DIGITAL DIY

  • TOP
  • CATEGORY
    初めての自作
  • TITLE
    完成形で売られているPCの使用年数はわかるけど、自作PCの使用年数はわからない、という方は多いです。ただ目安が分からなければ、いざという時の対策が取れないなど、問題が起きることも。そうならないよう、今回は自作PCの使用年数から買い替え時を見逃さないための心得などを紹介します。
CATEGORY
初めての自作

完成形で売られているPCの使用年数はわかるけど、自作PCの使用年数はわからない、という方は多いです。ただ目安が分からなければ、いざという時の対策が取れないなど、問題が起きることも。そうならないよう、今回は自作PCの使用年数から買い替え時を見逃さないための心得などを紹介します。

>> 関連記事 :自作PC初心者はここで躓く、3選! ネットショップで何買えばいいのかわからない辛い!編

■ 自作PCの使用年数はどれくらい?まずは寿命を見てみよう

まずは自作PCの使用年数を把握しましょう。今回は寿命に注目して解説します。全体的な寿命はもちろん、OSとパーツの平均的な寿命も紹介するので、ぜひ参考にしてください!

 

  • パソコンの寿命は5年ぐらいだとされている

一般的にパソコンの寿命はだいたい5年ぐらいだと言われています。これはただ「動かなくなる」ということではなく、トラブルが発生しやすくなる期間のこと。5年経っているパソコンは、何か致命的なトラブルが発生することを想定して利用した方が良いでしょう。

ただ、一応は5年という期間が寿命と言われてはいるのですが、自作PCの場合壊れている部品を交換できるなら、それ以上利用することも十分可能です。自作PCを利用しようと考えているのであれば、全体的な寿命の他にパーツごとの寿命も把握しておきましょう。

 

  • パーツの寿命は?

パーツの中で最も壊れやすいのが「ストレージ」です。パソコンの心臓部分であり、比較的ハードに働くパーツなので、劣化しやすく寿命もだいたい5年ぐらい。長時間稼働させている場合はもう少し短くなります。クラッシュしてしまうとデータが取り出せなくなるといったトラブルが発生するので、寿命が近いと感じたら壊れる前に交換しておきましょう。

一方CPUなどのパーツはストレージのように経年劣化はするものの、不具合が起こることは非常に稀。壊れるケースは過失によるものがほとんどです。よって、寿命はストレージよりも長いと考えて差し支えません。

 

  • OSの寿命は?

OSの寿命も非常に長いです。仮に不具合などがあった場合でも「サポート」が随時修正してくれるので、長期間利用が可能。ただしそのサポートも10年ぐらいで終了してしまい、それ以降は不具合やセキュリティは更新されず放置状態に。よってOSの寿命はサポートが切れるまで、と考えておきましょう。

 

■ 自作PCで壊れやすいパーツは?

次に自作PCでどんなパーツが壊れやすいのか確認していきましょう。これから自作PCを作ろうと考えている方は、壊れやすさをわかった上で丁寧に利用すると長持ちさせられますよ。

 

  • 精密な部分は意外と頑丈に作られている

例えばストレージは自作PCの中でもハードに使われるパーツなので、劣化しやすいですが平均5年は使えます。CPUも負荷がかかりやすいですが、劣化によって使えなくなることは少ないです。ただし、少しでも雑に扱ってしまうと一気に壊れやすくなります。いくらCPUが頑丈でも、ソケットに嵌っていない状態で動作させたりすると、途端に故障します。精密な部分は頑丈につくられてはいますが、使い方に気をつけて利用するようにしましょう。

 

  • 定期的に掃除やメンテナンスを忘れない

いくら頑丈といえども内部にホコリが入ってしまったり、メンテナンスが不足していたりすると故障してしまいます。定期的に掃除やメンテナンスをするよう心がけましょう。経年劣化は防げませんが、意図しない故障は防げます。

 

■ これが起きたら買い替え時!注目すべき予兆は?

 最後に壊れる前の予兆をチェックしていきましょう。大きなトラブルは小さな問題が積み重なって起こります。ある日、急に電源がつかなくなってからでは遅いです。どうしてもPCが必要な時に使えなくなってしまうのは避けたいですよね。予兆を見逃さずしっかり対処していくことも大事です。

 

  • フリーズが頻発する

フリーズが頻発する場合、ストレージが故障しかけている可能性が高いです。ストレージはPCの動作に大きく関わっているため、ここに不具合が出るとフリーズが頻発するのです。放置していると、クラッシュしてデータが取り出せなくなることもあるので、見逃さないことが大事。症状が出たら、買い替えがパーツ交換を検討しましょう。

 

  • HDDの容量が十分に使えない 

HDDの容量が十分に使えない場合も要注意です。記録装置が十分に動いていないということなので、このまま放置するとデータの取り出しができなくなることも。大事なデータを守りたいのであれば、少しでもおかしいと思ったら交換するようにしましょう。

>> 関連記事 :自作PC初心者はここで躓く、3選! PCショップになれよう、店員は敵じゃないむしろ頼もしい味方!編

 

■ 寿命を気にして自作PCを使おう!

自作PCの強みは簡単にパーツを組み替えられる点です。そのため、故障した部分だけ交換するという対処法を取ることができます。各パーツの寿命や故障具合などに合わせて、柔軟に修理・買い替えを進めてみてくださいね。


BACK TO LIST