体験できるのが魅力です。しかも、HTC VIVEに搭載されているのは全身を追従してくれるフルトラッキング。

ただし、スペックが高い分価格は64,000円以上と高額です。また、PC接続型VRゴーグルなので、PCも必要となっています。高レベルのVR体験をしたい方に、おすすめの1台です。

  • Oculus Rift

次に紹介するのは、先ほどと同様に世界トップクラスのシェアを誇る「Oculus Rift」。Oculus社が開発・販売をしているPC接続型VRゴーグルで、世界で初めて家庭用向けに販売されたモデルです。トラッキングにも対応しており、動きをリアルタイムに反映してくれるのも魅力。

もう一つ特徴なのが、専用コントローラーである「Oculus Touch」。操作性が非常に高く、VRの臨場感を邪魔しません。価格が49,000円ほどとお手頃なのもうれしいポイント。ただ、対応ゲーム本数はHTC VIVEにやや劣るのが欠点。

  • PSVR

VRゴーグルの中でも認知度が高いPSVR。PC接続型VRゴーグルとしての人気も非常に高いです。

VRは表示スペックが不足してしまうと映像がカクカクしてしまうことも少なくありません。そうなると雰囲気は台無しですよね。このような現象を防ぐ、解像度となめらかさこそPSVRが人気の理由です。

価格は34,800円ほどと比較的低価格。高品質・低価格のVRゴーグルを探している方におすすめです。

  • HTC Vive Pro

PC接続型VRゴーグルの最高峰を求めているなら、HTC Vive Proはいかがでしょうか。HTC Viveの上位互換品として誕生し、高解像度で近未来感あふれる使用感が魅力の端末です。没入感は他のVRゴーグルとは比較にならないほど。装着感も快適と、まさに最高峰です。

ただし、このスペックをフルで発揮するためには、接続用の高性能PCが必要となります。さらに価格は17万円以上なので、なかなか手が出しづらいのがデメリットです。

対応機種を使ってSteam VRを体感しよう!

以上がSteam VR対応のVRゴーグルです。どれも没入感から品質、装着感など高クオリティーなものばかり。ただ、値段は数万円が基本なので、若干ハードルは高いです。それでも、普通のVRゴーグルでは味わえない没入感・臨場感は他と比べ物になりません。Steam VRで遊びたい方は、ぜひ参考にしてください。

PCがまるでアンティークハウス!?DIYerさんに頼んでみたら今までにないPCケース完成!…

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※6月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
パソコン工房

LEVEL-M066-124-SAX

Core i5-12400 RTX 3060 Ti 8GB 16GB 500GB NVMe 700W BRONZE
arkhive

GN-I7G37R

Core i7-12700KF RTX 3070 16GB 1TB+1TB 750W GOLD
ストーム

PG-PD12

Core i7-12700 RTX 3070 16GB 1TB 1200W 80PLUS Platinum
ZEFT

G27JX

Core i7-12700 RTX 3080 500GB 1TB 750W GOLD
arkhive

GL-I9G39R

Core i9-12900KS RTX 3090 Ti 32GB 1TB+2TB 1000W Platinum
NEXT

【iPad版】Zoomの使い方|ミーティング方法や背景画像の変更方法を解説
Zoomの使い方・PC版とスマホアプリ~無料で開催できるミーティングの方法・参加・招待の手順
BACK TO LIST

見た目良し!スペック良し!なサイコムのBTOパソコンを、女性自作erでもあるストリーマー・つつまるがレビュー!【PR】

自作erも納得の性能!eスポーツキャスター・平岩康佑がGALLERIA(ガレリア)のBTOパソコンをレビュー【PR】

FPSプロゲーマー・GorouがツクモのゲーミングPC「G-GEAR Aim」をレビュー!Apexでの無双プレイもお任せ【PR】

FPS界屈指の実力派・GreedZzも納得!arkのゲーミングPC「arkhive」の性能をApexで体験【PR】

FPS初心者にこそおすすめ!プロゲーマー・keptがパソコン工房のゲーミングPC「LEVEL∞」の実力をApexで試してみた 【PR】

Apexプレデター・Lightも大満足!FRONTIERのBTOパソコンの実力を検証してみた【PR】

【エルデンリング】推奨Ping値・重いときにラグを減らす方法まとめ

【FF14】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【原神】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【フォートナイト】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【Apex Legends】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

原神に必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

フォートナイトに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

Apex Legendsに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

ELDEN RING(エルデンリング)の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボまとめ

FF15の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボ・CPU・ゲーミングPCまとめ