DIGITAL DIY

  • TOP
  • CATEGORY
    クリエイター
  • TITLE
    今日から始めるYouTuberシリーズですが、今回は編集編です。動画の編集はその動画の面白さや見やすさなどを決める、とても重要な作業です。何をどうやって編集していくのか編集のポイントについても紹介します。
CATEGORY
クリエイター

今日から始めるYouTuberシリーズですが、今回は編集編です。動画の編集はその動画の面白さや見やすさなどを決める、とても重要な作業です。何をどうやって編集していくのか編集のポイントについても紹介します。


■ YouTubeに投稿する動画編集の重要性について

動画を撮影して見返したときに、ピントがずれていたり音声が割れていたりなど、そのままでは見づらい動画になっていることが多々あります。

また、長い動画の一部分は良いけれども、前後が長すぎるとか必要なかった

など、面白味もなく盛り上がりも欠けるところがある動画になっていることもあります。

 

もちろん、撮り直しても良いのですが、これらの現象は編集でカバーが可能です。撮り直しがきかない一発勝負の動画の場合もあり、その場合は特に編集が大事になってきます。

編集は、見にくい部分や必要ない部分を訂正する為に必要なことです。YouTuberの動画は見てもらうための動画なので、見てもらうためには見やすい事や面白く見続けられることが大事です。そのためには良い編集が欠かせません。

 

■ 編集のやり方とは?

  • 不要な部分をカットして繋ぐ

必要ない部分をカットし、カットした部分の前後を不自然さが無いようにつなぎます。この方法が編集の一番基本パターンです。

やることはとてもシンプルで、撮った動画の内、必要な部分や動画として見せたい部分をカットして素材にします。切り取ってバラバラになった動画を、分かりやすいように繋げレバ完了です。

 

  • テロップや効果音を入れる

必要に応じてテロップや効果音を追加します。テロップは、聞き取りにくい言葉をはっきり分かるようにする効果があります。また、強調したい言葉をテロップにすることもできます。

効果音も演出効果が高く、その場の状況や注目ポイントをお知らせする効果があります。バックグラウンドに流す音楽も動画の雰囲気を左右するので、シーンに合った音楽を選択しましょう。

 

■ YouTubeの動画を編集するときのポイント

  • 統一感を持たせよう

統一感が無い動画は、見にくいだけでなく編集も大変です。統一感を持たせて、自分の個性を出していくこともYouTuberにとっては大事です。

 

有名なYouTuberの動画の出だしは、お決まりの文句で始まっています。こうした統一感が、見るほうを安心させてくれるのです。統一感を出すときのポイントは、自分らしく自然な雰囲気を作ることです。あまりにかけなはれたイメージで作ってしまうと、長く続けるうちにボロが出てきて撮影や編集に苦労します。

 

  • 長さも大事

動画の尺はとても大事です。長すぎて間延びしては、見てもらえません。一般的には5分程度の動画が一番見やすいと言われています。尺を気にしながら編集してください。

撮影した動画の不要部分を切り取るだけでも短くなります。もし本当に言いたいこと、伝えたいことだけになった結果短くなりすぎても心配は無用です。

尺が足りなければ、動画を撮って付け足せば良いだけです。ですので、要らないところや分かりにくいなと思ったところはバンバンカットし、短くしてしまうほうが良いでしょう。

 

  • 見やすくて分かりやすい動画にしよう!

はっきりと話して聞き取りやすいように撮影をしても、聞き取りにくい言葉や単語が出てきてしまうのはやむをえないことです。

 

強調したい言葉やどうやっても聞き取りにくい言葉などはテロップを入れることで見やすくなります。どうしたら見やすくなるのかは、CMや他のYouTuberの動画を参考にするのをおすすめします。また撮り直しという手段もあるので、動画の質によってどのように手を施すか判断しましょう。

 

撮影はカメラを回せばすぐに誰にでも撮れますが、編集の場合慣れないうちは難しく感じることもあります。見てもらえる動画になるよう、何度も見直して納得するまで編集をしましょう。

>> 関連記事 : プロ向けソフトが使えちゃう? 意外と簡単!Adobe Creative Cloudを使ったコンテンツ編集

■ まとめ
撮影した動画は編集してから投稿しよう!

撮影したばかりの動画は間延びしていたり、言い間違いやミスがあったりなど、そのままでは視聴してもらえない場合が多いです。そんな時は編集作業で見やすく、分かりやすい動画にしましょう。

YouTuberとして配信した動画を見てもらうには、編集が一番大事なのです。


BACK TO LIST