DIGITAL DIY

  • TOP
  • CATEGORY
    クリエイター
  • TITLE
    芸能人やモデルなど有名人以外でもインスタグラマーになっている人はたくさんいます。その人たちはどうして多くのフォロワーを得るようになったのでしょうか。その人たちがInstagramで実践していることをピックアップしてみました。インスタグラマーを目指したい方は、ぜひご一読くださいね。
CATEGORY
クリエイター

芸能人やモデルなど有名人以外でもインスタグラマーになっている人はたくさんいます。その人たちはどうして多くのフォロワーを得るようになったのでしょうか。その人たちがInstagramで実践していることをピックアップしてみました。インスタグラマーを目指したい方は、ぜひご一読くださいね。


■ 自分の得意分野を決めてブランドイメージ構築

インスタグラマーのアカウントを見ていると、投稿画像に一貫性が見られる場合が多くあります。

例えば、全般的にピンクでふんわり感をアピールした画像加工をした写真でガーリーさを全面に押し出している人。手作りの料理写真ばかりの人。星空と風景を併せた星景写真に特化している人。

ある程度統一したイメージにすることで、そのアカウントに対するブランドイメージがついて、フォロワーが多く集まります。

■ プロフィールでも得意分野をしっかりアピール

インスタグラマーは、投稿内容だけで雰囲気を伝えるだけでなく、プロフィールでも得意分野が分かるような工夫をしています。どういう投稿をするかを明確にしておきましょう。

 

プロフィール画面は、新しくあなたの写真を見て興味を持った人が次に訪れるページ。とても重要なのです。

 

■ プロフィール画像は個性を強調したとっておきの1枚を


プロフィール画像は、そのままアカウントのイメージに直結します。自分が方向付けしたアカウントの個性が強調できるとっておきの1枚を指定しましょう。

 

猫ばかり投稿するアカウントだから必ず猫アイコン、ということではありませんが、どういう投稿をするのかが明確に分かる方が同じ趣味の人が集まりやすいです。

 

■ こまめなイイねとコメントが重要

面倒に思うかもしれませんが、こまめなイイねとコメント付け・コメント返しは、フォロワーが少ない状態から脱却するための重要なポイントです。

 

イイねやコメントをもらえるのは、Instagramの醍醐味。嬉しいことをしてくれる人にはお返ししたくなるものです。こまめに対応しながら良い写真を投稿し続けていれば、自然とフォロワーは伸びていきます。

 

■ ハッシュタグを使いこなしてフォロワーゲット

ハッシュタグも、インスタグラマーになるために使いこなしたい重要な機能です。投稿写真の内容に関するハッシュタグはもちろんのこと、#followmeなど、フォロワー募集のタグもありますので積極的に活用しましょう。ハッシュタグの適正個数は諸説ありますが、10個前後が妥当なところです。

 

また、ある程度イイねが取れるようになってきたら、人気のハッシュタグで、人気投稿として上位に表示されるように工夫してみましょう。

 

ただ、いきなり「猫」「カフェ」などライバルの多いハッシュタグに投稿しても勝ち目はありません。「猫+〇〇」、「カフェ+〇〇」と単語を組み合わせたハッシュタグだとライバルが減りますので、その中で人気投稿に入りそうなハッシュタグに狙いを定めて投稿してみましょう。

 

■ 多くの人がTLを見ている時間を狙って投稿


投稿の際は、多くの人が見ていそうな時間帯を考えて行うこともポイントです。イイねを多く集めたり、フォロワーを増やしたりするのに試してみてください。平日なら電車内での暇つぶしとして見る朝夕の通勤時間や昼休み、休日なら午後と夕食後の夜間がおすすめです。 

 

なんだかんだ言っても最後はやはりインスタ映えする写真!

ここまで6つの方法を試してみるだけで、フォロワーが全然いない状態からは脱却できます。しかし、フォロワー数がある程度の数になってきたら、最終的にはインスタ映えする写真を継続的に投稿できるかどうかが勝負です。

毎日継続して投稿し続けることで、アカウントのイメージはよりはっきりしていき、その写真が好みだという人が集まりだします。ある程度フォロワー数が多くなっていけば、人が人を呼ぶ効果も!

 

■ フォロワー集めの方法と写真テクの勉強を進めて憧れのインスタグラマーへ!

インスタグラマーを目指すために知っておきたいことを7つ紹介しました。
本当に自分のアカウントが投稿する写真を楽しんでくれるフォロワーを集め、写真テクを磨いて、憧れのインスタグラマーを目指しましょう。

経験上、よく参照する時間帯はこの辺、という形で紹介します。


  • DATE
    2018.11.29
  • WRITEN BY
    鶏冠井深鈴
  • TAG
    Instagram
BACK TO LIST