DIGITAL DIY

  • TOP
  • CATEGORY
    VR / Mixed Reality
  • TITLE
    VR(仮想現実)という概念が盛り上がっています。
    ただ、VRは実際に体験してみないと「VR? 普通のゴーグル型のディスプレイでしょ?」という誤解を抱いたままになってしまいます。

    ここではいまさら聞けないVRの基本や、VRとARの違い、そしてこれからVRを始める人向けに4つの注意点を解説しています!
CATEGORY
VR / Mixed Reality

VR(仮想現実)という概念が盛り上がっています。
ただ、VRは実際に体験してみないと「VR? 普通のゴーグル型のディスプレイでしょ?」という誤解を抱いたままになってしまいます。

ここではいまさら聞けないVRの基本や、VRとARの違い、そしてこれからVRを始める人向けに4つの注意点を解説しています!

>> 関連記事 : ARの初心者のススメ!これさえ読めばARマスターへの第一歩!4つのポイント その①今さら聞けないAR系記事 ARって何? ARとは?

■ あなたの「視界」を完全にゴーグル内で再現してくれるのがVR

□ ゴーグルをつけて振り返れば映像が動く! あなたの視界を忠実に再現するVR

VR(仮想現実)は、決してただのゴーグル型のモニターディスプレイ(ヘッドマウントディスプレイ/HMD)ではありません。

ただのヘッドマウントディスプレイでも、目前に大画面を映し出すことはできます。

 

狭い部屋でも体感として120インチ程度の画面で視聴できるヘッドマウントディスプレイは、確かに大迫力で没入感を得られるでしょう。

しかしVRはただのヘッドマウントディスプレイを上回る臨場感を得られます。その理由は「自分の首の動きに合わせて、映像も動く」ということです。

 

現実世界では360度の視界が存在し、もし首を傾けたり、後ろを振り返ったりすれば当然視界も変わります。それと同じことをVRは実現しているのです。

 

□ ただのHMDはいくら首を振っても映像は動かない

ただのHMDはいくら首を振っても映像は変わらずに固定されたままです。つまりHMDはテレビを見ているのと何ら変わらないわけです。

それに対してVRは自分の首の動きに合わせて映像も変わるため、後ろから足音が聞こえてきたので振り返るとゾンビがいた…というシチュエーションもリアルに演出してくれます。

 

 

■ いまさら聞けない…ARとVRって何が違うの?

□ ARとVRの違いとは?

ARとVRにはどのような違いあるのでしょうか? ARとVRの違いはゴーグルを比較すると一目瞭然です。

VR用のゴーグルをつけると外界から完全に遮断され、ゴーグルのモニターに映し出される映像のみを見ることとなります。

それに対してARのゴーグルは「透過型」です。現実世界の視界をそのまま映し出し、その上に非現実的な映像を重ね合わせます。

「現実+非現実」のミックスこそがARの特徴なのです。

 

□ ポケモンGOはAR

大人気のポケモンGOはARです。

ポケモンGOの場合はゴーグルではなくスマホをディスプレイとして利用し、ARを表現しています。

2018年現在ではこの組み合わせが最も一般的なARの手法です。

スマホのカメラで現実世界を写しだし、そこにポケモンという非現実を重ね合わせているわけです。

 

■ VR初心者向け4つの注意点

□ VRゴーグルがコンテンツに対応しているかどうか

VRのコンテンツにVRゴーグルが対応しているかどうかを必ず確認するようにしてください。

VRはまだ黎明期なため、業界共通の規格がしっかりと策定されておらず、ゴーグルごとでVRコンテンツへの対応状況が異なります。

 

□ VR酔い

VRは激しく映像が動くために、体質によってはVR酔いを起こしかねません。

通常のHMDタイプのゴーグルよりも酔いやすい傾向があるので、できれば家電量販店などで体験してから購入するといいでしょう。

 

□ メガネさん要注意! VRゴーグルとメガネの相性

VRゴーグルによってはメガネとの相性が極めて悪いものもあります。

基本的にはメガネをつけても視聴できるように設計されているものばかりですが、なかにはメガネのフチにゴーグルが当たってしまい、装着できないものも存在します。

可能な限り一度ゴーグルを試着してから購入するといいでしょう。

 

□ VRは座った状態で使おう

VRは迫力ある映像が魅力です。それゆえ、ホラー系コンテンツなどでは驚いて腰を抜かしてしまう人がいます。

立った状態で、なおかつ周囲の足場があまり良くない状況だと転倒などの危険があります。

また、ゴーグルをつけていると水平感覚が失われがちで、転倒して頭を打ってしまうことも少なくありません。

臨場感あふれるVRだからこその注意点と言えますが、VRはできる限り座った状態で使うようにしましょう。

>> 関連記事 : VRの初心者のススメ!これさえ読めばVRマスターへの第一歩!4つのポイント その② VRのすごいところ

■まとめ

以上、初心者向けにVRのとっかかりを解説してみました。

VRと普通のヘッドマウントディスプレイについて、いまいち区別がついていなかった人もいるのではないでしょうか?

振り向けば映像もそれに追随して動くVRの臨場感は、実際に体験してみないとなかなか感じ取れないものです。

 

ぜひ皆さんもVRの世界へ!


BACK TO LIST