• TOP
  • CATEGORY
    VR
  • TITLE
    VRChat初心者が美少女になり切ってみるというこの企画もいよいよ最後の記事になりました。ここまで読んでいただいた方であればもう準備は万全のはずです。さっそくVRChatワールドに飛び出してみましょう!
CATEGORY
VR

これであなたもVR美少女デビュー?美少女になってねり歩こう、VRChat編

  • DATE
    2018.11.19
  • WRITTEN BY
    あらびき


>> 関連記事 : これであなたもVR美少女デビュー?美少女になっても声がおっさん…、声変えようよ編

美少女になってチヤホヤされる快感を味わう

  • 女の子に生まれたかった! VRChatで注目される快感にハマる

アバターはモデリングでばっちりオリジナルの美少女を作成して、声もボイスチェンジャーを使って女の子の声に変換してしまえば、もう何も恐れることはありません。世界中のVRChatユーザーは、あなたがまさかおっさんだとは夢にも思わないはずです! さあさっそくVRChatのワールドを歩いてみましょう。

 

  • 「凄いかわいいですねー」って、僕おっさんなんですが

ユーザー数の多い時間帯であればすぐに声をかけられるはずです。


「はじめましてー」

「めっちゃかわいいですねー」

 

…いや、僕、おっさんなんですが。なんだか悪いことをしているみたいですが、オリジナルアバターのかわいさに釣られて大勢の人が寄ってきてしまいました。VRChatでは目立つアバター、独特の動きをしている人、歌っている人、グループで一糸乱れぬ行動をしている人などは、すぐ人気者になって人が寄ってきます。頑張ってモデリングでかわいい美少女アバターを作った甲斐があったというものです。ただし、人気者には人気者ならではの悩みがあります。多くのユーザーが周囲に集まると画面に描画するポリゴン数が増え、PCの処理が追いつかずに悲鳴をあげてしまうのです。

 


  • サイコム

    G-Master Velox Intel Edition


    ・厳選されたパーツ構成、BTO初心者にも最適なゲーミングPC!
    ・カスタマイズなしで多くのゲームがプレイ可能

  • THIRDWAVE

    Monarch FE


    ・大容量ミドルタワーケースで拡張性の高いBTOモデル

  • クリエイターPC

    WA9A-E211/XT


    ・ローエンドからハイクラスまで、用途に合わせたGPUが選べるクリエイター向けモデル

  • ストーム

    PG-PH12


    ・抜群のエアフローケースで冷却を採用したRTX3060モデル

  • パソコン工房

    LEVEL-R769-LC129K-WAX


    ・ゲームも動画配信も万全なインテルのハイエンドCPU、Core i9を搭載!

パソコン工房LEVEL∞ LEVEL-M066-124-SAX

194,980円(税込)

編集部が選ぶおすすめのBTO PC!
価格を抑えたいならCore i5搭載モデルに注目!ミドル向けCPUでもゲームパフォーマンスは妥協なし!

パソコン工房ならお買い上げ後の保証・修理もバッチリ!24時間365日の電話サポートに加え、全国約70拠点の店舗展開だから充実した対面サポートも可能。1年間の無料保証のほか、安心の3年保証も選択可能。出張でサポートを受けられる各種オプションもご用意。

人気者になればなるほどPCが悲鳴をあげる!?

  • VRChatで人気の美少女の悩みとは

VRChatは3Dグラフィック上にVR世界を構築しているために、それなりに重いソフトウェアです。もし自分のアバターが人気を集めて周りにわらわらと人が集まってきてしまうと、低スペックのPCでは処理が追いつかずに「カクカク」としてしまうでしょう。

  • 自作PCならVRChatをサクサク楽しめる

そんな時でも自作PCであれば簡単にスペックアップが可能です。VRChatで足りなくなるスペックはたいていの場合はまずGPUで、その次にCPUという順番です。この2つを優先的にグレードアップすることで、コストを抑えながら効率的にスペックアップできます。ピンポイントで自分のPCに足りないところを補えるのが自作PCのメリットなのです。

  • VRなしなら低スペックCPUやメモリーでOKだがVRありだとミドルスペックGPUが必要

もしVRを使わないのであればVRChatはかなりの低スペックでも動かすことができます。ただしVRを使うとなると特にGPUが足りなくなってきます。各VRゴーグルにおけるCPU/GPUの最低スペックを見てみましょう。ミドルスペックレベルのGPUが必要となることがわかります。

