• TOP
  • CATEGORY
    初めての自作
  • TITLE
    自作PCを組むうえで悩みどころのひとつである電源ユニット。予算内でどの程度のスペックのものを選べばよいのか、または予算を割いてでもハイスペックのものを選ぶべきなのか、悩みは尽きません。そこで、電源ユニットに関する考え方と選び方をご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。
CATEGORY
初めての自作

「電源」にまつわる自作PCの基礎知識と選び方

  • DATE
    2019.09.04
  • WRITTEN BY
    livesnetwrk

G-GEAR GA7J-E221/B

222,800円(税込)

編集部が選ぶおすすめのBTO PC!
抜群のコスパと高冷却性レイアウトを採用した独自ケースで、高フレームレートFPSゲームに最適!

強力なintelプロセッサーと高性能GeForceグラフィックスで、ゲーミングPCのステップアップにオススメ。もちろんツクモならではの「選べるCPU×GPU×OS」の豊富な組み合わせから自分だけのオリジナルモデルにカスタマイズできます!

>> 関連記事 :「はじめて自作」第30回 これさえ見ておけばお店でも安心!初めての自作で知っておくべきパーツのポイント – 電源ユニット編


  • G-GEAR

    GA7J-E221/B


    ・抜群のコスパと高冷却性レイアウトを採用した独自ケースで、高フレームレートFPSゲームに最適!

  • ストーム

    PG-PP12


    ・抜群のエアフローケースで冷却を採用したRTX3070モデル

  • ZEFT

    G24CT


    ・ゲーミングPC初心者の方や学生の方におすすめのCore i5×RTX3060搭載ゲーミングPCです。

  • サイコム

    G-Master Spear Z690/D5


    ・最新のパーツで固めたカスタマイズ性に優れる定番ゲーミングPC
    ・メモリも最新のDDR5を採用

  • クリエイターPC

    WA7J-E213/ZT


    ・オンボードからGeForce・Radeonまで、用途に合わせたGPUが選べるクリエイター向けモデル

電源ユニットの心得

さっそく、電源ユニットを選ぶうえでの基本的な考え方を見ていきましょう。

 

電源ユニットにはお金をかけろ

電源ユニットはケチるべきか、それともお金をかけるべきかと聞かれれば、答えはズバリ「お金をかけろ!」です。なぜかというと電源というのはPCの動力源、つまり命だからです。

弱い電源ユニットを選んでしまった場合、被害は電源ユニットだけにとどまりません。電源ユニットが壊れると周囲のパーツもダメージを受けます。数十万のシステムが吹っ飛ぶなんて悲劇を避けるためにも、電源ユニットはお金をかけましょう。また、電源が不足していると、PCが安定動作しません。電源ユニットをケチったばかりに処理が遅くなってしまって快適にPCを利用できないのでは本末転倒でしょう。

こうした理由から電源ユニットはケチってはいけない、が鉄則になります。

 

電源ユニットには寿命がある

電源ユニットは負荷が高くなれば熱を持ちます。高熱になると内部のコンデンサの寿命は短くなるので、容量に余裕をもたせることがポイントです。なるべく長く安定してPCを使うためにも電源ユニットにはしっかりお金をかけたいところです。

 

 

 

電源容量はどうやって考えれば良い?

では、どうやって電源ユニットを選べばよいのでしょうか。

 

必要容量プラスαで考える

電源ユニットを選ぶ際は必要な容量プラスαで選ぶのがセオリーとなります。目安としては想定する最大消費電力の2倍あれば問題ないでしょう。必要最低限の容量しか持たない電源では、常にフルパワーで稼働してしまい電源の寿命が短くなります。さらに、将来的に高負荷のパーツを追加しても問題ないようにする、という目的も。

 

電源変換効率も重要

電源は電力を供給するときに一部をロスします。これが「電源変換効率」です。電源変換効率にはクラスが定義されています。

このように、クラスが上がれば変換効率は高くなり、ロスが少なくなります。たとえば、800W電源でSTANDARDを使うと最大でも640Wしか供給されませんが、TITANIUMを使えば720W供給される、というわけです。

 電源ユニットを選ぶ際には容量だけでなくクラスもチェックしましょう。

 

 

 

必要な電源容量の計算方法

では、どうやって必要電源容量を計算すればよいでしょうか。実際に計算してみましょう。

実際に計算してみよう

必要電源容量を計算するには、以下のパーツの消費電力を計算しましょう。

  • CPU
  • メモリ
  • HDD(SSD)
  • ビデオカード
  • DVD/BD
  • FAN

 

たとえば、以下の構成の場合

見ていただくとわかるように、一番電力を消費するのはCPUとビデオカードです。これらは高性能であればあるほど電力を消費します。

 

今回の構成の場合は最低でも640Wの電力ユニットが必要という計算になります。将来的に拡張するのであればさらに上の容量を選んだほうが安心でしょう。

>> 関連記事 :ゲームの中で自作PCが組める?自作初心者もおすすめ PC Building Simulator「チュートリアル(電源ユニット)編」

 

 

電源ユニット選びは慎重に

何度もいいますが、電源はPCの心臓部です。ケチらずにお金をかけましょう。必要な電力容量は計算可能で、計算結果の倍の容量を考えておけば安定動作を期待できます。後でがっかりしないように、慎重に選んでくださいね。

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※6月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
G-GEAR

GA7J-E221/B

Core i7-12700 RTX 3060Ti 16GB 1TB 750W GOLD
ストーム

PG-PP12

Core i5-12400 RTX 3070 16GB 500GB NVMe 850W GOLD
ZEFT

G24CT

Corei5-12400F RTX 3060 16GB 500GB NVMe 750W GOLD
サイコム

G-Master Spear Z690/D5

Core i7-12700K RTX 3060 32GB 500GB 750W GOLD
クリエイターPC

WA7J-E213/ZT

Core i7-12700K CPU内蔵グラフィックス 16GB 1TB 750W GOLD

ゲーミングPC(デスクトップ)おすすめ10選~パーツのスペックとコスパを追求!
BACK TO LIST

見た目良し!スペック良し!なサイコムのBTOパソコンを、女性自作erでもあるストリーマー・つつまるがレビュー!【PR】

自作erも納得の性能!eスポーツキャスター・平岩康佑がGALLERIA(ガレリア)のBTOパソコンをレビュー【PR】

FPSプロゲーマー・GorouがツクモのゲーミングPC「G-GEAR Aim」をレビュー!Apexでの無双プレイもお任せ【PR】

FPS界屈指の実力派・GreedZzも納得!arkのゲーミングPC「arkhive」の性能をApexで体験【PR】

FPS初心者にこそおすすめ!プロゲーマー・keptがパソコン工房のゲーミングPC「LEVEL∞」の実力をApexで試してみた 【PR】

Apexプレデター・Lightも大満足!FRONTIERのBTOパソコンの実力を検証してみた【PR】

【エルデンリング】推奨Ping値・重いときにラグを減らす方法まとめ

【FF14】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【原神】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【フォートナイト】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【Apex Legends】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

原神に必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

フォートナイトに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

Apex Legendsに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

ELDEN RING(エルデンリング)の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボまとめ

FF15の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボ・CPU・ゲーミングPCまとめ