DIGITAL DIY

  • TOP
  • CATEGORY
    クリエイター
  • TITLE
    スマホやコンデジを卒業して、本格的な写真撮影を楽しむために、一眼レフではなくミラーレスカメラを選ぶ人が増えてきています。一眼レフとミラーレスの違いとはなんであるか、ミラーレスカメラで写真を撮影するメリットとデメリット、各メーカーの特色についてまとめました。
CATEGORY
クリエイター

スマホやコンデジを卒業して、本格的な写真撮影を楽しむために、一眼レフではなくミラーレスカメラを選ぶ人が増えてきています。一眼レフとミラーレスの違いとはなんであるか、ミラーレスカメラで写真を撮影するメリットとデメリット、各メーカーの特色についてまとめました。

>> 関連記事 :

■ 初心者でも簡単!ミラーレスカメラの特徴と使い方

ミラーレスカメラ(以降ミラーレスとします)は、一眼レフで使用されていたミラーが使われなくなったデジタルカメラを指します。撮影に使うレンズから入ってきた光をイメージセンサーで変換し、ファインダーは電子式という点が一眼レフと大きく異なります。

一眼レフとの共通点や違いを確認しながら、ミラーレスの特徴を確認していきましょう。

● 一眼レフと同じくレンズ交換式
ミラーレスは、一眼レフと同じくレンズ交換式のデジカメです。一眼レフと同様、特定のレンズシステム対応しており、撮影シーンに合致したレンズを装着して撮影します。

 

● 一眼レフとの違いはミラーの有無とファインダー
ミラーレスは、撮影に使っているレンズから入ってきた光をイメージセンサーで処理、その結果をファインダーに映し出しています。ホワイトバランスや露出などいろいろ調整した画像を電子ファインダーでチェックできるため、光学ファインダーよりもできあがりに近い画像を見ることができます。

 

● 比較的コンパクトでおしゃれデザインが魅力
ミラーレスは、一眼レフに比べてミラーがない分コンパクトな本体に作れる点も大きな特徴です。女性の手でも扱いやすいサイズで、女性が心惹かれるようなおしゃれデザインのカメラが多いのもミラーレスの特徴と言えるでしょう。

 

■ ミラーレスカメラのメリットとデメリット

コンパクトで素敵なデザインの機種も多いミラーレス。撮影する際ミラーレスを使うことのメリットとデメリットを紹介します。

● メリット1:持ち運びが楽で自然に撮影できる
ミラーレスの特徴としては、一眼レフに比べて持ち運びが楽で自然に撮影できる点が挙げられます。旅行時の撮影や街を歩いていてのスナップ撮影などでも、一眼レフに比べて疲れにくいです。

また、カメラのサイズが小さいと被写体となる人に与えるプレッシャーも少なくなり、いい表情の写真が撮影しやすくなります。

 

● メリット2:デジタル一眼レフカメラに比べて安価
昨今は非常に性能の良いミラーレスも出てきているので一概には言えませんが、一眼レフに比べて安価に購入できる点もミラーレスの魅力です。画質はどんどん向上して一眼レフに近づきつつあるので、コストパフォーマンスに優れているとも言えます。

 

● デメリット1:レンズの種類がまだ少ない機種が多い
ミラーレスは、一眼レフに比べるとまだ歴史の浅い種類のデジカメです。そのため、レンズシステムがあまり充実しているとは言えず、レンズの種類が少ない機種が多い傾向にあります。

これからはミラーレスが主流になっていくため、レンズシステムは増えていくはずです。しかし現時点では、欲しい焦点距離のレンズがないかもしれません。

 

● デメリット2:オートフォーカスが若干遅い
一眼レフに比べてオートフォーカスが若干遅い点も、ミラーレスのデメリットです。激しく動く子どもの運動会のような撮影には不向きと考えてください。

 

■ ミラーレスカメラメーカー各社の特徴

ミラーレスを作っているメーカーは、一眼レフよりも多く、各メーカーで個性があります。ここでは、ミラーレスを作っている各メーカーの特徴について紹介します。

● ミラーレスカメラでもシェアトップのキヤノン
一眼レフで有名なキヤノンですが、ミラーレスでも魅力的な機種を次々と発売し、最近ではフルサイズのミラーレスも販売するようになりました。ミラーレスの分野でも、キヤノンはトップメーカーとして多くの人を魅了する機種を提供しています。

ただ、ミラーレスでは後発組のため、他社に比べて販売されているレンズの種類が少ない点には注意しましょう。自分が使いたいレンズがまだ販売されていないと、撮影した写真にも影響が出るでしょう。

 

● フルサイズのミラーレスカメラに的を絞るニコン
キヤノンよりも早い段階でミラーレス市場に参入していたニコン。エントリーモデルとして1型センサーを使ったコンパクトな機種を販売していましたが、近年の流れを受けて、フルサイズのイメージセンサーを使ったミラーレスカメラも開発しています。

 

● イメージセンサー技術でトップのソニー
ソニーは、現在のミラーレス市場をけん引してきたメーカーです。他のメーカーに先駆けてフルサイズのミラーレス機「α7シリーズ」を世に送り出し、ミラーレス機の画質向上に大きく貢献してきました。

イメージセンサー技術では世界的に高い評価を受けており、裏面照射CMOSセンサーは、CCDに比べて低価格で画質の良い写真が撮れます。

 

● おしゃれなデザインでカメラ女子御用達オリンパス
フルサイズやASP-Cサイズのイメージセンサーよりも小さいマイクロフォーサーズのミラーレスを世に送り出すオリンパス。イメージセンサーが小さい分、ボディサイズも小さくデザインされているものが多く、お散歩カメラにちょうど良いおしゃれなデザインが魅力です。

 

● タッチパネルや動画撮影などが魅力のパナソニック
背面モニターにタッチパネルを採用し、撮影がやりやすく進化しているメーカーです。家電メーカーらしい機能の豊富さで、背面のパネルにはタッチパネルも搭載しています。動画撮影も得意。

 

● 美しい発色の写真とレトロデザインで人気のフジフィルム
フィルムメーカーとして有名なフジフィルムは、美しい発色の写真が撮れるミラーレスを販売しています。カメラのデザインはひと昔前のフィルムカメラのようなレトロさで、おしゃれなカメラとしても人気です。

 

■ サイズや価格が手ごろで高画質な写真が撮れるミラーレスはおすすめ

ミラーレスは、サイズや価格が手ごろで高画質な写真が撮れ、スマホやコンデジよりもいい写真が撮りたくなった人におすすめの選択肢です。出回っている製品が多いため、自分好みの機種に出会える可能性も高いと言えます。ミラーレスの特徴とメリット・デメリットを知り、自分に合う機種を選ぶための基礎知識としてくださいね。

そしてさらに上を目指す方は撮影した写真を元にハイスペックBTOや自作PCで編集、最高の1枚を目指してみてはいかがでしょうか。


BACK TO LIST