・HTC VIVE 最低動作スペック

CPU: Intel Core i5 4590

GPU: NVIDIA GTX 1060

・Oculus Rift 最低動作スペック

CPU: Intel Core i3 6100

GPU: NVIDIA GTX 1050Ti/960

・Windows MR 最低動作スペック

CPU: Intel Core i5 7200U

GPU: NVIDIA GTX 1050/MX150/965M

 

CPUはそこまで高スペックは要求されませんが、GPUはミドルスペック以上のものが必要です。

  • さあ自慢の自作PCを引っさげてVRChat界随一の人気美少女を目指そう!

VRChatで人気美少女になるには「オリジナルアバター」に「ボイスチェンジャー」、そしてピンポイントでスペックアップした「自作PC&VRゴーグル」が必要になります。自作PCで組むスキルが全くない場合は市販品を購入するのもいいですが、どうしても価格が跳ね上がってしまいます。VRChatのアバターと同じく、自分で作ると自作PCにも愛着が湧いて、長く使い続けることができるでしょう。VRChatを本格的に始めるなら自作PCがおすすめです。

>> 関連記事 : VR空間を体験したい!VR?MR?【どちらをお勧めする編 】 VRとMR機器はわかったけども結局、どっちがいいのかわからない方はこちら!

 

まとめ

以上、VRChat初心者が美少女アバターを引っさげてVRChat界に乗り込むまでの一連のシリーズ記事でした。VTuber(バーチャルYouTuber)と並んで今はVRChatが大盛り上がりです。VRゴーグルも種類が増えて徐々に価格が下がってきており、以前のように高嶺の花といった存在ではなくなってきました。

ぜひ皆さんも自慢の自作PCでVRChatを楽しんでみませんか?

今おすすめのBTOパソコン

これまでの比較・検証を踏まえて、BTOおすすめ人気ランキングを発表します。なお、それぞれの検証項目に重み付けをしてランキングを作成しました。

※6月1日時点の価格
商品
価格 CPU GPU メモリー SSD HDD 電源
パソコン工房

LEVEL-M066-124-SAX

Core i5-12400 RTX 3060 Ti 8GB 16GB 500GB NVMe 700W BRONZE
arkhive

GN-I7G37R

Core i7-12700KF RTX 3070 16GB 1TB+1TB 750W GOLD
ストーム

PG-PD12

Core i7-12700 RTX 3070 16GB 1TB 1200W 80PLUS Platinum
ZEFT

G27JX

Core i7-12700 RTX 3080 500GB 1TB 750W GOLD
arkhive

GL-I9G39R

Core i9-12900KS RTX 3090 Ti 32GB 1TB+2TB 1000W Platinum

BACK TO LIST

見た目良し!スペック良し!なサイコムのBTOパソコンを、女性自作erでもあるストリーマー・つつまるがレビュー!【PR】

自作erも納得の性能!eスポーツキャスター・平岩康佑がGALLERIA(ガレリア)のBTOパソコンをレビュー【PR】

FPSプロゲーマー・GorouがツクモのゲーミングPC「G-GEAR Aim」をレビュー!Apexでの無双プレイもお任せ【PR】

FPS界屈指の実力派・GreedZzも納得!arkのゲーミングPC「arkhive」の性能をApexで体験【PR】

FPS初心者にこそおすすめ!プロゲーマー・keptがパソコン工房のゲーミングPC「LEVEL∞」の実力をApexで試してみた 【PR】

Apexプレデター・Lightも大満足!FRONTIERのBTOパソコンの実力を検証してみた【PR】

【エルデンリング】推奨Ping値・重いときにラグを減らす方法まとめ

【FF14】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【原神】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【フォートナイト】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

【Apex Legends】Ping値の確認方法とレイテンシが高いときの対処法

原神に必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

フォートナイトに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

Apex Legendsに必要な通信速度(回線速度)・Ping値・ラグ改善のコツまとめ

ELDEN RING(エルデンリング)の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボまとめ

FF15の推奨スペック&ベンチマークとおすすめグラボ・CPU・ゲーミングPCまとめ